SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

横浜DeNAベイスターズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/11(火) 13:07:23.51 ID:CAP_USER9
J-CASTニュース 10/11(火) 11:58

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦が2022年10月10日に横浜スタジアムで行われ、阪神がDeNAを3-2で破りファイナルステージ進出を決めた。

■9回1死満塁チャンスも併殺打で試合終了

 試合はDeNAが宮崎敏郎(33)のソロ本塁打で先制し、3回には阪神先発・才木浩人投手(23)の暴投で1点を追加した。2点を追いかける阪神は4回2死走者なしから佐藤輝明(23)がバックスクリーン右に放り込み1点差とした。

 阪神は6回に無死2塁のチャンスに近本光司(27)がタイムリーを放ち1点を返すと、1死2塁の場面で原口文仁(30)がレフト前に逆転のタイムリー。9回には1死満塁のピンチを迎えたが、湯浅京己投手(23)がしのぎ阪神が3-2で勝利した。

 この日最大の見せ場となったのが1点ビハインドで迎えた9回DeNAの攻撃だ。先頭・牧秀悟(24)がレフト前ヒットで出塁。続く宮崎は空振り三振に倒れるもソト(33)が四球、オースティン(31)のセンター前ヒットで1死満塁のチャンスを迎えた。

 一打サヨナラのチャンスにベンチが動き、藤田一也(40)を代打に起用。藤田は湯浅の初球、152キロのストレートをたたいてセカンドゴロ。これを前進守備の2塁手小幡龍平(22)がさばいて4-2-3のダブルプレーが成立し試合終了となった。

 この試合を中継したラジオ番組「ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズ セ ファーストステージ第3戦 DeNA-阪神」(ニッポン放送)で解説を務めた横浜ベイスターズの元コーチ、野村弘樹氏(53)がDeNAの9回の攻撃を分析し持論を展開した。

「昨日の宮崎は送りバントしているわけですから」
 野村氏が疑問視したのは無死1塁の場面。打席の宮崎は2ボールからストライクを2球見逃し最後は空振り三振。バントで送ることなくヒッティングに出て好機を生かせなかった。

 野村氏は宮崎が2ボールからのストライクを見逃すと「(バントをする)素振りがないんですよね。同点にしなければいけないんですよ。同点にすれば逃げ切れる可能性もあるわけなんです」と指摘。1勝1敗にもつれ込んだ第3戦は、DeNAは引き分け以上、阪神は勝利でファイナルステージ進出が決まる状況だった。

 そして続くストライクも見逃して2ボール2ストライクと追い込まれると「宮崎も迷っているんだと思う。逆方向に打たないとならないのか。ここはベンチが優柔不断なんだと思います。昨日の宮崎は送りバントしているわけですから」と説明し、「送って次のソトでしょ。勝負強い大和でしょ。送らないといけないと思いますよ」と強調した。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9c81d1aca09b1f1a9111a7b602980eab61366bf

◇関連スレ◇
【DeNA】藤田一也立ち上がれず…サヨナラ好機にヘッドスライディングも及ばず併殺で敗退 [ひかり★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1665392246/

【満塁サヨナラ機で併殺負けのDeNAは「ベンチが優柔不断」 元コーチが采配疑問視「なぜ送らなかったのか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 18:06:19.88 ID:CAP_USER9
◆2022 JERA クライマックスシリーズ セ 第1S第3戦  DeNA2―3阪神(10日・横浜スタジアム)

 DeNAが逆転負け。第3戦は引き分けでも最終S進出だったが、レギュラーシーズン3位の阪神にあと一歩及ばなかった。1勝2敗でCS敗退となり、三浦監督2年目が終了した。

 試合後の三浦監督は「選手たちはよく頑張りました。全員で食らいついていきましたけど、最後までみんな諦めずに戦ったと思います」と選手をねぎらった。

 CS3試合はいずれも本拠地・横浜スタジアムが大観衆。ベイスターズファンへの思いを聞かれると、「たくさんのファンの方が応援していただき、最後まで戦うことができた。1年間、熱い熱い応援ありがとうございました。いろいろ規制がある中でもファンの方はしっかりルールを守って手拍子、拍手いただき、選手たちの背中を押していただき、ありがとうございました」と感謝した。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/af54f61bf358fb2cf26dd76da1d03957fe694957

【敗退のDeNA・三浦監督コメント「しっかりルールを守って手拍子、拍手をいただき」ファンに感謝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 19:35:57.72 ID:CAP_USER9
 「セCSファーストS第3戦、DeNA2-3阪神」(10日、横浜スタジアム)

