SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

2021年05月

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/30(日) 17:04:21.91 ID:CAP_USER9
ヤクルト   0 0 0  2 0 2  3 0 0|7 
オリックス  2 1 0  2 0 0  0 3 X|8 


【バッテリー】
(ヤ)スアレス、坂本、今野、清水、石山、マクガフ - 中村
(オ)増井、比嘉、山田、村西、富山、K-鈴木 - 伏見

【本塁打】
(ヤ)村上14号(6回表2ラン)
(オ)杉本12号(1回裏2ラン)
   
試合結果:nikkansports.com/yahooスポナビ野球
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021053005.html
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2021000423/score

【【交流戦】オリックス 8-7 ヤクルト [5/30] オリックス逆転勝利!!吉田正尚の逆転タイムリー3塁打!! ヤクルト石山、マクガフ打たれる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/30(日) 16:16:44.12 ID:CAP_USER9
DeNA  0 0 0  1 0 0  0 0 0 |1 
楽天     0 0 1  0 0 0  2 2 X |5 

【バッテリー】
(De)今永、石田、三上、シャッケルフォード - 伊藤光
(楽) 早川、安樂、酒居、宋家豪、松井 - 太田

【本塁打】
(De)
(楽)
   
試合結果:nikkansports.com/yahooスポナビ野球
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021053002.html
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2021000420/score

【【交流戦】楽天 5-1 DeNA [5/30] 楽天終盤に突き放し勝利 7回岡島勝ち越し3塁打、8回浅村2塁打追加点 DeNA救援陣誤算】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/30(日) 16:59:08.63 ID:CAP_USER9
阪神 0 2 1  2 2 0  2 0 0|9 
西武 0 3 2  0 0 0  3 0 0|8 


【バッテリー】
(阪)村上、及川、小林、馬場、岩貞、岩崎、スアレス - 梅野
(西)平井、佐野、與座、武隈、十亀、森脇、ギャレット - 森

【本塁打】
(阪)糸井3号(2回表2ラン)
   梅野1号(5回表2ラン)
(西)愛斗5号(2回裏3ラン)
   
試合結果:nikkansports.com/yahooスポナビ野球
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021053003.html
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2021000421/score

【【交流戦】西武 8- 9阪神 [5/30] 阪神接戦を制する 糸井3号2ラン、梅野4安打3打点1号2ランHR 西武追い上げ及ばず】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/30(日) 10:51:30.62 ID:CAP_USER9
 NBA東地区全体8位のウィザーズは29日、地元ワシントンDCで1位の76ersとの1回戦第3戦に臨んだが103―132(前半58―71)で敗れて3戦全敗。NBAの7試合制でのプレーオフでは3戦全敗(この日のヒートを含め計142回)からシリーズを逆転したケースはなく、3季ぶりにポストシーズンに駒を進めたウィザーズは崖っ縁に追い込まれた。

 リードしたのは第1Qの19秒間(4―2)だけ。3点シュートの成功率は2試合連続で30%未満に終わり、このカードはレギュラーシーズンを含めて今季6戦全敗となった。

 第1戦で12得点、第2戦で11得点を挙げた八村塁(23)は27分の出場でフィールドゴール(FG)を8本4成功させて10得点と5リバウンド、1スティールをマーク。3点シュートは3本中2本を決め、1回戦の3戦合計では6本中5本を成功させているが、いずれも白星にはつながらなかった。211センチのポイントガード、ベン・シモンズ(24)や主力フォワードのトバイアス・ハリス(28)とマッチアップしたことも影響して、第3Qの5分すぎには4反則目。今季の1試合平均反則回数は2・1だったが、このシリーズでは3・7に増えている。

 今季に歴代最多となる183回目のトリプルダブルを達成したラッセル・ウエストブルック(32)は26得点、12リバウンド、10アシストでこのシリーズでは初のトリプルダブル。得点部門2位のブラドリー・ビール(27)は25得点を挙げたが、放った8本の3点シュートのうち成功したのは1本だけだった。先発で起用されたダビス・バターンズ(28)は今季の成功率が39・5%だった3点シュートを5本放ったがリングを通したのは1本で結局8得点にとどまった。

 76ersは今季のMVP最終候補に入ったセンターのジョエル・エンビード(26)が、第3Qまでの出場ながらFGを18本中14本成功させて36得点と8リバウンドをマーク。昨季レイカーズでファイナル優勝を経験しているダニー・グリーン(33)は5本の3点シュートで15得点、ハリスも20得点と13リバウンド、シモンズも14得点と9アシストを稼ぐなど先発した主力選手の活躍でウィザーズを寄せつけなかった。

 一方、東地区全体3位のバックスは敵地マイアミ(フロリダ州)で6位のヒートを120―103(前半57―64)で下し、4戦全勝で“8強”に一番乗り。ヤニス・アデトクンボ(26)が20得点、12リバウンド、15アシストで執るプルダブルを達成し、昨季の地区準決勝で1勝4敗と敗れた相手に雪辱を果たして3年連続で1回戦を突破した。

