SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京ヤクルトスワローズ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/10(月) 11:00:14.47 ID:Os5lxKDq9
2024/06/10 05:00

いよいよ帰ってくる。ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が10日から1軍に合流することが9日、決まった。14日からのオリックス3連戦(京セラ)中の先発が見込まれており、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、約2年ぶりに1軍のマウンドに上がる。

右肘痛からの完全復活を目指す今季は、1軍キャンプでスタート。その後はコンディション不良で2軍での調整が続いていたが、イースタン・リーグで計6試合に登板し2勝2敗、防御率3・51の成績を残してきた。前回6日のオイシックス戦(戸田)では、予定通り3回2/3で48球を投げ3安打2失点。1軍復帰への準備を整えてきた。

かねて「(1軍に)上げてもらえるようにしっかりアピールしてという感じですね」と口にしてきた奥川。誰もが待ちに待った瞬間が近づいてきた。

https://www.sanspo.com/article/20240610-7TDTO4CQDZOEDB5CQXVN4LTLF4/

【ヤクルト・奥川恭伸が10日に1軍合流 14日からのオリックス3連戦で先発へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/29(水) 23:00:08.59 ID:OaeIEgG99
2024年5月29日18時23分

<日本生命セ・パ交流戦:ヤクルト-ロッテ◇29日◇神宮

「Yakult1000&ヤクルト届けてネット」キャンペーンアンバサダーで俳優の内田有紀(48)が、約30年越しの始球式を行った。

前回始球式を務めた1995年4月7日の巨人-ヤクルト戦(東京ドーム)では水着に透明ビニール製のユニホームという大胆なコスチュームで挑んだが、この日は「Yakult1000ナイター」と題した試合に合わせ、背番号「1000」のスワローズのユニホームを着込んで登場。ホームベース手前でのワンバウンド投球で終わった前回の雪辱を期すべく、約30年ぶりの一投は2バウンドになった。歯がゆい結果となったが、笑顔いっぱいでファンの声援に応え、会場からは大きな拍手が湧き起こった。

約30年ぶりの始球式を終えて内田は「年齢を重ねても始球式にお声がけ頂いたので、感謝の気持ちを込めてマウンドに上がりました」。気になる自己採点は「Yakult1000にちなんで1000点です!」と振り返った。

始球式に先立ち伊藤智仁投手コーチに指導を受けたと言い「とても面白い方で、緊張を和らげてくれました。『グラブを前に出して投げる』というコツを教えていただきすごく勉強になりました」と明かし、その上で「現役時代に『投球美人』と称されていた伊藤コーチに指導をして頂き、私も『投球美人』に近づいたかな」とジョークも交えた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202405290000960.html
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_0.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_3.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_6.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_8.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_9.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_11.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_12.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_14.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_15.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_16.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405290000960-w1300_17.jpg

【内田有紀30年ぶり始球式、2バウンド投球も「1000点です!」前回は大胆透明コスチューム】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/25(土) 17:47:22.42 ID:ZS8Yr9TN9
2024/05/25 15:02

(セ・リーグ、中日-ヤクルト、11回戦、25日、バンテリンD)ヤクルトの球団マスコット、つば九郎が敵地に乗り込んで際どいパフォーマンスを披露した。
この日の始球式には名古屋市の河村たかし市長(75)が登場。市長はセットポジションから投球しボールはツーバウンドで捕手のミットにおさまった。

すると本塁後方の球審の位置にいたつば九郎は右の手羽を口元に持っていき、何かをアピール。河村市長といえば、2021年の東京五輪のソフトボールで金メダルを獲得した後藤希友投手と面会し際に、後藤のメダルを勝手にかんで批判を浴びた過去がある。

大物政治家が相手でも、いじり倒すつば九郎の芸風にSNSでは「メダルかじるジェスチャーをご本人目の前でやってのけたつば九郎さん」「さすがつば九郎」といった声が上がった。

https://www.sanspo.com/article/20240525-G5TWVDVMXJJITDDA562EQYD4QQ/

【ヤクルト・つば九郎、始球式の河村たかし名古屋市長に向けメダルかみパフォーマンス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/23(木) 20:16:21.65 ID:5+nLqURj9
2024年5月23日 18時14分

