SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京ヤクルトスワローズ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/30(火) 22:24:54.57 ID:CAP_USER9
 2年連続最下位から日本一に輝いたヤクルト。その強さは決して勢いだけではない。オリックスとの日本シリーズは6戦中5試合が1点差ゲームと手に汗握る接戦だった。4勝2敗と激闘を制し、セリーグの球団が日本一になったのは2012年の巨人以来9年ぶりだった。

「攻略まではいかなかったですが、相手エース・山本由伸に球数を投げさせるなど粘りの野球がチーム内で徹底されていた。戦前は山本、宮城大弥の『ダブルエース』を擁するオリックスが地力に勝るのではないかという予想が多かったが、ヤクルトも奥川恭伸、高橋奎二が快投を見せるなど投手力で一歩も引かなかった。来年は相手球団のマークが厳しくなるが、投手も野手も伸び盛りの若手が多い。16~18年にリーグ3連覇を飾った広島のように黄金時代を築く可能性は十分にあります」(スポーツ紙デスク)

 15年に真中満元監督の下でリーグ優勝したが、その後の5年間は4度のBクラス、3度の最下位と低迷した。青木宣親、山田哲人、村上宗隆と打線にタレントを擁しながら、勝てない理由は投手陣に尽きる。先発陣は小川泰弘、石川雅規の2人しか計算できず、若手が伸び悩んでいた。しかし、投手コーチ、2軍監督としてチームを見てきた高津臣吾監督が再建する。将来の左右のエースと嘱望された奥川、高橋を中10日で登板させるなど酷使せずに「育成と勝利」を両立。救援陣も整備し、守護神の石山泰稚が不調とみるや中継ぎに配置転換し、マクガフを抑えに抜擢した。先発でくすぶっていた清水昇は救援に配置転換されて輝き、今野龍太、近藤弘樹など楽天を戦力外になった右腕たちが躍動した。

 ヤクルトを長年取材してきたスポーツ紙記者は、「開幕前に廣岡大志を放出し、田口麗斗を獲得したことで投手陣の雰囲気が明らかに変わった」と分析する。

「廣岡はレギュラー獲得までには至らなかったが、右方向に本塁打が打てる大型遊撃手。その選手を手放してまで田口を獲得した事で、投手陣が本当の意味で危機感を覚えた。ドラフト1位で入団したがなかなか結果が出せなかった原樹理、日本ハムからトレード移籍2年目の昨季3勝と期待外れに終わった高梨裕稔は今年が正念場。結果を出すことで、先発ローテーションを巡るハイレベルな競争が繰り広げられた。田口は先発で結果を出せず、救援に配置転換されたが投手陣全体に与えた影響を考えると、間違いなくこのトレードは成功と言えると思います」

全文は下のリンク先から読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6ee14f15401f47d18fe19819fc1a250fbf44f76

【最下位から日本一でヤクルトファンが急増?巨人ファンから「鞍替え」のケースも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/30(火) 12:14:40.81 ID:CAP_USER9
ヤクルトを20年ぶりの日本一に導いた立役者の一人は、6年目の投手・高橋奎二(24)であろう。日本シリーズ第2戦では、オリックス打線を5安打に抑える完封勝利。日本シリーズ優秀選手賞を受賞した。今季急成長を遂げた若手投手のこれからが楽しみな限りだが、一方で、少々過保護に育て過ぎではないかと指摘する声も。球団が高橋の妻にまで、異常なくらいの気遣いを見せているからだ。妻とは、AKB48で「神セブン」と呼ばれていたあの元アイドルである。

球団側も認めた“申し入れ”

 騒動を報じたのは「NEWSポストセブン」(11月18日配信)である。

 日本シリーズに先立つ11日のクライマックスシリーズ第2戦でも、6回無失点、8奪三振の好投を見せた高橋。試合後のヒーローインタビューでは、観客席の妻に向かって手を振りながら「宝物です!」と叫んだ。観客席には、今年1月に結婚したばかりの元AKB48メンバーの板野友美(30)が応援に駆けつけていた。

 そんな微笑ましい光景を、各スポーツ紙はすぐに記事にして配信。だが、直後にとんでもない騒動へと発展したのである。球団側が記事を取り下げさせるよう各紙に申し入れ、各紙は記事の見出しを変更したり、記事自体を取り下げる異例の対応を取ったのだ。シーズン開幕前、球団から高橋に関する報道に板野の名前を出さないよう内々の通知があったにもかかわらず、“NG破り”をした、という理由だった。

