SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

NPB

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 09:16:20.60 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 10/4(火) 5:30

 セ・リーグはレギュラーシーズンが終了し、今季の総観客数が昨季に比べて約2・7倍の1210万7163人だったと発表。コロナ禍の入場者数の制限がなくなったことで大幅に増え、パ・リーグと同程度の伸び幅だった。

 球団別では阪神の261万8626人が最多で、ヤクルトの161万4645人が最少。3年ぶりの延長12回制で実施された今季の平均試合時間は3時間14分で、9回打ち切りだった昨季より4分長くなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d742297c0ac718d2c1447e22016c5912f67c4aa1

【セ・リーグ観客昨季の2・7倍 動員数最多は阪神の261万8626人】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 21:53:55.17 ID:CAP_USER9
【ソフトバンク】「法的措置の検討を開始」球団公式ツイッターで〝SNS投稿〟注意呼びかけ


プロ野球・ソフトバンクは4日、「SNSへの投稿」への注意を呼びかけた。

公式ツイッターで「ホークスについての応援や批判、議論などいずれも大歓迎ですが、その表現については是非ご配慮ください」と投稿。

続けて「なお、一部の投稿については、度を過ぎた誹謗中傷や虚偽等、違法になる可能性があると判断し、専門家と連携して法的措置の検討を開始しております」と強い姿勢を示した。


ソフトバンクはリーグ優勝を逃した2日の試合後から、一部選手に対する書き込みが急増。
ファンから対策を求める声が球団に届けられたことに対応したもようだ。

球団の姿勢に対し「徹底的な対策」「選手のケア」「検討ではなく実施を」と賛同のコメントが寄せられている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/366a492e1dd00c54a898f864b268c63f7591be19

【ソフトバンク、度を過ぎた誹謗中傷や虚偽等に「法的措置の検討を開始」 球団公式ツイッターでSNS投稿に注意呼びかけ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 20:31:04.98 ID:CAP_USER9
 巨人の山口寿一球団オーナー(65)が4日、9月に緊急入院した長嶋茂雄終身名誉監督(86)の現在の病状について「大きな心配はない」と明かした。

 原辰徳監督(64)から今季終了のシーズン報告を受け、同監督の来季続投を正式決定。その後、報道陣の取材に応じ、長嶋氏の病状を問われると「長嶋さんは元気なんでね。入院をしたので、いろいろ体のあちこちを見ている。大きな心配はないですよ。また退院をして元気な姿を皆さんの前で見せることができると思います」と語った。

[ 2022年10月4日 18:54 ]

全文はソースでご確認ください。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/04/kiji/20221004s00001173499000c.html

【巨人・長嶋茂雄終身名誉監督は「元気な姿を皆さんの前で見せることができると思います」 山口オーナー明かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 15:29:56.32 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 10/4(火) 13:28

 オリックスは4日、沢田圭佑投手(28)、谷岡楓太投手(21)、松山真之投手(22)、榊原翼投手(24)、鶴見凌也捕手(20)、広沢伸哉内野手(23)の6選手に、来季の選手契約を行わないと通告したと発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba499f0d4f65e073f47b1d947598b9209e722f0c

【<オリックス>沢田圭佑、榊原翼、谷岡楓太、松山真之、鶴見凌也、広沢伸哉が戦力外】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 23:11:48.18 ID:CAP_USER9
村上宗隆56号達成も偉業に水差す偏向実況…フジ「歴史の頂点に立ちました!」解説に「バレンティンは?」の声


10月3日、DeNAとの今季最終戦で56号本塁打を放ったヤクルトの村上宗隆内野手(22)。
王貞治氏(82)が64年に記録した、日本選手シーズン最多55本塁打を塗り替える快挙を成し遂げた。

7回目の第4打席で、DeNAの入江大生投手(24)が投じた直球をフルスイングした村上選手。
打った直後に本塁打を確信すると、手を叩いてガッツポーズし、“1番ポーズ”を決めた。

「村上選手の56号は、王氏の記録を抜き、13年にバレンティン選手がヤクルト時代に達成した60本に次ぐ快挙となりました。打率も3割1分8厘、134打点でレギュラーシーズン全日程を終えました。04年の松中信彦氏(ダイエー)以来、史上8人目かつ最年少の三冠王に輝いたのです。村上選手が56号を達成したら特別ホームラン賞として都内で“1億円の家”の贈呈を発表していた住宅メーカー『オープンハウス』が、三冠王にあやかって“3億円の家”にグレードアップするほどでした」(スポーツ紙記者)


