SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

2021年08月

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 21:35:45.84 ID:CAP_USER9
 第103回全国高校野球選手権の決勝が29日、阪神甲子園球場で行われ、智弁和歌山(和歌山)が9-2で智弁学園(奈良)に勝利し21年ぶり3度目の優勝を果たした。昨年に智弁和歌山ナインを指導したイチロー氏(マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)は、所属事務所を通じて祝福コメントを寄せた。全文は以下の通り。

「初めて智弁和歌山高校のグラウンドを訪れたとき、本気で日本一を目指しているチームだと感じました。そのために厳しい練習を重ね、悔しい思いもしてきたと思います。選抜に出場できなかったどん底から頂点まで這い上がってきたこと、なんとなくではなく本気で目指していた日本一になったこと、そして野球の面白さを改めて教えてくれたこと、見事でした。おめでとう」

 昨年2月に「学生野球資格回復制度」の認定を受けたイチロー氏は昨年12月、教職員と草野球で対戦するなどの交流があった縁で3日間にわたって非常勤コーチとして智弁和歌山を指導。「ずっと見ているから、ちゃんとやってよ!」などとエールを送っていた。
Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/0331c3cd3f291a90227cfa3113ffc8f26e533b54

【「見事でした。おめでとう」イチロー氏、指導した智弁和歌山“日本一”を祝福】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 16:28:57.09 ID:CAP_USER9
▼決勝 2021/08/29(日) 智辯和歌山(和歌山)-智辯学園(奈良)

智辯和歌山 4 0 0 0 0 1 1 2 1|9 
智辯学園  0 2 0 0 0 0 0 0 0|2 

 
【投手】
(和)伊藤、中西 - 渡部
(智)西村、小畠 - 植垣

【本塁打】
(和)渡部1号(9回表ソロ)
(智)

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021005017/top

【第103回全国高校野球選手権・決勝 智辯和歌山 9-2 智辯学園 智辯和歌山が21年ぶり3度目の優勝! 智辯対決を制す!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 10:50:51.38 ID:CAP_USER9
8.29 東京パラリンピックGL第1節 日本4-0フランス 青海]

 5人制サッカー(ブラインドサッカー)日本代表は29日、青海アーバンスポーツパークで開催された東京パラリンピックのグループリーグ第1節でフランスと対戦した。初出場の日本は、FW黒田智成とMF川村怜がともに2得点を挙げ、4-0で快勝。パラリンピック初勝利を成し遂げた。

 2004年のアテネ大会から採用された5人制サッカーは、今大会で5度目。日本は開催国枠で初出場となる。グループリーグでは、8か国を2つの組に分け、上位2チームずつが準決勝に進出。下位4チームが順位決定戦を行う。世界ランク12位の日本は、フランス(世界ランク14位)、ブラジル(同2位)、中国(同5位)と同グループとなり、初戦でフランスと相まみえた。

 日本の先発は守護神・GK佐藤大介、守備職人・DF田中章仁、攻守の要・MF佐々木ロベルト泉、主将の川村、エース・黒田と不動の主力メンバーを起用する。フランスとは、6月に行われた国際大会「Santen IBSA ブラインドサッカー ワールドグランプリ 2021 in 品川」で対戦しており、1-0で勝利。同大会を準優勝で終えた日本は、相性のいい相手に序盤から仕掛けていく。

 前半4分、日本は最初の攻撃でパラリンピック初ゴールを挙げる。中盤でボールを奪った黒田がそのままドリブル突破。利き足とは逆の左足を振り抜き、歴史に名を刻む先制点を決めた。

 先制した日本は、川村や黒田といったドリブルの得意な選手が何度も仕掛ける。すると、前半9分に追加点。左CKから相手に奪われるも、黒田がハイプレスで奪い返す。ゴール前まで詰め、右足シュートで自身2点目を挙げた。

 猛暑の連戦を考慮し、日本は前半10分に交代カードを切る。2得点を決めた黒田に代え、17歳のFW園部優月を投入。チーム最年少は果敢に前線からプレスを仕掛けると、前半12分にはゴール前で絶好のチャンス。しかし、シュートを打ち切れず、相手GKに阻まれた。

 日本はフランスの司令塔・MFフレデリク・ビレルを封じ、相手の自由を奪う。前半13分にはFWアハメド・ティディアネ・ディアキテに強引にシュートを打たれるが、コースは外れ、ゴール枠外へ。緻密な守備網を敷き、相手にチャンスを作らせない。

