SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

北海道日本ハムファイターズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 23:11:50.55 ID:CAP_USER9
10/3(月) 11:06配信 Number Web
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3ec54f6bcb647070f9b839f09786c2d67310c3e

 注目を一身に集めたプロ入りから5年。日本ハム・清宮幸太郎は今、自身の「現在地」をどのように捉えているのか。BIGBOSSとの出会いがもたらした大きな変化。同学年のヤクルト・村上宗隆への本音は――。プロ入りから清宮を見続けてきた担当記者が綴った。(全2回の1回目/#2へ)

 変わりたい――。そう誓って臨んだ清宮幸太郎 の5年目シーズンが終わりを迎えようとしている。今季から就任したBIGBOSSこと 新庄剛志監督に多くのチャンスを与えられ、打率は2割前後ながら試合数、本塁打でキャリアハイの数字をマーク。もがき苦しみながら、一歩一歩着実に成長を遂げた1年だった。
「やっぱり変わりたかった」5年目の清宮が口にした渇望

 今年1月の自主トレ公開から、今シーズンに懸ける思いはひしひしと伝わってきた。ソフトバンク・柳田悠岐、ロッテ・安田尚憲らと並んだ清宮は、驚くほどスリムになっていた。「ここにいるメンバー中では余裕で一番食べていますけどね」と笑った顔はシュッと引き締まり、明らかに体つきが変わっていた。シーズン開幕直後、減量に踏み切った理由をこう語った。

「やっぱり変わりたかった。変わりたかったのが一番です」

「変化」への渇望を口にした。昨シーズンは初めて一軍昇格無し。同世代が大学や社会人野球を経てプロ入りするプロ5年目のシーズンに、危機感を誰より感じていた。

「周囲からは見た目が変わったと言われますが、やるからにはそれくらいやりたいし、誰がどう見ても変わったなと言われるようにしようと決めていました。やっぱり動きやすいですよ」

 すべての始まりは、BIGBOSSの言葉だった。秋季キャンプを視察に訪れた指揮官は、体重100kgを超えていた清宮に「ちょっとデブじゃね? やせない?」と声を掛けた。仙台から東京への新幹線移動の間に牛タン弁当7個平らげたという逸話を聞きつけ、ダイエット指令を出したのだ。打球が飛ばなくなることを心配して減量することに躊躇もあったというが覚悟を決めた。

 すぐ行動に移した。朝食前に時速6kmで歩くと脂肪燃焼効果があることを知り、秋季キャンプでは同部屋の吉田輝星と共に早朝散歩した。寮のある鎌ケ谷に戻ってからも継続し、わずか1カ月ほどで4、5kg減に成功。食事面ではドレッシングやたれで使わずに余分な糖質をカットし、年明けには昨秋のキャンプからさらに1kgの減量を果たした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【日本ハム・清宮幸太郎が語る23歳の現在地「ちょっとデブじゃね?」から始まった1年 BIGBOSSへの思いと、それでも貫く「ホームランは正義」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 07:57:04.36 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 10/3(月) 6:00

 ◇パ・リーグ 日本ハム4―2西武(2022年10月2日 ベルーナD)

 日本ハムの松本剛外野手(29)が打率・347で自身初タイトルとなる首位打者を獲得した。今季最終戦の西武戦は「4番・DH」で先発出場して2打数無安打だった。7月中旬の左膝蓋(しつがい)骨骨折で約1カ月間離脱しながら、自身2度目のシーズン規定打席にも到達。苦しみながら、飛躍した今季を振り返った。

 ――初タイトル獲得への思いは。

 「本当にただただうれしい。苦しいことの方が多いのが僕の今のところのプロ野球生活。11年目で獲れて、諦めずにやり続けたら必ずいいことがあると感じられた」

 ――新庄監督からはどんな言葉を。

 「“本当におめでとう”と言っていただけた。最後の円陣でも僕が首位打者を獲ったことをみんなに報告してくれて、僕もちょっと実感が湧いた」

 ――飛躍の要因は。

 「去年ファームに1年いて(1軍出場は47試合)、どうしたらヒットを打てるかということに特化して取り組んだ。オフもその継続。長打が打てるタイプではないので、打率で表現しない限り、この世界で生きていけないなと。打率とヒット数にこだわってやろうと去年に自分の中で決め、1軍の舞台で表現することができた」

 ――開幕戦で2安打。新庄監督は「1日で人生が変わる」と言うが、好例となった。

 「オープン戦でなかなか試合に出られない中、開幕戦のスタメンで使ってくれた。あの試合で打っていなかったら、今の僕はないと言い切れる。あの試合の(2回の第1打席で)千賀さんのフォークを内野安打にしたのが、今年の僕を大きく動かしてくれたのかなと思っている」

 ――首位打者を意識したのは。

 「絶対獲ってやろう!と思ったのは(規定打席まで)残り30打席を切ってから。(2位のオリックス・吉田正の打率が)気になり出したのは、ここ1~2週間。それまでは全く見ていない。向こうの方が凄い選手だと僕が一番分かっている。僕は僕のやり方で1本でも多く打とうと」

