SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

NPB

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/19(土) 11:56:28.71 ID:uD14vyVJ9
 良くも悪くも自由な秋に、“予感”を抱いた。中日での6年目のシーズンを終え、秋季練習は全体練習に入らず調整を一任された。「フリーという話で。あるなぁという感じはありました」。頭をよぎるトレード。京田陽太内野手は、心の準備を整える。その瞬間は、すぐにやってきた。

 いつから歯車が狂ったのだろうか。低迷するチームを変えていく旗振り役になるはずだった。プロの世界に飛び込んだ2017年は、球団新人記録を塗り替える149安打を放って新人王を獲得。一気にレギュラーをつかんだ。翌2018年には全143試合に出場。負担の大きな遊撃手だからこそ「しっかり守る」「試合に出続ける」には誰よりもこだわってきた。

 打撃を疎かに考えたことはない。課題だった出塁率も改善していった。ただ、ルーキーイヤーの鮮やかな印象を、どうしても上書きできない。打率は2割5分を超えず、周囲から盛んに「打てない」と言われるように。プロ5年目の2021年には、初めて2軍降格を味わった。

 納得できない気持ちもわずかに湧いたが、すぐに自らを省みた。「これじゃダメだ」。2軍の打撃コーチに積極的に意見を求めながら、自分の感覚と照らし合わせていった。シーズン終盤の9月には月間打率.309を記録。「自分の中で手応えがあって、次の年が楽しみな部分もありました」。その時はまだ、最悪のシーズンが待ってるとは思いもしなかった。

 立浪和義監督が就任した2022年。首脳陣とコミュニケーションをとりながら、昨季に手応えを得た打撃フォームを思い切って捨てた。目先の1安打ではなく、数年後でも揺るがない地位確立のための決断だった。「練習ではいい形で打てるときもあったんですが……」。振っても振っても、どうもしっくりこない。すぐに開幕はやってきて、打率は1割台を推移していった。

 徐々にスタメンから外れる試合が増えると、全うしてきた信念が揺らぐ気がした。「やっぱり、一番は試合に出たい」。いつフィットするか分からない打撃に、何試合を犠牲にすればいいのか。そんなことばかり考えていると、守備に綻びが出た。5月4日のDeNA戦(横浜)。試合中にもかかわらず、指揮官から名古屋へ帰るよう告げられた。

 新幹線の車中で自らの未熟さを受け止め、自宅に着くころにはひとつの答えを出していた。「いい意味で、好きなようにやろうと思いました。僕の野球人生です」。教えられたままやっていると、結果が出なかった時に首脳陣のせいにしてしまいそうな自分が嫌だった。ダメでも自己責任。アドバイスには耳を傾けつつも、取捨選択しながら自分の感覚を信じた。

 その姿が、指揮官の目によく映らなかったのは当然。「根気よくやっていこう」という約束を破ったと思われたに違いない。6月に1軍に再昇格したが、快音が数試合止まると再び2軍へ。8月に1軍に呼ばれた時には、いきなりほとんど守ったことのない二塁で起用された。自己ワーストの43試合出場。レギュラーの座も、信頼も失った。

 秋風吹くナゴヤ球場。監督室で、立浪監督と向き合った。「トレードな。横浜が欲しがってるから」。伝えられた事実に、思いのほか驚きはない。淡々と諭すような指揮官の口調は、むしろすっと胸の奥に届いた。

「ずっと頑固やったな。なんでそんなに頑固なんや? 去年の秋から言ってきたけど、お前変わらんかったな」

 異論はない。変われなかったのは自分。むしろ、一野球人として環境を変える決断をしてくれた立浪監督の“親心”に感謝した。その場で多くの言葉を発することはせず、「ありがとうございます」と一礼して監督室を出た。

 後ろ髪を引かれる思いがないといえば嘘になる。名古屋に住み、結婚し、2人の子宝に恵まれた。ナゴヤドームのスタンドを見ると、背番号1のユニホームがよく目に留まった。選手会長を務めて3年。低迷期からの脱却は果たせず、志半ばで竜を去る。

以下略全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d07cc0153de4f46ad4872f982a3650924ecbaed
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d07cc0153de4f46ad4872f982a3650924ecbaed?page=2

