SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中日ドラゴンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/15(火) 12:09:39.65 ID:lOvyLaqF9
 中日・阿部寿樹内野手(32)と楽天・涌井秀章投手(36)のトレードが15日、成立した。同日、両球団から発表される。

 阿部は岩手・一関一高―明大―Hondaを経て2016年にドラフト5位で入団。4年目の19年に初めて規定打席に到達し、打率2割9分1厘、7本塁打、59打点をマーク。二塁のレギュラーに定着すると、トレードマークのヒゲとその表情が醸し出す雰囲気でファンからは「マスター」の愛称で親しまれていた。昨季はケガもあり66試合の出場に止まったが、今季は133試合に出場し打率2割7分、9本塁打、57打点と結果を残した。

 涌井は05年に横浜高からドラフト1位で西武に入団。07年に17勝をマークし最多勝のタイトルを獲得すると、09年には沢村賞に輝くなど西武のエースとして君臨した。その後も15年にロッテで、20年には楽天で最多勝に輝き、史上初の3球団で最多勝を獲得した投手となった。今季は10試合で4勝3敗、防御率3・50。通算154勝はヤクルト石川に次いで現役2番目の勝利数となっている。

 先発の枚数に厚みを増したいドラゴンズと、野手を強化したい楽天の思惑が一致した。中日はドラフトで内野手4人を指名するなど若返りを進めていた。さらに、経験豊富な右腕の加入は高橋宏ら若手投手陣への相乗効果も期待される。岩手出身の阿部にとっては地元球団でプレーすることになる。
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/32b108d93a64521d90edd40991da342294edbef5

【中日・阿部寿樹内野手と楽天・涌井秀章投手がトレード】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 11:55:47.35 ID:4SCX9z0W9
 中日・大島洋平外野手が13日、ナゴヤ球場での契約更改交渉に臨み、現状維持の2億5000万円(推定)+出来高払いでサインした。

 大島は2020年から球団と3年契約を結んでおり、今季で満了。新たに2年契約を結んだ。交渉を終えた大島は「(条件面は)ある程度、話をしてきた。球団からは、来年まずは(最低でも)Aクラス、再来年には優勝をというチームにしたいという話もした。。まずは来年Aクラスに入れるようにしっかり準備したい。(球団には)もう一人くらい打つ人が欲しい」と“リクエスト”したことも明かした。

 予期せぬけがや新型コロナ感染などもあり、出場数は109試合にとどまったものの、巧みなバットコントロールでヤクルト・村上と最後まで首位打者の座を争う、打率3割1分4厘の好成績を残した。

 残り115安打と、2000安打へカウントダウンが始まっている背番号8は「目標としてましたし、やっと手が届くところにきた。1年間しっかり出る準備をすることが大事。今年首位打者とれなかったので、来年こそとれるように。そして、来年は優勝を目指したい。(専属のトレーナーと話しているのは)45歳までやりたい」と意気込んだ。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/daaed33f0a828d2046c01b0f762bd3f5cfd5e56a

【「45歳までやりたい」中日・大島洋平は現状維持の2億5000万で更改 球団とは新たに2年契約結ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 11:48:51.27 ID:ZredzfmE9
中日の堂上直倫内野手が10日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2900万円でサインした。会見の場で2年契約を結んでいたことを明かした。

 プロ16年目の今季は、9月30日のDeNA戦(横浜)で通算1000試合出場を達成したものの、2010年以降では最少となる16試合の出場に留まった。「上で結果出して、なんぼの世界。2軍でやるべきことはやって準備した。そこだけはよくできたと思う」と悔しがった。

 秋季練習、秋季キャンプはフリー組でナゴヤ球場を中心に汗を流す。「これまでは技術を追い求めて打撃練習ばかりだったが、今は体をつくっている。野球の動きにつなげていきたい」と話した。(金額は推定)
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b28192d8a8aa234476f5f3a5ce8a3c9b5118c774

【中日・堂上直倫が現状維持の年俸2900万円でサイン わずか16試合出場…2年契約だったことを明かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 20:18:42.13 ID:UiaWlyjC9
中日の立浪和義監督(53)が9日、ドミニカ共和国へ新外国人の調査に行くため、沖縄秋季キャンプから離れた。
近く離日し、長距離砲探しの旅に出る。最下位からの巻き返しには新外国人選手の力は欠かせない。今オフ最大のミッションが始まる。

立浪監督が今オフ最大のミッションのため沖縄を離れた。「何人か見たい人もいるし、現地で新たに良い選手がいればそれも見ます。長打を打てる可能性を秘めた選手を獲得したい」。ドミニカ共和国はウインターリーグ真っただ中。
渉外担当も兼ねている大塚投手コーチ、桂川、ルイス両通訳と現地にいるマルちゃんことドミンゴ・マルティネスの案内の下、選手の力量を見定める。