プロ野球、ヤクルトの丸山和郁 選手が22日の試合でセンターフライを捕球しようとした際、フェンスに衝突して病院に搬送され、球団は脳しんとうの特例措置を使い、丸山選手の1軍の出場選手登録を抹消しました。

ヤクルトの丸山選手は22日、神宮球場で行われたDeNA戦に1番センターで先発出場し、6回の守備の際、DeNAの宮崎敏郎 選手が打ったセンターへのフライを後ろに下がりながらジャンピングキャッチしてフェンスに衝突しました。

丸山選手は、その場で動けない状態になって担架で運ばれ、その後、都内の病院に搬送されました。

丸山選手は今月19日に甲子園球場で行われた阪神戦でもフェンスに衝突し、22日に復帰したばかりで、高津臣吾監督は試合後、「甲子園のこともあるのでちょっと心配ですね」と話していました。

そして球団は、23日に脳しんとうの特例措置を使って丸山選手の出場選手登録を抹消しました。

プロ野球では、1軍の出場選手登録を外れると10日間、再登録できませんが、脳しんとうの特例措置が適用されると回復次第で10日を待たずに復帰することができます。

丸山選手はレギュラー定着を目指す今シーズン、ここまで36試合に出場し打率3割4分4厘、5打点の活躍で、先発出場する試合が増えていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240523/k10014458581000.html

【ヤクルト・丸山和郁の1軍登録抹消 脳しんとうの特例措置使い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/13(土) 09:03:31.25 ID:ZAmySLH29
4/12(金) 20:53配信

スポニチアネックス
<D・ヤ>初回、空振り三振に倒れた村上(撮影・島崎忠彦)

 ◇セ・リーグ ヤクルト1ー3DeNA(2024年4月12日 横浜)

 ヤクルトの村上宗隆内野手(24)が12日、「4番・三塁」でDeNA戦に先発出場。3打数無安打に終わった。

【写真】<D・ヤ>ベンチで渋い顔の高津監督

 2死一塁で迎えた初回の第1打席は空振り三振、4回の第2打席は死球。6回は2死三塁のチャンスで迎えたが、左飛に倒れた。9回無死一塁の第4打席も空振り三振に終わった。

 村上は開幕から自己ワーストを更新する49打席ノーアーチで、ここまで打点もない。チームも3連敗となり、主砲の復調が待たれる。

 11日の巨人戦後に高津監督は村上について「彼が打てば点になるというのは間違いないと思います。でも、彼だけで点を取るわけでもないので。他で何とかしないといけない。今は(山田)哲人もいないですし、下位からのつながりというのもなかなかうまくいってないですね」と話し、野手全員の奮起を促していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1776994c1aefb6d3704f3e4e8c72d2f771ee7df0

【ヤクルト・村上 トンネル出口見えず…開幕から49打席ノーアーチ、打点も0、チームは3連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/11(木) 07:34:18.83 ID:cIMZJL5I9
週刊女性PRIME 2024/4/11
https://www.jprime.jp/articles/-/31580

4月6日、卓球女子で五輪3大会連続メダリストの石川佳純が、神宮球場での東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース戦で始球式を務めた。しかし、当日石川が着用していたユニホームが物議を醸すことに。

「石川さんが着用していたのは、白地に赤いストライプといった、スワローズカラーのユニフォームでした。しかし、背中には“KASUMI 2024”と書かれていたものの、ヤクルトの正式ユニホームでは胸元にあるはずの“Swallows”、肩口の“Tokyo”や“Yakult”といったロゴがなかったんです」(スポーツ紙記者、以下同)

