SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

読売ジャイアンツ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 18:23:02.21 ID:nzk9iHye9
 ◇セ・リーグ 巨人3―9広島(2024年5月19日 マツダ)

 巨人は広島に今季最多タイの9失点大敗を喫して3連敗。広島に抜かれて4月29日以来20日ぶりとなる3位に転落した。

 巨人の同一カード3連敗はヤクルト戦(東京D)に続いて今季2度目。昨季8勝17敗と苦戦した広島戦は4月の初対戦(東京D)で同一カード3連勝を飾ってスタートしたが、これで3勝4敗2分けと負け越し。2017年から18年にかけて13連敗を喫し、昨季も3勝9敗だった“鬼門”マツダでは今季もこれで6試合を戦って0勝4敗2分けと白星が遠くなっている。

 一時打撃不振だった坂本が12日のヤクルト戦(神宮)から6試合連続安打とし、その間の打率は.360(25打数9安打)。今回の3連戦では打率.462(13打数6安打)だったが、同一カード3連敗となった。

 前日18日の第2戦は今季最多となる毎回の14安打を放つも15残塁の拙攻で3得点。この日は初回に3安打集中で3点先取したが、その裏に4失点で逆転されると、2回から5回までは無安打に封じ込まれた。

 3点援護をもらいながら初回4失点KOされた先発右腕・高橋礼の2軍調整を決めた阿部監督は打線について「なんとかしようと思ってみんな、やってるんだけどね。なんでかな…ゲッツーになりそうなのがカーンっとハネたりね。なんか不思議だなと思いながら見てて、いつからこんなになったんだろうと思って」と苦悩の表情。

 「打開策は一個まず勝つしかないから、次、7月もあるし、その前にも東京ドームで。東京ドームで負けなければいい」と7月9日、10日にマツダで行われる広島との2連戦に向けて改めて闘志をかき立てていた。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/902aa98989714816bccffbb44582ddaf8715fa5c

【3位転落の巨人・阿部監督「いつからこんなになったんだろう」 得点力不足の打線に苦悩】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/18(土) 18:55:20.50 ID:R+Dap/ML9
<広島4-3巨人>◇18日◇マツダスタジアム

 巨人坂本勇人内野手(35)がプロ野球史上3位タイとなる通算448二塁打をマークした。山内一弘の記録に並んだ。

     ◇    ◇    ◇

 ▼坂本が3安打を放って今季3度目、通算では187度目の猛打賞。猛打賞の最多回数は張本(ロッテ)の251度だが、セ・リーグでは長嶋茂雄(巨人)の186度を抜く新記録。右打者としても長嶋を上回る最多回数で、歴代単独3位となった。

日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c236365dcc5823c08319ddda5ec19d13396d4108

【巨人・坂本勇人、ミスター長嶋茂雄超え!右打者最多通算187度目の猛打賞 歴代では単独3位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 17:12:12.37 ID:+Zr4saP49
プロ野球・巨人の坂本勇人に“巨額申告漏れ”報道が飛び出した。

5月16日発売の「週刊新潮」によると、坂本は毎年の確定申告で銀座や六本木の高級クラブなどの飲食費を必要経費として計上。直近5年をさかのぼって調べたところ、年間約2000万円、総額で1億円もの経費計上が確認されたという。

税務署から指摘を受けた坂本サイドは

「これまで飲食費は認められてきた」

と主張。支払いに難色を示したそうだが、同誌の取材に読売巨人軍広報部は

「税務申告に関し、管轄の税務署と協議を続けているところですが、税務署の指導に従い、適正な申告、納税を行う所存です」

と回答。悪質な申告漏れや所得隠しではないと強調している。

坂本の税務申告は親族が代表を務める個人事務所が主体で行っていた。本業に直接関わってくるものなら経費計上も理解できるが、銀座や六本木の高級クラブでの飲み食いが、それに該当するかは疑問だ。

実際、夜の街で飲食する坂本を目撃した男性も次のように証言する。

「港区にあるお肉系の高級料理店に坂本さんが女性を伴ってやって来たことがあります。その女性が恋人なのか、それとも野球に関わる仕事をしているかは定かではありません。

ただ、見ていると、坂本さんは女性とは一切話さず黙々と肉をほおばるだけ。女性もずっとケータイをイジっていました。はたから見たら異様な光景でしたね。野球の話? 全くしていません」

