SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

広島東洋カープ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 20:59:59.82 ID:CAP_USER9
 
4/30(土) 20:02配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a6b80e6d3417404051090db3823de3dc66ede1b

◆JERAセ・リーグ 中日4―2広島(30日・バンテリンドーム)

 広島の佐々岡真司監督が、乱調が続く中崎翔太投手について「体も心も今の状態で投げても、という判断ではあります」と再調整させる考えを示した。

 中崎は、打線が同点に追い付いた直後の8回に登板したものの、連打と犠打で1死二、三塁のピンチを招き、わずか9球で降板。3番手・塹江が勝ち越し打を浴び、中崎は1/3回を2安打2失点でリーグ単独ワーストとなる4敗目を喫した。28日のヤクルト戦でも2点リードの8回に登板したが、1死から3連続四球と村上の2点適時打で同点とされ降板していた。

 指揮官は今季開幕から「8回の男」として、かつての守護神に勝ちパターンの一角を託してきたが、ここまで登板14試合で防御率8・03の成績。

 「結果がね。前回は四球(から崩れた)。今日はしっかりと捉えられていた。久々の1軍での登板が続いて、疲れなども出ているのかもしれないけど、ザキだから前回の登板の後、今日はしっかりやってくれると信じて出しましたけど。こういう結果になり、球を見ても明らかに…」

 今後は早急に継投プランを練り直す必要がある。「そこ(勝ちパターンの継投)は考えながら。明日以降は流動的になるでしょうね」と話した。

【乱調続きの元守護神… 広島・中崎翔太の2軍調整示唆 佐々岡真司監督「体も心も今の状態で投げても、という判断」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/28(木) 23:22:57.01 ID:CAP_USER9
(セ・リーグ、広島5-9ヤクルト、ヤクルト3勝1敗、28日、マツダ)広島は八回に9点を失い、逆転負けで連敗を喫した。首位・巨人とのゲーム差は3・5に広がり、あと1勝に迫った球団通算4500勝は29日の中日戦(バンテリンドーム)以降に持ち越し。佐々岡真司監督(54)の主な一問一答は次の通り。

──2─0の八回に投入した中崎が(1死から)3連続四球

「勝ちパターンでね、当然そういう選手ですから。こっちは信頼して送り出した」

──八回1死満塁の場面で村上(を迎え中前2点打)。塹江は前回登板で打たれているが、継投の選択肢は

「当然、失敗すれば僕の責任」

──島内は緊張感のある場面での課題(連続四球で押し出し、さらにオスナに2点打)が露呈した形

「うちの勝ち(パターン)の2人。失敗すれば僕の責任。切り替えて頑張ります」

◆八回に2点差を追いつかれ、なお1死一、二塁で登板も連続四球で押し出しを許した広島・島内 「(勝ちパターンを)投げさせてもらっているので次は取り返せるようにしたい」

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/04680e21b549ee356d4100da6d10d1e2411fce65

【「失敗すれば僕の責任」広島・佐々岡監督、継投裏目で八回に9失点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 07:11:15.80 ID:CAP_USER9
4/23(土) 6:15配信
東スポWeb

エースの意地を見せた広島・大瀬良(東スポWeb)

 エースが止めた。広島の大瀬良大地投手(30)が22日のDeNA戦(マツダ)に先発し、8回1/3を8安打1失点と好投した。今季自身3勝目を挙げ、チームの連敗も4でストップ。また右腕は通算70勝に到達した。

 初回に先制の適時打を放ったマクブルームとともにお立ち台に立った大瀬良は「とにかくチームが勝てるように必死になった」としながらも「最後まで投げられれば良かったですけど…次は頑張ります」と悔しそうな表情だった。

 そんな大瀬良は今年、九里、森下と争った結果、4年連続で開幕投手を射止めた。ただ、春季キャンプ中に佐々岡監督から直接、告げられるまでは「(自分は)立場的には一番、可能性としては低いのかな」と考えていたという。

 その理由を大瀬良は「(九里)亜蓮も最多勝を取っているし(森下)暢仁も能力的にはそういう(開幕投手)立ち位置にいってもおかしくないと思っていた」と説明する。ただ、だからと言って受け身になって待っていたわけではない。

