SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

阪神タイガース

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/14(木) 21:02:58.70 ID:CAP_USER9
<巨人-阪神>◇14日◇東京ドーム

阪神の佐藤輝明内野手(22)が、0-0の8回1死に代打で登場し、空振り三振に倒れた。

これで14年にゴメスが記録した球団歴代最多の166三振に並んだ。

2試合連続でベンチスタート。7回1安打無失点と好投した先発高橋の代わって代打で出場したが、快音は響かなかった。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/915d0d232d9303bd440acaa4faed40f3906c171f

【阪神・佐藤輝明、14年ゴメスに並んだ。球団最多タイ166三振】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/11(月) 22:09:13.43 ID:CAP_USER9
10/11(月) 21:01配信
スポニチアネックス

阪神・矢野燿大監督

 阪神は21年ドラフト会議で8名(うち育成枠1名)を指名した。DeNAと競合した小園健太投手(市和歌山)こそクジで逃したものの、素材では互角の森木大智投手(高知)を1位で指名。2位で鈴木勇斗(創価大)、3位で桐敷拓馬(新潟医療福祉大)と即戦力の大学生左腕の交渉権を獲得した。投手5名、捕手1名、外野手2名とバランスよく補強した今回の成果を矢野燿大監督が満足顔で振り返った。

 ードラフトを総括して。

 「いいドラフトができたなと思っている」

 ー森木が残っていた。

 「1回目の入札で確実に名前が挙がっていると思っていたからね。小園くんを引き当てるというか、それができれば良かったんだけど。でも、結果的に小園くんに近い評価をしていた森木くんを獲れたというのは、本当にラッキーやったなと。ドラフトは本当に縁なんでね。森木くんとは縁があったんだなというふうに思う」

 ー2位で鈴木くんも残っていた。

 「左はうちの補強ポイントになっていたからね。その左の中で誰をいくかという中で、巨人が行った山田くんとかね。うちもいい評価をしていたんだけどね。でも、縁のことなんでね。現状の、左の中の大学社会人で一番いいというのが、その順位の鈴木だったんでね。それを獲れたというのが。逆に言うと、3位の桐敷も残っていると思っていなかったから。だからその、どこも多分左(投手)が欲しいから。獲られちゃうだろうなと思って。だから2、3(位は)ホントに…。岡留も(5位で残っていて)びっくりしているんだけど」

 ー映像なども見てきた中で、森木はひと言でいうとどんな投手で、どんな投手になってもらいたいか。

 「強いっていうか、何かそういうものは感じるよね。体の強さとか、球の強さとかさ、気持ちも含めて、何か芯の強いピッチャーというか。もちろん球界を代表するような能力というのは持っているピッチャーだと思うし、何か『森木に任せていたら安心やな』っていうような、そんな強さを持ったような。『困ったときには森木に任せる』というような。安心感とかそういう強さとか、そういうものを持たせるようなピッチャーになってもらえたらなと思うけど。もちろん、それになれる素材だと評価しているけどね」

 ー2位の鈴木は即戦力の左投手として。

 「そうやね、ピッチング自体も緩急も、結構カーブ系も使えるピッチャーで。体の大きさ的にはそんなに大きくはないんだけど、真っすぐの切れとか質もしっかりあるピッチャーなんで。ピッチング自体をしっかりできる能力は高いのかな、と。(3位の)桐敷に関しては三振が結構取れるイメージというか。真っすぐの強さと、ちょっと落ちる系かな、そういうのが結構良いようなイメージがあるんで。そういうところで、うちのピッチャー陣に入って行っても勝負できるような。もちろん覚える部分はまだあるとは思うけど。そうやね、そういう三振を取れるピッチャーというイメージ」

 ーD4位・前川はパンチ力。

 「前川もすごい欲しくて。『もしかして残っていないかな〜』と思いながら。でも、やっぱりあれだけ強く振れるっていうことと。“割れ”っていうのかな、それがあんなけしっかり割れて左ピッチャーも気にしないで振れるっていうのは、金属から切り替わってもいけるんじゃないかなと思うし、やっぱりあれだけ振れるというのは、ムチャ振りじゃないんだけど、コンパクトというか大きく振ってないんだよね。でも力強い。ゲームでそういうバッティングって必要だから。そういうところで将来中心を打ってくれるような。勝手な印象やけど、根性ありそうで。そこも含めて雰囲気がすごくあるなと言う印象だよね」

 ―岡留は変則。

 「変則やけど、球強いし。スリークオーター、サイド気味やけど、まあまあパワー系のピッチャー。パワー系のピッチャーだけど変化球もしっかり投げているイメージがあるんで。だからその順位で本当に残っているというのは、まあまあうちとしては評価していたんで。もちろん、もうちょっと上の評価をしていたんで。もちろん、亜細亜っていうしっかりしたところで4年間やっているというところも含めてね。うちもやっぱりイメージ的には岡留は中のイメージなんだけど、そこに若いピッチャーが入ってくれるというのは、ほしいところなんで。そこに十分入っていけそうな感じには思っている」