日本中が歓喜に沸くほど紛れもない偉業を成し遂げた村上選手。
だが、そこに水を差す報道が波紋を呼んでいる。

フジテレビ系で放送された野球中継では、村上選手が56号を打った際に解説者が「初球! 出た! 飛び出した! 世界を越えていったー!」と大興奮。

そして、次のように続けたのだった。

「なんという男なんだ! 今シーズン最終戦、最終打席で歴史の頂点。ホームランの頂に立ちました!」


しかし、13年9月の阪神戦でバレンティン選手が達成した60号をなかったかのように扱ったと感じた人もいたようで、“偏向では?”と疑問の声が上がっている。

《村上56号、実況が「歴史の頂点」だの「ホームランの頂」だのとバレンティンの存在を抹消してて草も生えん》

《村上君の56号ホームランに水刺すの嫌だけど、実況が「歴史の頂点」「ホームランの頂きに立った」って言ってるけど、バレンティンの存在は?ってなったわ》

《なんから歴史の頂点 ホームランの頂が更新されたとか言ってたけどそれはバレンティンじゃないの?? なんか無いものとして扱われてて少し可哀想》

《なんかすげぇ引っかかるのが歴史の頂きって言ってたけどホームランの記録持ってるのバレンティンじゃね?》


村上選手に対する最大級の賛辞のはずが、一部の野球ファンからは顰蹙を買ってしまったようだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5365891d810f7d6c580e4418e864520f16f8aa21

【ヤクルト・村上宗隆56号達成も偉業に水差す偏向実況… フジテレビ「歴史の頂点に立ちました!」解説に「バレンティンは?」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 15:36:29.04 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 10/4(火) 12:38

ヤクルト寺島成輝

 ヤクルトは4日、吉田大成内野手(27)、中山翔太外野手(26)、寺島成輝投手(24)と来季の契約を結ばないことを発表した。吉田成の今後は未定。中山と寺島は、12球団合同トライアウトも視野に、現役続行を希望している。

 千葉出身の吉田成は、明治安田生命から18年ドラフト8位で入団。昨季は西浦、元山らと遊撃の定位置争いを演じ、自己最多の18試合に出場したが、今季は長岡ら若手の成長もあり、1軍出場なしに終わった。通算成績は39試合で打率1割9分8厘、1本塁打、5打点。「期待に応えられなかった結果なので、それは素直に受け止めて。でもこの世界に入って、素晴らしい経験をさせていただいたので。ほんとに感謝しかないです」と振り返った。

 大阪出身の中山は、法大から18年ドラフト2位で入団。「きんに君」の愛称通りのパワーで、1年目の19年に35試合で5本塁打と長打力を発揮した。昨季は9試合の出場にとどまり、今季は1軍出場なしに終わった。通算成績は73試合で打率2割5分6厘、9本塁打、23打点。「2位で取ってもらったんですけど(期待に)応えられなくて悔しい思いです」と話し、今後については「体も動くので。やろうかなと思ってます」と現役続行の意志を示した。

 大阪出身の寺島は、履正社から16年ドラフト1位で入団。4年目の20年には中継ぎとして30試合に登板。防御率2・48の好成績を残したが、昨季は1試合の登板にとどまり、今季は1軍登板なしに終わった。通算成績は36試合で1勝1敗0セーブ、3ホールド、防御率4・37。「ドラフト1位で取ってもらって結果を残せなかったんで。そこは大変申し訳なく思っています」と悔しそうな表情。「体は元気なので。やれる環境があれば、貪欲にもがいてもいいのかなと思っています」と現役続行を強く希望した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/19ae0e82e75abdc62254cf7ee6796f7d4835e7a2

【ヤクルト、16年ドラ1寺島成輝ら3人が戦力外 中山翔太、吉田大成は今季1軍出場なし】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 13:33:58.70 ID:CAP_USER9
SmartFLASH 10/3(月) 17:27

 10月2日の最終戦に勝利したものの、6年ぶりの最下位となった中日ドラゴンズ。今季から就任した立浪和義監督(53)のシーズン2年めに向けて、早くも動き出した。

「中日スポーツ」が10月3日に、一軍打撃コーチ・波留敏夫氏(52)の退団が決まったと報じている。

 波留氏は2013年まで横浜DeNAベイスターズのコーチを務めたあと、2014年から中日のコーチに就任した。

「現役時代からの血気盛んな性格そのままに“熱い指導”で知られていました。今季は二軍打撃コーチでスタートしましたが、5月23日に一軍打撃コーチに配置転換されました。その直後に起きた“炎上騒ぎ”が、今回の退団に影響したのではないでしょうか」(スポーツライター)

 事件が起きたのは、6月12日の札幌ドームでおこなわれた日本ハムファイターズとの一戦。5連敗中で臨んだこの試合、0-1と1点ビハインドの5回表に、中日はベンチ前で円陣を組んだ。