このユニホームに違和感を覚えたスワローズファンはSNSで、

《どうして、ロゴがないユニフォームを着ているの?》
《チームがないがしろにされているようで、なんか残念》

といった困惑の声が。

■石川佳純には多くのスポンサー
「石川さんは'23年に現役を引退し、スポーツアンバサダーといったセカンドキャリアをスタートさせました。彼女には現在、多くのスポンサーがついています。ネットの上では“契約しているスポンサーに忖度してロゴを排除したのでは”といった声も出ています」

スワローズの広報に問い合わせると、

「石川さんが着用したユニフォームはフジテレビさまがご準備されたものです。そのため、球団としてお答えする立場にありません」

とのこと。

「この日の試合は、フジテレビのスポーツ情報番組『すぽると!』の名前を冠したイベントが行われていました。石川さんは今年7月から始まる同局の『パリ2024オリンピック』のキャスターに就任していたことから起用されたのでしょう。テレビ局の事情があったのかもしれませんが、スワローズのロゴを排除したデザインが憶測を呼ぶことになってしまいました」(前出・スポーツ紙記者)

※以下出典先で

【写真】「ロゴがない」物議となった“不可解”ユニフォームを着る石川佳純
https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/4/9/1200mw/img_4964a1aa09fe2fc4231a01646a0bec7b1761732.png

【ヤクルトvs阪神タイガースで始球式を務めた石川佳純「ロゴがない」着用した“不可解”ユニフォームが物議 フジテレビが準備】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/22(金) 16:52:46.55 ID:0vHrWd7p9
オープン戦も佳境に入ったプロ野球。お目当ての選手応援のため、球場に足を運んだファンからはある「共通の事情」で、次々と悲鳴が上がっている。在京球団の営業担当者が語る。

「各球団の収益でチケット代に次いで大きいのが飲食関係なのですが、物価高で仕入れ値が上がったため、価格に転嫁しています。球場にもよりますが、昨シーズンと比べて平均200円から300円上がったモノもありますね。もっとひどいのは、値段を上げたのに、内容量を減らした商品が多いこと。今後、多くのファンに知れ渡れば、球場と球団に苦情が入ったり、そもそも購入を見送る流れになるのではないですか。心配しているんですが、やむをえない部分もあって…」


 中でも「それは便乗値上げだろ」だと言われているのが、ヤクルトが本拠地としている神宮球場だ。飲食業界関係者によると、

「飲食物を売る店舗の場所代を値上げしたため、価格転嫁したようです。以前は巨人、DeNAなど他の首都圏球団と比べてリーズナブルに飲食ができた上、立地条件もいいので、デートスポットにもなっていたのですが。事情を知る関係者からは『いつからヤクルトは人気球団並みの価格設定になったんだ』とツッコミが入っています」

続きはアサ芸プラス 2024年3月22日 09:59
2024年3月22日 09:59

【球場にも物価高直撃!神宮球場で「それは便乗値上げだろ」苦情】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/18(月) 18:24:20.20 ID:LpRkta9J9
スポニチ[ 2024年3月18日 18:06 ]
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2024/03/18/kiji/20240318s00001173480000c.html

ヤクルトは18日、今季から神宮球場での移動時、クラブハウス前でのサイン、握手、写真撮影などのファンサービスを控えさせていただくと球団公式サイトで発表した。

昨季までヤクルトの選手は神宮でのホームゲーム開催時、室内練習場などでの練習後にクラブハウスに戻る際などに、ファンの求めに応じてサイン、写真撮影などを行っていた。

今季からは「来場されるお客様ならびに選手の安全を確保するため」(球団公式サイトより)に控えることになった。

サインなどを行わなくなった代わりに、球団では「定期的に選手会主催のサイン会を実施していく予定です」とした。

球団の発表を受け、熱心なファンサービスで知られる田口は自身のSNSに「球団から選手への報告でもこれからは違う形で球団と協力し、選手それぞれのファンサービスを実施していく方針が確認できました!なので皆様これからは違う形ですが楽しみにしていてください!」と書き込んだ。

【ヤクルト、今季からホームゲームの際に神宮クラブハウス前などでサイン、写真撮影など行わず 球団が発表】の続きを読む

このページのトップヘ