SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

阪神タイガース

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 22:48:22.20 ID:CAP_USER9
 阪神は20日、オリックスでもプレーしたアデルリン・ロドリゲス内野手(30)=パドレス傘下3A、191センチ、95キロ、右投げ右打ち=を獲得したと発表した。推定年俸は25万ドル(約3370万円)、背番号は91。

 ロドリゲスは球団を通じて「日本に戻り、タイガースでプレーする機会をいただき、とてもうれしく思っています。タイガースファンの素晴らしさは知っていますので、甲子園でみなさんの前でプレーできることを楽しみにしています。タイガースの勝利に貢献できるようベストを尽くしたいと思います。ガンバリマス!」とコメントした。

 ドミニカ共和国出身のロドリゲスは、米マイナーを経て2020年にオリックスに入団。同年は59試合で6本塁打、25打点、打率2割1分8厘だった。

 オリックスを自由契約となっ後、21年は米マイナーに戻り、タイガース傘下3Aで116試合に出場し、24本塁打、94打点、打率2割9分だった。今年はパドレス傘下に移り、45試合で12本塁打、46打点、打率2割7分2厘だった。
中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1434203670c99683d75ed2219f14f598dbbe0d3b

【阪神タイガース、オリックスでもプレーしたアデルリン・ロドリゲスの獲得発表 「ガンバリマス!」背番号は91】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/18(土) 13:10:53.58 ID:CAP_USER9
開幕9連敗とスタートダッシュに失敗し、一時は借金16までふくらんだ阪神が立て直して上昇気流に乗っている。交流戦12勝6敗と12球団中2位の好成績で借金を5にまで減らし、最下位から4位に浮上。首位・ヤクルトは12.5ゲーム差とまだ背中が見えないが、2位・巨人と4.5ゲーム差にまで接近している。

■一気に巻き返して巨人を抜き去るか

「まだ80試合近く残っていますし、巨人を逆転するのは十分に可能です。戦力を考えたら春先にあれだけ負けていたのが不思議なぐらい。先発ローテーションはそろっているし、救援陣も成長著しい若手たちが期待以上の活躍を見せている。打線も活発になってきたし、交流戦の戦い方を持続できれば、借金返済は時間の問題でしょう」(スポーツ紙記者)

 リーグトップのチーム防御率2.65と投手陣は抜群の安定感を誇る。エースの青柳晃洋は8勝1敗、防御率は1.17をマーク。西勇輝、ウィルカーソン、ガンケル、伊藤将司、西純矢と長いイニングを投げられる投手が6枚きっちりそろっている。救援陣も湯浅克己が24試合登板で17ホールド、防御率0.78と勝利の方程式に不可欠な存在に。蓄積疲労を懸念して6月6日に登録抹消されたが、心身をリフレッシュしてリーグ戦再開に戻ってくる。

 13セーブをマークしている守護神・岩崎優が疲労を考慮して13日に登録抹消されたため、17日のDeNA戦はアルカンタラが守護神を務めた。浜地真澄の復帰も心強い。救援で17試合登板して防御率1.76と好投を続けていたが、右下肢の張りで5月16日に登録抹消。患部に不安がなくなり、今月16日に湯浅と共に合流した。

 一方、巨人の救援陣は不安だらけだ。交流戦の救援陣防御率はリーグワーストの4.89。守護神・大勢につなぐ中継ぎ陣が機能していない。試合終盤で投げる鍬原拓也、今村信貴は痛打を浴びる場面が目立つ。

 ビエイラが「8回の男」に抜擢されることがメディアで報じられたが、今季は5試合登板で防御率11.25。直近の登板では12日の楽天戦(楽天生命パーク)で約2カ月ぶりに登板し、2回をパーフェクトに抑えている。スポーツ紙デスクは「序盤に大量失点でワンサイドのゲームでしたからね。1点リードの終盤で登板する時と重圧が全く違う。ビエイラは直球が160キロを計測しますが制球面に不安がある。投げてみないと分からないタイプですね」と冷ややかだ。

 阪神は巨人との対戦カードを苦手にしていたが、昨季13勝9敗3分と14年ぶりに勝ち越し。今季も春先に低迷にしていたにも関わらず、7勝5敗と巨人戦に強い。一気に巻き返して巨人を抜き去るか。(中町顕吾)

https://news.yahoo.co.jp/articles/349e5e56c65842231923fec9b68effc7e2cb890f

【最下位だった阪神、いまや「投壊」の巨人猛追 「逆転するのは十分に可能」の指摘も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/18(土) 22:11:53.30 ID:CAP_USER9
[2022年6月18日17時30分]