 ―豊田はどのような印象。

全文はソース元で
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211011-00000342-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2c116a46384a6066ff3008118d91b4c8413b3e

【“成果”に満足顔の阪神・矢野監督 早くも即戦力新人の春季C招集を示唆「まず見てみたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/09(土) 05:34:56.01 ID:CAP_USER9
10/9(土) 5:15配信
東スポWeb

ヤクルトとの首位決戦に敗れ、首をひねる阪神・矢野監督(東スポWeb)

 ヤクルトがセ・首位攻防の天王山となった阪神との直接対決3連戦初戦(8日、神宮)を4―1で快勝。破竹の7連勝で優勝マジック11をついに点灯させた。このままの勢いで高津ヤクルトがゴールテープを切るのか。開幕から長く首位を独走してきた矢野阪神に大逆転Vの秘策はあるのか。ヤクルトOBで本紙評論家・伊勢孝夫氏(76)の見解は――。

【新IDアナライザー 伊勢孝夫】この試合のポイントは、ともに先頭打者を出しながら得点につなげることができなかった6、7回の阪神の攻撃だ。6回は疲れが見え始めてきたヤクルト先発・奥川から木浪が右前打を放つも、続く近本が初球に手を出して二ゴロ。甘いコースに入ってきた球ではあったし、初球に手を出す以上、一撃で仕留めてほしかった。

 マルテ、糸原の安打などで二死一、三塁とした7回の場面では、島田に代えて佐藤輝を代打で使ってほしかった。スコアは1―4の3点ビハインド。試合終盤ということもあり、あの局面では一発を狙うしかない状況だ。スランプ中とはいえ、島田と佐藤輝では相手バッテリーにかかる圧力は違ってくると思うのだが…。

 ヤクルトは長年の課題だった救援陣が充実している。打線も依然好調ではあるし、順当にいけばこのまま阪神を押し切ってペナントを制することができるだろう。ひとつ気がかりな点があるとすれば先発陣の疲労か。ピッチングスタッフには、コンディション管理に十分に気を払ってもらいたい。ここ数試合は中9日、8日で先発登板している奥川に関しても、これ以上登板間隔を詰める必要なないだろう。

 一方で阪神は「これが優勝争いをしているチームの攻撃か」と、この日の試合をみて思ってしまった。ヤクルトと比較してボックス内で打者の気迫を感じることができない。終始覇気を欠き、シュンとしていた印象だ。残り13試合「全て勝つ」くらいの必勝態勢を見せなければ、ヤクルトを逆転することは難しいだろう。

 先発の高橋が降板した後、残りの6回から8回を勝ちパターン投手でもない馬場と小林に託したのにも違和感を覚えた。点差は3点。ここはナインに『この試合は絶対に勝ち取るぞ』というメッセージを送るためにも、岩崎、スアレスを投入するべきだったのではないか。前日のDeNA戦(横浜)で、この2人を〝温存〟した理由は何だったのか…。馬場と小林は結果的に無失点のナイスリリーフをしてくれたが、その点は疑問だ。

 リリーフの層に不安があるなら、西勇をブルペン待機させるのもひとつの手だ。残り試合も少なく、日程も変則気味になっていくため、先発の頭数は5枚もいれば十分だろう。西勇は走者をためた状況でも、シュート系の変化球を軸にゲッツーで打ち取る技術を持っている。2イニング程度なら抑えてくれるだろう。

 最後にCSでの戦い、そして来季以降も見据え矢野監督には佐藤輝のより積極的な起用を求めたい。シーズン最終盤の優勝争いを経験させることは、彼にとって大きな糧になる。腹をくくった采配を期待したい。(本紙評論家)

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211009-03706321-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/790f9e6055446697f68b9ea905cfaaf14ef03d2b

【阪神は逆転V狙う気あるのか ヤクルト戦で違和感覚えた矢野監督の “消極サイ配”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/09(土) 18:32:57.58 ID:CAP_USER9
2021年10月09日 15:25 野球

 【ファーム日本選手権 阪神3-2ロッテ ( 2021年10月9日 サンマリンスタジアム宮崎 )】 阪神が驚異的な粘りをみせ、2点を追う9回に逆転。3年ぶり6度目のファーム日本一に輝いた。

 0―2の9回にロッテ3番手・小沼に対し、先頭の高山が初球を捉えて左翼への二塁打。続く栄枝が中前適時打を放って1点を返した。さらに1死一、三塁とチャンスをつくり、高卒2年目の遠藤が三遊間を破る適時打で同点に追いついた。

 なおも2死一、二塁で小幡の放った打球を一塁手が後逸。二塁から遠藤が逆転の生還を果たした。

 投げては先発の村上が5回2死まで完全投球の好投をみせるなど、6回3安打2失点。7回に登板した藤浪が自己最速タイの162キロを計測するなど2奪三振で3者凡退に仕留め、8回も斎藤が3者凡退で終えて流れを引き寄せた。最終回は育成左腕の岩田将、右腕・尾仲の継投で締め、平田阪神が日本一に輝いた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/09/kiji/20211009s00001173331000c.html

