SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

2024年06月

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/28(金) 12:09:16.83 ID:h1BFUC/+9
 コパ・アメリカ2024のグループC第2節が27日に行われ、ウルグアイ代表とボリビア代表が対戦した。

 現地時間23日に行われたパナマ代表との大会初陣で、ウルグアイ代表は16分にマクシミリアーノ・アラウホのゴールで先手を取りながら、その後は追加点を奪えない苦しい展開に。それでも、85分に“エース”のダルウィン・ヌニェスが追加点を挙げると、後半アディショナルタイムにはマティアス・ビーニャがダメ押し弾。その後1点を返されるも、3-1で白星スタートを切っていた。

 第2節では、アメリカ代表との初陣を0-2で落としたボリビア代表と対戦。ウルグアイ代表を率いるマルセロ・ビエルサ監督は、パナマ代表戦からスターティングメンバー1名を変更し、ジョルジアン・デ・アラスカエタに代えてニコラス・デ・ラ・クルスをインサイドハーフの一角として起用した。

 試合は立ち上がりからウルグア代表のペースで進む。キックオフ直後の2分には、敵陣右サイドでボールを奪ったナイタン・ナンデスがアーリークロスを送り、中央で待っていたヌニェスがヘディングシュートでゴールを脅かした。

 続く8分には、敵陣中央でフェデリコ・バルベルデが倒され、ウルグアイ代表がフリーキックを獲得。デ・ラ・クルスが縦方向にふわりとした浮き球のボールを送ると、競り勝ったロナルド・アラウホが頭で折り返し、ファーサイドへ詰めていたファクンド・ペリストリがヘッドで押し込む。うまく試合に入ったウルグアイ代表が、勢いそのままに先手を取った。

 その後もウルグアイ代表が主導権を握り、“ワンサイドゲーム”で時計の針は進む。ヌニェスやバルベルデが際どいシュートでゴールに襲いかかるなど、追加点の匂いも漂うなか、21分には自陣でボールを奪ったところからカウンターへ。バルベルデが左サイドへ展開し、M・アラウホがドリブルでボールを持ち運ぶと、相手を引き付けてボックス左のスペースへスルーパスを送る。このボールに反応したヌニェスが、ダイレクトで左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。ヌニェスの2試合連続ゴールで、ウルグアイ代表がリードを広げた。

 28分には敵陣右サイドでボールを奪ったデ・ラ・クルスが左足で浮き球のボールを放り込むと、ペナルティエリア内へ走り込んだヌニェスが頭で合わせたが、シュートはクロスバーに当たって枠の外へ。前半はこのままウルグアイ代表の2点リードで終了した。

 後半に入っても試合の様相は大きくは変わらず、ウルグアイ代表のペースで時間が経過。数々のシュートチャンスを得ながら、仕留めることはできず、2点リードのまま試合は終盤へ向かっていく。

 迎えた77分、ウルグアイ代表はナンデスがボールを奪ったところからショートカウンターへ。右サイドに流れたヌニェスとのパス交換から、デ・ラ・クルスがボックス手前で顔を上げると、斜めの動きでスルーパスを呼び込んだM・アラウホが自らフィニッシュを沈める。ウルグアイ代表にとっては欲しかった3点目が決まり、勝利を決定付けた。

 勢いに乗ったウルグア代表は続く81分、右サイドからバルベルデがうまくボールを持ち運ぶと、ボックス内でペリストリからのリターンパスを受け、右足で流し込む。キャプテンの大会初ゴールで4点をリードした直後には、今大会初出場となるルイス・スアレスがピッチに送り出され、ファン・サポーターのボルテージも最高潮まで高まった。

 ウルグアイ代表は最後まで攻撃の手を緩めず、89分には途中出場コンビが躍動。敵陣左サイドで得たフリーキックの場面、ジョルジアン・デ・アラスカエタが右足で鋭いボールを蹴り込むと、ファーサイドへ飛び込んだロドリゴ・ベンタンクールがヘディングシュートをねじ込む。これで点差は5点まで広がった。

 試合はこのままタイムアップ。ウルグアイ代表が大会2連勝を飾った。これで勝ち点を「6」まで積み上げ、次節引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定。敗れた場合でも、パナマ代表が引き分け以下に終わる、または勝利した場合の得失点差で上回られなければ、2位でグループステージを突破することができる。