【苦渋の立浪監督「お前、変わらんかったな」 中日去る京田が受け取った“最後の親心”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/19(土) 11:37:24.90 ID:alw+QID09
フリーアナウンサーの徳光和夫さんが19日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。

番組では、中日とDeNAが18日に京田陽太内野手(28)と砂田毅樹投手(27)の1対1のトレードが成立したと発表したことを報じた。

手薄な左の中継ぎを補強したい中日と、遊撃を固定できなかったDeNAの思惑が一致。立浪竜は、15日に楽天・涌井秀章投手(36)とのトレードが発表された阿部寿樹内野手(32)に続いて、主力の野手を放出したが徳光さんは「中日は土田(龍空)っていったかな?19か20歳ぐらいでいいショートが出てきたんだよ。これで向こう10年は大丈夫だって立浪監督は踏んだんじゃないかなと思うんです」と指摘した。

さらに二塁手についても立浪監督は「守備力は確かな目をもっている。立浪構想の中には新たなセカンドベースがいるんじゃないかな」とコメントし今回のトレードを「フィールディングは京田を勝る選手が育ってきているんだと思いますね」と指摘していた。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/45c83d2c9b0fb580b373af57160f11ae2bae5c52

【G党・徳光和夫、中日の京田陽太トレードを分析「ショートは土田が出てきて向こう10年は大丈夫と立浪監督は踏んだんじゃないか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/19(土) 09:12:44.78 ID:aFJtUXc89
[ 2022年11月18日 12:50 ]

中日の京田(左)とDeNAの砂田
Photo By スポニチ
 中日・京田陽太内野手(28)とDeNA・砂田毅樹投手(27)の1対1の交換トレードが18日、両球団から発表された。
 京田は16年ドラフト2位で日大から中日に入団。1年目から堅実な守備を武器に遊撃のレギュラーを獲得するなど活躍して新人王を獲得。その後はチームの中心選手に成長し、不動の遊撃手として貢献した。20年からは選手会長も務め、今季も開幕からスタメンに名を連ねたが、打撃不振が続き、43試合出場で打率・172、3本塁打、8打点と入団以来ワーストの成績に終わり、加藤球団代表は「うちにいるよりも、他球団で心機一転、頑張ってくれた方が成績を残せるのではないか、という判断です」などと説明した。

 立浪監督は今季の総括で「これからいろいろ変えていかないといけないし、変わっていかないといけない」と宣言していたが、その通り、大幅な血の入れ替えが進んでいる。本塁打、打点数でチーム2番目だった阿部の放出に続き、またも大きな動きとなった。

 ちなみに、今季開幕戦だった3月25日の巨人戦のメンバーから見ると、スタメンでは福留、阿部、京田と3人が退団。ベンチ入りメンバーでも4人が戦力外通告を受け、また外野手登録だった根尾はシーズン中に投手に転向。8人が“消える”という大幅な血の入れ替えが進んでおり、立浪監督や球団の本気度がうかがえる。

★3月25日巨人戦
【スタメン】
1(中)大島
2(右)岡林
3(左)福留→現役引退
4(一)ビシエド
5(捕)木下
6(二)阿部→楽天にトレード
7(三)石川昂
8(遊)京田→DeNAにトレード
9(投)大野雄

【ベンチ入りメンバー】
<投手>
田島
岩崎→戦力外通告後に育成契約

ロドリゲス

清水
山本
R・マルティネス
<捕手>
山下→戦力外通告
桂→戦力外通告
<内野手>
高松
石垣
溝脇
<外野手>
鵜飼
平田→戦力外通告
根尾→投手に転向
加藤

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/18/kiji/20221118s00001173274000c.html

【中日、今季開幕メンバーから8人が“消える”異例の事態 本気度伝わる球団&立浪監督の血の入れ替え改革】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/19(土) 07:38:59.96 ID:7zoqLvs/9
チーム2位の9本塁打の阿部、同3位の8本塁打のA・マルティネスらが流出

 中日は18日、京田陽太内野手との1対1の交換トレードでDeNAの砂田毅樹投手を獲得した。15日には阿部寿樹内野手をトレードで放出したばかり、アリエル・マルティネス捕手とも来季の契約を結ばないなど、野手陣の流出が相次いでいる。今季は12球団ワーストの62本塁打に終わった打線から、すでに22本塁打分が抜けた計算になる。では、どのようにしてその穴を埋めていくのだろうか。