 前半15分には園部を下げ、FW佐々木康裕を投入。日本はさらに立て続けに交代を続け、18分に佐々木康に代えてDF寺西一を、19分には佐々木ロベルトを下げ、黒田を戻した。

 疲労を溜めさせない戦い方を続け、日本が試合巧者となる。前半19分に右サイドでFKを獲得。黒田のワンタッチから川村が左足を一閃し、相手GKの股を通すスーパーゴールでダメ押しの3点目。最高の形で前半を3-0で折り返した。

 日本は後半から先発メンバー5人に戻す。後半7分に敵陣内で佐々木ロベルトがファウルを受け、PKを獲得。キッカー・川村が相手GKの隙を突く技ありのトゥーキックを沈め、チーム4点目とした。

 フランスの単発的な攻撃を最後まで防ぎ切った日本が、4-0で40分間を完封。パラリンピック初出場にして、真価発揮の初白星となった。30日には大会4連覇中の絶対的王者・ブラジルと対戦する。

ゲキサカ 8/29(日) 10:41
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1aa6631f3cfc4c3bacbdadf7f57f544f194084b

NHK
https://sports.nhk.or.jp/olympic/

【東京パラ・5人制サッカー(ブラインドサッカー)日本代表、フランスに歴史的初勝利!30日には大会4連覇中の絶対的王者・ブラジルと対戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 17:29:47.43 ID:CAP_USER9
【NHKニュース速報 17:28】
東京パラ 山口尚秀選手が世界新で金
競泳男子100m平泳ぎ(知的障害)

https://twitter.com/UN_NERV/status/1431896461931782147
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【東京パラ・競泳男子100m平泳ぎ 山口尚秀選手が世界新で金】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 16:57:44.71 ID:CAP_USER9 BE:432377336-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/29(日) 16:54
毎日新聞

小川和紗、初出場で銅メダル パラ柔道女子70キロ級
女子70キロ級準決勝でジョージアのイナ・カルダニ(右)と対戦する小川和紗=日本武道館で2021年8月29日、宮間俊樹撮影
 東京パラリンピック第6日は29日、日本武道館で柔道女子70キロ級があり、小川和紗(24)=オー・エル・エム=が3位決定戦を制し、銅メダルを獲得した。準決勝でジョージア選手に敗れ、3位決定戦に臨んでいた。

 千葉県市原市出身。生まれつき、脳腫瘍の一種である視神経膠腫(こうしゅ)を患い、現在の視力は両目とも0・01程度。2018、19年の全日本大会を連覇し、国際大会でも実績を残して初の代表切符をつかんだ。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210829-00000037-mai-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5632ae0096d6a6e622caaa3caf82544105f42aa6n

【東京パラ・柔道女子70キロ級 小川和紗、初出場で銅メダル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 20:53:06.98 ID:CAP_USER9
8/29(日) 20:51配信
スポーツ報知

佐藤友祈

◆東京パラリンピック 陸上男子1500メートル・車いすT52決勝(29日、国立競技場)

 男子1500メートルで、同400メートル金メダリストの佐藤友祈(モリサワ)がメダルを獲得した。

 27日の400メートルで日本中を湧かせた。デッドヒートをの末に劇的逆転で制した400メートルから中1日で1500メートルに挑んだ。

 リオ大会では、米国、レイモンド・マーティンに屈し、400メートル、1500メートルともに銀メダルに終わった。「リオ大会で金メダルを取っていたらここまで強くなれてなかった」。必ずや母国開催のパラリンピックで借りを返すと、奮闘してきた。2018年には、両種目で世界新記録を樹立。その後も向上心は消えることなく、炎を燃やし続けた。

 今年2月には「緊張感がないと120%の力は出せない」とモリサワと契約を結び、プロ転向。一層競技に打ち込み、練習量はそれまでの約2倍になった。佐藤は左手にまひが残っているため、どうしてもスタートのこぎ出しに課題を抱える。そのマイナスをマイナス以上のプラスにするため、加速度に磨きをかけた。持久力、後半の伸びは最大の武器だ。

 21歳の時に胸から下と左腕がまひし、下半身の感覚を失った。思いがけない車いす生活。脊髄炎と診断が下され、障害者手帳が交付されるまでの1年半は「さまよっていた」と地元でふさぎこんだ。しかしようやく自分の抱える障害を理解したとき、新しいチャレンジを心に決めた。12年のロンドン大会で力強く車いすをこぐ選手の姿が佐藤の背中を押し、今は自分が「誰かの力に」とひた走る。