 次節は7月1日に行われ、ウルグアイ代表はアメリカ代表と、ボリビア代表はパナマ代表と、それぞれ対戦する。

【スコア】
ウルグアイ代表 5-0 ボリビア代表

【得点者】
1-0 8分 ファクンド・ペリストリ(ウルグアイ代表)
2-0 21分 ダルウィン・ヌニェス(ウルグアイ代表)
3-0 77分 マクシミリアーノ・アラウホ(ウルグアイ代表)
4-0 81分 フェデリコ・バルベルデ(ウルグアイ代表)
5-0 89分 ロドリゴ・ベンタンクール(ウルグアイ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fab4206ffde5dbf2f61f71216749272e11b2952e

【コパ・アメリカ・グループC第2節 ヌニェス&バルベルデ揃い踏み! ウルグアイがボリビアに5発完勝、2連勝で決勝T進出に王手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/28(金) 11:00:06.61 ID:h1BFUC/+9
コパ・アメリカ2024のグループC第2節が27日に行われ、パナマ代表とアメリカ代表が対戦した。

 初戦でウルグアイ代表に1-3で敗れたパナマ代表と、ボリビア代表に2-0で勝利したアメリカ代表の一戦は、5分にセットプレーの流れからウェストン・マケニーがネットを揺らしてアメリカが先制したかに思われたが、直前のプレーがオフサイドと判定され、ゴールは取り消しとなった。

 すると、16分にはプレー中にロデリック・ミラーと接触したティモシー・ウェアがミラーの頭を後ろから殴ってしまい、一度はイエローカードが提示されたものの、オンフィールド・レビューの結果、レッドカードに変更となり、試合開始18分にしてアメリカは数的不利となった。

 それでも、22分には高い位置でボールをカットしたアントニー・ロビンソンとの連携から最後はフォラリン・バログンが左足を振り抜いてポストに当たりながら、ネットを揺らし、アメリカが先制に成功した。

 追いかける展開となったパナマだが、直後の26分にはセサル・ブラックマンがペナルティアーク付近から左足でゴールへと流し込み、試合を振り出しに戻して前半を折り返した。

 再び試合が動いたのは83分、右サイドからのクロスにホセ・ファハルドがダイレクトで右足を合わせてパナマが逆転に成功した。88分にはクリスティアン・プリシッチに危険なタックルを敢行したアダルベルト・カラスキージャにレッドカードが提示され、両チームは数的同数となったが、スコアはこのまま動かずタイムアップとなった。

 次節は7月1日に行われ、パナマはボリビアと、アメリカはウルグアイとそれぞれ対戦する。

【スコア】
パナマ代表 2-1 アメリカ代表

【得点者】
0-1 22分 フォラリン・バログン(アメリカ代表)
1-1 26分 セサル・ブラックマン(パナマ代表)
2-1 83分 ホセ・ファハルド(パナマ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d9b04d309faf03b94a529420814bf285de1a2f21

【コパ・アメリカ・グループC第2節 序盤から数的不利のアメリカが先制も…パナマに逆転を許して連勝ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/27(木) 12:43:50.44 ID:z282qeb59
コパ・アメリカ2024グループB第2節のベネズエラ代表vsメキシコ代表が26日に行われ、ベネズエラが1-0で勝利した。

開幕節は強豪エクアドル代表に勝利し、順調なスタートを切ったベネズエラ。システムはサロモン・ロンドンとエドゥアルド・ベッロが2トップを組む[4-4-2]の布陣を敷いている。

一方、こちらもジャマイカ代表に勝利して、白星スタートとなったメキシコ。その試合から引き続き、サンティアゴ・ヒメネスがトップを務める[4-3-3]のシステムを採用している。

初戦勝利したチーム同士の試合は、立ち上がりからテンションの高い展開に。両チームとも縦に速い攻撃を仕掛け、緊迫した展開が続く。10分にはメキシコのクロスをGKロモがクリアすると、キニョネスがこぼれ球に詰めたが惜しくも間に合わなかった。

一方のベネズエラも、14分にソテルドがボックス手前からコントロールシュートを放つが枠上へ。19分にはロングボールに抜け出したメキシコのヒメネスが1vs1の状況になるも、GKロモが素晴らしい飛び出しでピンチを防いだ。

徐々にメキシコが押し込む展開となるが、ベネズエラも集中した守備で対応。カウンターの隙を伺うが、こちらもメキシコの高いインテンシティによって中々敵陣までボールを運べない。

それでも、34分にはロングボールに抜け出したロンドンが左足でボレーシュートを放つが、ポスト直撃。激しいプレーによって徐々に荒れ模様となった前半は、両者チャンスを作りながらもゴールレスで終わった。

後半、左サイドから切り込んでソテルドが強烈なシュートを打つなど、先にチャンスを作ったのはベネズエラ。53分にはソテルドのパスをボックス手前で受けたロンドンが狙いすましたシュートを放ったが、惜しくも枠外へ外れた。