 今季チームで最も本塁打を放ったのは、ダヤン・ビシエド内野手で14本だった。9本塁打で2位の阿部と、8本塁打の3位のA・マルティネスは退団。ここから左打者では最多となる3本塁打の京田が抜け、1本塁打だった平田良介内野手と山下斐紹捕手はそれぞれ戦力外となっている。この5人の本塁打数を合わせると22本分が流出、残った選手の内訳は右打者35本、左打者5本となる。

“即効薬”になりそうなのは、新助っ人の獲得だ。マルティネス、タバーレス、ワカマツが退団し、レビーラとガルシアは育成契約となる。大砲候補となる新たな野手を獲得する余地はありそうだ。また、さらなるトレードや現役ドラフトなどで穴を埋めていく可能性もあるが、やはり現有戦力の底上げが欠かせないだろう。

 その中でも、もっとも期待されるのは石川昂弥内野手と鵜飼航丞外野手だ。石川昂は本来ならば今季のブレークが期待されていたが、7月に左膝の前十字靭帯再建手術を受けて長期離脱中。来季中の復帰が見込まれている。高校通算55本塁打の長打力は間違いないだけに、覚醒すれば一気に問題を解決してくれそうだ。ドラフト2位ルーキーの鵜飼は、長打力を期待されて開幕一軍入りを果たしたが、59試合で打率.206、4本塁打と壁に当たった。来季は飛躍が期待されている。

 さらには2011年のドラフト1位で、来季29歳を迎える高橋周平内野手にも奮起が求められるだろう。今季は78試合の出場で打率.249、2本塁打に終わったが、2018年には11本塁打を放った実績もある。12球団ワーストの62本塁打から、さらに22本分が流出するという波乱のオフになったが、心機一転となる再構築に期待したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/368b2c053aea067356bc0ea8b3685347add36e93

【12球団ワースト62本塁打から22本分が流出… 波乱の中日、抜けた“穴”をどう埋める?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 19:34:33.33 ID:d2eVmxst9
 昨季、現役を引退した中日OBで野球解説者の藤井淳志氏(41)が18日、自身のツイッターを更新。この日、トレードが発表された京田陽太選手(28)にエールを送った。

 藤井氏は「京田から電話きた」と報告し「『ドラゴンズが好きだから寂しいけど、選手として必死に頑張ります!』って言ってた。京田…期待してるからな 頑張るんやぞ!!!」と顔文字付きでエールを送った。

 フォロワーからも「どこの球団行っても応援する」と藤井氏同様、他球団での活躍を願う声が寄せられた。

 藤井氏と京田は、京田が入団した2017年から昨季まで5年間、ともにプレーした。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc87ade73a4bfe77ec0cd8180d72628ab52aa7e9

【中日OB・藤井淳志氏 トレード発表の京田から「電話きた」「頑張るんやぞ!」とエール】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 15:31:19.41 ID:d2eVmxst9
プロ野球・中日とDeNAは18日、中日・京田陽太選手とDeNA・砂田毅樹投手をトレードしたことを発表しました。

プロ6年目の京田選手はルーキーイヤーの17年、141試合に出場。149安打4本塁打36打点、打率.264をマークし、新人王を獲得。さらに18年と20年には全試合出場するなど、中日不動の内野手として活躍してきました。しかし今季は43試合の出場にとどまり、22安打3本塁打8打点、打率.172と打撃不振に苦しみました。

京田選手は球団を通じて「6年間という短い間でしたが、1年目から試合に使っていただき、また選手会長までやらせていただき、中日ドラゴンズには感謝しかありません。今後はセ・リーグ同士なので、試合をする機会がありますが、これからもあたたかいご声援をよろしくお願いします。活躍することが皆様に対して、恩返しになると思いますので、これからも頑張ります」と新天地で活躍を誓いました。

一方の砂田投手は13年育成ドラフト1位でDeNA入り。リリーフ投手として活躍し、21年には58試合に登板し18ホールド20HP、防御率3.24を記録しました。

砂田投手は「このたび、中日ドラゴンズに移籍することになりました。ベイスターズで 9 年間プレーさせていただき、思うような結果が出せなかったですが、ベイスターズに恩を返すつもりで中日ドラゴンズでもう一度活躍し、頑張っている姿をファンの方々に見ていただけたらと思います。9 年間ありがとうございました」とコメントしています。

