SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

2022年03月

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/02(水) 14:57:11.74 ID:CAP_USER9
2/2(水) 14:49
オリコン
平本蓮、3・6『RIZIN』2戦目で鈴木千裕と対戦決定「最高の試合をします。楽しみにしてください」
平本連 (C)ORICON NewS inc.
 3月6日に開催される格闘技『RIZIN LANDMARK VOL.2』の対戦カード発表会見が2日に都内で行われ、平本蓮(23)VS鈴木千裕(22)の対戦が発表された。

 平本はキックボクシングのK-1で活躍し、総合格闘技へ転向。2020年大みそかの『RIZIN.26』の転向初戦で萩原京平と対戦したが、2ラウンドでTKO負けを喫した。しかし、SNSで歯に衣着せぬ過激発言を繰り返し、朝倉未来などRIZINファイターだけではなく、タレントの武井壮ともバトルを繰り広げるなど、大きな注目を集めている。

 昨年はアメリカの大手ジム・ルーファスポーツへ単身武者修行してきた平本。大きく進化し、久しぶりの会見で「MMAのデビュー戦のおかげで自己破壊ができて、気持ちよくなったというか」と振り返り、「最高の試合をします。楽しみにしてください」と宣言した。

 一方の鈴木は、16年大みそかに行われた「RIZIN FFアマチュアMMA 2016CUP」で優勝し、翌17年にプロ格闘家デビュー。総合とキックボクシングの二刀流で活動し、21年7月には「初代KNOCK OUT-BLACK]スーパーライト級王者を獲得。21年9月の『RIZIN.30』で初めてRIZINのリングに立ったが、昇侍に秒殺KO負け。再起を誓った11月の『RIZIN TRIGGER 1st』では、山本空良に判定勝利を収めた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220202-00000373-oric-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/188628d67c5ba621659ef9fa09edca6641338cbb

【3・6『RIZIN LANDMARK VOL.2』平本蓮、2戦目で鈴木千裕と対戦決定「最高の試合をします。楽しみにしてください」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 07:08:41.85 ID:CAP_USER9
1/29(土) 5:15配信
東スポWeb

余すとこなく語った榊原CEO(東スポWeb)

 格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行CEO(58)がインタビューに応じ、注目が集まる選手たちの今年の展望を語った。昨年大みそかに衝撃のデビューを飾ったサッカー元日本代表FW三浦知良(54)の次男・孝太(19)や何かとお騒がせの平本蓮(23)。さらに大相撲の元幕内貴源治こと貴賢神(24)のデビュー戦や、大みそかに明暗が分かれた朝倉未来(29)、海(28)の今後にも言及した。

 ――デビュー戦でYUSHIに1ラウンドKO勝ちした孝太の次戦は

 榊原CEO(以下、榊原) 本人とも話をしていて、春先に2戦目を予定しています。3回目か4回目の「TRIGGER」かなと思います。相手はできれば、大みそかに呼びたかったブラジル人選手と。コロナ次第になってしまいますが、入国できるならそのブラジルの選手もやる気でいてくれているので、なんとか実現させたい。

 ――今年の孝太の展望は

 榊原 3試合くらい、大みそかに向けてできれば。育成的なマッチメークとルールになる。彼がどうRIZINで成長してキングになっていくかを見届けていく物語になるといいと思います。そういう目線で見てもらえる選手を準備して。

 ――将来の主力に育て上げると

 榊原 大みそかに見てもらったように、ポテンシャルはハンパない。ずば抜けたスター性も、ファイティングスピリットも、期待感しかない。キラキラしたものを見せつけられる選手なので、ファンとともに一緒に育てたい。3〜5年先に三浦孝太が軸になって世界のトップアスリートを迎え撃つRIZINのGPが開催されることを夢見てます。そういう流れの中でしっかり育成していきたい。