ベネズエラの時間帯が続くと55分、右サイドからボックス内へ切り込んだアランブルがキニョネスとの接触で倒され、PKを獲得。これをロンドンが確実に決めて、大きな先制点を記録した。

追いつきたいメキシコは69分、キニョネスのクロスに途中交代のマルティネスが飛び込むが惜しくも合わせられず。77分には左サイドの攻撃からゴールを狙うも、大きく枠から外れた。

前がかりになるメキシコに対して、粘り強い守備からのカウンターを狙うベネズエラ。83分にはメキシコが波状攻撃を見せたが、ベネズエラ守備陣が体を張った守備でブロックした。

しかしこの際、ベネズエラのミゲル・ナバーロにハンドがあったとして、VARの結果PK判定に。メキシコにとって同点に追いつくチャンスだったが、ピネダのシュートはGKロモにセーブされ、絶好の機会を逃した。

その後も最後まで同点を目指しゴールに迫り続けたメキシコだが、得点は生まれないままタイムアップ。グループ2連勝のベネズエラが決勝トーナメント進出を決めた一方で、メキシコは最終節のエクアドル代表戦にグループ突破の望みを託すこととなった。

ベネズエラ代表 1-0 メキシコ代表
【ベネズエラ】
サロモン・ロンドン(後12)【PK】

https://news.yahoo.co.jp/articles/168448957f1a7b167b4b943c855467e7eae2dbd7

【コパ・アメリカ・グループB第2節 ベネズエラが2連勝で決勝T進出決定!メキシコは終盤に痛恨のPK失敗…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/26(水) 12:55:24.03 ID:IEhjuzeB9
コパ・アメリカ2024グループA第2節のチリ代表vsアルゼンチン代表が25日に行われ、アルゼンチンが1-0で勝利した。

【動画】メッシのCKから土壇場でラウタロが押し込みアルゼンチンが勝利!

開幕節はペルー代表相手にボールを支配しながらも枠内シュートわずか1本のゴールレスドローに終わったチリ。王者との対戦では[4-3-3]を採用し、経験豊富なアレクシス・サンチェスがトップに入っている。

一方、前節のカナダ代表戦は後半の2ゴールで勝利し、順調なスタートを切った王者アルゼンチン。その試合からシステムは変わらず[4-3-3]を敷いており、リオネル・メッシ、フリアン・アルバレス、ニコラス・ゴンサレスが3トップを形成している。

立ち上がりからボールを握ったのはアルゼンチン。アンカーのマク・アリスターを中心に試合を組み立てメッシで仕留めようとするのに対して、チリも激しいプレッシャーからのカウンターで応戦する。

21分には左サイドのニコラス・ゴンサレスの突破からボックス内のフリアン・アルバレスがフリーでシュートを放ったが、GKブラーボがキャッチ。26分にはデ・パウルがシュートを放つなど、アルゼンチンがゴールに近づく時間帯が続く。

36分には細かなパスワークからボックス手前でボールを受けたメッシが強烈なミドルシュートも、これはポストに当たって枠外へ。その後もボックス近辺から何度かシュートを狙うアルゼンチンだが、チリ守備陣の集中力もありゴールレスでハーフタイムとなった。

後半も、素早い攻撃からモリーナが強烈なシュートを放つなど、引き続きアルゼンチンがペースを握る。57分にはボックス手前のFKでメッシから絶妙なボールが入るも、走り込んだマク・アリスターのシュートは力なくGKブラーボにキャッチされた。

61分には左サイドからボックスに進入したニコラス・ゴンサレスが強烈なシュートも、再びGKブラーボが好セーブ。68分には自陣からのロングボールに抜け出したメッシがループシュートを狙ったが、枠上に外れた。

防戦一方のチリだったが、70分過ぎから右サイドを中心に反撃を開始。76分にはクロスに反応したエチェベリアがボックス内から強烈なシュートを放ったが、GKマルティネスがビッグセーブで防いだ。

このままゴールレスドローに終わる雰囲気も出てきた88分。アルゼンチンの右CKをチリがクリアしきれずにいると、最後はボックス内左のラウタロ・マルティネスが豪快にゴール左上に蹴り込み、値千金の先制点を記録した。

前がかりになったチリに対して、アルゼンチンはカウンターからラウタロ・マルティネスに絶好機が訪れたが、これは再三にわたってチームを救ってきたGKブラーボがまたもやブロック。試合はそのままタイムアップとなった。