 ポストセブンの取材に、球団広報は各紙に申し入れをした事実を認めたうえで、「球団としてスポーツはスポーツで、芸能は芸能で分けて報じるべきだと考え、先方の事務所と相談して担当記者にお願いしました。ただし、記事の削除をお願いした事実はありません」と回答。半ば“圧力”をかけたことを認めたのである。

 不思議なのは、なぜ球団が、こんなことに目くじらを立てたのかということだ。スポーツ紙記者が明かす。

「実はこの報道規制の大元は、高津臣吾監督なんです。きっかけは、今年2月のキャンプ中に、日刊スポーツに載った高橋と板野を絡めた記事でした」

ディリー新潮 11/28(日) 12:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8538b1405ccb7eb56464f10938c790284603894

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211128-00801420-shincho-000-2-view.jpg?pri=l&w=427&h=640&exp=10800

【ヤクルト・高橋奎二の嫁「板野友美記事」削除騒動の全真相 なぜ球団が、こんなことに目くじらを立てたのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 23:45:53.48 ID:CAP_USER9
独占手記 板野友美
夫・高橋奎二の登板前日はカツ丼!食細い胃袋支えた献身料理 第2戦完封ヤクルト日本一に貢献


ヤクルト20年ぶりの日本一に芸能界の燕党も歓喜に沸いた。

左腕エース、高橋奎二投手(24)と今年1月に結婚した元AKB48の歌手、板野友美(30)がサンケイスポーツに独占手記を寄せた。

登板前日には夫のリクエストに応えてゲン担ぎのカツ丼をふるまい、登板日には赤飯をたいて神棚に供えるなど、高橋の飛躍の陰には愛妻の献身的な内助の功があった。


ーーーーー

ヤクルトナインの皆さん、ファンの皆さん、20年ぶりの日本一おめでとうございます。けけ(夫の愛称)、日本シリーズ優秀選手賞おめでとう。心の底から喜べるね!!

夫が登板した第2戦は自宅で母と夢中でテレビ観戦していました。完封勝利の後、電話で話したとき、いたって冷静だったので「もっと喜んだ方がいいんじゃない」って言ったら、
「シリーズは終わっていない。まだ優勝していないから」と気を引き締めていたのが忘れられません。


1月に結婚してから、夫が家にいるときは仕事から解放されて安らげる家庭にしたいと心掛けてきました。
だから、野球の話は自宅ではしません。

夫は洗い物や風呂掃除をしてくれるし、娘をお風呂に入れたりと子育ても手伝ってくれます。
本当に感謝しています。

その一方で、登板翌日はiPadを見ながら投球フォームをチェックするなど努力家の一面を知りました。
「給料が上がったら娘のために貯金するよ」と言ってくれたときは本当にしっかりしていると感心しました。
先月生まれた娘の存在が大きいのかな。一家の大黒柱として頼もしいです。


夫は食が細く、好き嫌いが多いので、料理には気を使っています。
野菜を細かく切って食べやすくしたり、肉だけにならないよう魚もつけるなど、品数を多く食卓に出すようにしています。

登板前日は、ゲン担ぎでカツ丼(勝つ)と納豆(粘る)を「食べたい」とリクエストしてきます。
クライマックスシリーズも、カツ丼を食べて勝ちました。


私も、夫の登板日は必ず赤飯をたいて神棚にお供えし、夫と初詣に行って祈禱(きとう)してもらったお札に「勝てますように」とお祈りしています。

今季初登板した6月13日のソフトバンク戦で勝利してから毎回です。
初詣の神社には、夫と一緒にお礼参りに行きます。来シーズンも元気で頑張れることを願って。


https://news.yahoo.co.jp/articles/49f96d404a6698485dfe861dd08428475a72eb9f
https://i.imgur.com/iVOpsIV.jpg

【元AKB48・ともちんこと板野友美『独占手記』 夫・ヤクルト高橋奎二を支えた献身料理…登板日は必ず赤飯をたいて神棚にお供え】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 09:45:41.22 ID:CAP_USER9
【ヤクルト】つば九郎が高津臣吾監督にメッセージ「監督の大丈夫は魔法の合言葉です」 : スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20211128-OHT1T51002.html

