SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/01(水) 10:39:13.47 ID:IsFr66VD9
2/1(水) 5:16配信
東スポWEB

朗報だ。3月開催の第5回WBCに臨む野球日本代表・侍ジャパンのメンバーに選出されたダルビッシュ有投手(36=パドレス)が、同代表の宮崎キャンプ初日から参加することを宣言。1月30日(日本時間同31日)に更新した自身の公式ツイッターで明かした。

「自分は宮崎キャンプの初日から行きます」と投稿。MLB組の合流が大幅に遅れることが濃厚となっていると報じられていた一件に対しても、ヒートアップするユーザーからのリプライに「嘘はついていなく、早期合流が難しいのは確かです。ただ自分の場合はベテランであるためパドレスが融通をきかせてくれました」とたしなめながら、経緯を詳細に説明した。

 代表に選抜されたメジャーリーガーのうち大谷(エンゼルス)、鈴木(カブス)、吉田(レッドソックス)、ヌートバー(カージナルス)の4人の合流時期は依然として未定のままだが、今季でMLB11年目を迎える自らについては、球団側が取り計らってくれたことで、キャンプインからの早期合流が可能になったという。

 ダルビッシュの男気あふれる姿勢には、日本中から「さすが」と絶賛の声が飛び交っている。大谷と並んで「侍の目玉」とされている米通算95勝のスーパー右腕が先陣を切る形でキャンプ初日からの参加を表明したことで「MLB組の合流時期が不透明で落胆しかけていた(合宿地の)宮崎市の関係者も『本当に良かったし、ありがたい』『きっと大谷選手ら他のメジャーリーガーも続いてくれるはず』などと、また盛り上がっている」(地元関係者)。

 もちろん拍手喝采なのは、侍ジャパンの面々も同じだ。チーム最年長で第2回大会では日本の世界一を経験した胴上げ投手でもある精神的支柱・ダルビッシュの早期合流宣言を受け「おそらく、これで主将就任は確定だろう」との見方が一段と強まっている。

「ありとあらゆる面において経験豊富。誰よりもJAPANのことを考え、こういう大事なタイミングでスタートから合流し、一蓮托生の姿勢を打ち出した。侍ジャパンの中でダルビッシュの右に出る主将候補にふさわしい選手はいない」と侍ジャパン関係者の1人も太鼓判を押す。

 いずれにせよ、3大会ぶりの優勝を目指す侍ジャパンにとってダルビッシュの宮崎キャンプ参加は強力な追い風となるはずだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24c7b0b53737adb4def2509b7b8507a9dbf19efb

【ダルビッシュに「侍ジャパン主将就任は確定」の声 キャンプ初日合流宣言で信頼度さらにUP】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/01(水) 23:13:18.54 ID:sL1F+dBs9
 巨人に加入したオコエ瑠偉外野手がフリー打撃を行い、原監督が早くも直接指導に乗り出した。

 昨年の現役ドラフトで楽天から獲得。原監督もその潜在能力を高く評価しており、打撃ケージに入ると興味深そうに歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えて何度もフォームを確認した。
助言後、左翼席へ次々と柵越えを連発すると、指揮官は何度もうなずいていた。

 練習後、指揮官は「やっぱりいいものを持っていると思いますね」と称賛。
原監督、大久保コーチ、亀井コーチの3人体制で熱視線を送っていたが「たいした指導ではないですけど、何かヒントになれば、それはいいと思いますね」と語った。

 オコエは助言の内容について、「ちょっとベースから離れすぎと言われたので寄っていって。何でこれだけ離れるの?と聞かれながら教えていただいので、すごく納得しながら」と、充実の表情だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/faaaec6d7cb587d639d208f8eaaed5f1b5357e72
デイリースポーツ

