SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

2021年09月

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/30(木) 10:34:38.97 ID:CAP_USER9
9/30(木) 7:24
Full-Count

9勝止まりで「2桁勝利&2桁本塁打」は来季以降に、マドン監督「打者に専念を」

【MLB】投手・大谷翔平は今季終了 103年ぶり大偉業ならずも指揮官「投げないのが最善」
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
 エンゼルスの大谷翔平投手は、10月3日(日本時間4日)に敵地で行われるマリナーズとの今季最終戦に先発せず、投手としては今季を終えることになった。ジョー・マドン監督が29日(同30日)の試合前会見で「彼は日曜日(3日)に投げない。残りシーズンは投球のことはもう気にせず、打撃に専念してもらいたい」と明らかにした。

 投打同時出場した26日(同27日)の本拠地・マリナーズ戦では7回10奪三振5安打1失点と好投。しかし打線の援護はなく、シーズン10勝目は3度目の持ち越しとなっていた。両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打の期待がかかる中、中6日を空けて最終戦での登板も予想されていたが、マウンドには上がらないことになった。

 指揮官は、大谷との話し合いで決めたことを明かし「今がシャットダウンするのに適したときだと感じているとのことだったから、そうすることにした。全く複雑なことじゃない」と強調。この日を含めて今季は残り5試合となる中、「打者・大谷」に注力することを選択。「彼は最後の2登板で非常に力強い投球をし、これ以上得るものはない。だから、投げないのが最善のことかなと思う。ただ、もう1度言うが、これは彼と会話の上で決めたことだ」と言い切った。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210930-01139415-fullcount-000-9-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/650df8f3cc6a1705976bcc7d1432709774f8235a

【投手・大谷翔平は今季終了 103年ぶり大偉業ならずも指揮官「投げないのが最善」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/30(木) 06:36:33.63 ID:CAP_USER9
9/30(木) 4:00配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/24fff2b31c738eea94bfd465e34acd515f1e8492

 中日・山井大介投手(43)が今季限りで現役を引退する意向を固めたことが29日、分かった。今季はリーグトップのチーム防御率を誇る投手陣がそろっていたこともあり、1軍登板はなし。4度のリーグ優勝に導いた右腕が、中日一筋20年のプロ生活に区切りをつけた。近日中にも発表される見通しだ。

 2001年ドラフト6巡目で入団し、先発に加えて中継ぎ、抑えをこなして黄金期を支えた。右腕の名が全国にとどろいたのは、王手をかけて臨んだ07年の日本ハムとの日本シリーズ第5戦。先発で8回まで完全投球を披露。史上初の快挙に期待が高まる中、右手中指に血まめができていたこともあって降板した。9回を岩瀬が3人で締めて史上初の継投による完全試合を達成。チームは53年ぶりの日本一に輝いた。

 14年には13勝で最多勝、最高勝率の2冠に輝いたが、近年は若手の台頭もあり登板機会が激減。それでも「納得していない。体力の衰えも感じていないし、若いやつに負けない」と昨オフは減額制限を超える40%減の年俸で契約を更改し、現役を続行。球界最年長投手として迎えた今季、2軍では規定投球回をクリアして7勝を挙げたが、チームの状況などもかんがみ、潔く自ら愛着のあるユニホームを脱ぐ決断をした。

 今後については未定だが、豊富な経験から得た知識を2軍の若手にも伝え続けていた。再びグラウンドへ戻ってほしいと、誰もが願っていることだろう。

 ◆山井 大介(やまい・だいすけ) 1978年5月10日、大阪・豊中市生まれ。43歳。神戸弘陵高、奈良産大、河合楽器を経て、2001年ドラフト6巡目で中日に入団。13年6月28日のDeNA戦(横浜)で史上77人目のノーヒットノーラン達成。14年には13勝で最多勝、最高勝率の2冠に輝いた。通算335試合、62勝70敗20セーブ、防御率3・75。179センチ、86キロ。右投右打。年俸2790万円。既婚。

【43歳球界最年長投手の中日・山井大介が今季限りで引退。07年日本シリーズで8回まで完全投球も降板。】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/29(水) 15:00:13.84 ID:CAP_USER9
9/29(水) 14:45
デイリースポーツ

中日 藤井淳志の現役引退を発表 16年間のプロ生活に幕
中日・藤井淳志
 中日は29日、藤井淳志外野手が今季限りで引退すると発表した。藤井は球団を通じて、「16年間温かいご声援、本当にありがとうございました」とコメントした。