<阪神4-1DeNA>◇18日◇甲子園

阪神佐藤輝明内野手(23)が、同学年のオリックス山本由伸投手(23)の快挙を祝福した

初回に逆転の2点適時二塁打を放ち、チームはDeNAに勝利。甲子園でのヒーローインタビューを終えた3分後、山本がベルーナドームでノーヒットノーランを達成した。

報道陣から結果を伝え聞いた佐藤輝は「マジっすか! へぇー。すげぇ!」と反応。「いやー、もう、ノーヒットノーランしても驚かないくらいのすごい投手なので。でも、実際やるというのはすごく難しいことだと思うので、おめでとうと」と心から祝った。「すごいピッチャーだなと思います。僕ももっと頑張ります!」と意識する同世代の活躍が刺激になった様子だった。

2人は11日の交流戦(京セラドーム大阪)で公式戦初対戦。佐藤輝は2点を追う8回、山本から1点差に迫る適時三塁打を放っていた。今季開幕前には「ヨシノブっすかね。やっぱりホームラン打ちたいっすね」と対戦したい相手に名前を挙げていた。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202206180000853_m.html

【「マジっすか! へぇー。すげぇ!」阪神・佐藤輝明、同学年オリックス山本由伸のノーノーを祝福】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/17(金) 21:39:15.58 ID:CAP_USER9
◇セ・リーグ 阪神7―5DeNA(2022年6月17日 甲子園)

 阪神は打線がノーヒッター・今永を打ち崩し、リーグ再開の初戦を勝利。交流戦期間から4連勝とした。


 この日、3位広島が敗れたため、4位阪神とのゲーム差は1に。18日に阪神が勝利すると31勝35敗1分けで勝率・470、広島が敗れると30勝34敗2分けの勝率・469となり、今季初めてAクラスに浮上する。

 開幕9連敗や勝率0割台など苦しいシーズンを過ごしてきた虎が、完全に逆襲モードに入った。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0e2a041df8e18d0a3acbc512a460073e59523cb

【歴史的低空飛行からの逆襲! 阪神、18日にもAクラス浮上や!! 】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/15(水) 12:53:29.10 ID:CAP_USER9
 阪神球団を傘下に持つ阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が15日、大阪市内で行われた。

 キャンプイン前日に矢野監督が今季限りでの退任を表明。前例の少ない異例の行動について、株主の1人が強い口調で「あんな自分勝手な人はいない。また、キャンプ中には予祝(期待する結果をあらかじめ模擬的に表現する)と言って選手から胴上げされた。社会常識がない。後任が気になって今年の野球に集中できない。球団は退任表明をなぜ止めなかったのか」という趣旨の質問が飛んだ。

 球団の谷本修取締役オーナー代行者は「事業なら、17年ぶり優勝というプロジェクトに取り組んでいる。22年でそれを完結したいという、矢野監督の思いを受け止めた。予祝の胴上げも賛否両論があることは認識している。胴上げは、オリックスから移籍した糸井、西が1日キャプテンを務める中で提案してくれたこと。17年ぶりのペナント奪回は誰ひとりとして諦めていない」と回答した。

 阪神は、開幕9連敗という悪夢のスタート。勝率が1割を切って各地の市外局番と比較されるなど最下位を独走したが、交流戦で12勝6敗の2位となってセ・リーグ4位に浮上している。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c09e0ca798e9edf1a63b5e341c7ce8a61c411d0f
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/15/jpeg/20220615s00001173278000p_view.jpg

【阪急阪神HD株主総会で厳しい質問 矢野監督の退任表明「あんな自分勝手な人はいない。社会常識がない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/11(土) 13:42:29.11 ID:CAP_USER9
「露骨だな……」

 チーム内外では、こんな声で持ち切りだ。

 複数のスポーツ紙によると、阪神が貧打解消に向けて、元オリックスのアデルリン・ロドリゲス(30=パドレス3A)の獲得に乗り出すという。

阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安(2019年)

 阪神OBが言う。

「阪神は、親会社の阪急阪神ホールディングスの株主総会が6月15日に控えている。今季は最下位に低迷し、紛糾は必至です。阪神は低迷している年の株主総会前後に、助っ人を緊急補強するケースが多い。2018年には年俸3.4億円のロサリオの不振もあり、チームは総会時、借金1に低迷。株主総会直前になって新助っ人としてナバーロの獲得が判明。今季もロハスを筆頭に高給の野手助っ人は壊滅状態。ロドリゲスを獲得するとなれば、株主から貧打や助っ人の不振について指摘された際に、『準備はしている』と言い訳が立ちますからね」

 実際、今の阪神は打撃強化が不可欠だが、

「ロッテがメジャーの元セーブ王のオスナを獲得したように、大物を取るというならまだしも、今回のロドリゲス獲得はチームにとってマイナスになりかねません」とは、放送関係者。