【巨人・原監督が早くもオコエを直接指導 「やっぱりいいものを持っている」と称賛】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/31(火) 20:14:17.07 ID:qor1y8B/9
 巨人新加入のオコエ瑠偉外野手が、寝坊対策を口にした。アーリーワークは午前7時開始とあり、早起きには「あまり得意ではないです」と正直に告白する。

 目覚ましは、スマホアラームに加え「プラスアルファでモーニングコールをホテルの人にしてもらって、起きなかったら水ぶっかけてでも起こしに来てくださいとお願いします」と2度寝、3度寝まで想定。1軍定着に、まずは“難敵”を克服する。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/486f9421c3ab705866475287e636249e9f3f792d
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202301310000851-w500_0.jpg

【巨人・オコエ瑠偉、ホテルの人に「水ぶっかけてでも起こしに来てくださいと」寝坊対策語る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/01(水) 00:35:39.65 ID:5YMPJToG9
「球春到来」がトレンド急浮上 まるでお正月?2月1日に変更直後、野球ファン怒涛のツイート


2月1日に日付が変わった直後、ツイッターで「球春到来」がトレンドに急浮上した。

チームの始動を待ちわびていたプロ野球ファンが怒涛のツイートを繰り出し、他に「あけましておめでとうございます」とあいさつする様子もうかがえる。

1月31日までは野球協約でオフ期間と定められており、2月1日のキャンプインと同時にチームが新たなシーズンへ向かって動き出すため「球春到来」と表現されてきた。

野球ファンは「大好きな四文字熟語」「やっと野球が始まる」と感想をつぶやき、「今年こそ最後の2チームに残れたらいいな」と期待を込めるファンも。この日から6日にキャンプインとなる西武を除き、11球団が各地で春季キャンプをスタートさせる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/325ee4a2bb039fc80c407c18e851be4229e06836

【『球春到来』がトレンド急浮上! まるでお正月? 2月1日に日付変更直後、野球ファン怒涛のツイート「やっと野球が始まる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/31(火) 21:29:09.12 ID:kHW9AT9C9
1/31(火) 21:20配信
ベースボールチャンネル

 いよいよ球春到来を迎えるプロ野球。2023年シーズンに向け、2月1日から全12球団が一斉に春季キャンプのスタートを切った。ここでは、北海道日本ハムファイターズのキャンプメンバー振り分けをまとめた。

一軍

投手
矢澤宏太、加藤貴之、上沢直之、伊藤大海、吉田輝星、上原健太、金村尚真、田中正義、河野竜生、井口和朋、ポンセ、畔柳亨丞、鈴木健矢、齋藤友貴哉、石川直也、長谷川威展、北山亘基、根本悠楓、宮内春輝、北浦竜次、齋藤綱記、松岡洸希

捕手
伏見寅威、古川裕大、宇佐見真吾、梅林優貴

内野手
加藤豪将、上川畑大悟、野村佑希、アルカンタラ、清宮幸太郎、石井一成、阪口樂、細川凌平、奈良間大己

外野手
松本剛、淺間大基、江越大賀、五十幡亮汰、今川優馬、万波中正
二軍

投手
生田目翼、達孝太、玉井大翔、杉浦稔大、宮西尚生、立野和明、堀瑞輝、西村天裕、福田俊、ロドリゲス、ガント、池田隆英、安西叶翔、松浦慶斗、メネズ、田中瑛斗、松本遼大、齊藤伸治、福島蓮、柳川大晟、中山晶量、山本晃大、柿木蓮、姫野優也

捕手
清水優心、郡拓也、田宮裕涼

内野手
中島卓也、谷内亮太、有薗直輝、水野達稀、山田遥楓

外野手
木村文紀、阿部和広、藤田大清、山口アタル、王柏融

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/ea44d7ea43c9bccb7f3fc68ec4c7abf05346a73a

【日本ハムのキャンプメンバーは? プロ野球春季キャンプ2023情報】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/31(火) 20:09:45.56 ID:QIYrgJfr9
1/31(火) 19:32配信

