SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

広島東洋カープ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/17(月) 22:11:44.48 ID:ryY9Fs1c9
6/17(月) 15:00配信 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ab5e0e1829b125ebd0f91d2d20583ae10d13caf

【球界ここだけの話】とある駅でポロシャツ&スラックスのスタイルで涼しげに歩くカープナインを見かけた。セ・リーグの首位を走る広島がクールビズを導入。広島・鈴木清明球団本部長(70)に尋ねた。

「(広島)選手会(堂林会長)から(ワイ)シャツは遠征先でクリーニングに出す手間がかかる、ということで地味な色のポロシャツは許可した。あまりに派手なものはだめだけど、今のところは良いんじゃないかな」

広島選手会が要望した球団統一の移動用ポロシャツは間に合わなかったが、5月下旬から各自で用意したポロシャツを着て遠征先に移動する許可がおりた。以前のスーツやワイシャツ以外に選択肢が広がり、広島選手会で会長補佐を務める野間峻祥外野手(31)は「(ワイ)シャツを着るより楽っすよ」と喜びの声をあげた。

野間は5月31日から6月2日のソフトバンク戦(みずほペイペイ)ではポロシャツで移動していたが、一方でワイシャツ派の選手もいる。野間によると「まだみんな探り探りなんですよ。本当にポロシャツを着ていいのかなって。たしか横浜遠征だったかな。みんながユニクロに集まって買ってましたよ」と笑いながら明かした。

ユニクロは日本を代表するアパレルブランドであるが、野球選手にしては意外な気がする。馬やワニのワンポイントが入った有名なポロシャツではなく、なぜユニクロか?の問いには「シワを気にしなくてもいい。遠征先で洗えるし、乾燥機にかけることもできる。使い勝手がいい」と〝ユニクラー〟としての一面を覗かせる。

チームは遠征時の負担が減り、快進撃につながった。5月24─26日のDeNA戦(横浜)は同一カード3連勝。さらにコロナ禍での開催中止を除き、19─22年まで3季連続最下位だった鬼門の交流戦でもリーグ連覇した17年以来の勝ち越し(10勝8敗)。セ・リーグで最もシーズン中の移動距離が長いといわれている広島だが、感動のポロシャツ移動で勝負の夏を乗り切る。(柏村翔)

【広島カープが遠征時にクールビズ導入 ナインに人気のアパレルブランドは?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/29(水) 00:30:50.01 ID:GEj+/ZZx9
 広島の新井貴浩監督が、バスケットボールB1リーグの日本生命チャンピオンシップで初優勝した広島ドラゴンフライズを祝福した。

 チームが今季3度目の4連勝で首位浮上を決めた試合後、同じ広島を拠点とするプロスポーツチームの優勝が決まった。「第4クォーターを見ていました。おめでとうございます」。一昨年と昨年のオフには2度、試合会場を訪れて始球式にも登板。ドラゴンフライズのレジェンドで、今季限りで現役引退する朝山正悟選手の花道を飾る初優勝となったことを受け、「朝山選手のインタビューも見させてもらいました。感動しました。私たちカープも頑張ります」と語った。

 ドラゴンフライズは、前年王者の琉球に対して2勝先取の初戦を落としながら、その後に連勝。ワイルドカードから“下克上”での初優勝となった。

https://hochi.news/articles/20240528-OHT1T51259.html

【広島・新井貴浩監督、バスケB1・広島の初優勝を祝福 「第4クォーター見ていました」「私たちカープも頑張ります」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/08(月) 21:08:24.73 ID:AsRlaosO9
2024年4月8日 18:30

 広島・中村奨成外野手(24)の出場選手登録抹消が8日、発表された。中村奨は開幕一軍こそ逃したが、3月31日に一軍昇格。4日のヤクルト戦にスタメン起用されたが3打数無安打、代打起用された6日の中日戦では捕ゴロ、7日の中日戦は代走での出場のみで4打数無安打とアピールできなかった。

 7年目の今季は捕手から外野手登録となり、背番号22をドラフト2位の高太一投手(22)に譲って背番号96で再出発。1月には初めて護摩行に臨み「まだまだカープで野球がしたい。自分自身このまま終わってしまったら悔いが残る」と不退転の覚悟を明かしていた。

 だが、赤ヘル外野陣は売り出し中の3年目・田村俊介外野手(20)、大卒2年目の久保修外野手(23)や中村貴浩外野手(23)ら生きのいい若鯉が台頭しており、少ないチャンスをものにできなかった中村奨に二軍落ちが宣告された。

 広陵高(広島)3年夏の甲子園で1大会6本塁打の新記録を樹立した2017年のドラフト1位も、6年間の一軍出場は88試合。正念場を迎えた中村奨は再びはい上がってこられるのか。  

東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/298355

【広島・中村奨成の登録抹消 チャンス生かせず4打数無安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/24(日) 15:59:42.36 ID:A4BR7P7l9
背番号は「22」から「96」、登録は捕手から外野手に変わった中村奨成