「ロドリゲスは20年にオリックスでプレー。7月末に左手首への死球で離脱したとはいえ、59試合出場、打率.218、6本塁打、25打点に終わった。何よりネックになりそうなのが守備です。ロドリゲスは一塁、三塁、外野が守れるとの触れ込みですが、マイナー時代に最も守備に就いた一塁は、オリックス在籍時に38試合出場で8失策。三塁守備に至ってはマイナー通算の守備率が.889とさらに酷い。外野は09年にデビューして以降、わずか8試合しか守っていません。守備がヘタでも巨人のウォーカー(打率.297、12本塁打、31打点=10日現在)くらい打てばまだしも、阪神は打撃同様に守備も課題。今季はチーム失策数が30とやや改善の兆しを見せているだけに、矢野監督も使いどころが難しいでしょう。そもそも助っ人野手の失敗が多いオリックスをクビになった選手ですし、過度な期待は禁物です」

 ゴタゴタの火種にもなりかねない、との指摘もある。

「仮にも新助っ人ですから、獲得すれば矢野監督は使わざるを得ない。ロドリゲスを一塁で起用するなら、大山を左翼にコンバートする必要がある。大山はチームの中心選手であり、10日のオリックス戦でも3ランを放つなど、6月に入って絶好調。助っ人のためにポジションを動かすのは得策ではないし、不慣れなポジションに回れば負担は大きい。しかも一塁には二軍調整中のマルテもいる。マルテは二軍暮らしが続いた昨夏、自身のSNSで起用への不満を吐露するなど問題児ぶりを発揮しただけに、現場は早くもヒヤヒヤしています」(前出のOB)

 株主総会対策が、チームにとっては裏目に出るかもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b72bc105ed0b5c22de27b5d4ddc930d491acd2e

【阪神ミエミエの“株主総会対策”補強… 貧打解消へ元オリ野手ロドリゲス獲りの波紋】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 18:31:35.93 ID:CAP_USER9
◇プロ野球セ・パ交流戦 日本ハム-DeNA(9日、札幌ドーム)

セ・リーグ5位DeNAの勝率はこの日の試合前で.444です。

最下位の阪神は.433で、この日、DeNAが負けて、阪神が勝てば、勝率で阪神が上回るため、5位と6位が逆転することになります。

【DeNAが負け、阪神が勝った場合】

5位 阪神 勝率.443
6位 DeNA 勝率.436

【DeNAが負けて、阪神も負けた場合】

5位 DeNA 勝率.436
6位 阪神 勝率.426

【DeNAが勝利し、阪神も勝利した場合】

5位 DeNA 勝率.455
6位 阪神 勝率.443

【DeNAが勝利し、阪神が負けた場合】

5位 DeNA 勝率.455
6位 阪神 勝率.426

https://news.yahoo.co.jp/articles/fdba4b61e39dede5886e597fc7aa465e504f193f

【セ・リーグの最下位争い DeNAが負けて阪神が勝てば 阪神が5位に浮上へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 07:50:32.46 ID:CAP_USER9
 阪神が新外国人として元オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(30=パドレス3A)をリストアップしていることが8日、分かった。メジャー経験はないものの、マイナー通算215本塁打の右の長距離砲。在籍する外国人野手2人が大不振の現状を受けて調査を進めており、昨季までと同様の助っ人8人態勢で巻き返しを図る。

 ロドリゲスは20年に1シーズンだけオリックスでプレー。7月末に左手首に死球を受けて離脱したこともあり、59試合の出場で打率・218、6本塁打、25打点に終わっている。ただ、今季は3Aで主軸として活躍し、45試合で打率・272、12本塁打、46打点。シーズン途中の補強となるため、日本野球を経験していることも強みだ。

 現状の外国人選手は投手5人、野手2人の7人が在籍。嶌村聡球団本部長は開幕前に「8名の枠というのを念頭に」と話しており、シーズン中の補強の余地を残していた。マルテが右足のコンディション不良で離脱中で、ロハスも8日のソフトバンク戦でベンチ外になるなど打率・179と低迷。両助っ人砲の不振もあって「投高打低」の状況が続いており、交流戦後の起爆剤となる長距離砲獲得に本腰を入れる。

 ◇アデルリン・ロドリゲス 1991年11月18日生まれ、ドミニカ共和国出身の30歳。08年にメッツとマイナー契約。マリナーズ、オリオールズ、パドレスを経て20年にオリックス入団。59試合で打率・218、6本塁打、25打点。同年オフの自由契約後、21年はタイガース、今季はパドレスのマイナーでプレー。メジャー経験はなく、マイナー通算1219試合で打率・271、215本塁打、839打点。1メートル91、95キロ。右投げ右打ち。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d480806261e13d529d2ce6db1c8398b319e454e8

【阪神 元オリックスのA・ロドリゲスをリストアップ マイナー通算215本塁打の右の長距離砲】の続きを読む

このページのトップヘ