SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

埼玉西武ライオンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 09:12:42.50 ID:CAP_USER9
※[2022年5月20日5時0分]日刊スポーツ

右人さし指骨折から復帰を目指す西武森友哉捕手が、交流戦開幕の24日中日戦(バンテリンドーム)で1軍復帰することが濃厚となった。

4月2日に捕手のマスクを投げつけたことで骨折。今月11日にDHで約5週間ぶりにイースタン・リーグで実戦復帰した。17日の同リーグ楽天戦からは3戦連続で捕手でスタメン出場しており、着実にステップアップしている。

かねて辻監督は、DHでの昇格はなく、守備の不安も払拭(ふっしょく)された段階で1軍に上げる方針を示していた。捕手での実戦を積み、指揮官は「もうちょっとでしょ」と交流戦からの合流を示唆。3連敗中で4日以来2週間ぶりに借金を背負ったチームは、投手陣の踏ん張りが目を引く一方で、チーム打率は2割2分5厘に沈む。打線は本塁打、打点2冠の山川以外は湿り気味だけに、森が戻れば起爆剤となる。

続きは↓
https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202205190000846_m.html?mode=all

【西武・森友哉が24日交流戦開幕戦で1軍復帰濃厚、下降気味の打線起爆剤に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 07:54:43.45 ID:CAP_USER9
5/17(火) 6:15配信
東スポWeb

西武のエース・高橋光成は4連勝中だ(東スポWeb)

 春の珍事か、それとも…。近年は投壊に泣かされ続けてきた西武のチーム防御率が激変している。15日現在、2・42と楽天を0・09ポイント抑えてリーグ首位、トップがヤクルトの2・90というセ・リーグを含め12球団のトップに立っている。

 昨年までチーム防御率は4年連続でリーグワースト。まさに劇的な改善だ。4連勝中のエース・高橋光成が登板8試合中、4試合でハイ・クオリティー・スタート(HQS=7回以上を自責点2以内)の防御率1・67の安定感を見せ、ドラフト1位・隅田は1勝4敗ながら防御率は2・70、2位・佐藤も2勝3敗と黒星先行ながら防御率3・90と経験を積みながら試合を作っている。

 そして今井の出遅れをエンス(2勝2敗、防御率2・59)、スミス(1勝、防御率1・08)の新外国人投手がカバー。ここ4年間、4・07~4・87のレンジにあった先発陣の防御率は現時点で2・97と未知の数字をたたき出している。豊田投手コーチが就任した2020年以降、高位安定が続いているブルペン陣とようやくバランスが取れ、チーム防御率は西武らしからぬ数字が踊っている。

 2018年オフにエース・菊池雄星(現ブルージェイズ)がメジャー流出して以降、ドラフト補強を含めて「投手王国再建」を標ぼうしてきた渡辺GMにとっては、念願成就に片手をかけた感があるのかもしれない。

 もちろん関係者が「去年だって春先の投手成績はよかった。油断禁物。問題は夏場以降」と警鐘を鳴らすように重要なのは今ではなく、シーズンをどう終わらせるかだ。西武投手陣の数字からも目が離せない。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220517-04196123-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d9bf514d3a84782b0c9f84e6689ec6c42d37c790

【西武激変!チーム防御率「12球団トップ=2・42」は春の珍事か投手王国再建か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 08:55:10.17 ID:CAP_USER9
※[2022年5月8日4時45分]日刊スポーツ

<とっておきメモ>

<西武2-3日本ハム>◇7日◇ベルーナドーム

おかわり君がミスターに並んだ。西武中村剛也内野手(38)が通算444号本塁打を放った。

国民的スーパースター長嶋茂雄氏(86=巨人終身名誉監督)の数字に到達した。

   ◇   ◇

FAの選手流出が多い西武において、中村は入団から一筋21年を貫く。理由を「特にないですよ。別に」と1度、いつものようにはぐらかしてから、笑って続ける。

「ライオンズから出て行くという選択肢というのが、僕の中ではなかった。あと僕、人見知りなので。だから環境を変えて、野球をやれるほどコミュニケーション能力は高くないので」。

もちろん球団の愛着もある。「人見知り」という言葉で残留のわけを語るのは、中村らしいが、いずれにしても環境を変えないことで野球に集中してきた。

続きは↓
https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202205070001036_m.html?mode=all

【中村剛也、FA流出多い西武で一筋「環境を変えてやれるほどコミュ能力高くない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 09:56:38.55 ID:CAP_USER9
>>5/8(日) 6:10Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE

 今シーズンから投手コーチを兼任している西武のベテラン左腕、40歳の内海哲也がプロ野球史上で92人目となる通算2000投球イニングを達成した。
 本拠地ベルーナドームで7日に行われた日本ハムとの7回戦で先発。今シーズン初登板を果たした内海は5回を投げ終えた時点で、現役では岸孝之、涌井秀章(ともに楽天)、石川雅規(ヤクルト)、金子千尋(日本ハム)に次いで大台に到達した。
 内海は5回を3安打1失点に抑える好投を見せ、勝利権利を得て交代したが、直後の6回に、守備の乱れなどもあり2番手の平井克典が踏ん張れずに逆転を許し、昨年6月9日の横浜DeNA戦以来となる通算136勝目は幻と消えた。なお試合は3-2で日本ハムが勝ち連敗を4で止めた。

5回1失点の好投も勝利逃す
 万雷の拍手が降り注ぐベルーナドームの三塁側ベンチ前で、内海は深々と一礼した。手渡された記念のボードには、大きく「2000」と記されていた。
 敦賀気比高から東京ガスをへて入団した巨人でのルーキーイヤー、2004年5月25日の広島戦で一軍初登板を果たしてから19シーズン目。通算331登板で到達した2000投球イニングを、4月29日に40歳になったばかりのベテラン左腕は「この記録は、何がなんでも達成したいという気持ちがあった」と感慨深げに受け止めた。
「何年も前からずっと言われていたけど、なかなか達成できなかった。このまま終わっちゃうんじゃないか、という時期もありましたけど、それでも腐らずに、あきらめずに頑張ってきた。シーズンの初登板で達成できて、本当によかったと思っています」
 FA宣言で巨人入りした炭谷銀仁朗(現楽天)の人的補償として、西武へ移籍したのが2018年12月。しかし、新天地での1年目は左前腕部の故障で一軍登板なしに終わり、2020年と21年も登板6試合、合計投球回数も「26」にとどまった。
 その間、年齢が大きく離れた若手選手にまじって、ファームで練習に打ち込んだ。内海をして「僕なんかがいるとあまりよくないのかな、という気持ちもあった」と苦笑させた日々が、このまま終わっちゃうんじゃないか、と思った時期でもあるのだろう。
 それでも体を突き動かした原動力を、内海は照れくさそうに明かした。
「野球が好きだということと、(登板前は)本当に緊張するんですけど、それでもこの舞台を経験すると病みつきになるというか、また帰ってきたい気持ちになるんです」

続きは↓
Yahoo!ニュース: 「腐らずあきめず」西武の投手コーチ兼任の40歳サウスポー内海哲也が達成した通算2000イニングの価値(Yahoo ....
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cfa03d211533543b9009c849ce56a39b8224e78

【「腐らずあきめず」西武の投手コーチ兼任の40歳サウスポー内海哲也が達成した通算2000イニングの価値】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 15:43:49.19 ID:CAP_USER9
(パ・リーグ、西武-日本ハム、7回戦、7日、ベルーナD)西武・中村剛也内野手(38)が四回に2号ソロを放った。通算444本目として長嶋茂雄氏(巨人)に並んだ。歴代14位タイ。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/b37b0f045d68678b3989381a900d643a9fa5f73e

【西武・中村剛也が2号ソロ 通算444本塁打で長嶋茂雄氏に並ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/06(金) 22:06:41.48 ID:CAP_USER9
西武の西口文也2軍監督(49)が、阪神戦の10回に安打を許し、完全試合を逃した中日大野雄について、球団を通じてコメントした。
「僕と一緒ですね。自分の時も0対0で延長に突入しましたが、記録よりも点を与えないことに集中していました。とにかく勝ちたかったので、
10回表に1本打たれた後の方がさらにギアが入った、と記憶しています。大野投手も同じ気持ちだったんじゃないですかね」。

中日大野雄は阪神打線を9回完全投球。しかし、味方打線も阪神青柳から得点できず、0-0のまま延長戦に突入した。
大野雄は10回2死から阪神佐藤輝に中越えの二塁打を許し、記録はストップした。先発投手が9回完全に抑えながら延長戦に入るのは、
05年8月27日西武-楽天戦の西口以来。西口も延長10回に先頭打者の沖原に右安打を打たれ、完全試合達成とはならなかった。

