SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中日ドラゴンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/13(木) 11:17:28.57 ID:CAP_USER9
リアルライブ 2022年10月11日 15時30分

 10日から二軍本拠地・ナゴヤ球場での秋季練習をスタートさせた中日。同日に伝えられた立浪和義監督のコメントがネット上で物議を醸している。

 報道によると、立浪監督は初日の練習を見守った後に取材に対応。その中で、秋季練習参加選手の一人であるプロ6年目・28歳の京田陽太について「(京田)本人に任せて練習することになりました」、「もう一回、一から吸収していくつもりでやっていこうと(話した)」と、本人と話し合った上で調整を一任することにしたと説明したという。

 京田はプロ1年目の2017年から正遊撃手として台頭したチームの主力だが、今季は「43試合・.172・3本・8打点」と大不振。5月には立浪監督が「戦う顔をしていない」と覇気のなさを問題視し、チームの雰囲気を引き締める意味合いも込めて二軍降格としたことも話題となった。

 >>中日・京田に「どういう神経してんだ」数々の問題行動から厳しい声も トレード説浮上でトレンド入り、ファンもアンチも多い?<<

 今回の立浪監督のコメントを受け、ネット上には心配の声と共に「それじゃ一体何のために秋季練習に連れてきたのか?」、「そんな雑な扱いするくらいならフェニックスリーグに行かせたらよかったのに」、「志願してたフェニックスに行けず、秋季練習でも放任って…もはや嫌がらせレベルだろ」といった批判も少なからず見られた。

 「球界では毎年10月に選手育成を目的とした教育リーグの一つであるフェニックス・リーグが宮崎で行われており、今年も10~31日の日程で開催。リーグの特性上、各球団は若手を中心に派遣チームを編成することが多いですが、シーズン終了後の貴重な実戦の場ということで志願参加する中堅・ベテランも少なくなく、京田も参加志望を明かしたことが9月末に伝えられていました。その希望をかなえず秋季練習への参加とした上、調整も自分任せとした立浪監督に不満を抱いているファンは少なくないようです。立浪監督としては今の京田に必要なのは実戦感覚ではなく、打撃を自分自身で一から見つめ直す時間と判断したのでしょうが…」(野球ライター)

 今月末までの予定となっている中日の秋季練習。京田を“ほったらかし”にするという立浪監督の判断は果たして吉と出るのだろうか。

文 / 柴田雅人

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/topics.smt.docomo.ne.jp/amp/article/npn/sports/npn-200024651%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

【中日・立浪監督、京田の処遇に批判「嫌がらせだ」 実戦参加希望も無視? 秋季練習後コメントが物議】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/12(水) 23:32:23.31 ID:CAP_USER9
 中日・立浪和義監督(53)が来季のキャプテン制を廃止する可能性があることを言及した。

 ナゴヤ球場で行われている秋季練習後、指揮官は「キャプテン制はちょっとどうしようかなと思っている」とポツリ。

 就任1年目となった今季は、野手は大島洋平外野手(36)、投手は大野雄大投手(34)を指名し、キャプテン2人制を敷いてきた。しかし「キャプテンをつけることで自覚を持ってもらうということがあるかと思うが、ウチのチームはあまりキャプテンシーを取れる選手が少ないので、負担になってもいけないので」と明かした。

 その上で、指揮官は「これから考えます」と結論をどうするか頭を悩ませていた。
東スポWeb

https://news.yahoo.co.jp/articles/e96eb8317952d976e293c9a8c8c7d356d2289c63

【「負担になってもいけないので」中日・立浪監督、来季キャプテン制の廃止も検討】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/13(木) 18:20:09.35 ID:CAP_USER9
 中日は13日、アリエル・マルティネス捕手(26)と来季の契約を結ばないと発表した。

 キューバ出身で5年目のA・マルティネスは育成契約で2018年に来日し、20年に支配下登録された。今季は外野にも本格的に挑戦し、不振のビシエドに代わって4番を務めるなど自己最多の82試合に出場し、打率2割7分6厘、8本塁打、24打点の成績を残した。

 通算成績は169試合で打率2割7分4厘、12本塁打、44打点と持ち前のパワーで存在感を発揮したが、故障が多いこともあり、球団や立浪監督は今回の判断を下した。

 A・マルティネスは球団を通じて「5年間ドラゴンズで野球ができて、とても感謝しています。当面はキューバ代表のキャッチャーとしてWBCでチームに貢献できるよう、しっかり準備をしていきます。チャンスがもらえるなら、また日本で野球がしたいです」とコメントした。
東スポWeb

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ed40e9a8d882f834953e74d3bb17fd8484b5fc7