 DeNA・三浦監督は九回1死満塁の場面でベテランの藤田を代打起用したことについて、勝負強さを期待してかの問いに「その通りです。藤田の経験というものにね」と語った。

 ベンチには今季、阪神戦で打率・424と当たっていた大田が控えていた。ただ第1戦、第2戦と5打数無安打に終わっていただけに、藤田の勝負強さと経験を選択した形になった。

 指揮官は「本当に全員が準備してくれていましたし、あそこで藤田もしっかり準備して思い切っていった結果ですから…結果です、はい」と選手を責めず、満員のファンの声援を受けてプレーできたことに「その雰囲気の中で戦えたのは幸せだと思います。ただ結果で応えられなかったのは申し訳なかったです。変わってきたなと感じています。だけど、もっともっと変わっていかないとと思います」と来季への決意を込めた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/4023c8ab65d2953e02289042c831e98535139c3a

【DeNA・三浦監督、藤田の代打起用に「経験というものにね」虎キラー大田をベンチに残す中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 17:57:26.74 ID:CAP_USER9
<セ・CSファーストステージ:DeNA2-3阪神>◇第3戦◇10日◇横浜

 DeNA藤田一也内野手(40)が、サヨナラの好機で併殺に倒れ、CSファーストステージでの敗退が決まった。

 1点を追う9回1死満塁で「代打の切り札」で登場。阪神湯浅の初球152キロをはじき返したが、二ゴロ併殺で今シーズンが終了した。

 一塁にヘッドスライディングした後、しばらく立ち上がれず。一塁ベースコーチの小池コーチ、オースティンに抱えられ、ベンチに引き揚げた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/83c5fa528f1711f8c708b55f3960915af481ba5c

【DeNA・藤田一也立ち上がれず・・・サヨナラ好機にヘッドスライディングも及ばず併殺で敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/18(日) 10:50:09.15 ID:CAP_USER9
>>9/17(土) 9:35 Full-Count

 シーズンに数回、DeNAの本拠地・横浜スタジアムの一塁側スタンド一角は「嶺井博希」と書かれたボードを持ったファンで埋め尽くされる。SNS上などで“嶺井一族”として話題となるこの集団は、一体何者なのか。その正体に迫った。

 DeNAの嶺井博希捕手を応援するため、2015年に横浜を拠点に誕生した「嶺井博希ファンクラブ」。このファンクラブは年に4回ほど観戦会を実施し、嶺井グッズや嶺井ボードを手に熱烈に応援する。9月10日の阪神戦は、約370人が集結。横浜を中心に名古屋や大阪、さらにはアメリカからの参加者も。故郷の沖縄からは嶺井の両親も駆け付けた。

 打席に入れば一斉に「嶺井ボード」を掲げて応援。出番がなくてもイニング間などに見せる一体感のある光景には圧倒される。嶺井の31歳の誕生日だった6月4日に行った観戦会は過去最多の1000人ものファンが集まり、SNS上では即座にトレンド入りした。創設メンバーの知念正明さんは「次の日に話題になっていることに気付いて、本当にうれしかったです」と笑顔を見せた。

 それもそのはず。これだけの巨大組織になるには7年の歳月を要した。設立は3人からのスタート。グッズショップを訪れては、売れ残っていた嶺井のユニホームやタオルを1人20~30枚“大人買い”。「在庫をなくさないとと思ってたくさん買って、色んな人に配ったり。普及活動をしていました」と懐かしそうに振り返る。

 地道な活動の成果か徐々に会員は増加し、現在は840人。しかしイベントが盛り上がりを見せる一方で、肝心の嶺井は2021年は36試合、2020年は41試合出場に終わり2軍暮らしも長かった。観戦会をしても嶺井がいない……。本人も「盛り上げてもらっているのに出られていなくてすみません」と恐縮しながらも「心のよりどころにして頑張ります」と奮起の材料とした。

親族は4年に1度“ミネリンピック”と称される大運動会を開催

続きは↓
https://full-count.jp/2022/09/17/post1282055/

【DeNAの本拠地・ハマスタに現れる“嶺井一族”って何者? 売れ残りユニ買占めから1000人動員への道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/14(水) 16:49:57.17 ID:CAP_USER9
 横浜DeNAベイスターズの田中健二朗投手(32)が、妻へのDVや複数女性との不倫により、離婚協議中であることが「 週刊文春 」の取材でわかった。