 ――平本の次戦の相手は。本人は大みそかに萩原京平の名を挙げていた

 榊原 (大みそかの行動は)平本蓮の妄想なんで。もちろん(萩原)京平へのリベンジマッチっていうのもあると思うけど、3月頭にスケジュールを調整している「LANDMARK vol.2」では違う相手を用意したいと思います。

 ――2020年大みそかの敗戦からいきなりのリマッチはないと

 榊原 平本は1年以上試合をしていないので。実際にその期間でどれだけ成長しているか、効果測定できるような選手と試合をさせたい。その結果、平本蓮がとてつもない成長を見せていれば萩原京平とのリベンジマッチの光り方が変わってくるので。強豪の日本人選手? そのつもりです。

 ――同じく昨年大みそかのリングで参戦表明した貴賢神は

 榊原 これも本人サイドと調整をしてですけど、今年の早いタイミングで、本人の準備が整えばデビューさせたいと思っています。早ければ3月か4月かもしれない。ナンバーシリーズか「TRIGGER」にするかは、タイミングも合わせて考えたいです。

 ――大みそかのトーナメントで右拳を負傷した海の再起は

 榊原 本人にも焦りがあると思う。ただ、しっかりリカバーした後に復活に向けて積極的な戦いを見せてくれると思うので。全治は3か月くらいって言っていたけど、少しゆっくりした方がいいんじゃないか。復帰は夏前だと思います

 ――兄の未来は。先日ユーチューブで「あと2〜3年で引退する」と話したが

 榊原 1回未来とも、今年何をどう見せていくかをしっかり話したい。彼のスピード感に僕らもどうついていくか、なので。引退するのであれば、2〜3年の中で何を見せていくか考えたい。引退ロード? そういうこともできると思います。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-03958511-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/16ed7f1433a3dbd1def41ea8e5352a0ac9360e40

【RIZIN・榊原CEO激白! 三浦孝太育成法、朝倉兄弟の今後…平本蓮の次戦は萩原京平ではない】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 16:14:45.43 ID:CAP_USER9
【中山記念】パンサラッサが重賞2勝目 見事な大逃げV
2/27(日) 15:55配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/6773109c0a1f701797445193b30a7dfa9a5561ce
スポーツ報知
◆第96回中山記念・G2(2月27日、中山競馬場・芝1800メートル=良)
春の中山競馬の開幕を彩る伝統の古馬重賞は16頭によって争われ、
吉田豊騎手が手綱を執った2番人気のパンサラッサ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ロードカナロア)が、
後続を引き離した逃げからそのまま押し切り、昨年11月の福島記念・G3以来となる重賞2勝目を飾った。

1着馬のパンサラッサには大阪杯・G1(4月3日、阪神・芝2000メートル)の優先出走権が与えられた。
勝ち時計は1分46秒4。

4番人気のカラテ(菅原明良騎手)が、2馬身半差の2着。
そこから首差の3着には3番人気のアドマイヤハダル(横山武史騎手)が入った。

【第96回中山記念(G2)~中山 パンサラッサが優勝 重賞2勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 16:12:35.63 ID:CAP_USER9
【阪急杯】7歳馬が復活! ダイアトニックが鮮やか重賞3勝目
2/27(日) 15:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c08a49dfc8819a5830196e692ee661d33ca061c
スポーツ報知
◆第66回阪急杯・G3(2月27日、阪神競馬場・芝1400メートル=良)

1着馬に高松宮記念・G1(3月27日、中京・芝1200メートル)の優先出走権が与えられる古馬重賞は14頭が出走して行われ、
岩田康誠騎手が手綱を執った1番人気のダイアトニック(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が直線半ばで抜け出し、
2020年6月の函館スプリントS・G3以来となる重賞3勝目を飾った。