 その際、波留氏がマスクを外した状態で「いつまで甘えてやってんねん。その気でやらんか、アホォ!」と、野手陣を大声で一喝したのだ。

 この様子はテレビ中継でも放送され、これを見ていた視聴者からネット上で、波留氏の指導法に批判の声が上がっていた。

《波留コーチの円陣での恫喝、時代遅れだよな…》

《えぇ…なにこれぇ…。中日の円陣?での波留コーチの檄?みたいだけど…。》

「5月末に打撃陣を好調に導いていた中村紀洋コーチ(49)を“降格”させてまで波留氏を抜擢したにもかかわらず、その後チームの打撃が低迷したことで、波留氏の手腕を疑問視する声がありました」(同前)

 今季チーム本塁打数が62本と、12球団最低に終わった中日。いくら広いバンテリンドームナゴヤが本拠地とはいえ、東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆(22)一人の本塁打数に“肉薄”されてしまった。

 スポーツ紙の担当記者はこう語る。

「波留氏にコーチ交代以降の打撃陣の変化は、データ上でも表われているんです。中村氏との交代は5月23日でしたが、3、4月のチーム本塁打数は17本、5月は15本でしたが、6月は6本、7月は12本、8月は6本、9月は6本と月単位の本塁打数が激減しているんです。

 今季後半の中日戦の中継では、球団OBで野球解説者の宇野勝氏(64)から『今のドラゴンズは(右打者が)右打ちしないといけない、という意識が強すぎる。もっとプロ野球らしい打撃を見せてほしい』と、指摘する場面が何度もありました」

 後任には、2015年に中日を引退した和田一浩氏(50)が就任すると報じられている。通算319本塁打の打撃理論で本塁打を増加させ、明るいチーム作りを目指してほしい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e37abf883f8ef79a50ca1564c45e3e736f28472c

【「アホォ!」マスクなしで激怒の中日・波留敏夫コーチが退団…中村紀洋氏と交代後に“本塁打激減”データも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 07:55:13.57 ID:CAP_USER9
中日スポーツ 10/3(月) 3:00

 中日が来季の巻き返しに向けOBの和田一浩さん(50)を1軍打撃コーチに招聘(しょうへい)することになった。通算2050安打の名球会メンバーが得点力底上げのミッションを担う。中日は2日、今季最終戦となる広島戦(マツダ)に3―0で勝ち66勝75敗2分けで終えた。

 生涯打率3割超え、通算319本塁打の打撃理論と心構えを注入する。和田さんは、2007年オフにFA権を行使して、西武から地元の中日へ移籍。中軸として10、11年のリーグ連覇に貢献した。10年にはMVPを獲得。現役ラストイヤーの15年には、大学―社会人出身として史上3人目の2000安打を達成した。

 16年以来の最下位に沈んだチームは今季、得点力不足が際立った。チーム打率こそ昨季からわずかに向上したが、1試合平均得点は12球団唯一の2点台。零封負けは26試合を数え、66年ぶりに球団ワーストを更新する屈辱も味わった。さらに、本塁打も12球団最少の62本。バンテリンドームナゴヤ(前ナゴヤドーム)が本拠地になった1997年以降、昨季の69発に続き2年連続でワーストを更新した。

 そこに白羽の矢が立った。和田さんは10年に37本塁打を放っている。これ以降シーズン30アーチを放ったドラゴンズの日本人選手は出ていない。チームには来季の実戦復帰を目指す石川昂、2年目となる鵜飼といった若き大砲候補がいる。本拠地の広さを乗り越える飛距離と確実性を両立させてきた経験を説いていく。

 引退後は、解説者として古巣の戦いを見てきた。21年からは社会人・JR東海の臨時コーチを務めて「凡打でも受け身の凡打ではなく、しっかり振った結果ならオッケー」と攻めの姿勢を強調してきた。08年から2年間、ともにプレーした立浪監督を支え、強い竜を復活させる。


▼和田一浩(わだ・かずひろ)1972年6月19日生まれ、岐阜市出身の50歳。県岐阜商から東北福祉大、神戸製鋼を経て1997年ドラフト4位で西武入団。2007年オフにFAで中日に移籍。05年に首位打者と最多安打を獲得。10年には最優秀選手に輝き、リーグ優勝に貢献。最高出塁率1度、ベストナイン6度。15年限りで引退。通算成績は1968試合、2050安打、319本塁打、1081打点、打率3割3厘。

◆波留コーチ退団 中日の波留敏夫1軍打撃コーチ(52)が今季限りで退団することになった。同コーチは2014年に1軍外野守備走塁打撃コーチに就任。その後打撃コーチを務めるなど計9シーズン選手の指導に当たってきた。

中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b8d046f5b183104957c8030e474f654dd741a99

【中日1軍打撃コーチに和田一浩さん招聘 生涯打率3割3厘319本塁打、波留敏夫コーチは退団】の続きを読む

このページのトップヘ