そしてお会計になると、坂本は伝票をレジに持って行き、こう指示するのだ。

「領収書、坂本で」

前出の男性によると

「女性と2人でお会計は3万円ほどだったと思います。普通に『6億円プレイヤーでも領収書切るんだ』と思いましたね」

という。坂本は同店の常連で、たびたびやって来ては領収書をもらっていたという。

一方、坂本は今回“狙われた”側面もある。

新潮でも取りあげているように、高額納税者が多く住む東京・渋谷区は昨年夏ごろから、区内在住のスポーツ選手を中心に、納税が適正であるか調査していたという。そこで浮上したのが坂本だったというわけだ。

「坂本さんはある意味、“見せしめ”にされた部分もあると思います。天下の巨人軍のスター選手。

プロ野球ファンなら誰でも知っているし、世間やほかのスポーツ選手への波及効果も抜群。事実、球界では『坂本が(税務署に)やられた』と騒然となっています」(スポーツ紙野球担当記者)

坂本サイドが「これまでは大丈夫だった」と言うように、飲食費の経費計上はグレーだった。球界関係者は

「坂本がアウトなら、他の人もみんな引っかかると思います。国会議員の政務活動費と同じで、長年ブラックボックスでしたから。

ポイントはやはり税務署が高所得者を念入りに調べ始めたこと。スポーツ選手は真っ先に目をつけられたはずです」

と指摘する。

修正申告に応じた場合、追徴課税が発生するケースがある。金額にもよるが、過少申告加算税の場合、納付すべき税金に対して10%または15%(期限内に提出された申告書に係る税額と50万円とのどちらか多い金額を超える部分)の税率で課される。

坂本の場合は5年さかのぼられて請求される可能性もあり、6億円プレイヤーだとしても相当痛い出費になることは間違いない。

「著名人に対する国税からの警告のようなものでしょう。今ごろ戦々恐々としている人は多いのでは?」(前出・スポーツ紙記者)

夜の街でも有名人だった坂本。これを機にめっきり姿を見かけなくなったら、それはそれで悲しいが……。

https://friday.kodansha.co.jp/article/373044

関連スレ
巨人・坂本勇人が「1億円申告漏れ」 税務当局が指摘するも修正に応じず ★4 [Anonymous★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1715779435/

【「領収書、坂本で」巨人・坂本勇人に“1億円申告漏れ”報道 目撃されていた「疑惑の使い道」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/15(水) 14:12:51.06 ID:S3uIm4kU9
https://news.yahoo.co.jp/articles/989aa46efd687ef1dfc97568b64517200c03ddc8

 5月14日のDeNA戦で通算2352安打とし、川上哲治を抜いて日本歴代13位となった巨人の大黒柱・坂本勇人(35)。推定年俸は日本人選手最高峰の6億円である。しかし、その華々しいキャリアの裏で、約1億円もの申告漏れを税務当局から指摘されていたことが分かった。

 ***

 東京国税局のさる関係者が明かす。

「渋谷税務署が管轄する渋谷区には、多くの高額納税者が住んでいます。そこで同署は、区内在住のスポーツ選手を対象に、納税が適正に行われているかを重点的に調べる方針を昨年夏に打ち出し、水面下で作業を進めてきました。その過程で、少なからぬ金額の申告漏れが疑われるアスリートが複数人浮上したのですが、うち一人が坂本選手だったのです」

 坂本への本格的な税務調査は、昨シーズン終了後から始まったというのだが、

「渋谷署の見立て通り、坂本選手は、毎年の確定申告で銀座や六本木の高級クラブなどの飲食費を必要経費として計上していました。金額にして年間およそ2000万円。直近の5年をさかのぼって調べたところ、毎年のようにこれを続けており、総額で約1億円もの過大な経費の計上が確認されたのです」

※略

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1715742932/

【巨人・坂本勇人が「1億円申告漏れ」 税務当局が指摘するも修正に応じず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/12(日) 22:21:28.86 ID:IwI9RsOA9
5/12(日) 21:51配信 読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/b343f1dfe984ce4db20faffca625011b791a55ff

 ヤクルト3―1巨人(セ・リーグ=12日)――巨人の坂本が通算2351安打を放ち、通算安打数で「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治が持つ歴代13位の記録に並んだ。

 六回に岡本和が2戦連発となるソロを放った直後に迎えた打席で、ヤクルト・サイスニードの外角球を巧みなバットコントロールで右前に運んだ。

 3日の阪神戦で、長嶋茂雄・終身名誉監督に並ぶ歴代3位となる186度目の猛打賞をマークしたばかり。プロ18年目を迎えた35歳の右打者が、また偉大な球団OBの記録に肩を並べた。

【巨人・坂本勇人が通算2351安打、「打撃の神様」川上哲治の歴代13位に並ぶ 巧みなバットコントロールで右前H】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/03(金) 22:20:34.03 ID:y/2HbcXm9
https://news.yahoo.co.jp/articles/70613a701695777607d1631bbd0cb60dc1d37672

