SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

横浜DeNAベイスターズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/26(土) 18:50:51.88 ID:CAP_USER9
2/26(土) 18:00
デイリースポーツ

前DeNAの風張が米球界移籍へ 独立リーグからメジャーを目指す決意
 
 昨年、DeNAから戦力外通告を受けた風張蓮投手が26日、自身のツイッターで米独立リーグのケンタッキー・ワイルドヘルス・ゲノムスと契約したことを発表した。

 風張は2014年ドラフト2位でヤクルトに入団。20年オフに戦力外通告を受け、21年はDeNAでプレー。しかし5試合の登板で防御率7・71と結果を残せず2年連続の戦力外通告を受け、オフに12球団合同トライアウトを受けていた。

 米独立リーグへ新たなチャンスを求めた右腕は「より一層気を引き締めてマイナー契約そしてメジャーリーグへ行けるように頑張ります!応援よろしくお願いいたします」とつづった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220226-00000104-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bcc8afdb08f0005eb0d20f93e8c11014b2b638de

【前DeNAの風張が米球界移籍へ 独立リーグからメジャーを目指す決意】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 18:15:26.63 ID:CAP_USER9
[ 2022年3月1日 15:33 ]

 DeNAの斎藤隆チーフ投手コーチが1日、横浜スタジアムでの全体練習で現場復帰した。

 同コーチは、体調不良のため、2月19日から沖縄県内の病院に入院し、26日に退院した。本人がこの日取材対応し入院について「小脳の脳梗塞だった」と明かした。

 19日の練習試合・中日戦終了後の夕食時にめまいなどの体調不良をおこし、タクシーで病院に向かい入院。「トレーナーとも相談し、対応がはやかったことで、大事にいたらなかった。ラッキーだった。26日まで入院し、病院の先生からも、今日からの現場復帰を許可された。
みなさん脳梗塞と言うと心配になるかもしれないが、今は落ち着いているし、今後は段階を踏みながら完全復帰を目指す。特に先生からは生活上の制限や食事制限などの話はありません」と説明した。 

 同コーチは98年横浜(現DeNA)日本一時のエースで、日米通算112勝96敗139セーブと経験豊富。今季から古巣に17年ぶりに復帰し、沖縄・宜野湾キャンプ初日から指導を行っていた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/03/01/kiji/20220301s00001173398000c.html

【DeNA斎藤隆チーフ投手コーチ、入院は「小脳の脳梗塞」だった 現場復帰し明かす「今は落ち着いている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 15:01:43.08 ID:CAP_USER9
1/23(日) 14:33配信
スポニチアネックス

DeNAの三浦監督

 DeNAは23日、午後2時から球団公式YouTubeチャンネルで「横浜DeNAベイスターズ プレイボールミーティング2022」をライブ配信した。

 イベントには三浦大輔監督、大田泰示外野手、森敬斗内野手がゲスト出演し、三浦監督就任2年目となる今季のチームスローガンが「横浜反撃」となったことが発表された。指揮官は意図を「昨年、悔しい思いをした。そのときから“やり返す”という気持ちだった。横浜反撃の年にしないといけない。その思いで決めた」と話した。

 昨季スローガンは、DeNAファン、街が一体となることをイメージした「横浜一心」だった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-00000183-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/08cdab982d3b2fdc755b0c16702719e588a5ad81

【横浜DeNAベイスターズが今季スローガン「横浜反撃」を発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/22(水) 20:20:29.92 ID:CAP_USER9
12/22(水) 19:46
スポニチアネックス

DeNA契約更改全て終了 6年ぶり最下位も年俸総額が前年比約4・4億円増の大盤振る舞いのワケ
大トリで契約更改し、クラッカーでシャドーピッチングをして意気込むDeNA今永昇太
 DeNAの今永昇太投手が横浜市内で契約更改交渉に臨み、年俸1億円の現状維持でサイン。これで球団の今オフ契約更改全日程が終了した。

 6年ぶり最下位も契約更改は、選手年俸総額が前年比約4・4億円増の大盤振る舞い。同市内球団事務所で年内の仕事納めを終えた三原一晃球団代表は「三浦監督に万全の状態で来年スタートしてもらいたい。その思いの表れ。新しいことも実行した」と総括した。

 この日は、来日2年目を終えたオースティンが、9000万円増の年俸2億円で、4年目に球団に選択権のある3年契約を結んだ。さらに新人特別賞の牧が5700万円増の年俸7000万円、佐野が4000万円増の年俸1億1000万円、宮崎は年俸2億円の6年契約、桑原が1億500万円の4年契約、三嶋は1億2000万円の3年契約と大型契約の更改が続いた。

