SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

埼玉西武ライオンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/31(木) 18:43:43.34 ID:CAP_USER9
>>2022年03月31日 17:09野球

【第94回選抜高校野球大会最終日 決勝 大阪桐蔭18─1近江 ( 2022年3月31日 甲子園 )】 第94回選抜高校野球大会で大阪桐蔭が2018年以来4年ぶり4回目の優勝を果たしたことを受けて、OBで西武に所属する中村剛也内野手(38、01年度卒)、森友哉捕手(26、13年度卒)が祝福のコメントを寄せた。

▼中村 優勝おめでとうございます。勝って当たり前というプレッシャーの中で勝ち切ったことは凄いことだと思います。もっといいチームになれるようにこれからも頑張ってください。

 ▼森 センバツ優勝おめでとうございます。大舞台での後輩たちの活躍を、僕も誇りに思います。

続きは↓
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/03/31/kiji/20220331s00001002476000c.html

【大阪桐蔭OBの西武勢が祝福 中村「勝ち切ったことは凄い」 森「夏に向けてぜひ悔いのない日々を」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/31(木) 08:39:55.62 ID:CAP_USER9
>>2022年03月30日 21:54 スポニチアネックス

【パ・リーグ 西武5─3日本ハム ( 2022年3月30日 札幌D )】 西武・山川穂高内野手(30)が負傷交代した。0―1の6回は加藤を攻略し、2死から7連打で5点を奪って逆転。その中で中前適時打を放って出塁していた山川だったが、走塁時にアクシデントが起こった。後続の安打で三塁をオーバーランした後に帰塁。直後に右太腿裏を右手で押さえてベンチに退いた。

 球団によると、右足に違和感を覚えたためで、この日は病院には行かずアイシングをして様子をみるという。

続きは↓
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/03/30/kiji/20220330s00001173699000c.html

【西武・辻監督「キツいんじゃない、ハムは。もし無理なら考えてやるしかない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 22:11:12.51 ID:CAP_USER9
>>2022/03/25 20:33ORICON NEWS

 人気グループ・A.B.C-Zの河合郁人(34)が25日、埼玉県所沢市のベルーナドームで行われたパ・リーグ開幕戦『埼玉西武ライオンズVSオリックス・バファローズ』の始球式を務めた。
 河合は、所沢市に隣接する東京都武蔵村山市出身で、幼少の頃からライオンズファン。また、同球団の始球式をジャニーズ事務所所属のタレントが務めたのは初めてで、河合自身にとっても初の大役となった。
■A.B.C-Z 河合郁人 コメント

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2229012

【“東山です”A.B.C-Z・河合郁人、ライオンズ開幕戦で自身初の始球式 ストライクピッチで「一安心」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/25(金) 16:27:09.71 ID:CAP_USER9
>>2022.03.25 full-count

煙を吐き、隊形変えながら5度通過
 西武の本拠地ベルーナドームの上空で25日、オリックスとのシーズン開幕戦を前に、航空自衛隊ブルーインパルスの展示飛行が行われた。6機が煙を吐き、隊形を変えながら5度上空を通過。その度に歓声が沸き起こっていた。

 球団がチームカラーの「ブルー」にもちなみ、新型コロナウイルスの収束などの願いを込めて企画。地上では、観戦チケットを持っている観客用に、駐車場などに観覧エリアが設けられ、中部航空音楽隊が演奏で盛り上げた。

続きは↓
https://full-count.jp/2022/03/25/post1197363/

【新生ベルーナドーム上空を彩った“ブルーインパルス”の鮮やか飛行に大歓声起きる 埼玉西武ライオンズ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/18(金) 16:12:59.96 ID:CAP_USER9
西武後藤高志オーナーが18日、ヤクルトとのオープン戦前に本拠地ベルーナドームを訪れ、チーム一同に訓示を行った。

監督、コーチ、選手たちに「ライオンズは西武グループのシンボル。リーグ優勝、さらには日本一を目指して戦ってもらいたい。ケガなく、コロナ予防対策をしっかりした上で1年間、元気なはつらつとしたプレーを見せてもらいたい」と話した。