 ヒートは昨季の1回戦でペイサーズに4勝0敗。1回戦をスイープで突破した翌年にスイープで敗れたのは2004年と05年のネッツ以来、史上2チーム目となった。

 <八村の全オフェンス>
 ▼第1Q(出場9分32秒=無得点)
(1)2分24秒・左コーナーから3点シュート=×
(2)3分30秒・ハリスとの1対1で左サイドから正面へ。カリーとグリーンにマークされながら左手でレイアップ=×
 ▼第2Q(出場7分53秒=6得点)
(3)5分28秒・右コーナーから3点シュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
(4)8分35秒・左サイドから3点シュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
 ▼第3Q(出場6分17秒=4得点)
(5)1分57秒・右ローポストでグリーンと1対1。ターンアラウンドでジャンプシュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
(6)3分7秒・ハリスとの1対1。右サイドから左エルボー付近に移動してプルアップからジャンプシュート=×
(7)4分14秒・ショットクロック残り0・9秒からのスローインでゴール下=〇(アシスト・ウエストブルック)
 ▼第4Q(出場3分21秒=無得点)
*7分0秒・フリースロー2本=××
(8)7分31秒・速攻から右サイドを疾走。シュート体勢に入ったがマキシーにボールをスティールされる=×

2021年05月30日 10:34バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/05/30/kiji/20210530s00011061245000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/05/30/jpeg/20210530s00011061224000p_view.jpg

BOX SCORE
https://www.espn.com/nba/boxscore/_/gameId/401327893

【NBAプレーオフ1回戦第3戦 ウィザーズは76ersに3連敗で崖っ縁 八村塁は10得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/29(土) 17:08:24.42 ID:CAP_USER9
5/29(土) 17:03配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa9e6009bf89e355d2ac75f335aa61df6dd4b816

◆プロバスケットボール男子 Bリーグ ▽チャンピオンシップ決勝 千葉85―65宇都宮 第1戦(29日・横浜アリーナ)

 日本一を決めるチャンピオンシップ(CS)決勝は、昨季コロナ禍で中止になった影響で2季ぶりの開催となった。第1戦が行われ、東地区2位の千葉が85―65で、同1位の宇都宮を制し、初優勝に王手をかけた。

 第1クオーター(Q)は、序盤千葉が8―0とリードするも、その後、宇都宮が連続で11得点を挙げて逆転。すかさずタイムアウトを取った千葉は流れを変え、途中出場の西村文男の3点シュートで再びリード。千葉が19―17で1Qを終えた。第2Qは一進一退の攻防となり、前半は千葉が36―35とし、折り返した。

 後半に入り第3Q、千葉が日本代表候補のエドワーズを中心に得点を重ね、11点差をつけて最終Qへ。第4Qも千葉ペースで試合が進み、残り5分18秒には、司令塔・富樫勇樹の3点シュートで18点差をつけて、最後まで流れを渡さなかった。

 CS決勝は初めて2戦先勝方式で行われる。第2戦は30日、第3戦は6月1日に同会場で実施される。

【Bリーグチャンピオンシップ決勝第1戦 千葉ジェッツが85-65で制し、初優勝に王手 宇都宮ブレックスは崖っぷち】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/29(土) 14:28:44.65 ID:CAP_USER9
FIFA世界ランク139位にして母国が政情不安に揺れているミャンマー。同28位にしてW杯常連国の日本。

戦前の「日本が何点取って圧勝するか?」の予想通りの展開で試合は進んだ。

 前半8分のMF南野の先制ゴールを皮切りに、1トップFW大迫が5得点の荒稼ぎ。A代表の主軸FWとしての地位をキープしている大迫が大活躍の巻――という試合だったが、このところの大迫の周辺にはネガティブな話題ばかりが渦巻いている。

 所属先のドイツ1部ブレーメンでは今季、24試合出場もスタメンは7試合だけ。出場時間は「752分」にとどまり、リーグ戦は無得点。チームの来季2部降格の戦犯のひとりとなってしまった。

 東京五輪本大会のオーバーエージ(OA)枠に選出され、好パフォーマンスを展開して閉塞状況を打開したいところだったが、右SB酒井に割り込まれて五輪出場は絶望的となってしまった。

 メキシコ五輪銅メダルの元代表ストライカー釜本邦茂氏がこう話す。

「3月のモンゴル戦の3ゴールを加えるとW杯予選2試合で8得点。目覚ましい活躍に見えるが、大迫がドリブルで相手を抜き去ってシュートしたり、強引に相手をなぎ倒してシュートしたり、そういったシーンは皆無と言っていい。実力差のある相手をチームとしてパスで崩し、サイドからクロスをどんどん放り込み、フリーの大迫が簡単にゴールを積み重ねただけ、という印象しか残らない。これでは大迫個人の評価アップにはつながらず、もっとシャカリキになってプレーしないとA代表での立ち位置も低下していく一方ではないか、と懸念している」

 ちなみに大迫の国際Aマッチ2試合連続ハットトリックは釜本氏、1997年のフランスW杯アジア1次予選の高木琢也氏に続いて3人目。偉大な先達の苦言に耳を傾けてほしいものである。