勝ち時計は1分19秒9。

9番人気のトゥラヴェスーラ(鮫島克駿騎手)が、首差の2着。
そこから2馬身差の3着には6番人気のサンライズオネスト(武豊騎手)が入った。

【第66回阪急杯(G3)~阪神 ダイアトニックが優勝 重賞3勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/28(月) 13:35:30.17 ID:CAP_USER9
フィギュアスケートのロシア杯が27日に行われ、エテリ・トゥトベリーゼ・コーチが指導する14歳以下の選手たちが表彰台を独占した。

北京五輪にロシア・オリンピック委員会(ROC)として出場した選手たちは欠場したものの、ロシア国内で最高峰とされる大会にトップスケーターが集結。そこで脚光を浴びたのはトゥトベリーゼ一門の天才少女たちだった。

ロシアメディア「ガゼッタ」は「4回転ジャンプの戦い! トゥトベリーゼの教え子たちがロシア杯で表彰台を独占した」と報道。ソフィア・アカチエワ(14)が金メダル、アデリア・ペトロシアン(14)が銀メダル、アリサ・ドボエグラゾワ(13)が銅メダルを獲得した。

五輪金メダリストで〝皇帝〟の異名を取るエフゲニー・プルシェンコ氏が指導者としても注目を集めたが「プルシェンコの教え子はトップ3外にとどまった」と同メディア。トゥトベリーゼ軍団の分厚い壁の前に完敗に終わった。

トゥトベリーゼ氏は、2026年ミラノ・コルティナ五輪に向けて今回の〝天才トリオ〟の才能にほれ込んでおり、重点的に育成する方針。ドーピング問題に揺れるカミラ・ワリエワ(15)は次回五輪は19歳でトゥトベリーゼ流の育成方針ではピークを過ぎていると判断されそう。

鉄の女〟は早くもポスト・ワリエワに熱を上げており、本家はこのまま見捨てられてしまうのだろうか。

東京スポーツ2022年02月28日 13時08分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/4028927/

【フィギュア・ロシア杯 トゥトベリーゼ一門が表彰台独占 今後は14歳以下の〝ポストワリエワ〟に注力か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 19:22:13.79 ID:CAP_USER9
2/27(日) 18:20
東スポWeb

ウクライナ情勢を受けトゥトベリーゼ氏が他国コーチに電撃移籍浮上 日本も有力候補
エテリ・トゥトべリーゼコーチ(左)とカミラ・ワリエワ(ロイター)
 フィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(15=ロシア)を巡るドーピング問題で渦中にあるエテリ・トゥトベリーゼ・コーチ(48)が、ウクライナ情勢を受けて他国コーチに電撃移籍する可能性が浮上し、日本も有力候補になりそうだ。

 ロシアメディア「MKスポーツ」は、同国によるウクライナ侵攻を受けてスポーツ界でロシア勢の〝締め出し〟が始まっていると指摘。今後の展望について、RMAビジネススクールの責任者でスポーツ経営学部の学部長であるキリル・クラコフ氏の見解を報じた。

「短期的に見れば、ロシアのスポーツ界は大変なことになっている。最初の一歩はすでに踏み出され、やがて連鎖反応が起こる。すべての国際連盟や協会は、我々をスポーツから排除し、契約を破棄するだろう」と指摘。ロシア勢がスポーツ界の公式大会から次々と出場を禁じられるとの見通しを示した。

 クラコフ氏はそれによってまず起きるのが、仕事上で国籍は関係ない指導者の流出と分析。「もちろん最高のコーチたちが外国の連盟で働きに行くようになる。たとえば、エテリ・トゥトベリーゼは競合国に移る可能性が非常に高い」との見通しを示した。トゥトベリーゼ氏は北京五輪で教え子のシェルバコワが金メダル、トルソワが銀メダルを獲得するなどフィギュア界で現在最も勢いのある指導者。働き口を求めて他国へ移籍する動きが出ているのだ。

 トゥトベリーゼ氏は結果至上主義のため強豪国への移籍となりそうだが、米国ではワリエワを巡るドーピング問題で批判が根強い。そうなると、フィギュア大国の日本などが有力候補になりそうだ。

