SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

阪神タイガース

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/05(土) 00:07:14.78 ID:CAP_USER9
阪神藤浪晋太郎リリーフで1回0封「与えられた仕事なので、そこで結果を」


<日本生命セ・パ交流戦:阪神6-1ソフトバンク>◇4日◇甲子園


阪神藤浪晋太郎投手(27)が中継ぎで甲子園に帰ってきた。
6-1の9回。黄色いリリーフカーからタテジマの長い足が見え、197センチの長身がグラウンドに降り立った瞬間、甲子園の7041人がどよめいた。


「セーブ、ホールドシチュエーションでもなかったですし、わりと歓声を聞く余裕はありました。勇気づけられました」


拍手に背中を押されてマウンドへ。
ノーワインドアップから初球155キロを代打長谷川に捉えられ右前打とされたが、三森には150キロの落ちる球も交ぜながら5球目の外角直球で空振り三振。

今宮を遊ゴロ、最後は8回にソロを放っていた栗原を156キロ直球で中飛に仕留めて「0」で締めた。
リリーフ藤浪としては初めて試合終了の瞬間をマウンドで迎え、駆け寄ってきた梅野らナインと笑顔でグータッチした。


この日にセットアッパー岩崎の出場選手登録抹消が決まり、2軍遠征先の名古屋から急きょ1軍に合流。
42日ぶりの昇格で1回1安打無失点だった藤浪に対して、矢野監督は「岩崎も抹消したし、どういうパターンを組めるかなというところで上げてみた。しっかりした晋太郎らしいボールを投げていた」と評価。
今後も当面はブルペン陣に組み込む考えを示した。


昨年も9月終盤から中継ぎに回り、球団最速の162キロをマーク。
13試合で7ホールドを挙げ、防御率2・53だった。

今回の2軍調整中も4試合連続で先発していたが、岩崎に加え、投手主将の岩貞らに疲れが見える中、経験ある藤浪がブルペンに加わることは大きい。

「もちろん先発をやりたい気持ちは持ちつつですけど、現状与えられた仕事なので、しっかりとそこで結果を出したい」

役割は分かっている。開幕投手として今季の快進撃をスタートさせた藤浪が、優勝への切り札としてチームを支えていく。


▼藤浪が9回に登板し1イニング無失点。救援登板はプロ15試合目だが、過去14試合はすべて中継ぎだったため、プロ初の「完了」を記録した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/97e0f139fc1a7a9a6e4ebd4d4af22635177bb212

【阪神・藤浪晋太郎、リリーフで9回に登板し0封  矢野監督「晋太郎らしいボールを投げていた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/03(木) 18:35:13.47 ID:CAP_USER9
<日本生命セ・パ交流戦:阪神-オリックス>◇3日◇甲子園

阪神ドラフト1位佐藤輝明内野手(22)が、2回裏にオリックス山崎福から14号ソロを放った。甲子園での本塁打は5月2日広島戦での8号ソロ以来、約1カ月ぶり。オリックスとの関西ダービー3戦目でようやく1発が飛び出した。

これで交流戦4本目のアーチ。10年に巨人長野が記録した交流戦新人最多本塁打に並んだ。当時は24試合制だったが、現行は18試合。怪物ルーキーには試合数の減少も関係なく、記録更新に期待がかかる。

前日2日はオリックス先発左腕宮城には2打席凡退したが、その後2安打を放ち今季15度目のマルチ安打を放っていた。元阪神レジェンド左腕の能見からも高めフォークを右前へ運んだ。

また14本は阪神の球団新人本塁打記録でも、48年別当の13本を抜き単独3位に浮上。2位は80年岡田の18本、1位は69年田淵の22本。球界の大卒新人では、01年に13本を放った巨人阿部を抜いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29f30adb666c461519fb395be925afbb0375ff19
6/3(木) 18:26配信



https://www.youtube.com/watch?v=ubql0j4f4Yo
6月3日 [阪神タイガース] 佐藤 輝明 ホームラン 14号 (2回表ソロ) vs オリックス|プロ野球 NPB 2021

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021060305.html
試合スコア

【阪神・佐藤輝明 風を味方に付けた14号ソロ! 長野の交流戦新人最多本塁打に並ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/31(月) 07:58:20.22 ID:CAP_USER9
 開幕からセ・リーグで順調に首位を走る阪神。大物ルーキーの佐藤輝明に注目が集まっているが、ここまでチームを牽引しているのは、投手ではガンケルとスアレス、野手ではサンズ、マルテの外国人選手であることは間違いないだろう。この外国人獲得の成功率の高さは、実は阪神の“大きな強み”と言える部分である。