グループ2連勝のアルゼンチンは、首位で決勝トーナメント進出が決定。チリは1分け1敗となり、最終節のカナダ代表戦に望みを託す形となった。

チリ 0-1 アルゼンチン
【アルゼンチン】
ラウタロ・マルティネス(後88)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a63a14d6bb0c0bbbb6ee72ddf0e8048766896aa

【コパ・アメリカ・グループA第2節 王者アルゼンチンが2連勝でグループ首位突破!L・マルティネスの決勝弾で堅守チリを下す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/25(火) 12:12:56.05 ID:abaMUWJY9
[6.25 コパ・アメリカGL第1節 ブラジル 0-0 コスタリカ イングルウッド]

 コパ・アメリカのグループD第1節が25日に開催され、ブラジル代表とコスタリカ代表は0-0で引き分けた。第2節は29日に行われ、ブラジルはパラグアイ代表、コスタリカはコロンビア代表と戦う。

 今大会、負傷のFWネイマールを欠くブラジルは開始から相手ゴールを襲うが、決め切れない時間が続いた。

 前半30分には左サイドのFKからキッカーのFWラフィーニャが左足でクロスを送ると、ニアのFWロドリゴ・ゴエスが合わせ、最後はファーのDFマルキーニョスが右足で押し込む。しかし、VARでオフサイドだったことが確認され、得点は認められない。

 その後、ブラジルはペナルティエリア内で相手のハンドを取ってもらえなかったシーンで執拗に抗議するなど、思い通りにいかない展開にイライラが募っている様子も見受けられた。

 無得点で前半を終え、ハーフタイム明けからも主導権を握るブラジル。後半18分にはMFルーカス・パケタが左足で強烈なミドルシュートを放つも、右ポストを直撃する。17歳の逸材FWエンドリッキなど交代カードで活性化を図った後もスコアは動かず、コスタリカと勝ち点1ずつを分け合う結果となった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9348f02eef7a779ad31df64eaca58bc1319036c2

【コパ・アメリカ・グループD第1節 優勝候補ブラジルが初陣で大苦戦…コスタリカとまさかのスコアレスドロー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/25(火) 09:05:10.31 ID:syOhWfWy9
コパ・アメリカ2024・グループD第1節が24日に行われ、コロンビア代表とパラグアイ代表が対戦した。

世界最古のナショナルチームによるサッカー大陸選手権大会として知られるコパ・アメリカは今回が通算48回目の開催となる。今大会は南米サッカー連盟(CONMEBOL)に加盟する10カ国に加え、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)加盟の6カ国も参加。出場する16カ国は4つのグループに分かれ、上位2カ国、計8カ国が決勝トーナメントに進出し、準々決勝から一発勝負のトーナメント戦が行われる。

グループDの開幕戦には現在国際Aマッチ6連勝中と波に乗るコロンビアが登場。その間にはブラジル代表やスペイン代表にも勝利しており、2度目の優勝をを目指す今大会での躍進にも期待がかかる。対するパラグアイも直近2大会連続でベスト8進出を果たすなど、確かな実力を誇っている。

序盤から主導権を握ったコロンビアは5分にリチャード・リオスが強烈なミドルシュートを放つと、その後も左サイドのルイス・ディアスを起点にチャンスをうかがう。対するパラグアイは17分、ボックス左角付近でFKを獲得し、フリオ・エンシソが直接ゴールを狙う。しかし、シュートは相手GKに弾かれ、ファビアン・バルブエナがこぼれ球に詰めたものの、得点には繋がらなかった。

 7割以上のボール支配率を記録し、パラグアイを押し込むコロンビアは32分に先制する。左に開いたハメス・ロドリゲスが左足で精度の高いクロスを供給すると、ファーサイドに飛び込んだのはダニエル・ムニョス。強烈なヘディングシュートを叩き込みネットを揺らした。さらに42分には敵陣右サイドでFKを獲得すると、J・ロドリゲスが左足インスイングのクロスを送る。これにジェフェルソン・レルマが頭で合わせ、リードを2点に広げた。

後半の立ち上がりは1点ビハインドのパラグアイが敵陣内でプレー時間を増やすも、コロンビア守備陣は粘り強い対応を続け、決定機を作らせない。59分にはボックス内でFKのこぼれ球を拾ったL・ディアスが際どいシュートを放つなど、惜しい場面も作る。なかなかチャンスを作れずにいたパラグアイは69分、ラモン・ソーサが左から上げたクロスにエンシソが右足ダイレクトで合わせ、1点差に詰め寄った。