 ――骨折した時は心が折れかけたのでは。

 「心、折れてましたね。もう試合に出られない。規定打席到達には間に合わないだろう。終わったな…と。完全にそう思ったけど、ボス(新庄監督)が(試合に)使ってくれた。こんな足の状態で。そこには感謝しかない。支えてくれたトレーナーにも感謝したい」

 ――来季の目標を。

 「個人としては納得のいくシーズンで、決めたことをやり通せた凄くプラスな一年。ただチームとしては悔しいシーズンで、良い試合をファンの皆さんになかなか見せられなかった。来季は勝つことにこだわり、優勝を目指して個人としても頑張っていきたい」

 ≪チームでは14度目の首位打者≫松本剛(日)が打率・347で自身初の首位打者。チームでは07年稲葉篤紀(・334)以来5人目で14度目の獲得となり、右打者では初めてだ。また、右打者のシーズン最高打率は、08年内川(横浜)の・378だが、日本ハムでは東映時代の70年に大杉勝男が記録した・339を52年ぶりに上回る最高打率になった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/96b3104f97cd3950830f26c06f0a420a12c0dd49

【日本ハム・松本剛が首位打者獲得 思い出す開幕戦「あの試合で打っていなかったら、今の僕はない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/29(木) 16:53:03.09 ID:CAP_USER9
9/29(木) 16:49配信
スポニチアネックス

日本ハム・新庄監督「ビッグボス」の呼称は継続で「気軽にBIG BOSSと声をかけて」

 日本ハムの新庄剛志監督(50)が来季続投決定から一夜明けた29日、自身のインスタグラムを更新。前日28日の本拠地最終戦セレモニーの写真を掲載し「今年で札幌ドームと共にBIG BOSSを卒業します。1年間の長いトライアウトが終わり来年からが本当の勝負となります」と、コメントをつづった。

 最終戦セレモニーでは「BIG BOSS」の登録名から、来季は現役時代に使用した「SHINJO」に変更すると表明。「新庄剛志としてエスコンフィールドで1人でも多くのスーパースターを出していきます」と意気込みを示し「球場では気軽にBIG BOSSと声をかけてくれたらうれしかばい(いずれも原文まま)」と、来季も「ビッグボス」の呼称は継続を求めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ce4eb6052192d306ae13bdd66cad95f790be111

【日本ハム・新庄監督「ビッグボス」の呼称は継続で「気軽にBIG BOSSと声をかけて」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/28(水) 22:19:59.32 ID:CAP_USER9
9/28(水) 22:16配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe4d9c24b7d1bc42b22be07d02b7fd93b1f49be

 ◇パ・リーグ 日本ハム3―11ロッテ(2022年9月28日 札幌D)

 就任1年目の日本ハム・新庄剛志監督(50)が28日、来季続投を??ビッグボス流??で正式表明した。

 2004年から19シーズン苦楽をともにした本拠地・札幌ドーム最終戦。「BIGBOSS」のユニホームに別れを告げ、06年に日本一を勝ち取った「SHIHJO」の登録名が刻まれたユニホームを着た新庄監督が、新球場元年となる来季も続投することをファンに宣言した。

 就任時に球団から複数年契約を打診されたが1年契約を希望。球団幹部は「契約した時からスタンスは変わっていない」と来年3月に開場する新球場の顔として来季続投の方針を示していたが、新庄監督は「(チームが)成長できないかなと思ったら分からない」と態度を保留してきた。

 26日には自身のインスタグラムで「突然ですが9月28日札幌ドーム最終戦 皆様にご報告があります」と??におわせ投稿??。すべては、この日のサプライズのためだった。「BIGBOSS」の愛称とは別れを告げ、06年の日本一を勝ち取った「SHIHJO」の登録名で来季、本気の逆襲を誓った。

【「BIG BOSS辞めます」日本ハム・新庄剛志監督が来季続投正式表明!札幌D最終戦セレモニーで驚きの演出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/28(水) 12:11:32.96 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 9/28(水) 11:45

日本ハム対ロッテ 3回裏日本ハム無死、左越え三塁打を放つ松本剛

<日本ハム14-0ロッテ>
◇27日◇札幌ドーム

 打率リーグトップの日本ハム松本剛が、5試合ぶりに先発出場。2打数1安打で、打率3割4分9厘のまま。あと1打席で規定打席に到達する。

 1打席目はまさかの併殺も、先頭の3回、左越え三塁打で出塁。そのまま途中交代した。ベンチへ引き揚げる際は、新庄監督がハイタッチで出迎えた。28日も出場予定で、松本剛は「最後にヒットを打って3割5分で終わりたい」と意気込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/549abde187537dc38e4c2dda6f76f29159427ee9

【「3割5分で終わりたい」パ・リーグ首位打者の日本ハム・松本剛、規定打席確定まであと1[9/27]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 23:35:07.68 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/378dbb88e77b2091aba7aef5928db74a24019924
「日本ハム14-0ロッテ」(27日、札幌ドーム)