広島の中村奨成外野手にとって、今季は背水のシーズンといえる。
背番号は「22」から「96」となり、捕手登録から外野手登録となった。

ここまで2軍戦5試合で打率.350(20打数7安打)、2本塁打、6打点と必死に這い上がろうとしている。

2017年ドラフト1位で広陵高から入団。大きな期待を懸けられながらも、
2021年に39試合出場したのが自身最多だ。
昨季はわずか18試合で打率.150、0本塁打、0打点と低迷した。
しかしここまで2軍ながら2試合連発をマークするなど猛アピール中で、開幕1軍への期待も高まるほど。

ファンからは「待ち望まれた中村奨成覚醒の兆し」「中村奨成待望論」
「なんで中村奨成まだ2軍におるねん」「1軍あげてくれよ」といった声が上がった。

持ち前のパンチ力で、1軍昇格、さらには定位置奪取に挑む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3485e0c191bcff7a77d3d7c1ec01c6f6ea1adb61

【広島・中村奨成外野手に「覚醒の兆し」 2軍で打率.350&2発!高まる“開幕1軍待望論”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/29(水) 18:00:17.25 ID:/UXpZXxR9
2023.11.29

新入団選手の背番号も発表…「22」はドラ2高太一が背負う

 広島は29日、来季の背番号変更を発表し、2017年のドラフト1位・中村奨成捕手は「22」から「96」となった。また、併せて新入団選手の背番号も発表。今季のドラフト1位・常廣羽也斗(青学大)は今季まで岡田明丈投手が背負った「17」に決定した。

 中村奨は地元広島・広陵高から2017年ドラフト1位で入団。2021年には39試合で打率.283の成績を収めたが、今季は18試合でわずか3安打、打率.150、0本塁打に終わっていた。「96」は2021年まで在籍したアレハンドロ・メヒア内野手がつけていた。

 新入団選手8人の背番号も同時に発表。ドラフト2位の高太一投手(大商大)が今季まで中村奨が背負っていた「22」に決定した。ドラフト3位の滝田一希投手(星槎道都大)は今季で現役を引退した一岡竜司氏が背負っていた「30」を付ける。(Full-Count編集部)

https://full-count.jp/2023/11/29/post1479160/

【広島、中村奨成の背番号を「96」に変更 新人8選手も発表…ドラ1常廣は「17」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/23(木) 20:36:25.40 ID:rdC9XyVI9
 FA権を行使してオリックスへの移籍が決まった広島西川龍馬外野手(28)が23日、参加した「カープファン感謝デー2023」で盛大に送り出された。最後のセレモニーでは新井監督からあいさつを促され、日本シリーズでの再会を願った。

 「来シーズンはオリックスバファローズに行ってオープン戦、交流戦で戦えるのを楽しみに。そのときは、全然やじってもらっても構いません。それをパワーに変え、僕はこれからやっていきたいと思います。そして来シーズン、パ・リーグで優勝し、セ・リーグはカープが優勝し、日本シリーズでカープと戦いたいと思います。それを目標に頑張りたいと思います。8年間本当にお世話になりました。カープに来て良かったです。ありがとうございました」

 当初はイベント参加自体迷っていたが、鈴木球団本部長の「胸を張って出なさい」という言葉に背中を押されたという。実際にファンとのハイタッチなどのコーナーに参加すると、スタンドからは「頑張れよ~」「帰って来いよ~」など温かい声が飛んだ。午前中に行われた「カープ歌うま王決定戦」では、宇草がオリックスの球団応援歌「SKY」を西川の餞に大熱唱。西川のあいさつ後には、新井監督も激励の言葉を送った。「龍馬は来シーズンからチームは違いますけども、彼の中で赤いカープの血はいつまでも流れていると思います。寂しいですけど、頑張って来いよ!」。FAで移籍する選手に対し、指揮官をはじめ、チームメート、ファンが温かく送り出した。「来て良かったです。率直に寂しいですけど、今日はかみしめて来ました。僕を一からつくってくれたのはカープなので。今の僕があるのもカープのおかげなので、感謝しています」。広島のユニホームを着て参加する最後のイベントは、最後まで温かい空気に包まれていた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/05d3f0ac2751cfd5c2cfb97a605651539607f9fd
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202311230001175-w500_0.jpg

【FA移籍の西川龍馬がファン感で盛大に送り出される「日本シリーズでカープと戦いたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/14(火) 13:07:49.75 ID:P6pwI4zl9
 広島西川龍馬外野手(28)がFA権を行使することが14日、球団から発表された。西川はマツダスタジアム内で会見に臨み、昨季取得したFA権行使についての心境を語った。

  ◇   ◇   ◇

 -FA権について

 西川 先ほど、申請書を球団に提出しました。

 -決断に至った経緯

 西川 自分の挑戦したい気持ちがあって。そのことを正直に常務(鈴木球団本部長)と監督に伝えました。

 -そういった思いが大きくなった時期やタイミング

 西川 本格的に考えたのはCSぐらいです。

 -その中で相談された方は

 西川 基本的に選手はなしにして。選手に相談したらやっぱりいろいろ揺れるものがあるので。そこはなしにして、監督と常務と面と向かって話をしました。

 -交渉の席で球団幹部からは

 西川 もちろん、最後まで一緒にやりたいというのはずっと言ってもらっていましたし、そのほかにもうれしい言葉も言ってもらいました。言ってもらった中で、僕が思っていることも隠さず全部言った結果、こういう形になったので、今はちょっとスッキリしています。