 藤井はNTT西日本から05年に大学生・社会人ドラフト3巡目で中日入り。09年に114試合の出場で打率・299で10本塁打。13年も108試合で打率・303の成績を残した。

 その後もファイトあふれるプレーでチームを支えたが、昨季と今季は出場機会がなかった。

 通算1093試合に出場し、打率・266、45本塁打、273打点だった。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210929-00000080-dal-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f249245ef72bed536af80b7dc8049266bf807f81

【中日・藤井淳志が現役引退 16年間のプロ生活に幕】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/28(火) 11:29:39.31 ID:o66qhBxY0
巨人 166km チアゴ・ビエイラ(2021)
日公 165km 大谷翔平(2016)
広島 165km ロベルト・コルニエル(2021)
阪神 163km ロベルト・スアレス(2021)
横浜 163km エドウィン・エスコバー(2021)
西武 162km リード・ギャレット(2020)
ヤクルト 161km 佐藤由規(2010)
福岡 161km 千賀滉大(2019)
中日 161km ライデル・マルティネス(2020)
千葉 159km 伊良部秀輝(1994) / 澤村拓一(2020)
楽天 159km ライナー・クルーズ(2014)
檻牛 159km エリック・コーディエ(2016)

【プロ野球12球団歴代最高球速がこちら】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/30(木) 03:08:40.31 ID:CAP_USER9
ホーム最終戦で目撃された寂しすぎる光景!大谷翔平だけでは埋められなかった地元ファンの空虚感
2021/9/28(火) 16:46

【ホーム最終戦で見られた寂しすぎる光景】

 現地時間の9月26日に行われたエンジェルス対マリナーズ戦を、日本からTV観戦した人も多かったのではないだろうか。

 ベーブ・ルース選手以来103年ぶりとなる「2桁勝利+2桁本塁打」に王手がかかった大谷翔平選手が、今シーズン最後の登板になる可能性がある中で臨んだ23度目の登板だったからだ。

 しかもこれがホーム最終戦ということもあり、日本のファンも関心も高かったはずだ。

 ところが、だ。画面に映し出される光景を見て、逆に拍子抜けしなかっただろうか。空席ばかりが目立つ観客席を目の当たりにして、日本のメディアの騒ぎぶりとの格差に、何とも違和感を抱いたのは自分だけではなかったはずだ。

【大谷選手だけでは盛り上がりきれなかった地元ファン】

 実際のところ公式記録を見ても、当日の入場者数は2万2057人だった。4万5517人の収容力を誇るエンジェル・スタジアムの48.5%しか埋まっていなかったことになる。

 むしろ前日の試合の方が3万221人を集めており、現地のファンの間で、大谷選手の偉業がどれほど注目を集めていたのか疑わしくなってしまう。

 もちろん今シーズンの大谷選手が、将来にわたり語り継がれるような伝説的な活躍をしているのは疑いようのない事実だ。これまで本欄でも何度となく繰り返しているが、大谷選手のMVP受賞は間違いないところだ。

 にもかかわらず、今シーズンのエンジェルスが例年以上の盛り上がりを見せたかといえば、ホーム最終戦の惨状から想像できるように、答えはノーだろう。

 シーズン後半戦が始まる7月16日からエンジェルスはフルキャパシティのファンを受け入れるようになったのだが、当時の大谷選手はオールスター戦で史上初の二刀流を披露した直後で、快進撃の最中にいた。

 だが試合別観客動員数を見てみると、7月16日に4万880人のファンを集めたのがシーズン最多で、その後は4万人を突破することもなく、3万人を超えることも稀で、基本的に2万人前後で推移する状況だった。

【センセーションを起こした野茂英雄投手やイチロー選手との違い】

 これまでMLBに挑戦した日本人選手の中で、1995年の野茂英雄投手と2001年のイチロー選手は全米中から注目を集める一大センセーションを巻き起こしている。

 当時現場取材をしていた自分も、野茂投手が投げる度に、またイチロー選手が連日スーパープレーを披露する度に、球場を埋め尽くす地元ファンが彼らに興奮する姿を目撃してきた。