【中日、A・マルティネスと来季契約せず「チャンスがもらえるなら、また日本で野球がしたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/13(木) 17:40:07.28 ID:CAP_USER9
 中日は13日、OBの和田一浩氏(50)と来季打撃コーチとして契約を結ぶことになったと発表した。

 7年ぶりの古巣復帰となる和田氏は名古屋市内の球団事務所で取材に応じ「立浪監督から“来年から手伝ってほしい”と連絡があった。非常にお世話になっているので、恩返しをする機会をいただいた。どうにかして恩返ししたい」と意欲を見せた。

 ナゴヤ球場で秋季練習を指揮する立浪監督は「新しいアイデアや教え方があると思う。根気よくやらせるというところも含めて非常に期待している」と話した。11月の沖縄秋季キャンプからチームに合流する見込みだ。

 今季はチーム本塁打62本、得点414点がともに12球団最少にとどまるなど、打線の低迷が響き、最下位に沈んだ。打線復活と長距離砲の育成へ和田氏の手腕に期待がかかる。

 また、波留敏夫打撃コーチ(52)、小笠原孝2軍投手コーチ(45)、英智(蔵本英智)育成野手コーチ(46)の退任も合わせて発表した。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0688d5db9fec7cb4c0cbd8817967d8de8536a05

【和田一浩氏が中日の打撃コーチに内定「立浪監督に恩返しを」 波留打撃コーチらの退任も発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/12(水) 00:12:53.28 ID:CAP_USER9
 中日・立浪和義監督は11日、20日のドラフト会議へ向け、1位指名選手を事前に公表する予定はないと明かした。

 ナゴヤ球場で秋季練習を行った指揮官は、巨人を筆頭にソフトバンク、日本ハム、西武が続々と1位を公表する中、「早めに言えば単独で取れそうな感じで公表してるのかなと思う。ここ数日で決めないといけないが、今年は公表はしません。状況を見ながらですが、その予定はないです」と明かした。

 今月6日に行われたスカウト会議では、1位候補を10人程度に絞ったことを明かした。苫小牧中央・斉藤優汰投手、誉高のイヒネ・イツア内野手、白鴎大・曽谷龍平投手、中央大・森下翔太外野手、東芝・吉村貢司郎投手らの名前が挙がり「今年は絶対的な1位候補が少ないと聞いている。今のドラゴンズにとってドラフトは大事。足りない部分を補い、将来性も考えないといけない」と話していた。

 また、ドラフトの注目選手の一人にあげていた明治大・村松開人内野手を視察する予定があることも明かした。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/37cf59e35c9928862299e56cb9add8f81f9bf558

【ドラフト初参戦の中日・立浪和義監督 1位指名の事前公表予定なし「今年は公表しません」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/11(火) 22:15:54.75 ID:CAP_USER9
 中日・立浪和義監督(53)が11日、名古屋市内の中日新聞本社を訪れて大島宇一郎オーナー(58)にシーズン終了の報告を行い、巻き返しへの決意を明かした。

 就任1年目の今季は66勝75敗2分けで6年ぶりの最下位に沈み、会見で「今年、最下位で期待を裏切ってしまった反省をさせていただいた」と説明。大島オーナーからは「いろいろ苦労したね」というねぎらいの言葉もあったが「まだまだ新しい戦力をつくって、育てていかないと。まだまだ足りない」との叱咤もあったという。

 今季は2年連続で12球団ワーストとなる62本塁打、414得点と深刻な貧打解消に向け、今オフに自ら海を渡る覚悟だ。「外国人はもちろんこれから探しに行くし、それはオーナーの了承もいただいている。あとは良い選手を連れて来られるかどうか。来年のドラゴンズにとって、そこが一番ではないが大きなポイント。これからしっかり探していきたい」ときっぱり。

 具体的には「ドミニカへ見に行くという考えはある。今、いろんな映像を見ていて、良いなと思う選手はいっぱいいるが、セールスビデオだけではなかなか分からない。実際に球場で練習からやっている雰囲気とかから見たい」とドミニカ共和国などのウインターリーグを直接視察する意向を示した。

 その上で、指揮官は「今年はある程度、若い選手を使ってみたが、力のある選手、勝ちにつながる選手を来年は使っていく。ある程度、白紙でフラットな状態でスタートしたい。来年はしっかり勝ちに行きます」と力強く宣言。そのためにも新外国人の長距離砲を発掘できるかがカギになりそうだ。
東スポWeb

https://news.yahoo.co.jp/articles/5253cf3dfcdda843d7699d39122f69cde642c5cc

【中日・立浪監督 自らドミニカ視察で新外国人発掘へ「映像ではなかなか分からない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 11:27:50.76 ID:CAP_USER9
 中日・上田洸太朗投手が10日、ナゴヤ球場でこの日から始まった秋季練習に姿を見せた。上田は、9月29日にチームの規律に違反したため謹慎処分と発表されていた。