【ファーム日本選手権 平田阪神、3年ぶり6度目の日本一! 驚異的な粘りで最終回に2点差逆転】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/08(金) 21:59:15.20 ID:CAP_USER9
◆JERAセ・リーグ ヤクルト4―1阪神(8日・神宮)

 2位・阪神が首位・ヤクルトとの直接対決に敗れ、今季130試合目で自力優勝の可能性が消滅した。ヤクルトには優勝へのマジック「11」が点灯した。

 2戦連続完封中だった高橋を今季初の中5日で起用したが、5回4失点で2敗目。打線は奥川から大山の21号ソロによる1点に終わった。矢野監督の一問一答は以下の通り。

 ―高橋は前回、前々回に比べると状態は良くなかった

 「中5日っていうのもあるしね。こっちも、もう勝負いってるんで。それは前半奥川もいいだろうっていうのできてるんで、前半ちょっと粘ってくれたらなっていうのはもちろんあるけど、遥人(高橋)も勝負いった結果なのでね。それはしっかり受け止めてやるしかないかな」

 ―交代は次の登板を見越してか

 「そんなん考えてへんよ、そんなん考えてへん」

 ―打線も奥川攻略へ積極的に打ちにいっていた

 「まあまあ、そういうのはうちとして大事にしてるし、結果はプロとして求められる。だから良かったということではやっぱり、できない。俺らも成長していかなあかんし。そういう気持ちを持ちながら、どう結果につなげていくか。プロセスは俺、すごく大事にしているんだけど、そこまで求められる」

 ―自力優勝の可能性が消えた

 「いつも言うけど、終わったことは変えられない。明日以降、自分たちが変えられるところにチャレンジしていく。どういう状況になっても俺たちの野球っていつも言うけど、その姿を見せていくのが、さっきの打者の攻めていくのと同じで、そこがあってこその俺たちの野球なんで。そういうところを大事にしながら、何とか明日以降を全員で変えにいく努力をしていきます」
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/13a39f9d9fd3a2c433cc175f2ecfcdb7793a9a4e

【130試合目で自力V消滅の阪神・矢野監督「終わったことは変えられない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/07(木) 21:24:47.51 ID:CAP_USER9
2021年10月07日 18:36野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/07/kiji/20211007s00001173460000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/07/jpeg/20211007s00001173464000p_view.jpg

 【セ・リーグ DeNAー阪神 ( 2021年10月7日 横浜 )】 阪神は3回2死一塁からマルテの適時二塁打で先制すると、なおも2死二塁から4番・大山が豪快な一発を放った。ロメロの外角カットボールを捉え、左翼席に飛び込む20号2ラン。貴重な追加点をもたらし、自身2年連続の20本塁打に到達した。

 「甘く来たボールを一発で仕留めることができました。(伊藤)将司が頑張って投げてくれているので、援護することができてよかった」

 これでマルテ、サンズ、佐藤輝に続く20本塁打を記録。球団では85年のバース、掛布、岡田、真弓以来、36年ぶりの「20発カルテット」誕生となった。

【阪神・大山が2年連続の20号! 85年のバース、掛布、岡田、真弓以来の「20発カルテット」誕生】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/07(木) 23:19:07.04 ID:CAP_USER9
2021年10月07日 20:31 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/07/kiji/20211007s00001173507000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/07/jpeg/20211007s00001173506000p_view.jpg

 【セ・リーグ DeNAー阪神 ( 2021年10月7日 横浜 )】 阪神・矢野監督が終盤のターニングポイントで自らマウンドへ向かい、及川を鼓舞したが、結果には結びつかなかった。

 3―2の8回1死二塁となった場面で矢野監督がマウンドへ。大事な局面を迎え、2年目左腕に言葉を掛けるも、直後、ソトに中越え2ランを浴び、逆転を許した。ここまでリーグ2位、36ホールドを記録している岩崎を温存し、逃げ切りを図ったが、裏目に出る形となった。

【マウンドで及川を鼓舞した直後に「悲劇」が…阪神・矢野監督、岩崎温存采配が裏目に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/05(火) 18:05:18.29 ID:CAP_USER9
10/5(火) 16:06
スポニチアネックス

阪神 荒木、伊藤和、石井将ら5選手に戦力外通告

 阪神は5日、、荒木郁也内野手(33)、伊藤和雄投手(31)、石井将希投手(26)、鈴木翔太投手(26)、藤谷洸介内野手(25)の5選手と来季の契約を結ばないと発表した。

 荒木は今季ウエスタン・リーグで打率・309と奮闘するも、若手の台頭もあり、1軍での出場機会はなかった。伊藤和、石井将は東京五輪中断期間のエキシビションマッチでともに2試合登板するも、1軍の中継ぎ争いには入れず。

 中日から移籍してきた育成の鈴木は、1軍春季キャンプスタートもウエスタン・リーグ20試合登板で、防御率1・73。同じく育成の藤谷は2軍春季キャンプで右内転筋を負傷するなど故障に悩まされていた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211005-00000197-spnannex-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a7f8767999d653c81e52e683473bb3f9cb0decc9

【阪神・荒木、伊藤和、石井将ら5選手に戦力外通告】の続きを読む

このページのトップヘ