2021年11月28日 8時0分スポーツ報知

https://hochi.news/images/2021/11/28/20211128-OHT1I51003-L.jpg

◆SMBC日本シリーズ2021 第6戦 オリックス1ー2ヤクルト=延長12回=(27日・ほっともっと神戸)

 ヤクルトが01年以来、20年ぶりの日本一を達成した。球団マスコットのつば九郎が、高津臣吾監督や今季さまざまな場面で目立った選手の素顔を「〇〇たいちょう(隊長)」と題して暴露した。本来はひらがなですが、読みやすさを考慮してスポーツ報知が代筆します。

◆高津臣吾監督へ

 「言ったことがすぐ起こる。予言者みたいということにしましょうか!? ターニングポイントでしゃべっていることが現実に起こっていく。自信を持とうと言ったら13連勝したり、一枚岩になって何かあったら俺が出て行くと言ったらバンテリンDで審判への抗議があって、CS前も大丈夫。シリーズ前も大丈夫。監督の大丈夫は魔法の合言葉です」

◆村上宗隆選手へ 

 「若き21歳の4番。やっぱり物おじしない。インタビューの受け答えなど、こなれた感が半端ないと思うくらい。普通はあんなに堂々としゃべれない。たぶんあれは年齢をごまかしていると思う~でへへ。ベンチでの感じがベテランだし、いつも『オラオラ感でてる』って言っているんだけど、たまに青木くんに注意されているところも見る。ちゃんと理解して、しっかりとやっているから、みんなにかわいがられるんだと思う」

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【「監督の大丈夫は魔法の合言葉です」スワローズマスコットのつば九郎が高津臣吾監督にメッセージ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 01:15:52.40 ID:CAP_USER9
11/27(土) 23:51配信
スポーツ報知

三宅裕司

 熱狂的ヤクルトファンの俳優の三宅裕司が27日、20年ぶりに日本一を決めたヤクルトを祝福した。

 三宅は「スワローズナインと共に泣きました。(昨年の最下位から)1年でここまでのチームを作り上げた高津監督に心からおめでとう、そして、ありがとうと言いたい」と大感激。連日の息詰まる熱戦で、この日も延長12回に勝ち越しての勝利。「こんなに興奮した日本シリーズは初めてです。誰もが使える『絶対大丈夫』は今年の流行語大賞でお願いします」とコメントした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211127-11271232-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5839f13898968df322d631fd91cdad17726d5206

【俳優の三宅裕司「高津監督に心からおめでとう、ありがとうと言いたい」 ヤクルト日本一を祝福】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 05:47:54.16 ID:CAP_USER9
[2021年11月27日23時57分]


(写真)
ヤクルト・サンタナ(左)とオスナ

日本一となり胴上げされるヤクルト高津監督(撮影・清水貴仁) 日本シリーズのリーグ別優勝回数。ヤクルトが12年巨人以来のセ・リーグ9年ぶり日本一で、パの36回に並んだ

<SMBC日本シリーズ2021:オリックス1-2ヤクルト>◇第6戦◇27日◇ほっともっと神戸

ヤクルト日本一の立役者となったのは仲良し助っ人コンビだ。ドミニカ共和国出身のドミンゴ・サンタナ外野手(29)とベネズエラ出身のホセ・オスナ内野手(28)。シーズン中から嶋とともに試合前の声出しに参加するなど、チームにしっかり溶け込み、一枚岩となって戦った。いまさら聞けないサンタナとオスナの“見分け方”を紹介したい。

(1)でかいのがサンタナ、でかいけど少し小さいのがオスナ=サンタナは195センチ、オスナは188センチ

(2)ヒゲがあるのがサンタナ、ないのがオスナ=オスナは常にヒゲを爽やかにそり上げている

(3)少しだけ威厳があるのがサンタナ、相手をたてているのがオスナ=オスナはサンタナの弟子。メジャー通算77発のサンタナに敬意を示す

(4)決めポーズでヒゲをさわるのがサンタナ、ハートを胸の前でつくるのがオスナ=みんなで一斉にやるので、見分けがつかなくなることも

(5)真面目なのがサンタナ、陽気なのがオスナ=オスナは落ち込まないのが取りえ

(6)卵かけご飯が好きなのがサンタナ、ラーメンが大好きなのがオスナ=和牛はどちらも大好物

(7)日本シリーズで2試合連続本塁打を打ったのがサンタナ、第4戦で決勝適時打を打ったのがオスナ=どちらもしっかり活躍

(8)気温8度でも半袖なのがオスナ、上着を忘れてウオーミングアップだけ半袖だったのがサンタナ=第6戦、サンタナは長袖にネックウオーマーをつけてプレー

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111270001497.html

【ヤクルト日本一の立役者、助っ人コンビ・サンタナとオスナの“見分け方”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/27(土) 23:54:20.66 ID:CAP_USER9
11/27(土) 23:51配信
スポーツ報知