日テレ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3b815c29926f85679d4a4ae7f2eeb9e4c4eb757

【中日・京田陽太とDeNA・砂田毅樹が電撃トレード 京田「活躍することが恩返しになる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 13:06:23.86 ID:d2eVmxst9
 中日は18日、京田陽太内野手(28)とDeNAの砂田毅樹投手(27)の交換トレードが成立したと発表した。発表を受けて中日の加藤宏幸球団代表が、ナゴヤ球場で取材対応。チームを去る京田について「他球団で頑張ってくれたほうが、成績も残せるという判断」と語った。

 京田は、ルーキーイヤーの2017年に新人王を獲得し、昨年まで5年連続で規定打席に到達した一方、今季は自己最少の43試合出場。さらにドラフトで、内野手を4人獲得。「ウチにいるケースと内野を欲しがっている球団に移籍した時に、どちらが彼のためになるか」と判断基準を明かした。

 砂田の獲得については、福が10月に国指定の難病「黄色靱帯骨化症」の手術を受けるなど、左の中継ぎが手薄な現状への一手と説明。2018年に自己最多の70試合に登板した実績を評価した上で「対戦して見ていても『いいボールを投げる』という話だった」と期待を示した。
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/dbfa5da1e8bad61d77c74ba411eac6958eaec965

【中日・加藤球団代表、京田放出は「他球団で頑張ってくれたほうが成績も残せるという判断」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 11:34:30.92 ID:d2eVmxst9
 中日・京田陽太内野手(28)とDeNA・砂田毅樹投手(27)の交換トレードが成立したことが18日、分かった。近く両球団から発表される。手薄な左の中継ぎを強化したい中日と、遊撃手を中心とした戦力強化を狙うDeNAの思惑が一致した。

 京田は2016年ドラフト2位で日大から中日に入団。1年目から堅実な守備を武器に遊撃のレギュラーを獲得するなど活躍して新人王を獲得。その後も順調にチームの中心選手に成長し、不動の遊撃手として貢献し、20年からは選手会長も務めている。今季も開幕からスタメンに名を連ねたが、打撃不振が続き、攻守に精彩を欠いた5月4日のDeNA戦(横浜)では立浪監督から「戦う顔をしていない」と試合中に2軍降格を告げられ、強制送還された。結局、最後まで力を発揮できず、43試合出場で打率・172、3本塁打、8打点と入団以来ワーストの成績に終わっていた。

 砂田は2013年育成ドラフト1位でDeNAに入団。左腕から繰り出す切れの良い速球とスクリューボールを武器に15年6月に支配下登録を勝ち取った。当初は先発での起用が中心だったが、16年途中から中継ぎに転向してブレーク。17年62試合、18年70試合に登板するなどブルペンを支えた。昨年も58試合とフル回転。今季は15試合の登板にとどまり防御率5・68と力を発揮できていなかった。

 今季、最下位に終わった中日は立浪監督が勝負の2年目へ向け、チーム改革を進めている。15日の阿部と楽天・涌井のトレードに続いて早くも今オフ2件目のトレード成立、2人目の生え抜き主力内野手の放出となった。

 ◆京田 陽太(きょうだ・ようた) 1994年4月20日生まれの28歳。石川県出身。青森山田、日大を経て16年ドラフト2位で中日に入団。堅実な守備を買われて1年目から遊撃のレギュラーに定着。141試合に出場して打率・264、4本塁打、36打点で新人王を獲得。通算成績は700試合出場で647安打、打率・246、22本塁打、181打点。1メートル84、90キロ。右投げ左打ち。

 ◆砂田 毅樹(すなだ・よしき) 1995年7月20日生まれの27歳。北海道出身。明桜(現ノースアジア大明桜)から13年育成ドラフト1位で入団。15年6月から支配下登録。16年途中から中継ぎに転向し、17、18、21年と50試合以上に登板。通算成績は269試合に登板して9勝13敗72ホールド、防御率3・67。1メートル80、85キロ。左投げ左打ち。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/44e278561d3d32584f6cac4b1d624d817a7fe279

【中日・京田とDeNA・砂田の交換トレード成立】の続きを読む

このページのトップヘ