「競争という話だったので、アピールすればチャンスはあるかなとは思ってました」。そして任された開幕マウンドで勝利し、チームの開幕6連勝を呼び込んだ。この日も「チームが勝つというところを一番に」と臨んだ登板でチームを救い、エースとしての存在感を見せた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220423-04146158-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c8d3c537ee7c8401083d4d675784ab5f1f0c738

【大瀬良で広島連敗ストップじゃ! エースが今だから明かす開幕投手争いの本音】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/11(月) 07:55:06.59 ID:CAP_USER9
 「阪神0-1広島」(10日、甲子園球場)

 技術と、パワーの共存があってこその一撃だった。二回の先頭打者として打席へ向かった広島・マクブルーム。

 2-0のバッティングカウントから阪神先発・ガンケルが投じた内角ギリギリへのツーシームに、両の手を折りたたみながら反応する。捉えた瞬間、バットを払うように押し込むと、打球は左翼ポール際、切れることなくスタンドへ吸い込まれていった。

 2号先制弾が、貴重な決勝点となった。本人も「うまく対応できたね」と振り返った。

 前日は7日に受けた頭部死球からの復帰戦となり、2安打、1打点と即結果を残した。そしてこの日の一発。普通に振れば、ファウルになるコースも「甘くきたところをしっかり捉えることができた」と言えるほど、調子はいい。

 前日の試合後は、自身の誕生日ということで長野に誘われて神戸ビーフに舌鼓を打った。「これ以上望めないような誕生日を過ごせたよ」とすっかりチームにも溶け込んでいる。

 ベテランのもり立て、若手の躍動に「一緒にいて楽しい、野球をしていて楽しいチームメート」と言う。彼らとともに、目指すところは一つ。首位奪回の、打の立役者が頂点へ向かってさらにギアを上げていく。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d96244764bae707d44ac771cb0c891a45ad3801

【広島・マクブルーム決勝ソロ2号 長野に誘われた誕生日メシ「これ以上ない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 05:51:16.08 ID:CAP_USER9
3/26(土) 5:15配信
東スポWeb

初安打初打点をあげて一塁で喜ぶ末包(東スポWeb)

 デビュー戦でルーキーらしからぬ活躍を見せた。広島のドラフト6位・末包昇大外野手(25)が25日のDeNAとの開幕戦(横浜)に「7番・右翼」で先発出場。プロ初安打初打点を含む4打数3安打1打点と大暴れした。

 広島の新人の猛打賞は1958年の古葉毅(竹識)、森永勝治以来、64年ぶり。初めてのヒーローインタビューを受け「これから頑張って頑張って優勝に貢献できるように1年目からガツガツガッツでいきたいと思う」と話した。

 そんなルーキーは変化を恐れずに、いろいろ挑戦していくところが持ち味でもある。「僕は社会人時代は(打撃の)軸の一本は決めておいて、ちょっと打てなくなったら気分転換でいろいろ変えていましたね」と明かす。

 そしてその理由をこう説明する。「ずっと同じフォームで打ち続けていたら、どんどんわかんなくなっていっちゃう時もあるので。一回、忘れる(ぐらいの)気持ちでやれば体にその軸の部分はしみついてるので、それが自然と出るようになるんですよね」

 オープン戦では打率1割7分7厘、1本塁打、6打点だった。それでもこの日の第1打席では「オープン戦で悪かったことは忘れて気持ちを切り替えて試合に入ることができました」と振り返った末包。最高の形でプロの第一歩を踏み出した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220326-04086599-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/07997b24311efa91bdfa35a29fdb448e125662af

【64年ぶりの快挙! 広島ドラ6・末包 たゆまぬ〝挑戦〟で最高のプロデビュー戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 06:28:13.02 ID:CAP_USER9
3/17(木) 6:15配信
東スポWeb

捕手と三塁手の二刀流に挑戦する広島・坂倉将吾(東スポWeb)

