1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 16:41:00.84 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/09 16:29
https://www.sanspo.com/article/20220509-UYJMTGJUFRLMTNSLTDEGTMCVHU/

東京六大学野球春季リーグ第5週第3日(法大0―2明大、9日、神宮)明大が1勝1敗1分けのタイに持ち込んだ。1回戦に先発した右腕・蒔田稔投手(3年、九州学院)が、3安打で初完封(2四球9奪三振)し、今季3勝目を挙げた。打線は三回、1死二、三塁で3番・宗山塁内野手(2年、広陵)が申告敬遠で1死満塁となったところで、4番・上田希由翔内野手(3年、愛産大三河)が中前に先制で決勝の2点打を放った。

蒔田は「1回戦で負けて準備してきた。気を抜かないように、ギアを入れ、コントロールミスをしないように投げた。バリー・ボンズのバットを2万4000円で買って、そのバットできょうは打てた」という。三回先頭では右前打で出塁し、先制のホームイン。早大1回戦(4月23日)の初完投から、初完封に好打の秘密を打ち明けるほど笑顔が弾けた。

田中武宏監督は「蒔田は不器用だけど、覚えたら忘れない。日々の積み重ね」と快投を称えた。

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652082060/