日刊ゲンダイ
5/29(土) 12:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/98c9ac6fefdb56abf936dca92867bb237c090ef0

【釜本氏、国際Aマッチ2戦連続ハットトリックの大迫勇也に苦言】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/30(日) 05:40:36.26 ID:CAP_USER9
◇交流戦 楽天1―1DeNA(2021年5月29日 楽天生命)

 楽天・田中将大投手(32)は29日、DeNA戦に先発し、復帰後最長の8回を投げ、5安打1失点。しかし打線の援護に恵まれず、今季3勝目はお預けとなり、試合は1―1で引き分けた。2勝3敗と黒星が先行する我慢のマウンドが続くが、2試合連続の「ハイクオリティースタート(7回以上、自責点2以下)」で防御率は2・54。投球の質は確実に上がってきた。

 球数が進むごとに投球が熱を帯びた。6回2死、ヤンキースでの同僚オースティンに手痛い先制ソロを浴び、続く宮崎も左前打と初めて連打を許した。すかさず小山投手コーチが間を取る。輪が解けると、ギアを上げた田中将がいた。ソトを3球三振。7、8回は3者凡退に斬った。

 「何とか攻撃に、いい形でつなげられればと」。打線が7回に追い付き黒星は消えた。ただし、そこまで。1―1ドローで、勝利までには届かなかった。

 「長いシーズン、こういうタイミングもある。どんな時であれ自分がコントロールできる部分にフォーカスして投げていく。その作業は変わらないです」

 2試合続けてのハイクオリティースタートが、ともに勝利につながらなかった。5月1日を最後に自身の白星がなく、先発した試合でチームは4戦続けて勝てていない。

 先発時の平均援護点はチームで突出して少ない1・7。登板中の援護点を9イニング当たりで表す「援護率」は試合前の2・14から1・98に悪化した。40イニング以上投げる投手ではリーグワースト3位だ。

 もっとも、防御率は2・54まで向上させた。4月の月間防御率3・27に対し、5月は2・31。「直球もスライダーもスプリットも今季の中ではいい方だったと思う」。中でもスライダーが抜群で、6三振中5つを奪った。その武器に頼りすぎることなく、95球中、速球系(直球とツーシーム)が32%、スライダー37%、スプリット29%と、自身の投球の3本柱をほぼ均等にミックス。「3球種でうまく相手のバランスを崩せた」とうなずいた。

 2カ月後の東京五輪へ向けた侍ジャパンの選考は大詰めを迎えている。千賀、菅野ら主力先発投手にアクシデントがある中で、有力代表候補は力強くステップを踏む。我慢のマウンドが続いても自らのペースを崩さないエースから、本物の安定感が漂ってきた。(後藤 茂樹)

 《援護率=9イニング相当の打線の得点》援護率は英語では「ランサポート」と呼ばれ、登板中に味方打線が挙げた得点を9イニング相当で表す。「援護点×9÷援護回」で算出。田中将の1.98は、40イニング以上投げた投手ではリーグワースト3位。ワーストは日本ハム・池田の1.90で、次いでオリックス・山崎福の1.93。パ・リーグの規定投球回到達の12投手は全員3.30以上で、オリックス・宮城の6.21がトップ。楽天・早川の5.03、同・涌井の4.98が続く。

 ▼楽天・石井監督 なかなか得点できない中、チームに勝てる可能性を与えてくれる素晴らしい投球をしてくれた。

 ▼楽天・松井(9回に無死満塁のピンチを招くも無失点)相手のミスもあり助けられたが、何とかゼロで帰れて結果的には良かったです。

5/30(日) 5:30
配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/161862a879f16877afcc44c5ef354ecba0075419

【楽天・田中将 8回1失点と2試合連続のHQSの好投も4戦勝ちなし 我慢の投球が続く…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/27(木) 07:40:59.54 ID:CAP_USER9
イタリア・リミニで開催中のFIVBバレーボールネーションズ(VNL)2021は26日、女子予選ラウンド第2戦が行われ、日本は中国と対戦。3-0(25-13、25-19、25-17)で快勝した。

スターティングメンバーは前日のタイ戦と変わらず、黒後愛、古賀紗理那、島村春世、荒木絵里香、石川真佑、籾井あき、リベロ・小幡真子。

 中国は5月1日に有明アリーナで行われた親善試合で戦った主力の多くが帯同せず、控え選手中心のメンバーで、日本のペースで試合を展開。タイ戦とは異なり、黒後、石川の攻撃面での活躍が目立つ試合となった。試合後、取材に応じた黒後は「今日の試合は中国対策よりも籾井とのコンビを合わせることを意識した。コンビのことを籾井が気にしてくれていたので、自分ももっとやらなきゃと頑張った」と話した。

 27日の第3戦は日本時間の20時から韓国と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/279b77b530cd6b0dd36a108ac91efca5aabd6ecc
5/26(水) 22:43配信
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210526-00010004-vbm-000-1-view.jpg

【FIVBバレーボールネーションズ2021 女子日本代表が中国にストレートで勝って2連勝。黒後愛「籾井とのコンビを合わせるように意識した」】の続きを読む

このページのトップヘ