さだまさし

 20年ぶり日本一を決めたヤクルトのファンクラブ名誉会員で歌手のさだまさしが27日、「美しいシリーズ!スワローズがまさかの日本シリーズ制覇!それにしても、本当に素晴らしい日本シリーズでした」と祝福のコメントを寄せた。

 さだは「スワローズが勝てたから言うのではなく、4勝2敗という数字では決して説明できない、全試合ワクワク、ドキドキ、ハラハラしながら楽しめた紙一重の『名勝負』でした。どちらのチームも『きれいな野球』で、僕だけでなく、スワローズのファンの多くはバファローズが好きになったと思います。素晴らしいチームだと感動しました。もしかしたら、バファローズファンもスワローズを気に入ってくれたのではないか、野球好き同士なら分かる、そんな気がします」と白熱のシリーズを歌詞央。「ほんのちょっとの運や流れで勝ち負けは変わる残酷なものですが、力の差は全くなかったと感じます。僕自身はペナントレースを勝ち抜いた時、2年続けて最下位という屈辱感から胸にたまったものが全部吐(は)き出されるような喜びに浸りました。これはバファローズファンも同じだと思います。ですから、心のどこかで日本シリーズの勝ち負けにはほとんどこだわっていなかったのです。だからこそ、純粋に楽しめたのかもしれません」と振り返った。

 6試合中5試合が1点差試合、1試合が2点差の接戦だった。さだは「この名勝負を演出したのは両チームの投手陣です。双方の投手が、みな素晴らしかった。個人的には仲良しの石川雅規投手の『日本シリーズ初勝利』がむちゃくちゃ嬉しかったですが、初戦でものすごい逆転サヨナラ負けをしてバファローズに傾いた流れを、2戦目の高橋奎二投手の熱投がスワローズに変えた、あれこそMVPの働きでした」と賛辞。「それにしても山本由規、宮城大弥投手の素晴らしかったこと。達人剣客同士のつばぜりあいのような怖ろしいほどの『必死の闘い』の醍醐味を久しぶりに味わいました。まことに見事な日本シリーズでした。勝ったから『うれしい』というような単純な思いではなく、この両チームの試合をもっともっと見ていたいと思わせてくれる素晴らしいシリーズに感謝します。勝ったからうれしいという単純な思いではなく、両チームの選手に、心からありがとうを伝えたい。ただただ感動しています」と両チームをたたえた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211127-11271230-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/21b9052298bdebea239bdd9caf0ed8693f9cc1d8

【「本当に素晴らしい日本シリーズ」ヤクルトFC名誉会員のさだまさし「ただただ感動しています」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/27(土) 23:43:36.42 ID:CAP_USER9
11/27(土) 23:33配信
サンケイスポーツ

飯尾和樹

プロ野球・ヤクルトのファンで知られるお笑いコンビ、ずんの飯尾和樹(52)が27日、ツイッターを更新し、20年ぶりの日本一を喜んだ。

ほんわかキャラで「ぺっこり45度」と頭を下げるネタにちなみ、「ぺっこり深々88度 おめでとうございます!」と〝最敬礼〟。「日本一!東京音頭〜! 嬉しさのあまりパックリ ピスタ〜チオ!」よ大興奮のツイートで喜びを表現した。

飯尾はリーグ優勝直前にもサンケイスポーツの取材に応じ、日本一を祈願する一発ギャグで後押し。燕党になったきっかけは1978年、小学4年の遠足で、渋滞のバスでテレビから流れた阪急との日本シリーズだった。ヤクルトが勝利し、小柄だが長打力もある若松勉氏(74)=本紙専属評論家=の活躍に魅了されたと話していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211127-00000133-sanspo-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/044f0c8b688e305b05f99900fed7ce2234f18866

【ずんの飯尾、ヤクルトの日本一に〝最敬礼〟「嬉しさのあまりパックリ ピスタ〜チオ!」】の続きを読む

このページのトップヘ