 鯉の〝万能男〟が攻守で奮闘だ。広島・坂倉将吾捕手(23)が16日のロッテ戦(ZOZOマリン)で2安打1打点。昨秋から挑戦している三塁守備で課題を残したものの、確かな成長を見せている。

 初めて規定打席に到達し、鈴木誠に次ぐリーグ2位の打率3割1分5厘を記録した実績はダテじゃなかった。4回二死二塁の第2打席で右前へ先制打を放つと、7回にも先頭打者で左前打。上半身コンディション不良で二軍での調整が続いていたが、11日に一軍合流を果たすと全5試合で5番を託され、3試合連続安打で打率3割5分3厘と上昇モードだ。「いい方向へ向かっている」と手応えも感じている。

 登録は捕手だが、この日は12日の日本ハム戦に続き「5番・三塁」で先発出場した。初回の守備機会では一死一塁から5―4―3の併殺を完成させたが、2回二死の場面では三ゴロを後逸。失点にはつながらなかったものの「難しい打球じゃない。試合に出て経験するしかない」と悔しさをのぞかせた。

 昨季は一塁で本業の53試合を上回る57試合に先発出場した。ただ、新外国人のマクブルームは一塁手兼外野手で、扇の要には会沢もいる。捕手と三塁手の二刀流挑戦は自身の出場機会を増やすばかりでなく、チームにとっても危機管理という点で欠かせない。

 佐々岡監督も三塁守備に挑む坂倉には「使いながら成長していくというか…。経験していない三塁で難しいと思うけど」とエールを送っている。広島は2018年のリーグ3連覇から3年連続Bクラスと低迷中。〝お助けマン〟坂倉の働きが浮上の鍵となる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-04067120-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/201be81b70c46a20293ea1d3b304bc4fe3145e65

【広島浮上の鍵を握る〝万能男〟坂倉将吾の二刀流挑戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 19:12:53.50 ID:CAP_USER9
3/13(日) 15:45配信
デイリースポーツ

 9回、左翼スタンドへサヨナラ3ランを放つ上本(撮影・立川洋一郎)

 「オープン戦、広島3-0日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

 両軍無得点で迎えた九回、広島は先頭の小園の右中間二塁打から2死一、二塁とすると途中出場の上本がカウント1-2から望月の131キロフォークを左翼スタンドに運ぶサヨナラ3ラン。

 上本は1軍通算301試合で本塁打は0本。2軍では2015年に2本塁打を記録している。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220313-00000095-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d125a57cfb24b93bd7d2e3c6f2b9263448e642d9

【広島・上本“プロ初本塁打”がサヨナラ3ラン 途中出場で左翼席へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/14(金) 12:29:05.57 ID:CAP_USER9
1/14(金) 12:15
日刊スポーツ

鈴木誠也「いまだに混乱している」 米メディアに対し希望の球団挙げず

ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す広島の鈴木誠也外野手に対して、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」がロングインタビューを行った。同選手に関心を寄せる球団の1つであるジャイアンツの地元放送局KNBRがこれを引用し「鈴木は希望球団について口を閉ざした」と伝えている。

鈴木はロックアウト前に最大で12球団とZoomで面談を行ったと伝えられており、ジャイアンツもその1つ。面談後も引き続き鈴木に関心を寄せているようだが、KNBRは「鈴木本人はこちらに関心があるのだろうか?」とコメント。インタビューで希望の球団名をざっと挙げるよう求められた同選手の様子を「両手の指で口をピンチのように挟むというおどけたしぐさで、回答回避の意志を示した」と述べ、“アヒル口”で「沈黙」を守る鈴木の画像を転載した。

記事によると、鈴木はどの球団を選択するか、そのことで頭がいっぱいな様子。インタビューでは「正直なところ、いまだにとても混乱している。多くの球団のことが頭に浮かび、毎晩眠れないくらい。これからじっくり考えなくてはならない」と語っていたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/87f29c384cc2ee20b1462815d854e82af9da0f8b

【「いまだに混乱している」鈴木誠也はどの球団を選択するのか? 米メディアに対し希望の球団挙げず】の続きを読む

このページのトップヘ