巨人OB松井秀喜氏 トークーショーにサプライズ登場 「私の心は今もジャイアンツです」


 巨人OBの松井秀喜氏(49)が3日、巨人―阪神戦(東京ドーム)前に行われたトークショーにサプライズ登場した。

 「長嶋茂雄DAY」として開催される一戦でセレモニアルピッチを務める同氏が、球場外のイベントペースに現れると、ファンから大歓声。

 入団当初に恩師の長嶋終身名誉監督と行った素振りのエピソードなどを改めて披露。ヤンキース時代に長嶋氏が米国に激励に来た際にも「そのときはあまり調子がよくなかったので、ニューヨークのホテルでも素振りした。バット持ってこいと言われて」と秘話を明かした。

 現在のチームにも話題は及んだ。「タイガースが強い。巨人はあんまり打てていないですね」と分析し、「実績ある選手に打破してほしい。坂本選手、岡本選手に頑張ってほしい。空気を変えてくれると期待しています」とエール。

 最後に「私の心は今もジャイアンツです。長嶋茂雄さんの功績をたたえながら、応援しましょう」と呼びかけ、ファンから拍手が起こっていた。

【巨人OB・松井秀喜氏 、巨人―阪神戦前のトークーショーにサプライズ登場 「私の心は今もジャイアンツです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/16(火) 07:10:54.93 ID:IIu0fsHY9
2024年04月16日 05:30 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2024/04/16/kiji/20240416s00001173031000c.html

 巨人・坂本勇人内野手(35)と松田宣浩氏(40=スポニチ本紙評論家)の対談が実現した。昨年はチームメートとしてプレーした松田氏が、坂本の遊撃から三塁転向にちなみ「5」つの質問をぶつけた。現役時代、ホットコーナーを守り「熱男」としてファンを沸かせた松田氏の熱い質問に、坂本がプロ18年目の心境を語り尽くした。

 松田 お久しぶりです。こんな形で坂本選手と会えるとは。

 坂本 お久しぶりです。

 松田 熱男的に5つの質問をさせていただきます。まず、阿部監督の印象は。現役の時も侍ジャパンでも一緒にプレーしていて強い思いがあると思いますが。

 坂本 現役の時から凄い明るい方。監督になられても、選手との壁もなく、明るくいろんな選手と接しているなという印象です。(開幕直後に)連敗もありましたけれど「全然気にしなくて大丈夫だぞ」と一言で言ってくれたり。そういう切り替えは凄く言ってくださるので、本当に選手はプレーにだけ集中してやれている環境です。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【坂本勇人が熱く語った 巨人&侍の戦友「熱男」松田宣浩氏から5つの質問】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/13(土) 13:58:43.92 ID:uRt+ij2G9
元巨人の小山翔平氏は4月8日、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画の中で、米大リーグのジャイアンツを退団し、巨人への加入が濃厚であると報道された筒香嘉智(つつごうよしとも)に言及。日本球界ですぐ活躍できるか疑問だと述べた。

小山氏は育成選手として2018~2020年に巨人に在籍。過去、横浜DeNAで活躍した筒香は2019年オフに海を渡ったが、アメリカではマイナー暮らしが長く続いた。そんな中、4月8日に『スポーツニッポン』が、筒香の帰国とともに巨人入りが決定的であると報じた。

小山氏は筒香について「速いボールに対しての対応が、なかなかメジャーでうまくいかなかったっていうのが大きな要因」と分析し、「150キロ以上のボールっていうのは結構不得意というか、なかなか速いボールを弾き返せないっていうふうには日本時代の時から言われてたんですよね」と明かした。小山氏によると、筒香が日本で活躍していた当時は、150キロ以上投げるピッチャーが少なかったという。

そして「日本のレベルもどんどん上がってて、平均球速もどんどんメジャーリーグに近づいている中で、果たして筒香選手が戻ってきて、全盛期のDeNAにいた時、ベイスターズにいた時のようにホームランを打ってくれるのかとか、チャンスに強い打撃を見せてくれるのかっていうふうに言われると、僕はちょっと疑問符というか難しいんじゃないかなというふうに思ってます」と厳しい見立てを示した。さらに、「(仮に巨人に加入したとしても)レギュラーを確約するっていうのはちょっと違うのかなというふうには、僕、今思ってます」と、心境を述べた。

※略

https://myjitsu.jp/archives/477503

【筒香嘉智の日本球界復帰に元巨人選手が懸念「レギュラーを確約するのは違う」「球速が上がっている今の日本では難しい」】の続きを読む

このページのトップヘ