 高卒2年目左腕は、享栄高から20年の育成ドラフト2位で入団。今年5月に支配下契約を結んでいた。
今季は先発として8試合に登板し1勝5敗、防御率2・83。9月8日の広島戦(バンテリンD)でプロ初勝利を挙げていた。

 福留の引退試合となった同23日の巨人戦(同)でも先発し、4回途中3失点(自責2)で降板。同24日に出場選手登録を抹消されていた。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc827c39733f02ff2a20fd1d29c65d2b9030d078

【「チームの規律違反」で謹慎していた中日・上田洸太朗投手が秋季練習に復帰】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/06(木) 19:53:43.12 ID:CAP_USER9
「ドラゴンズが好きでドラゴンズで引退したいと今でも思っているが、まだ体も動く。今、辞める時ではないと思った。(球団に)盛大なセレモニーはできないと言われたことも『最後の理由』になったかなと思います」

 10月4日、涙ながらに退団会見に臨んだのは中日ドラゴンズの平田良介外野手だ。
平田選手は、2005年、大阪桐蔭高校からドラフト1位で中日入り。以降は主軸打者として活躍してきた。

「この2年はスタメンを外れることが多く、9月17日のヤクルト戦後、立浪監督から戦力外通告を受けていました。とはいえ、通算1046安打、105本塁打は、“功労者”と言ってもさしつかえない成績です」(スポーツ紙記者)

 そんな平田に球団側は、任意引退を選んだ場合の引退セレモニーとして「1打席だけ試合に出る、ファンへの挨拶をし、家族から花束をもらってグラウンドを1周する」という“演出”を提案したが、平田は「少し考えさせてください」と返事を保留。翌々日に、平田が球団に伝えた答えは「自由契約となっても現役を続行する」というものだった。
球団側が提示した引退セレモニーの何が不満だったのか。冒頭の退団会見で平田は「最後の理由」の詳細を明かした。

「引退する時は、(記念の)Tシャツやタオルがあったり、映像が流れて僕がマウンド付近まで行って。それが自分の中での最後かなと思っていたが(球団から)『セレモニーはするけど、盛大には出来ないよ』と言われた。セレモニーでお話しさせていただける予定だったが、思い出に残るものと形に残る物、両方欲しかった。そうじゃないのであれば、自分の終わり方としては中途半端だった」
と語った。こうした一連のやり取りが報道されるや、ドラゴンズファンはすぐさま呼応。

《盛大なセレモニーは出来ないって冷たいなぁ》
《自分がこんなこと言われたらどんな気持ちになるか考えんのか?》
《そんな理由でチームの功労者を追い出すのはあんまりだよ》
《ドラゴンズは応援したいけど、中日(球団)は応援できない》

 などと批判の声が噴出した。世論が味方する平田に対し、疑義を呈するのは、中日OBの平野謙氏だ。
「セレモニーの内容に引っかかること自体が、僕にとっては不思議で仕方ない。そんなことは野球を続けることと、全然関係ないからね。純粋にまだ野球がやりたいというのであれば、別にドラゴンズで花道つくってもらう必要もないじゃない。球団から、言葉では伝えられないようなニュアンスがあったのか」
18年間の現役生活で、中日、西武、ロッテの3球団を渡り歩き、2012年~2013年のあいだは、中日でコーチを務め平田を指導した経験もある。しかし、2度の球団移籍時はおろか、ロッテで現役を引退するときですら「何もしなかった」という。
「そういうセレモニーをやってもらいたい人もいるだろうけど、俺はまったくこだわりがないから(笑)。やったことといえば、テレホンカードを自分で発注して、お世話になった人たちに配ったぐらい。ファンに対するお別れの場や挨拶は何もなし。ロッテの終盤は2軍にいたから『最後のゲーム、1軍上がるか』と聞かれたけど、そんなのやる必要ないよと言いました。
まして俺の場合は、ロッテでそんなに働いてない自覚もあったから、もし何かやってもらっても球団の人に悪いなと思ったんだよ。家族がご苦労様と言ってくれれば、俺はそれでよかったからさ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d57405451e49645d759d0da609432fdf24241cf
10/6(木) SmartFLASH
続き>>2

【平田良介「引退セレモニーに不満」発言にドラゴンズOB平野謙氏が喝「中日は冷たくない」】の続きを読む

このページのトップヘ