 フィギュア界でまさかの〝トゥトベリーゼ・ジャパン〟が誕生するのか。その動向から目が離せなくなってきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220227-04027379-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0982c48796cfa26825322bebfe7390ab5930c3dc

【日本も有力候補? ウクライナ情勢を受けエテリ・トゥトベリーゼ氏が他国コーチに電撃移籍浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/26(土) 06:58:41.19 ID:CAP_USER9
2022年02月25日 15時08分

 北京五輪でロシア・オリンピック委員会(ROC)フィギュアスケート選手団のコーチを務めたアレクサンル・ズーリン氏が女子シングルス4位だったカミラ・ワリエワ(15)について「少女は傷つけられた」とドーピング騒動を振り返った。

 ロシアメディア「riafan」によると、1994年リレハンメル五輪アイスダンスで銀メダルを獲得しているズーリン氏は、ユーチューブチャンネルの「マッチTV」に出演し、北京五輪でワリエワの騒動について言及したという。「ズーリンは『信じられないほど難しい大会』と話し、ワリエワについては『本当の迫害に直面していた』と語った」

 その上でズーリン氏は大舞台に臨んだワリエワが世界中から好奇の目にさらされたことに「この2週間で女の子は傷つけられました。彼女は五輪に行ったが、以前は笑顔のある子供だったのに、悲しげな顔をした女性だった」と語ったとし、高まる注目度がワリエワをフリーで失速させ、涙を流させたと理由と説明したという。

 同メディアは「ズーリンは若いアスリートを心配していた。彼はワリエワが間違いなくプロとしてのキャリアを継続し、ドーピングスキャンダルの話が良い結末になることへの希望を表明した」と報道。世界中からワリエワを支持する声が届いているという。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/4023143/

【「少女は傷つけられた」コーチのズーリン氏がワリエワのドーピング騒動を振り返る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/24(木) 06:06:31.21 ID:CAP_USER9
2/24(木) 5:15配信
東スポWeb

〝鉄の女〟と称されるトゥトベリーゼ氏(東スポWeb)

 北京五輪の女子フィギュアで4位に沈んだカミラ・ワリエワ(15)を指導するトゥトベリーゼ・コーチの驚がくの収入が明らかになった。ロシアメディア「Kinoafisha」は「五輪後のトゥトベリーゼの収入についての〝真実〟が明らかになった」と報道。名指導者の知られざる懐事情を特集した。

 その中で「トゥトベリーゼには平昌五輪後に、選手の賞金に相当する国からのボーナスが支払われたことが判明した」と指摘。ロシア政府は五輪でメダルを獲得した選手に報奨金を支給しており、北京五輪でも金で400万ルーブル(約600万円)、銀で250万ルーブル(約375万円)、銅で170万ルーブル(約255万円)が贈られる。

 トゥトベリーゼ氏は報奨金と同額が教え子の人数分に応じて与えられる破格待遇で、北京五輪では団体(メダル獲得の場合)と個人を合わせて金2個、銀1個で約1575万円となる計算だ。

 さらに「モスクワ州政府からもボーナスの支払いがある」という。1位200万ルーブル(約300万円)、2位125万ルーブル(約188万円)、3位85万ルーブル(約128万円)と規定されており、今大会にあてはめると約788万円。合計すると、北京五輪だけで約2363万円を手にすることになる。

 この他にも、世界選手権など通常の大会では「選手の賞金の30%を受け取る」。多くの有名選手を抱える現在は、まさに一流アスリート並みの稼ぎっぷりだ。今回のドーピング問題の裏には〝鉄の女〟ならぬ〝カネの女〟の実情があったということなのか…。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220224-04020044-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a882b7439d4fb65cfcccfcec24d6b2fb1aa137f

【ワリエワ叱責の〝鉄の女〟トゥトベリーゼ氏の『破格待遇』判明! 北京五輪で稼いだ総額発表】の続きを読む

このページのトップヘ