8回のタイトル獲得
 2010年以降に阪神に在籍してタイトルを獲得した選手を調べてみたところ、以下のようになった。

<投手5人、タイトル獲得回数8回>
メッセンジャー(2010年~2019年)
最多勝1回(2014年)、最多奪三振2回(2013年、2014年)

呉昇桓(2014年~2015年)
最多セーブ2回(2014年、2015年)

マテオ(2016年~2018年)
最優秀中継ぎ投手1回(2017年)

ドリス(2016年~2019年)
最多セーブ1回(2017年)

スアレス(2020年~)
最多セーブ1回(2020年)

<野手2人、タイトル獲得回数5回>

マートン(2010年~2015年)
首位打者1回(2014年)、最多安打3回(2010年、2011年、2013年)

ゴメス(2014年~2016年)
打点王1回(2014年)

 阪神は、投手と野手をあわせて7人で、8回のタイトル獲得回数を誇っている。ちなみに、10年以降で、7人のタイトルホルダーというのは、12球団で最多の数字である。また、タイトル獲得には至らなかったものの、投手ではスタンリッジ、ジョンソン、野手では、ブラゼルが好成績を残しており、冒頭でも触れたように、今年在籍している選手の活躍も見事という他ない。

75試合で8本塁打
 ただ、驚くほど阪神が外国人選手の獲得が上手いというイメージは定着していない。その1つ目の理由は成功した選手が投手に偏っているということが考えられるだろう。

 さらに、投手でタイトルを獲得した5人のうち4人がリリーフ投手であり、長くローテーションを守ったのはメッセンジャーだけである。外国人のリリーフ投手といえば、03年と05年にリーグ優勝を果たした時も、ウィリアムスが勝利の方程式“JFK”の一角としてフル回転している。ただ、やはり先発投手や野手と比べると、どうしても地味なイメージというのは致し方ないところだろう。

 もうひとつは、高い期待を背負って来日した選手が、失敗に終わったケースが目立っているという点だ。古くはチームの暗黒時代だった1997年に来日したグリーンウェルを思い出すファンも多いだろう。メジャー通算1400安打、130本塁打の実績を誇り、当時の球団史上最高額となる高年俸で入団したものの、自打球での骨折をきっかけに突如引退を表明。日本での出場はわずか9試合に終わった。

 近年の代表例は2018年に入団したロサリオだ。メジャーや韓国で安定した数字を残し、来日当時29歳という若さもあって推定年俸3億4000万円という高額での契約だったが、結局75試合の出場で8本塁打という寂しい数字に終わり、わずか1年で退団している。他にもディアー、メンチなど結果を残せなかった大物選手が目立つ。高額な年俸で期待も大きかったがゆえに、それを裏切られた時のショックも大きかったと言えそうだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5518fb482ba9d1e2ac4586fb74a222a15f37f0d
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210530-00738024-shincho-000-1-view.jpg

【「バースの再来」はいなくても… 実は阪神の外国人成功率、12球団トップだった】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/01(火) 08:42:34.33 ID:CAP_USER9
猛虎が快進撃を続けている。16年ぶりのリーグ優勝に向けて、首位を快走する阪神タイガース。その好循環には目を見張るものがある。果たして、歓喜の秋は訪れるのだろうか。「スポーツニッポン(スポニチ)」で11年阪神担当記者を務める遠藤礼氏が見る、快進撃の理由と課題とは――。

16年ぶりの優勝に現実味? 快進撃の2つの理由
“春の珍事”では到底、終わりそうにない。阪神タイガースは5月終了時点で31勝15敗、勝ち越し16をつくり2位・読売ジャイアンツに4.5ゲーム差をつけセ・リーグ首位を快走している。誰もが早々に「新人」から「主力」へと見方を変えたドラフト1位・佐藤輝明の驚異的なパフォーマンス、得点源となっているジェリー・サンズ、ジェフリー・マルテの活躍など立役者を挙げればキリがない。チームのどこを切り取っても「かみ合っている」状態だ。ベンチワークでも代打、代走など矢野燿大監督のタクトがさえ渡り、終盤で逆転に成功した試合もあった。

