SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

広島東洋カープ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 18:01:07.82 ID:/yhyTjLm0
【高卒3年目以内での打率3割達成者】>>1970年以降


掛布雅之(阪神/1976年)
打率.325(406-132) ☆3年目

清原和博(西武/1986年)
打率.304(404-123) ☆1年目

立浪和義(中日/1990年)
打率.303(511-155) ☆3年目

前田智徳(広島/1992年)
打率.308(493-152) ☆3年目

イチロー(オリックス/1994年)
打率.385(546-210) ☆3年目

城島健司(ダイエー/1997年)
打率.308(432-133) ☆3年目

坂本勇人(巨人/2009年)
打率.306(581-178) ☆3年目

村上宗隆(ヤクルト/2020年)
打率.307(424-130) ☆3年目

小園海斗(広島/2021年)
打率.315(178-56) ☆3年目←これ

【カープ・小園海斗(21)くんの偉業達成が現実味を帯びる!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/22(火) 23:54:55.34 ID:CAP_USER9
 広島の鈴木誠也外野手(26)と森下暢仁投手(23)が22日、新型コロナウイルスのワクチン接種の副反応が出たため、試合前練習を欠席した。

 東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」に選出されており、選手任意で21日にワクチン接種を受けていた。

 蔦木トレーナーは「ワクチンによる副反応があったと思われるので、大事をとって練習に参加しませんでした」と話した。症状については、個人情報保護の観点から明かされなかった。

 森下は自宅で静養。鈴木誠は練習開始時にグラウンドに姿を見せただけだった。佐々岡監督は23日以降について「本人の体のこともある。とにかくあしたの様子を見て」と話した。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a0358c88cfd149e7163905e6e6c517b7799604a

【広島・鈴木誠と森下にワクチン接種の副反応】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/17(木) 23:36:29.48 ID:CAP_USER9
 野球の東京五輪代表に選出されていた広島・会沢翼捕手(33)が故障のため代表を辞退することが17日、デイリースポーツの取材で明らかになった。
代わって阪神・梅野隆太郎捕手(30)の選出が決定的で、18日にも正式発表される。

 会沢は15日・西武戦(マツダ)の八回の守備中に左脚を痛めて途中交代。16日に広島市内の病院で検査を受け、同日、出場選手登録を抹消された。
蔦木トレーナーは「左足のコンディション不良です。3軍調整になります」と説明。長期離脱の可能性が高まっていた。

 梅野はプロ入り8年目。昨季まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞するなど、堅守で近年の阪神を支えてきた。
今季はここまで59試合に出場し、打率・225、1本塁打、18打点。セ・リーグトップの得点圏打率・381をマークするなど勝負強い打撃で首位快走に貢献してきた。

 梅野はプロ入り後に代表経験はなく、今回が初の侍ジャパン入りとなる。

https://www.daily.co.jp/baseball/2021/06/17/0014424246.shtml

【広島・会沢捕手が故障で東京五輪代表を辞退 代役は阪神・梅野が決定的】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/16(水) 23:10:31.65 ID:CAP_USER9
「日本ハム8-1広島」(16日、マツダスタジアム)

 広島は、日本ハムに敗れ、交流戦を3勝12敗3分で終えた。3勝は、15年のDeNAに並びワーストタイとなった。また、18試合連続で先発投手が未勝利。交流戦で先発に白星がつかなかったのは史上初。

 新型コロナウイルス陽性判定から復帰登板となった九里は、5回5安打2失点。その後、六回から登板したコルニエルや中田が打ち込まれた。

 打線は五回、野間の適時内野安打で奪った1点のみだった。試合後の佐々岡監督の一問一答は下記の通り。

 -交流戦最後は悔しい結果に終わった。

 「昨日、ああいう勝ち方をして、きょうにつながれば、と思ったんだけど。こういう結果で終わり、球場に来てくれたファンに申し訳ない」

 -九里については。

 「本来の球ではなかったかもしれないけど、何とか2点で試合をつくってくれた」

 -攻撃はあと1本でなかった。

 「力のある球に、スライダー、カーブにやられた」

 -新型コロナウイルス陽性判定など、難しい戦いだった。

 「コロナで、という言い訳はない。チーム全体厳しい状況で、若い選手はチャンスがあった。チャンスをものにした若手は、くらいつく姿勢はみせてくれた。それが勝利に結びつかない歯がゆさは、みんなが持っている」

 -先発投手に勝ちがつかなかった。

 「打線との兼ね合い等で、良い投球をしても勝てない、打線が打ったら打たれるという歯車がかみ合わないこともあった。先発がしっかり試合をつくって、攻撃が先制するという形をつくっていかないと。もう一度、原点にかえって戦いたい」