指揮官はチェックポイントについて「練習も見られるのでね。間の取り方、振れるかどうか。あと自分の目安の一つとしては、インコースをさばけるかどうか。日本に来たら外国人は外角攻めが多く、そこを打てるかなんでしょうけど、そもそも内角を打てない人は内角を意識させられて、外角まで打てなくなる」と説明する。ポジションは外野で左右は問わない。
滞在は10日間程度の予定で、「これから1カ月くらいで決めないといけない。現地で良ければそのまま契約ということもあるかもしれない」と語った。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb59a8c424ccc73f993592e17f8f14f19b96a974

【中日・立浪監督が沖縄秋季キャンプ離脱 自ら新外国人を発掘するためドミニカ共和国へ出発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 20:30:03.63 ID:UiaWlyjC9
 プロ野球中日の元エースで野球解説者の小松辰雄氏(63)が2022年11月9日に公開された元広島の高橋慶彦氏(65)のユーチューブチャンネル「よしひこチャンネル」にゲスト出演し、中日・根尾昂投手(22)に言及した。

 今季外野手としてスタートを切った根尾は、シーズン序盤に「二刀流」として野手と投手を兼任。5月8日に行われたウエスタン・リーグ阪神戦の9回に5番手としてマウンドに上がりプロ初登板を果たすと、5月21日の広島戦では9点ビハインドで迎えた8回に登板し1軍デビューを飾った。

 球団はセ・パ交流戦が明けた6月下旬に根尾の守備位置登録を外野手から投手に変更。投手として本格的に始動した根尾は8月23日の巨人戦で自己最速タイの154キロを記録し、4番・中田翔(33)、5番・岡本和真(26)を連続三振に仕留めるなどポテンシャルの高さを見せた。今季は25試合に登板して防御率3.41、1ホールドに終わった。

 投手としての根尾について高橋氏が「野手投げになってない?」と切り出すと、小松氏は「ボールが野手のボール」と指摘し根尾の育成法に関して持論を展開した。小松氏は中日で1軍と2軍で投手コーチを務めた経験を持つ。

「やるなら1回ファームに落として。もう3年も4年もピッチャーをやっていないわけだからもう1回走って鍛え直してピッチングをやらさなあかんのですよ。球数を投げさせて。ピッチャーは下半身を使わないとダメじゃないですか。手投げになっているわけですよ。あれでもっと下(下半身)を使ってくるともっとピッチャーらしいボールになってくると思うんですけどね」

そして「今はスピードガンがあるから152キロ、153キロ出たといって『いいじゃないか』と言うんだけど違うと思う」との見解を示し、「今は見世物ですよ。あれじゃ根尾が可哀想だと思う。野手をずっとやっていていきなり『じゃあ今日からお前はピッチャーだ』。負け試合で投げさせてお客さんが喜ぶだけじゃないですか。それはおかしいと思うんですよ」と力説した。

 スポーツ紙などの報道によると、沖縄・北谷の秋季キャンプに参加している根尾は11月5日に初めてブルペンに入り、落合英二ヘッドコーチ兼投手コーチ(53)の指導のもと約80球を投げ込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9af59b30652dabf8c00fcd19b94785f0a36f0f05
J-CASTニュース

よしひこチャンネル動画
https://youtu.be/1zs8Kwh4S_o

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1667776786/302

【投手転向の根尾はかわいそう?元中日エース・小松辰雄が持論「今は見世物ですよ」「おかしいと思う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/04(金) 21:05:22.33 ID:QxsvxcA19
 中日のブライト健太外野手(23)が3日、立浪和義監督(53)考案の“スイング矯正グッズ”を腰に装着して打撃練習に取り組んだ。
バスマットを改造したもので、遠目からはバレリーナが身に着ける「チュチュ」のよう。肘が下がる悪癖を改善するための“翼”を手に入れたブライトが来季は大きく羽ばたく。

 ブライトが立浪監督から翼を授かった。フリー打撃をするためグラウンドに現れたブライトの腰には“羽根”が装着されていた。
外野の芝生でストレッチをする際に、敷物代わりに使用していたバスマットの真ん中の部分をくりぬいたものだ。遠目で見るとバレリーナが身に着ける「チュチュ」そのもの。もちろん白鳥の湖を踊るわけではない。指揮官自らが考案した打撃矯正グッズだ。

 「肘が下がってバットが体からすぐに離れてしまう。そうなるとすぐに手が伸びて、そのポイントでしか打てない。まずはそこを直さないと。その癖を修正するためのものです」と立浪監督。前日の練習を見ていてひらめいたという。肘が下がると、腰に付けたバスマットに当たってしまう。当たらないようにスムーズにスイングできれば、おのずと悪癖が直るという算段だ。
ブライトも「トップからスムーズにバットが出るようにやっています。慣れないのでまだ打ちづらいけど、すごくいい練習。違和感がなくなれば正しい軌道でバットが出ているということですからね」と意欲的に取り組んだ。