 日本ハムが清宮の自身初となるグランドスラム、プロ入り最多の1試合4安打、6打点など大爆発。
チームも16安打今季最多の14得点で圧勝した。

 清宮は試合後のヒーローインタビューで満塁弾について「ちょっと意識はしてました。まだ打ったことないなと。めちゃくちゃ狙ってたわけではなかったんですけど、打った時には〝初めて〟だ、と思った」と、笑顔。
残り2試合。「20本、意識はしてます。してないっていったら嘘なんで。2試合しかないですけど、できる限りのプレーをしたい」と、誓った。

 そして、28日の札幌ドーム最終戦に向けて新庄監督の現役時代をほうふつとさせる「明日も勝つ!」で、締めくくった。

 試合後は札幌ドームの思い出を「色んなことを経験させてくれた場所。感謝の気持ちをもって、噛みしめてやりたい。悔しさの方が多いですね。圧倒的に」と語り、「明日は勝つ!は、新庄さんをちょっと意識しました!でもあれですよね、新庄さんがあれ言った時って勝てないんですよね」と笑いながら

「でも、明日は勝ちたいんで」と見据えた。

【プロ入り初満塁弾など6打点の大暴れ!!日本ハム・清宮、札幌D最終戦へ新庄ボスばり「明日も勝つ!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 16:30:45.16 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/baseball/2022/09/26/0015671822.shtml

 日本ハム監督の新庄剛志ビッグボス(50)が26日、自身のインスタグラムを更新し、
「突然ですが、9月28日の札幌ドーム最終戦 皆様にご報告があります」と投稿した。

背番号1のユニホーム姿で札幌ドームに向かって立つ背後からの写真を添え、何らかの重大報告を行うことを示唆した。

 28日には本拠地最終戦のロッテ戦(札幌ドーム)が予定されており、「是非、球場の方に足を運んでもらえると嬉しいです」と、ファンへ来場を呼び掛けた。

 コメント欄には早速、「まさか、悪い方かね?」「辞める報告イヤいや~」「続行ですよね~」などの言葉が並んだ。

 新庄ビッグボスは就任1年目の今季ここまで139試合を戦い、56勝80敗3分け、勝率・412。3試合を残して最下位が既に決定している。

 来季去就についてはこれまで明言をしていない。
節々に来季についての熱い思いを語る一方で、「「球団から『お願いします』と言われても、残り試合でこのチームが成長できないかなと思ったらわからないし。
オレっていう人間はオレもわからんから。『あとは頼んだ』ってなるかもしれないよ」などと話している。

http://imgur.com/zGz6HPI.jpg

【退団か!? 新庄ビッグボスが意味深投稿 28日本拠地最終戦で「皆様にご報告があります」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 06:42:20.08 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/750709ae1f7bca0f3714b5724e369806a7f744f6
「約束は守ります!」。開幕前にBIGBOSSが掲げた“スター誕生”のための公約が、ほぼ実現した。

 日本ハム新庄剛志監督(50)が、楽天24回戦(札幌ドーム)で、ドラフト1位達孝太投手(18)ら新たに高卒新人の3投手を今季初起用。
故障離脱中の新外国人、ジョン・ガント投手(30)を除いた支配下68人を1軍で起用したことになり、プロ野球のシーズン最多記録を更新した。

 来季デビューと思われていた高卒ルーキーたちが、次々と本拠地・札幌ドームのマウンドに立った。
先発したドラフト1位達は、3四球と制球に苦しみながらも、3回を1安打無失点。達の勢いに乗せられるように、2番手の同5位畔柳は自己最速を更新する152キロをマーク。3番手、同7位松浦は2連続長打を浴びて2失点も、新庄監督は「球は一番、松浦君が良かった。回転数が2600ぐらいで、すごい数字らしいですよ。打たれはしましたけど、思い切りがいい」と話した。
チームは5年ぶりに80敗到達も「3人とも良かったですよね。来年、面白い」と、BIGBOSSの声が弾んだ。

 あえて同じ試合に3投手のデビューを設定し、ライバル心を刺激した。球団方針では、故障のリスクなどを避けるため、高卒投手の1年目は体作りに専念。1軍デビューは2年目以降が通例だった。
「大事な選手だけど、でも(1軍で)見たいんですよ。なんとか投げさせたいという気持ちを、球宴前ぐらいから球団側に伝えていた」。フロントを説得して、晴れの舞台を整えた。

 開幕前の公約を守った。「来年、シーズンが始まり、僕と一緒に戦って行く選手全員を1回は、あの大歓声の1軍のグラウンドに立たせる事を、ここで約束します」とツイッターで呟いた日から324日目。
69人いる支配下選手のうち68人を1軍で起用して、アピールチャンスを与えた。「約束は守りますよ」と、うなずいた

BIGBOSSは「優勝は目指さないっていうのも、守ったしね(笑い)」。近づく札幌ドーム閉幕の日とともに、トライアルの1年が間もなく終わる。

【日本ハム・新庄ビッグボス公約ほぼ実現 支配下68人を1軍起用「優勝目指さないのも守ったしね(笑)」】の続きを読む

このページのトップヘ