ただ、1年間その勢いが続くことは、なかなか考えにくい。好事魔多し。3月からハイペースで白星を量産していくチームを番記者で取材する立場から見てきて、流れが変わってしまうとしたら選手の故障だと見ていた。特に毎日ラインナップに名を連ねる選手、ローテーション投手など「コア」を欠けばカバーするのはなかなか難しい。大きな歯車を失えば、さまざまな部分にほころびが出てくるのは容易に想像ができる。

快進撃の理由その1:失った「勢い」をカバーする新たな「勢い」
最初の試練は「4番」の離脱だった。開幕からその座に座っていた大山悠輔が、背中の張りで5月6日に出場選手登録を抹消。軽症とはいえ、すでに24打点をマークし、クラッチヒッターとして貢献してきた男を欠くことになった。

踏ん張りどころを迎えた中、代役を託されたのは佐藤だった。大山が積極的休養で欠場した同2日の広島東洋カープ戦では初めて4番に座り、5回に逆転のグランドスラムという離れ業。その際「体験入部というか、体験させてみよう」と意図を明かしていた矢野監督は、ここでも背番号8を指名した。交流戦開幕まで10試合連続で4番に座り、打率.270、1本塁打、7打点。気負いや重圧もあったはずだが、極端に数字を落とすことなく、役割を全うした。

下肢のコンディション不良で糸原健斗が再調整になると、今度は佐藤と同期入団の中野拓夢が2番に入り、ここまで8試合で打率.281、4打点と不動の2番が抜けた穴を感じさせない躍動を見せている。福留孝介、能見篤史、藤川球児と長年チームを支えてきた選手が抜け、若返ったチームにおいて苦境を迎えた際にベテランの積み上げてきた経験で克服することはできなくなった。それでも、今のタイガースには失った「勢い」を新たな「勢い」でカバーする好循環が至るところで生まれている。

快進撃の理由その2:矢野監督の掲げるテーマ「育てながら勝つ」
そして矢野監督は、若手主体の選手構成の中で「育てながら勝つ」という相反するテーマを1軍という現場で実行している。象徴的だったのは、甲子園球場で行われた5月19日の東京ヤクルトスワローズ戦。先発マウンドには高卒2年目の西純矢が上がっていた。初回は制球が定まらずピンチを招いたものの、2回以降は立て直して5回まで無失点。しかも、1本の安打も許さなかった。打線は援護できず、その時点でスコアレス。5回裏の攻撃でその西に打席が回ってきた。

打席に立たせれば続投だったが、指揮官は代打を送った。無安打投球で“親心”を見せれば白星をつけるための続投も考えられた一方、プロ初登板で球数はすでに87球。6回表は3巡目となる1番からの攻撃だった。勝つための冷静な判断。結果、5回1死で近本光司がソロを放ち、西はプロ初勝利を手にした。1軍公式戦の舞台で次代のエース候補に貴重な経験を積ませ、なおかつチームは3-1のスコアで逃げ切り。将来、西が積み上げるであろう幾多の白星にもつながる試合になったはずだ。

その後も、ドラフト5位の村上頌樹が30日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初登板初先発を果たし、その試合に2番手で登板した高卒2年目・及川雅貴がプロ初勝利。3年後、5年後も見据えるようなプロスペクトの起用で、しっかりと種をまいている。

今後に向けた不安要素は…不在の“あのポジション”

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/cca9bfc2651a5e8d69341b5648ffa4ac9403d009
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210531-00010001-realspo-000-6-view.jpg

【キャリア11年の阪神担当記者が見る、阪神快進撃の理由と課題】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 22:32:00.38 ID:CAP_USER9
◇セ・リーグ 阪神10ー7西武(2021年5月28日 メットライフD)

 メットライフドームが興奮の渦に吸い込まれた。阪神は9回に追いつき、なおも2死一、二塁からドラフト1位・佐藤輝が右中間へ勝ち越しの3ランを放った。

 この日は第1打席にバックスクリーンへ11号ソロを放つと、6回の第3打席には左中間へ12号ソロ本塁打。そして一打出れば、勝ち越しの9回に3ランを放ち、1試合3発。圧巻のパワーを見せつけた。