 ただ見た目のインパクトから、球場中の視線を集めながらの練習になった。
バレリーナにちなみ「ブラリーナ」とイジられることもあったが「全然気にしないです、いいじゃないですか『ブラリーナ』。自分は真剣にやっているのでね。一生あれならかなわないですけど、いち早く『ブラリーナ』を脱却できるように。それが今の目標です」と気合の入った表情を浮かべた。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/5da8bea2173584a2f8d2fe6d5c4da6f806792b55

https://static.chunichi.co.jp/image/article/size1/4/b/3/a/4b3a23d19420f7b80955129471773fe3_1.jpg
https://www.chunichi.co.jp/article/575978

【中日・ブライト健太、立浪監督考案の『ブラリーナ』トレーニングで打撃修正 見た目のインパクトは抜群】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/03(木) 07:29:28.92 ID:5WS+0gf+9
2022年11月3日 05時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/211688

 バンテリンドームナゴヤ(名古屋市東区)で開催されたプロ野球公式戦で使う試合球を持ち出した疑いがあるとして、愛知県警は2日、この試合で審判員だった50代男性の兵庫県の自宅を窃盗容疑で家宅捜索した。

 この試合球は、オークションサイトで出品されていたため、中日ドラゴンズ球団が7月に被害届を出した。県警は2日、男性を任意で事情聴取。経緯や関与した人物の有無などを調べる。

 関係者によると、男性は、6月にドームであった中日の公式戦を担当した審判員5人のうちの1人。試合球は、フリーマーケットアプリ「メルカリ」で、男性の家族名義のアカウントから出品されたとみられる。

 公式戦の試合球は通常、主催する球団がメーカーから購入する。中日の場合、ドームでの公式戦で使う試合球には日付や対戦カードの刻印をメーカーに依頼。刻印された試合球は1球ずつ専用のビニール袋で包装され、封をされた状態で球場に届き、試合前に審判員がすべて開封する。そのため、未開封の試合球に触れられる人は限られ、一般に出回ることはないという。

 ところが、6月にあった公式戦の未開封の試合球が、オークションサイト「ヤフオク!」に出品されており、中日の球団関係者が7月に見つけた。

 男性の家族名義のメルカリアカウントから試合球を購入した人が出品していたとみられる。

【試合球を盗んだ疑いで審判員宅を家宅捜索 メルカリに出品?中日球団が被害届】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/30(日) 14:32:02.07 ID:YdmLOMZL9
 中日を今季限りで退団する平田良介外野手が30日、YouTubeで“謝罪”した。
平田は、動画の冒頭で「このたびは記者会見で誤解を生むような発言をしてしまい、申し訳ございませんでした。僕が記者会見で皆様に伝えたかったことというのはですね、とにかく現役でやりたい。プロ野球選手としてまだまだやれる、プロ野球選手として活躍したかった」と吐露した。

 さらに、立浪監督とのやりとりも明かし「立浪監督から『引退をするかそれとも自由契約をするか選択をさせてやる』と言っていただいた。どうするかってのを家族や周りのみなさんと話して。僕の意見も、周りの皆さんもやれるところまでやればいいんじゃないかと。現役を続行したいと結果に至りました」と、決断の裏側を明かした。

 さらに平田は、改めて現役続行の意思を強く持ち「次のチームに呼んで頂くことがあれば後輩と一緒に練習したり、切磋琢磨(せっさたくま)したり。日本代表に選ばれたり、オールスターに選ばれたり、他球団の選手とも交流があります。色んな話も聞いた事あります。ベテランならではの経験を、後輩たちに伝えていけたらいいと思います。来年もプロ野球選手としてプレーできたときには、平田良介の活躍を持ってみなさまの応援の恩返しにしたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」と最後は一礼で締めた。

 平田は28日に自身のインスタグラムで、「ファンの皆様へ 平田良介より重要なお知らせ YouTubeにて10月30日日曜日 12時公開」と新たな情報を発信することを明かしていた。

 今月4日に球団から来季の契約を結ばないことを通達された平田は自由契約を選択。「声がかかるか分からないですけど、次に向けて準備したい」とトライアウトは受けず、NPBの他球団でプレーする意向を明かしていた。

 大阪桐蔭高で2度、甲子園に出場した平田は2005年の高校生ドラフト1巡目で中日に入団。2015年にベストナイン、2018年にゴールデン・グラブ賞を受賞した。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7451adecee42aaea143309e4d0c249ed25fc3d5

【中日退団の平田良介がYouTubeで“謝罪” 「記者会見で誤解を生むような発言」 改めて現役続行に意欲】の続きを読む

このページのトップヘ