 日本ハムは31日、1軍キャンプ参加が発表されていたルーキーの加藤豪将内野手が沖縄県名護市内の病院で精密検査を受け、右示指末節骨骨折と診断されたことを発表した。

 31日の自主トレで負傷した。1軍キャンプにこのまま帯同し、2週目以降のスローイング再開を目指すとしている。

 加藤はメジャーリーグでのプレー歴がある異色の新人として注目されていた。両親は日本人ながら米国育ちで、昨季はブルージェイズで8試合に出場している。昨秋のドラフト会議で3位指名を受け入団。話題だけではなく、二塁のレギュラー候補として期待されていた。

Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/e55e5946b3d7f22fad6c014546a389ac693c2933

【日本ハム・加藤豪将が右手人差し指骨折 キャンプ前日にまさか…自主トレで負傷】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/25(水) 17:47:03.44 ID:cVGxjDTs9
全米女子アマを制した馬場咲希(17=東京・代々木高2年)の飾らない人柄に好感を持った。

先日、ゴルフ担当キャップとともにインタビューする機会に恵まれた。馬場は年末年始をタイで過ごし、公式インスタグラムにトラとのツーショット写真を掲載。バンジージャンプに挑戦したことなどをつづっていた。
「トラはかわいいなって感じで。写真を撮るのも楽しかった」。度胸の良さを感じさせながらも、バンジージャンプは「すっごい怖かった」と素直に明かした。裏表がない。壁がなく明るい。こちらも話していて、とても楽しい気持ちになる。

どんな質問にも、真摯(しんし)に答えてくれた。写真撮影ではカメラマンのリクエストに応え、寒空の下、薄着で何度も笑顔でジャンプ。嫌な顔一つしなかった。

誰に対しても物おじしない。04年アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストでスポーツ庁の室伏広治長官との座談会でも、積極的に質問した。初めて出演した正月バラエティー番組でも、とんねるず石橋貴明や小栗旬ら芸能人に対して、気後れした様子は見られなかった。時の人となっても、芸能人、政治家、一般人などの区別はなく同じように接しているように感じた。

記憶力も抜群にいい。半年前に国内ツアー出場した際、地面の球を直接ドライバーで打つ“直ドラ”についてほんの少しだけ言葉を交わした。インタビュー前にその話をすると、「ああ、そうでしたね」とさらりと言った。私に合わせたのではなく、ちゃんと思い出したようだった。当時、初対面。一言二言聞いただけだったが、覚えていたことに驚いた。

平均飛距離は270ヤードを武器に、積極的にピンを狙う。攻めの姿勢も気持ちいい。そして何ごとにも動じず、素直で前向きに何でも吸収しようとする姿勢。伸びしろしか感じなかった。【近藤由美子】

https://www.nikkansports.com/sports/golf/column/pitchmark/news/202301240001218.html
https://www.nikkansports.com/sports/golf/column/pitchmark/news/img/202301240001218-w500_0.jpg
日刊スポーツ

馬場咲希 Saki Baba
https://www.instagram.com/teba_.425/

【馬場咲希(17)の飾らない人柄に好感 素直で前向き、何でも吸収しようとする姿勢に伸びしろしか感じず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/01(水) 06:42:28.31 ID:Y2KbAaOb9
日刊スポーツ2023年1月31日20時2分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202301310001267.html

 昨季リーグ連覇、26年ぶり日本一に輝いたオリックスが31日夜、キャンプ地宮崎でパレードに臨んだ。

 当初出席予定だったFA加入の森友哉捕手(27)は欠席した。関係者によると球団側の配慮でこの日に決まった。昨年までライバル球団の西武に所属。前日30日には「どういう顔をしたらいいか分からない」と苦笑いしていた。

【FA森友哉やっぱりオリックス日本一パレード欠席 困惑の本人に球団側が配慮】の続きを読む

このページのトップヘ