 今季の田中は40試合に登板して3勝0敗、防御率1.99(9月12日時点)。現在2位のチームを支える中継ぎのエースである。

「7月に怪我で離脱しましたが、9月に復帰。9月1日の復帰登板を無失点に抑えると、三浦大輔監督も『安心の健二朗』と賛辞を送っていた」(スポーツ紙記者)

 私生活では同い年の悠さん(仮名)と13年に結婚。翌年には長女が誕生し、「家族のためにも頑張りたい」と意気込んでいた。しかし――。悠さんの親友が語る。

「結婚直後から女性の影が見え隠れし、悠は女性をホテルに誘うメールを見てしまったり、彼の鞄の中から避妊具を発見したこともあったのです」

 この親友は、悠さんが身を守るために撮影した写真を送られるなど、長年に亘り相談を受けていた。今回、5月中旬に田中が家を出ていき、一人で娘を育てながら思い悩む彼女の窮状を見かね、小誌に話すことを決意したという。親友が続ける。

「娘さんが生後5カ月の時、『一緒に暮らしたい』と女性に送ったメールを見つけた悠が問い詰めると、『絞め殺すぞ!』と恫喝された。『化粧もしないお前が悪い』、『メンタルいかれてる』などと人格否定されることもあり、次第に何も言えなくなっていったのです」

 喧嘩を繰り返す中で、DVを受けることもあった。

「昨年春、『うるせえなぁ、もう!』と左の裏拳で殴られ、腕に大きな痣ができてしまった。相手は野球選手です。悠は『信じられないぐらい痛かった……』と言っていました」(同前)

 今年に入ると、悠さんの体調が悪化していく。

「昨年末頃から田中さんは、携帯電話に覗き見防止のフィルムを貼り、夜中まで誰かと連絡を取っていたそうです。悠は『また女性問題で揉めるのかな』と不安になり、眩暈や動悸がするようになった。その後、〈ストレスが大きな要因〉として、メニエール病と診断されました」(同前)

 そして今年の悠さんの誕生日前日にあたる5月11日に再び事件が起こる。

「誕生日を祝うランチを予約したのに田中さんは寝坊してすっぽかした。悠が不満を漏らすと彼は激高。酒を飲みながら3時間以上にわたり彼女を罵り続けたのです。その後、彼は家を出て、今は知人のスポーツ関連会社社長の物件に身を寄せている。そして7月、娘さんの誕生日前日に署名捺印した離婚届と共に、親権を望まないことなどが書かれた弁護士からの文書が彼女に送られてきたのです」(同前)

 田中はどう答えるのか。試合後、転居先に帰宅するところを直撃した。

――不倫をしたことは?

「ないですねえ、はい」

――肉体関係は一切ない?

「何度かはありました。一般の方で、2、3回くらい」

――それは不倫では……。

「あ~、そうなるんですかね。奥さんにも知られて何度か喧嘩になりました。分かった上で一緒にいてくれてるのかなって。単に浮気というか。遊んでしまったっていう。お酒も入って曖昧な部分もあるので……」

――DVもあったようだが。

「僕が運転中に喧嘩していたんですけど、顔面をパンチされて危なかったので、バッと押さえたら。二の腕の所に当たってしまって、痣になったっていう形です」

 約50分間、取材に応じた田中。

 一方、悠さんに取材を申し込むと、当初は「球団に迷惑をかけたくないので」と断られたが、田中の話を伝えると、「やはり不倫していたんですね……」と、重い口を開き、こう語った。

「彼には離婚しても親友のように娘の相談をしたいと伝えましたが、『それは無理』と。多くの人に支えられ、怪我も乗り越えたのに……。今はただ娘を守ることだけを考えています」

 このほか、ベビーカーも買えなかった若手時代の苦労、今年の誕生日前日に起こった“包丁事件”、田中が娘との約束をドタキャンしたこと、不倫をしたことへの田中の弁明など、9月14日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および9月15日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。
「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年9月22日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/8012269fb156cbca50ecdc945325540b06bd46d9
https://news.yahoo.co.jp/articles/8012269fb156cbca50ecdc945325540b06bd46d9?page=2
殴られて青痣が
https://bunshun.jp/mwimgs/c/3/1200wm/img_c3f90f53b277592f26aa51835efe83d946164.jpg

【「左の裏拳で殴られ…」DeNA中継ぎエース田中健二朗 妻へのDV写真と3人不倫】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/29(月) 17:54:44.95 ID:CAP_USER9
8/29(月) 11:44配信