大野雄と西口2軍監督は同じ9月26日生まれ(大野雄は1988年生まれの33歳、西口2軍監督は1972年生まれの49歳)という偶然の一致? 
も重なり、SNS上では「同じ星の下ってあるんだね」「奇妙な縁だね」などコメントが寄せられた。

ちなみに、この日の巨人戦でプロ初本塁打を放ったヤクルト長岡秀樹内野手(20)も、2人と同じ9月26日生まれ(2001年)だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed2b15f384dd5f5591c58c983c84dd418ee665e5

【「僕と一緒ですね」西武・西口文也2軍監督が10回に安打を許して完全試合を逃した中日・大野雄についてコメント】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/06(金) 08:06:13.34 ID:CAP_USER9
>>5/5(木) 23:12 スポニチアネックス

 プロ野球・西武の源田壮亮内野手(29)が「こどもの日」の5日、デザインを監修したサイン入りキッズグラブを本拠ベルーナドームで小学生以下の来場者全員に配布。野球観戦だけでなくプレーする楽しさを知ってほしいと源田が企画し、試合でも先制適時打を放ち盛り上げた。

 しかし、この源田のプロ野球選手を夢見る子供たちへの思いを踏みにじる行為が試合後に行われた。配布されたキッズグローブが何と、ネットのオークションサイト「ヤフオク」や「メルカリ」に「非売品 源田選手監修 キッズグローブ」などといった商品名で大量出品されたのだ。値段は2800~4000円くらいの価格帯で、「SOLD」の印も多数付いていた。中には「5月5日」「来場者に配布されたグローブ」などの商品名で配布時のまま透明のビニール袋に入れられた形で出品されているものもあった。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/406ef65513d8e3e934d4ebd016b3048d429f90e6

【西武・源田の思い踏みにじる行為に怒りの声 こどもの日に配布グラブがオークション大量出品「もうメルカリに出てるのかよ…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 08:12:48.13 ID:CAP_USER9
Full-Count5/3(火) 8:05配信
https://full-count.jp/2022/05/03/post1215763/

ベルーナドームで1日に開催され、幼児から小6まで1089人が参加した

 野球人口減少を食い止めるために、カテゴリーを超えて結束する。プロ野球の西武をはじめ、埼玉県高校野球連盟や中学生の硬式野球など19の団体による「埼玉県野球協議会」が1日、イベントを初開催した。バットやグラブを手にしたことのない幼児や小学生に野球のおもしろさを伝え、競技人口拡大を目指している。

 子どもたちの笑顔や活気に満ちたイベント開催の背景には、強い危機感がある。幼児から小学6年生までの野球初心者を対象とした体験イベント「埼玉baseballフェスタinベルーナドーム」が西武の本拠地ベルーナドームで行われ、子どもと保護者合わせて1089人が参加した。

 イベントを主催したのは、3月に設立された「埼玉県野球協議会」。西武をはじめ、県内の大学や県高野連、中学野球や女子野球など、カテゴリーを超えた19の団体が加盟している。協議会発足後初となるイベントでは、グラブやプラスチック製のバット、柔らかいボールなどを用意。ホームラン競争、スピードガンによる計測、ストラックアウトといった体験を通じて、野球の楽しさを伝えた。西武の球団経営企画部マネージャー・松本有氏は「こんなに来てくれて、しかも楽しそうにやってくれているので嬉しいです。『野球って楽しい』と思って帰っていただければと思います」とうなずいた。

 子どもたちの指導役は、西武が小・中学生向けに開講している「ライオンズアカデミー」のコーチの他、埼玉県内に練習拠点を置く立教大野球部員、県内の高校球児、中学生らが務めた。これだけ幅広いカテゴリーから選手が集まるイベントは異例といえる。共通しているのは、野球人口減少への危機感だ。松本氏は「少子化だから仕方がないという声もありますが、そうではありません。この10年間で全国の子どもの数自体の減少は10%ほどなのに対し、軟式の少年野球チームの数は30~40%減、中学校の野球部員に至っては半減しています。いろいろな理由があると思いますが、みんなで意思統一をして食い止めていきたいです」と力を込める。

 野球人口減少の一因に指摘されているのは、プレーできる場所がないこと。空き地や広場は減り、キャッチボールが禁止されている公園も多い。埼玉県野球協議会は、子どもたちが野球に触れる機会を今後も増やしていく予定。野球の裾野拡大へ、各団体の力を結集して活路を見出す。

宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki

【野球人口減少を食い止めたい 西武と埼玉県の18団体が“未経験”の子ども向けイベント】の続きを読む

このページのトップヘ