 阪神新人のマルチ本塁打は14年7月1日ヤクルト戦の梅野以来6年ぶり7人目(8度目)だが、3本は球団史上初。2リーグ制以降50年保井浩一(東急)、58年長嶋茂雄(巨)に続く63年ぶり3人目の快挙だ。13本塁打でセ・リーグ新人では01年阿部慎之助(巨)らに並ぶ歴代20位。現在のシーズン40本塁打ペースは長嶋の29本を超え、59年桑田武(大洋)と86年清原和博(西)の31本塁打も上回る、プロ野球新人最多記録ペースだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2eb4ca6537375b3cd8cc8ce0656734c0f5a27951
5/28(金) 22:10配信

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210528-00000267-spnannex-000-2-view.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=VMQVQKeVpO8
5月28日【阪神】佐藤輝 ホームラン 13号(9回3ラン ギャレット)プロ野球2021 セ・パ交流戦

https://www.youtube.com/watch?v=YPEjmh7dPR0
【2打席連続】阪神 佐藤輝明 12号 ソロホームラン 2021/05/28

https://www.youtube.com/watch?v=o4bQOXmbqkw
阪神 佐藤輝明 11号 先制 ソロホームラン 2021/05/28

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021052803.html
試合スコア

【驚愕の1試合3ホーマー!! 阪神ドラ1佐藤輝 長嶋茂雄以来、史上3人目の新人記録 左打者では史上初! 46試合.276 13本 38打点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/22(土) 12:23:17.02 ID:CAP_USER9
 その活躍ぶりは新人の枠を超えている。阪神の4番で威風堂々、貫禄を漂わせているのがドラフト1位ルーキー・佐藤輝明だ。打率.265、10本塁打、32打点。7日のDeNA戦(横浜)でドラフト制以降の新人最速の33試合目で10号ソロを放った。フルスイングで規格外の飛距離の打球を放ち、実戦を重ねることでミート能力も上がっている。5月は月間打率.306、3本塁打、13打点。主軸として外せない存在だ。

他球団のスコアラーの評価も高い。

「大卒1年目の時の柳田悠岐(ソフトバンク)と比べると佐藤の方が上です。プロの投手はアマチュアに比べて直球、変化球の質がグッと上がるため対応に苦労するのですが、佐藤はフルスイングした上でコンタクト率も高い。内角高めの直球、ストライクからボールになる変化球に苦労していましたが早くも見極められるようになっている。本拠地が広い甲子園はライトからレフトに浜風が吹く。引っ張った打球が押し戻される左打者は不利ですが、佐藤は甲子園で16試合出場して4本塁打をマークし、3本は右翼席に運んでいます。長距離砲としての資質は松井秀喜(元巨人)にひけを取らないと思います」

 ドラフト1位指名で4球団が競合した逸材だが、阪神入団で懸案材料が守備位置だった。本職は三塁だが、不動の4番・大山悠輔がいるため、不慣れな外野で起用されていた。だが、大山が今月6日に背中の張りで抹消されると、佐藤が7日のDeNA戦(横浜)から4番に。守備位置も右翼から三塁に変わった。すると、慣れ親しんだ三塁の守備で好守を連発。打球に対応する一歩目が速く、俊敏な動きで球際に強い。送球も安定していることから評価を高めた。

「大山も決して下手ではないですが、三塁の守備だけを考えると佐藤の方が上だと思います。躍動感があって楽しそうにプレーしているのが打撃にも好影響をもたらしている。大山が戦列に復帰した時に佐藤を右翼に戻すか、三塁で使い続けて大山を一塁に回すか、矢野監督も悩むと思います」(スポーツ紙デスク)

「6番・右翼」でスタメン起用された時の成績は30試合出場で打率.259、8本塁打、20打点に対し、「4番・三塁」で出場した時は11試合出場で打率.286、2本塁打、12打点。出塁率.348、長打率.548とこちらの数字も上回っている。

 SNS、ネット上では、「外国人選手の人事にもよるけど、4番サード佐藤、5番ファースト大山とかは全然アリ。外国人枠を中継ぎの補強に回せる。もちろんファーストの外国人を雇って待機させる保険も必要だが、主要ポジションを日本人で賄えるチームは強い」、「佐藤は『4番・サード』で掛布雅之さんみたいなスタープレーヤーになってほしい。大山が戻ってきても外野に戻さないで欲しい」という意見が。一方で、「打撃好調のマルテが一塁にいるので、大山が復帰したら三塁、佐藤が右翼に戻るのが一番しっくりくると思う。大山にも意地があるでしょう。佐藤の活躍は良い刺激になるし、ハイレベルなポジション争いは大歓迎だね」とチーム編成の観点から大山の三塁起用を望む声も少なくない。