 -新井監督には

 西川 監督には黙って、高明さん(松本監督付広報)に連絡して「直接会って、話がしたいです」と。(キャンプ地の)日南まで行って、監督の部屋で話をしました。

 -新井監督からの言葉は

 西川 新井監督からも、もちろん一緒にこの先もやりたいと言われましたけど、僕も気持ちもしっかり伝えて、お互い納得した形で話を終えました。

 -来季以降プレーする球団の決め手は

 西川 セ・リーグに行くことはないので。それも言いました。セ・リーグなら正直、行く意味はないと思っているので。行くならパ・リーグでやってみたいですと。やっぱりセとパでは野球が違うので、少なからずパの野球に興味があった。野球人生は短いので、そっちの方でもプレーしたいと。

 -キャリアと年齢を考えての決断

 西川 そうですね。もう30手前ですし、ここから良くなるのか、悪くなるのかは自分次第でもあるので、そこで環境を変えてまた新たな自分探しをできたらなと主います。

 -入団からカープでの思い出もあると思う

 西川 8年でしたけど、すごく濃い時間でしたし、いろんな方にお世話になりました。でも意外とあっという間の8年で、宣言すると言ったものの、先ほども常務と話をしていて、寂しいなという思いが一番ですね。

 -一番の思い出は

 西川 やっぱり3連覇したときに、その場におれたというのは、自分の野球人生に大きな経験になっていると思います。

 -これから応援してくれたファン、これからも応援してくるファンに

 西川 8年間、超満員でいつも大きな声援をいただいていたので、すごく力になりましたし、本当に感謝しています。来年はまだどこでやるか分からないですけど、変わらずカープの応援をしていただいて。僕も陰ながらチェックしていますし、応援もしていますし、その中で僕も負けないように頑張りたいなと思います。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/7507d0759bdef162cefbe97aef5883bd951ea5a5

【広島・西川龍馬FA宣言「パ・リーグでやってみたい」「セ・リーグに行くことはない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/14(火) 06:20:20.65 ID:PGpEbS0k9
2023年11月14日 02:00

 広島・西川龍馬外野手(28)が、保有する国内フリーエージェント(FA)権の行使を決断したことが13日、分かった。球団には既に意思を伝えており、申請期間最終日となる14日に正式表明する。宣言後の残留可否については話し合われておらず、退団となる見込み。左の巧打者を巡ってはオリックス、ソフトバンクなどが興味を示しており、争奪戦になるのは確実だ。

 西川はこの日午後、マツダスタジアムを訪れ、約2時間にわたって自主トレに汗を流した。帰途に就く際には「悩みました。今日は何も言えないです。明日話をするので、待っていてください」と話すにとどめたが、球団には既に権利行使の意思を伝えている。

 敦賀気比から社会人野球の王子に進み、15年ドラフト5位で入団。巧打の内野手として1年目から開幕1軍を射止め、16~18年のリーグ3連覇に貢献した。19年に外野へ転向。悪球をしぶとくヒットゾーンへ運ぶなど、巧みなバットコントロールに定評がある。

 8年目の今季は夏場から終盤にかけて右脇腹痛による離脱があったものの、2年ぶりに規定打席に到達し、出場109試合でリーグ2位の打率・305、9本塁打、56打点をマーク。47試合で4番を務め、5年ぶりのクライマックスシリーズ進出に貢献した。

 球団は、打線の中核を成す主力の慰留に努めてきた。2日にあった残留交渉では、今季年俸1億2000万円から大幅増となる3年契約で総額6億円(推定)を提示したとみられ、西川は「思った以上にいい条件でした」と語った。だが、宣言後の残留可否については話し合われておらず、権利行使で退団の流れは避けられない。

 通算2970打席で打率・299を誇る左打者を巡っては、オリックス、ソフトバンクなどが興味を示しており、FA宣言を受け、本腰を入れて獲得に乗り出すとみられる。今後、争奪戦に発展するのは確実な情勢だ。

 昨季は取得した権利を行使せず、単年契約で残留を決断。決め手を問われると「新井さんです」と即答し、就任したばかりの新監督の名前を挙げた。かねて「違うリーグで力を試してみたい」という希望を持っており、自らの信念に従って初志を貫いた格好だ。 (江尾 卓也)

 ◇西川 龍馬(にしかわ・りょうま)1994年(平6)12月10日生まれ、大阪府出身の28歳。敦賀気比(福井)では主将として3年春の甲子園出場。王子を経て、15年ドラフト5位で広島入り。19年に外野手転向し、6月5日の西武戦で27戦連続安打をマーク。今季は109試合で打率.305、9本塁打、56打点だった。1メートル76、83キロ。右投げ左打ち。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/11/14/kiji/20231114s00001173053000c.html

【広島・西川龍馬がFA権行使を決断!退団の見通し オリックス、ソフトバンクなどが興味示す】の続きを読む

このページのトップヘ