 -東京五輪の野球日本代表に5人が選ばれた。

 「名誉なこと。五輪は4年に1回。選ばれた選手は頑張ってほしい。日本のためにやってほしい」

 -会沢は下半身のコンディション不良で抹消された。

 「どんな状況になるか、ケガの状況によって。選ばれた以上は、そこに目指してやると思う。メンバーに入って金メダルを目指したいという気持ちは持っているという思う」

6/16(水) 23:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d84319a99fd61ff6e59475696f5d69797dc716d

【交流戦最下位に終わった広島・佐々岡監督「球場に来てくれたファンに申し訳ない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/13(日) 21:56:46.44 ID:CAP_USER9
◇○オリックス9―8広島●(13日・京セラドーム大阪)

 広島は九回に3点差を追い付いたが、その裏に抑えの栗林が今季初失点し、サヨナラ負けを喫した。引き分けを挟んで7連敗となり、交流戦の最下位が確定するとともに、リーグでも最下位に転落した。試合後の佐々岡真司監督の主なコメントは次の通り。

 ◇広島・佐々岡監督

 (23試合目で初失点の栗林)入りであれだけ引っ掛けているのがね。真っすぐを引っ掛けているのは(腕が)横振りだったのか、違うバランスだったのか……。(栗林で負けたなら)仕方がないよね。もちろん責められないし、切り替えてまた頑張ってほしいと思います。

 (交流戦最下位が確定し)あと3試合、地元なんで必死にやるだけです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/38f74fa168fe88df1d79728ee1f34bdf6a7d493b
6/13(日) 21:08配信

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/data/standings/index.html?bw_pageId=info0201
順位表

【クローザー栗林が今季初失点でサヨナラ負けの広島、交流戦最下位確定 佐々岡監督「栗林は責められない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/13(日) 16:59:09.01 ID:CAP_USER9
◇交流戦 広島8ー9オリックス(2021年6月13日 京セラD)

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が、13日のオリックス戦で、ついに初失点を喫した。デビューから22試合連続無失点と自身の記録更新中だったが、23試合目でついに記録がストップした。

 同点に追いついた9回から登板。3つの四球などで1死満塁のピンチを招き、ロメロは三振に仕留めたものの、T―岡田に右前へサヨナラ適時打を浴びた。

 栗林は8日のソフトバンク戦で、開幕から21試合連続無失点を達成し、13年に河内貴哉が達成した球団記録に並んでいた。

 栗林はドラフト制以降の新人では、19年のソフトバンク・甲斐野(13試合)を超えるプロ野球新記録を更新中だった。さらに今春はオープン戦4試合を含む対外試合は7試合連続無失点で、名実ともにプロ入り後“初失点”を喫した格好だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e370eef003c98edeeaeff283b149c93702d6f585
6/13(日) 16:46配信

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/08/jpeg

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021061305.html
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=jzswmKU0gCA
【ついに初失点】広島・栗林良吏・プロ初失点 オリックス交流戦最終戦サヨナラ勝ち【2021年6月13日】(対T-岡田全投球)

【広島・栗林陥落! 開幕からの連続無失点記録は22試合でストップ 23試合0勝1敗11S 0.39】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/07(月) 12:47:53.41 ID:CAP_USER9
 今季、一軍ショートのポジション奪取に挑戦している小園海斗。昨年はわずか3試合(一軍)の出場に終わったが、リベンジを期す今シーズンは、6月7日現在で、スタメンに定着し、打率.381のハイアベレージを残している。

 ここでは、かつてのドラフト1位・小園が、一軍のチャンスを勝ち取るため、胸に秘めてきた言葉をクローズアップする。

◆「一軍・ショートのポジションを狙う」

 自主トレではヤクルトの山田哲人に弟子入り。球界を代表するスラッガーから得た助言は、打撃・守備の両面で小園海斗の意識を変えていった。二軍スタートとなった春季キャンプ中、小園はこう話し、未来を見すえていた。

「一軍のショートのポジションを狙うのが目標です。そのために、まずは一軍に定着して、任されたところで全力でプレーできたらと思っています」

 昨季、悔しさを味わった小園が、巡ってきたチャンスを逃すはずもなかった。4月下旬に一軍昇格すると、登録以降、ショートでスタメン出場を続け、4割に迫る打率を記録。今もなお一軍のショートとして輝きを放っている。

【小園海斗の今季成績】>>6月7日現在
20試合 打率.381 24安打 0本塁打 7打点

https://news.yahoo.co.jp/articles/44723185b6dddd57c24d50fc5ca8e029e4c9f800
6/7(月) 12:01配信

【カープ小園海斗が狙うはレギュラー定着。攻守に欠かせぬポイントゲッターに 20試合 .381 0本 7打点】の続きを読む

このページのトップヘ