 複数年契約が重なったことについては「昨オフ(FA権を行使し梶谷、井納と)2選手が移籍した。それは小さくない出来事」と同代表。そして来季巻き返しへ「今年の結果を踏まえ、できるだけのことはしようと思った」と話した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211222-00000250-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/57e0f8139766f40ef2fe866039062fe3256c0ab8

【DeNA契約更改全て終了 6年ぶり最下位も年俸総額が前年比約4・4億円増の大盤振る舞いのワケ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/15(水) 19:32:31.47 ID:CAP_USER9
 表情を緩ませた。NPBアワーズが15日、東京都内で開かれ、DeNAの牧秀悟内野手(23)が新人特別賞として表彰された。  

 ルーキーイヤーの今季は137試合に出場し、リーグ3位となる打率3割1分4厘、22本塁打、71打点の好成績をマーク。セ・リーグ新人新記録となるシーズン35二塁打の偉業も成し遂げ、1958年・長嶋茂雄(巨人)の34を抜いた。

 ヤクルト・奥川、阪神・伊藤将、中野、佐藤輝とともに今年の新人特別賞に選出。1998年の3人を超え、史上最多となる5人での同時受賞となった。登壇した牧は白い歯を見せながら「また賞を取って、この舞台に帰って来られるように頑張りたいと思います」とコメントした。

 表彰を終えた後は取材に応じ、あらためて「1年目しか取れない新人王を目指していた1年間だったので、こういう結果になって悔しい部分もあるが特別賞という素晴らしい賞をいただけたので嬉しく思う」と喜んだ。

 今季に関しては「後半戦がターニングポイントだった。成績も考えながら打率とかも伸びていくのが良かったと思っている」と振り返り、その上で「打率もそうだが、一番は打点。一番チームに貢献できるところだと思うので。自分自身いつかは打点王を獲って(表彰式に)帰ってきたい。こだわっている部分はそこなので頑張っていきたい」とも述べた。
 
 プロ2年目となる来季は「打点王」に照準を定め、さらなる飛躍を誓っていた。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/be1088ec95692bf8414d9c681f54d500b254c1e2

【DeNA・牧が新人特別賞受賞「一番チームに貢献できる打点王を獲って帰って来たい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/14(火) 11:57:04.81 ID:CAP_USER9
DeNAは14日、日本ハムから〝ノンテンダーFA〟として自由契約になった大田泰示外野手(31)の獲得を発表した。年俸5000万円(推定)、背番号は後日発表される。

大田は、神奈川・東海大相模高から2009年にドラフト1位で巨人入団。16年オフにトレードで日本ハムに移籍すると、広い札幌ドームを本拠地としながら4年連続で2桁本塁打を放つなどブレークを果たし、昨季は外野手部門でゴールデングラブ賞も初受賞したた。

今季は76試合で打率・204、3本塁打と苦戦。日本ハムから、再契約の可能性を残しながら他球団との交渉が可能となる「ノンテンダー」となることを11月16日に通達されていた。

DeNAは規定に4打席足りなかったオースティンを含め桑原、佐野、牧、宮崎と5人の3割打者を擁する強力打線が持ち味。一方で選手層を厚くしたい狙いもあり、投手とともに長打力のある右打者は補強ポイントとなっていた。

今オフには、既に新外国人として救援右腕クリスキー(前オリオールズ)、楽天を退団した藤田一也内野手も獲得。走攻守での貢献が期待され、打者有利の横浜スタジアムなら打撃成績のアップも見込める大田も加わり、来季就任2年目を迎える三浦監督のもと、1998年の日本一以来、24年ぶりの頂点を目指す。

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f69ba8bbd00f2cb3324ee2650a15bef8cb41293

【DeNAが大田泰示の獲得発表 年俸5000万円、背番号は未定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/16(火) 22:11:26.49 ID:CAP_USER9
今回、横浜DeNAベイスターズでリーグ歴代最多の新人二塁打記録、歴代1位タイの新人猛打賞記録など多数の新人記録を残したルーキー牧秀悟選手が、人気漫画・アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』(以下、スラムダンク/原作者:井上雄彦)で主人公の桜木花道が通う湘北高校のライバル校、海南大附属高校のキャプテンでありエースである牧紳一役を務めた声優・江川央生氏との“牧対談”が実現! アニメの主題歌を選手登場曲として使用している牧選手自身、子どもの頃から好きだったという『スラムダンク』の魅力について、江川氏の牧紳一役への思いなどについて語ってもらった。(取材日:10月20日)

――野球少年だった牧選手が、バスケットボールを題材とした漫画『スラムダンク』を好きになったきっかけは何だったのでしょうか?

牧 いつだったのか正確には覚えていないのですが、もともと自分の親も兄ちゃんもバスケット経験者で、特にお父さんが好きだったんです。それで友だちの家に遊びに行ったときに、『スラムダンク』の漫画本が置いてあって、読み始めたら好きになっちゃいました。

――どんなところが好きになりましたか?