 観客動員という点で見れば、今シーズンの大谷選手は2人が起こした熱狂ぶりには程遠いと言わざるを得ない。

 では大谷選手と2選手とで何が違うかといえば、間違いなくチームだ。1995年のドジャースはロッキーズとの間で、シーズン終盤までもつれる熾烈な地区優勝争いをしていた。

 また2001年のマリナーズにしても、MLBタイ記録の116勝を挙げるなど、シーズンを通して快進撃を続けていた。まさにチーム全体が盛り上がっていたのだ。

【ファンが求める究極はチームの勝利】

 それとは裏腹に、今シーズンのエンジェルスは早々にポストシーズン争いから脱落してしまった感がある。

 チームの大黒柱であるマイク・トラウト選手が戦線離脱してしまったことが大きく影響したとはいえ、6月20日に7.5ゲーム差をつけられ地区4位になってからは、ずっとこの位置から抜け出せないままさらにゲーム差を広げられ、シーズンを終えようとしている。

 一方で同じ地ロサンゼルス地区を本拠にするドジャースは、ケガ人が続出しながらもジャイアンツと熾烈な地区優勝争いを続けている。もちろんファンも盛り上がりを見せ、シーズン後半戦のホーム試合で4万人を割った試合がわずか1回だけで、毎試合5万人前後(収容人員は5万6000人)を集めている。

 やはりファンが求めているのは、選手個人のパフォーマンス以上にチームの勝利ということなのだと思う。

>>2-5あたりに続く)

- 個人 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20210928-00260473
画像:大谷選手が登板したマリナーズ戦ではかなりの空席が見られた(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/kikuchiyoshitaka/00260473/title-1632814865054.jpeg

【エンジェルス・ホーム最終戦で目撃された寂しすぎる光景!ファンが求めているのは選手個人の偉業以上に…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/29(水) 22:09:46.13 ID:CAP_USER9
 「楽天5-0日本ハム」(29日、楽天生命パーク宮城)

 八回2死で浅村の死球を巡って、両チーム一触即発の事態となり、警告試合となった。

 楽天が5点リードの八回2死で日本ハム・鈴木健の投じたボールが打者・浅村の腰辺りを直撃。浅村が鈴木健の元に詰め寄った。一度は一塁ベースへと向かった浅村だが、代走を告げられてベンチに戻る際に再び、鈴木健の元に詰め寄って、両チームのナインがグラウンド上に入り乱れる事態となった。

 両チームともに退場者は出なかったが、真っ先にグラウンドに飛びだした楽天・石井監督を栗山監督がなだめる場面もあり、主審によって警告試合がアナウンスされた。

 石井監督は試合後、浅村の気持ちを代弁。「あの場面でああいうところに投げるのかっていうところだったと思います。それは見ている僕もそうですし」と語った。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0e6bb5a8a96787216b72cb7a528e73ec6fd145a

【楽天-日本ハムで浅村の死球を巡り一触即発の事態 石井監督「あの場面でああいうところに投げるのかと」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/29(水) 22:01:23.20 ID:CAP_USER9
 「阪神-広島」(29日、甲子園球場)

 4番手で中継ぎ登板した阪神・岩貞が大炎上で本拠地に沈んだ。

 1点ビハインドの八回2死一塁の場面でマウンドへ。先頭の林を四球で歩かせて一、二塁とし、代打・松山に左前適時打。暴投で二、三塁とさらにピンチを広げ、大盛に右前2点適時打を献上した。

 瞬く間に4点を追う展開となり、スタンドからは「ストライクが入らないのか!」と容赦なくヤジが飛んだ。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/f847bf86a028ac81ab92d188673d5aaebba39c55

【「ストライクが入らないのか!」炎上の阪神・岩貞にスタンドからヤジが飛ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/29(水) 22:27:08.40 ID:CAP_USER9
2021年09月29日 18:21野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/29/kiji/20210929s00001173448000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/28/jpeg/20210928s00001173412000p_view.jpg

 【セ・リーグ DeNA─ヤクルト ( 2021年9月29日 神宮 )】 DeNAの牧秀悟内野手が29日、神宮で行われているヤクルト戦の3―0の3回無死一塁で、小川泰弘投手から右越え二塁打をマーク。

 これで今季通算118安打となり、59年に桑田武が記録した球団新人シーズン最多安打117を抜いて、単独1位となった。

【DeNA・牧が球団新人シーズン最多118安打で単独1位に 62年ぶり更新】の続きを読む

このページのトップヘ