 開幕から首位を快走する阪神だが、大山に続いて糸原健斗も下肢のコンディショニング不良で19日に登録抹消された。主力の相次ぐ故障は痛手だが、選手層が厚い現在は大きな戦力ダウンにならないのが強みだ。その中心にいるのが「4番・三塁」の佐藤。ホットコーナーで躍動する姿から目が離せない。(梅宮昌宗)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e66634c6bede857a87c0458becca62222428de27
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210521-00000014-sasahi-000-1-view.jpg

【大山復帰後も阪神・佐藤輝明に「『4番・サード』で掛布みたいなスターになってほしい」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/20(木) 18:26:56.22 ID:CAP_USER9
2021年05月20日 15:51野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/20/kiji/20210520s00001173332000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/20/jpeg/20210520s00001173334000p_view.jpg

 20日の阪神―ヤクルト10回戦(甲子園)は15時50分に天候不良での中止が決まった。先発予定だった青柳は、自身今季3度目となる中止となり、実にキャリア11度目。今季、甲子園での登板予定は3度とも流れてしまっている。

 スポニチ調べでは予告先発が始まった12年以降、阪神で天候を理由にした中止は75試合あり、右腕はついにメッセンジャーに並び球団トップに立った。19年まで10年間在籍し長年エースとして君臨した助っ人右腕に比べ、6年目の右腕は驚異的ペースと言える。前回14日の巨人戦から中5日で起用されるはずだった一戦も“雨柳さん”発動となってしまった。

【今季3度目の“雨柳さん”。阪神・青柳が通算11度目の雨天中止でついに球団歴代トップに並ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/19(水) 20:25:53.53 ID:CAP_USER9
(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、9回戦、19日、甲子園)阪神・西純矢投手(19)がプロ初登板初先発し、5回無安打無失点と粘りの投球を披露した。

「初回は緊張もあって力んでしまいましたが、回を追うごとにリラックスして投げることができましたし、特に途中からカーブが決まりだしてからは自分の投球をすることができたと思います」

 一回は1番・山崎から連続四球を与え、制球に苦しむ立ち上がりとなった。だが、3番・山田を二飛、続く村上を中飛に抑え、オスナは粘られながらフルカウントからの8球目、145キロ直球を外角低めいっぱいに決めて見逃し三振。渾身の一球が決まると、グラブをたたきながら雄たけびをあげた。

 ここを乗り越えて勢いに乗った。前日18日に15安打14得点と大暴れした燕打線にも直球主体の投球で立ち向かい、二回は先頭・青木に四球を与えるも、サンタナのバットをへし折って二ゴロ併殺。三回以降もリズムよく、無安打で5回を投げ抜いた。

 5回で4四球を与え、要した球数は87球。五回の攻撃で代打が送られた際は続投を期待するスタンドからため息も漏れた。だが、この回に近本が右翼へ先制ソロを放ち、勝ち投手の権利をゲット。「野手の方々にすごく助けていただきましたし、打ってくれた近本さんに感謝です」と喜んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1933e7e60755c8f33e12339c500fcf932022d565
5/19(水) 20:10配信


https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210519-00000597-sanspo-000-1-view.jpg
https://www.sanspo.com/baseball/images/20210519/tig21051920090009-l2.jpg
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210519-35190936-nksports-000-1-view.jpg
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210519-00000130-dal-000-14-view.jpg
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2018/08/c215d94eae0ea7b5897b9cbd196362e4-300x300.jpg
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/15/jpeg/20180815s00001002111000p_view.jpg
https://www.sanspo.com/baseball/images/20190112/tig19011205020004-p1.jpg

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/cl2021051903.html
試合スコア

西 純矢 (ニシ ジュンヤ)
15

投手

生年月日(満年齢)
2001年9月13日(19歳)
出身地
広島
身長
184cm
体重
86kg
血液型
O
投打
右投げ右打ち
ドラフト年(順位)
2019年(1位)
プロ通算年
2年
経歴
創志学園高(甲)-阪神

【阪神・西純 プロ初先発は5回無安打無失点の粘投を披露 「途中からは自分の投球をすることができた」】の続きを読む

このページのトップヘ