 1点を返されたコロンビアは76分、右からの折り返しを収めたL・ディアスが右足を振り抜くも、シュートはサイドネットへ。その直後には再び右サイドを起点にJ・ロドリゲスにチャンスが訪れたが、これも枠を捉えることができなかった。84分、今度は右に開いたJ・ロドリゲスがクロスを送ると、走り込んだジェリー・ミナが相手選手に倒され、主審はPKを宣告。しかし、オンフィールドレビューの結果、判定は覆り、パラグアイは事なきを得た。

試合はこのまま2-1で終了し、コロンビアが白星発進を飾った。次節は28日に行われ、コロンビアはブラジルと、パラグアイはコスタリカと対戦する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6a0e864d8a0d7f2ca0a688ffac19a5a15b8201c

【コパ・アメリカ・グループD第1節 コロンビア、粘るパラグアイ下し コパ・アメリカ白星発進!…ハメス・ロドリゲス 得意の左足で2アシスト】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/24(月) 13:11:28.65 ID:lbYu/kTX9
 コパ・アメリカ2024のグループC第1節が23日に行われ、ウルグアイ代表とパナマ代表が対戦した。

 コパ・アメリカは、アメリカ大陸にて行われる世界最古のナショナルチームによるサッカー大陸選手権大会。今大会は南米サッカー連盟(CONMEBOL)に加盟する10カ国に加え、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)加盟の6カ国も参加。出場する16カ国は4つのグループに分かれ、上位2カ国、計8カ国が決勝トーナメントに進出し、準々決勝から一発勝負の決勝トーナメントが行われる。

 試合が動いたのは16分、ペナルティエリア左手前の位置からマクシミリアーノ・アラウホが左足を振り抜くと、華麗な弧を描いたシュートをゴール右上に突き刺し、ウルグアイが先制に成功した。

 ウルグアイの1点リードで迎えた85分にはM・アラウホのヘディング弾が相手DFに当たってこぼれたところに反応したダルウィン・ヌニェスが左足を振り抜き、貴重な追加点をマーク。さらに90+1分にはFKからマティアス・ビーニャが頭でダメ押しゴールを挙げた。

 その後、90+5分にはミゲル・ムリージョの一撃でパナマが1点を返したものの、この直後に試合は終了。3-1で勝利したウルグアイが白星スタートを飾った。

 次節は27日に行われ、ウルグアイはボリビア代表と、パナマはアメリカ代表とそれぞれ対戦する。

【スコア】
ウルグアイ代表 3-1 パナマ代表

【得点者】
1-0 16分 マクシミリアーノ・アラウホ(ウルグアイ代表)
2-0 85分 ダルウィン・ヌニェス(ウルグアイ代表)
3-0 90+1分 マティアス・ビーニャ(ウルグアイ代表)
3-1 90+5分 ミゲル・ムリージョ(パナマ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ff4cd1920e531549effda7defe78075cea3fc27

【コパ・アメリカ・グループC第1節 ウルグアイ、ヌニェス弾などで3発快勝! パナマを下して白星スタート】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/24(月) 09:03:46.20 ID:qHyQmwHt9
[6.23 コパ・アメリカグループC第1節 アメリカ 2-0 ボリビア アーリントン]

コパ・アメリカグループC第1節が23日に行われ、開催国のアメリカ代表は元鹿島アントラーズ指揮官・ザーゴ監督率いるボリビア代表に2-0で勝利した。

アメリカは前半3分、ショートコーナーを蹴ったMFクリスティアン・プリシッチが再びボールを受け、ペナルティエリア左45度から右足を一閃。GKの手とクロスバーをかすめながらゴールネットを揺らし、開始早々に先制点を奪った。

さらにアメリカは前半44分、プリシッチがボリビアの最終ラインと中盤の間にできたスペースでパスを受けてPA手前まで持ち運び、左サイドのFWフォラリン・バログンに繋ぐ。バログンは細かいタッチから左足を振り抜き、ゴール右に流し込んで2点差とした。

押し込み続けるアメリカは後半34分、プリシッチのチャンスメイクからFWリカルド・ペピがシュートするも、GKギジェルモ・ビスカラに防がれた。同36分にはプリシッチが強烈なミドルシュートを放ったが、これもGKにセーブされた。続く同45分、プリシッチのスルーパスから左サイドを崩し、最後はゴール前でフリーのペピがシュート。決定的な場面だったが、これもGKに止められた。

アメリカは3点目こそ生まれなかったが終始ボリビアを圧倒し、2-0で完封勝利を収めた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/82f64556afb44315d0fbcf5076c4e0dfa1762a79

【コパ・アメリカ・グループC第1節 開催国アメリカが快勝スタート!! 躍動プリシッチが1G1A、元鹿島指揮官率いるボリビアを撃破!!】の続きを読む

このページのトップヘ