 少しでもパラスポーツの認知度を高めようと、SNSでも積極的に発信し、ファンと交流を深めてきた。母国開催の大舞台に向け、日本魂を胸に「侍ヘア」と髪を好きな青色に染めて臨んだ佐藤。しかし、勝つことだけでなく「リオで僕が力をもらったように、世界の選手も応援してほしい。見ている人にも楽しんでもらえるパラリンピックになれば」と大会の成功を”祈”ってきた。31歳が力強い走りで、世界のライバルたちとしびれる戦いを見せた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210829-08291192-sph-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c42f87dc11005f71ade19d41019f8d34bffb01a4

【東京パラ陸上・車いす400メートル金の佐藤友祈が1500メートルでも金メダル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/24(火) 08:38:38.10 ID:CAP_USER9
 23日深夜、カンテレで放送された『こやぶるSPORTS超』に、バルセロナ五輪・柔道銀メダリストで元格闘家の小川直也さんが出演。プロレスファンの間で今も語り継がれる橋本真也さんとの伝説的な試合「1・4事変」が起きた真相について、初めて明かしました。

 小川さんと橋本さんのその壮絶な戦いが繰り広げられたのは、今から22年前、1999年1月4日のこと。

 当時会場で観戦し、今回“学ぶる芸人”として出演した東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんは「プロレスというのは、相手の技を受けてこっちも返してという形なんですが、小川さんはそうではなくて、もうボコボコに。一方的に橋本さんの顔を蹴る、頭も蹴る。凄かったんですよ」と興奮しながら説明。

「客は最初キョトンとしてんです。『え?え?やっていいのこんなの?』って。その後お互いのセコンド含め大乱闘。本気で喧嘩になって、そこでやっと『あぁ、すごいことが起こってるんだ』と分かりました」と、その後小川さんが「暴走王」と称されることになった、プロレス史に残る一戦について振り返りました。

 それを受けて小川さんは「これはまだみんなに話したことはないんですけど」と前置きした上で、「猪木さんに『ちょっと来い』って言われて。『これはもう世紀を懸けた一戦にするから、ちょっとお前、やって来い。一方的に蹴りまくって、最後は蹴ってリングから出すまでやれ』って言われたんですよ」と当時の真相を告白。

「もう猪木さんからやれって言われたら、NOとは言えませんから、やって来なきゃいけないわけです。こっちは」と続け、全ては柔道界からプロレスの世界へと自身を導いてくれた恩人・アントニオ猪木さんの指示によるものだったと打ち明けました。

 驚いたMCの小籔千豊さんが「その後、猪木さんに何か言われましたか?『ようやったな』って言われたんですか?」と尋ねると、小川さんは「もちろん言われましたし、猪木さんが結局全部そこまで読んで、絵を描いたんだなと思いました」と語り、伝説となった「1・4事変」は猪木さんの思惑通りに事が運んだ結果だったと、明かしていました。

 また、ハチミツ二郎さんは「猪木さんがよく言うんですよ。『プロレスの興行で盛り上がってても、それは環状線の中だ』『プロレスファンだけじゃなく、ファンじゃないところまでニュースを飛ばせ』って」と猪木さんの考え方について解説。プロレス界発展のために大きな話題を作り、新たなファンを獲得することが当時の狙いだったのではと推察していました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb15d9b3677f89ed5f1c048a1ceef64e9190d510

【小川直也VS橋本真也『1・4事変』真相ついに判明…「暴走王」小川を作った男とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/29(日) 09:51:10.94 ID:CAP_USER9
8/29(日) 9:28
スポーツ報知

張本勲氏、女子高校野球決勝戦の甲子園開催を絶賛「野球のメッカで女子が決定戦、とても嬉しかった」
張本勲氏
 野球評論家の張本勲氏が29日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)にリモート生出演した。

 番組では、23日に甲子園で行われた第25回全国高校女子硬式野球選手権大会決勝で神戸弘陵が4―0で高知中央を破ったことを報じた。

 女子高校野球の日本一を決める決勝戦が、史上初めて甲子園で開催されたことに張本氏は「野球ファンが増えてくるわね。嬉しいね。野球のメッカの甲子園で女子が決定戦をやってくれるのは我々、野球関係者は、とても嬉しかった」と絶賛した。

 さらに「まして硬球でしょう。なかなか難しいよ。いいプレーも多かったし、非常に楽しかったと思います」とコメントしていた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210829-08291034-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b2f3ed0a63887c5761110c4949f0a82dfb1924a

【野球評論家の張本勲氏、女子高校野球決勝戦の甲子園開催を絶賛「野球のメッカで女子が決定戦、とても嬉しかった」】の続きを読む

このページのトップヘ