牧 一番は主人公の桜木花道が好きでした。最初はめちゃくちゃ下手くそなんですけど、最後の方になったらチームの柱になっていくところがすごく好きで、次の巻、次の巻って読み進めていってしまったところです。

――アニメで牧紳一役をされた江川さんは、『スラムダンク』との出会いはいつでしたか?

江川 最初はテレビでアニメが放送される前に、パイロット版が作られまして、それに出演したんです。それで初めて知って「こういうバスケットの漫画があるんだな」と。実は自分自身も中学、高校とバスケットをやっていたので、すごく興味もあったし、ちょうど当時はNBAでマジック・ジョンソンとかが活躍していたときで、日本でもNBAが大人気の頃でした。バスケットボールシューズの「エアジョーダン」とかファッションも流行っていた頃だったんです。

――牧選手は桜木花道が好きということですが、彼の好きなところ、好きなシーンを教えてください。

牧 まずはすごく明るいキャラクターというか、ちょっと頭がぶっ飛んでいるキャラクターといいますか(笑)。読んでいて飽きないキャラクターでしたし、すごいミーハーになっちゃうんですけど(笑)、本当に仲が悪い流川楓と最後にハイタッチするところが、その場面がすごく好きです。漫画で読んでいても一番印象に残っています。

――ちなみに同じ「牧」という苗字の「牧紳一」には、どんなイメージを持っていましたか?

牧 自分の印象としては、もうボスキャラというか、強いキャラクターというイメージがありますね。何にしても、すごく存在感があるキャラクターだなぁと思います。

――江川さんが『スラムダンク』に出会った際、好きになったキャラクターは誰でしたか?

江川 アニメのテレビ放送が決まったときに、原作を読んでいて、「自分だったら牧紳一をやりたいな」と思っていたんです。普段はあまり原作を読んで「これやりたい!」とは思わないんですけど、自分もやっていたバスケットの漫画ということもあったんでしょうね。「うわぁ、この牧役をやれたらいいなぁ」と思っていたんです。だから実際に役をもらえたときは、嬉しかったです。

――牧紳一のどんなところに魅かれて、彼の役をやりたいと思われたんですか?

江川 自分たちの頃って野球部もサッカー部もみんな坊主だったんですよね。だけどバスケット部って、サイドバックの長髪というか、坊主でやっているっていうイメージがなくて、ちょうど自分がイメージするバスケット選手の理想像が牧紳一だったんですね。だからこのキャラクターを見て、「これこれ、これだよ! こういう選手になりたくて自分はバスケットを始めたんだ」っていう、本当にそのまんまの理想像が形になっていたというのが牧紳一だったんですよね。

牧 確かに、自分のお父さんなんですけど、中学校まで野球をやっていて、高校で野球をやらずにバスケットをやり始めたんです。その理由が坊主にしたくないという理由で。そういえば、お父さんも『スラムダンク』が流行っていた年代の人だなぁと思って、もしかしたらそれも理由なのかもって思いました。

――ちなみに牧選手は、坊主にすることに抵抗はなかったですか?

牧 自分は、はい、なかったです(笑)。

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/202111120001-spnavi?p=1

続きは
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/202111120001-spnavi?p=2

動画
https://www.youtube.com/watch?v=Gy8wqNgW8DA

【横浜DeNAの牧秀悟と海南大附属高校の牧紳一の“牧対談”が実現!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/13(土) 13:08:04.47 ID:CAP_USER9
[2021年11月13日11時54分]

DeNAは13日、球団OBの石井琢朗氏(51)が22年からコーチに就任すると発表した。役職は後日発表される。石井氏は今季まで巨人のコーチを務めていた。現役時代の08年以来、14年ぶりの古巣復帰となる。

来季のDeNAは斎藤隆コーチ、鈴木尚典コーチと合わせ、98年の日本一メンバーで三浦大輔監督をもり立てる。

マシンガン打線をけん引した俊足巧打の1番打者が、今季12球団最少の31盗塁に終わった打線をテコ入れしていく。

◆石井琢朗(いしい・たくろう)1970年(昭45)8月25日、栃木県佐野市生まれ。足利工から88年ドラフト外で大洋(現DeNA)入団。
91年秋に投手から野手転向。98年には横浜の38年ぶり日本一に貢献。09年から広島でプレー。12年に現役引退。最多安打2回、盗塁王4回。通算2432安打、102本塁打、670打点、打率2割8分2厘。
引退後は13~17年広島、18、19年ヤクルトコーチ。20年から巨人コーチ。現役時は174センチ、78キロ。右投げ左打ち。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111130000332.html

【DeNAが石井琢朗氏のコーチ就任発表 14年ぶりの古巣復帰】の続きを読む

このページのトップヘ