J-CASTニュース

 プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムで活躍した野球解説者の高木豊氏(63)が2022年8月29日にユーチューブチャンネルを更新。26日から横浜スタジアムで行われたDeNA対ヤクルト3連戦を振り返り、牧秀悟選手(24)の本塁打パフォーマンスに苦言を呈した。

【動画】高木氏が苦言を呈したパフォーマンス

■「ヤクルトは青木とかがそういうのを戒める」

 首位攻防戦は首位ヤクルトが第1戦を6-3で勝利し続く第2戦は16-4で大勝。接戦となった第3戦は、4-4の同点で迎えた7回にヤクルト主砲・村上宗隆選手(22)に1発が飛び出し、これが決勝点となりヤクルトが3連勝。2位DeNAとの差は7ゲームに広がった。

 3連戦を振り返りながら苦言を呈したのは、第2戦DeNA攻撃の場面だ。

 8点ビハインドで迎えた6回、1死走者なしから4番・牧がレフトスタンドに特大アーチを放った。主砲の1発にベンチは沸き返りチームメイトの祝福を受けた牧はテレビカメラに向かって右拳を胸に当てる恒例のパフォーマンスを披露。続く宮崎敏郎選手(33)もレフトスタンドに叩き込み6点差とした。

 牧のパフォーマンスに対して高木氏は試合状況を考慮した上で私見を述べた。

 高木氏は「あれだけボロカスに負けている中で牧と宮崎が意地を見せてホームランを打ってくれる。ファンのために打ってくれた。その時にこういうポーズ(右拳を胸に当てる)っているかって俺は一瞬思った」と疑問を投げかけた。

 さらに「ああいうところは多分ヤクルトは青木(宣親)とかがそういうのを戒めると思う。DeNAは誰が戒めるかというと桑原(将志)なんかは年が上の方だから『それはちょっとやめろ』と。不愉快に思ったDeNAファンはたくさんいると思うよ」と続け持論を展開した。

「やる時、場所、ゲーム展開。少しは考えてほしい」
「打ったから喜んでよって喜べないから、勝たないと。そこら辺もファンの気持ち。ファンがどういう気持ちで見ているかところも分かってほしい。DeNAのプレイヤーに。喜ぶことがあってもいい。勝ってるときとか。でもあれだけの点差で負けててあれはなかったと個人的には思う」

 第2戦はDeNAが初回に1点を先制するも3回に3点を失い5回までに大量9失点。6回に牧、宮崎の1発で2点を返したが直後の7回に5点を失い8回には2失点。ヤクルト打線に計7本の本塁打を浴び23安打16点を許しての完敗だった。

 高木氏はパフォーマンスについて「やるなとは言わない。やる時、場所、ゲーム展開。少しは考えてほしい。やらなきゃいけないという決まりじゃないんだから」と諭すように語り、「まだまだ成長出来るチームだし完成系じゃない。(3連戦は)いろいろ勉強になったと思うから素直に受け入れてほしい。ヤクルトみたいに経験値を上げていったら本当に強いチームになる」と期待を寄せた。

 首位攻防戦3連敗のDeNAは30日からホーム横浜スタジアムでリーグ最下位の中日との3連戦を控える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6efe8452d9a1d853effda6587f4c189616a5401

【DeNA・牧の本塁打パフォーマンスに球団OBの高木豊氏が苦言「不愉快に思ったファンたくさんいると思うよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/24(水) 21:31:55.88 ID:CAP_USER9
2022年08月24日 21:00 野球 
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/24/kiji/20220823s00001173441000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/23/jpeg/20220823s00001173440000p_view.jpg

 【セ・リーグ DeNA4ー0阪神 ( 2022年8月24日 京セラD )】 DeNAの山崎康晃投手(29)が24日の阪神戦で史上8人目となるプロ通算200セーブを達成。佐々木主浩(横浜)が記録した30歳6カ月を抜く29歳10カ月で史上最年少での到達となった。

 4―0の9回2死一、二塁。5番手でマウンドに上がった山崎。打者1人を抑えて今季30セーブ目をマークした。15年3月31日の広島戦(横浜)でプロ初セーブ。プロ8年目で通算200セーブ到達となった。

【DeNA・山崎康晃が史上最年少200セーブ達成 佐々木主浩の30歳6カ月を抜く29歳10カ月】の続きを読む

このページのトップヘ