西武ホールディングスはプリンスホテルや国内レジャー施設の売却を進めており、グループの経営状況についても説明。

「心配する必要は全然ないし、むしろこれからさらによくなっていく。ですから、選手の本分であるプレーにしっかりと集中してもらいたい」と、昨季最下位だったチームの「V字回復」を重ねて期待していた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203180000378.html
[2022年3月18日13時9分] 日刊スポーツ

【西武・後藤オーナーが監督、コーチ、選手らに経営状況を説明「心配する必要ない」 西武HDはプリンスホテルやレジャー施設の売却進行中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/15(火) 21:04:56.06 ID:CAP_USER9
>>2022.03.15

42年ぶりの最下位から捲土重来を期す今季の西武で、最大のキーマンが"4番"山川穂高だ。

 2年にもわたる不振にあえいだ2021年シーズン最後、山川にはひと筋の光明が差し込んだ。

「ピッチャーが投げた瞬間に振るぐらいのつもりで打っていたら、ちょうどタイミングが合って。何カ月も試合をしていなかったのでその感覚自体は消えているけど、理論的に言葉にできる感じで頭に残っているので大丈夫です」

 電話越しに明るい声が聞こえたのは、春季キャンプで紅白戦が始まり10打席ほど立った2月中旬だった。実際、3月2日に行なわれた巨人とのオープン戦では3打席とも充実した内容だった(2打数1安打、1四球)。

「2年かかって"前で打つ"に戻ってきました。僕の体の動きと、バットの長さと重さを考えたら、前で打つ以外になくて。ちょっとでも(ボールを呼び込んで)体の中に入れていたら、打てないことに2年かけて気づけました」

 前とはミートポイントのことで、大別すれば体の前で打つか、体の中まで引きつけてコンタクトするかに分かれる。同じスラッガーでも、山川やチームメイトの中村剛也は前者で、ピッツバーグ・パイレーツの筒香嘉智は後者だ。それぞれにメリットがあり、体の使い方によっても適性は変わってくる。

 山川がモデルチェンジを図ったのは、2019年オフだった。

「以前は自然にクセとして前で打っていたので、たぶん打てていたんですよね。過去2年、ポイントを引きつけようとしたのは、打率を残しているバッターは俗に言う"ポイントが近い"という表現に見えたからです。それをやりつつ、ホームランも増やしていきたいという欲があって。今は頭で、自分の体やバットがこうなったらダメだとわかっているので、あまり大きく間違えないだろうと思っています」

理想の落合博満を求めた結果

 2カ月連続月間MVPでフィニッシュした2017年後半から翌年にかけて、山川が見せた活躍は鮮烈だった。2018年は3・4月に月間MVPの好スタートを切ると、47本塁打で同タイトルを獲得、リーグ2位の124打点で年間MVPに輝いている。

 翌年も43本塁打でホームランキングの座を保持し、2年続けて120打点の大台に乗せた。西武が果たした21年ぶりの連覇は、ちょうど山川の打棒爆発と同時期に刻まれたものだ。

 豪快な打撃を炸裂させていた2018年夏、山川は理想の打者像を落合博満氏と明かしたうえで、将来像をこう描いている。

「落合さんは先に首位打者をとってから三冠王になっていますよね(>>1981年に首位打者、翌1982年に三冠王)。僕も本当は打率も残したい。今は2割8分くらいですけど、それでは全然物足りない。でも率を先に考えると、『ホームランを打てないんじゃないか』という怖さがどうしてもあるんです。

続きは↓
https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/clm/baseball/npb/2022/03/15/post_56/

【西武・山川穂高、8番降格の屈辱に「ふざけるな」 2年越しで見えた明るい兆し「お尻がハマる感覚」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/11(金) 06:11:08.73 ID:CAP_USER9
西武は9日、球団を含めた埼玉県内の野球団体が連携して競技の振興などを推進する「埼玉県野球協議会」を3月5日に設立したと発表した。

 5日に開催された設立総会では、西武の奥村球団社長が代表理事に選出された。5月1日には、埼玉県所沢市のベルーナドームで野球未経験の子ども向けのイベントを開催。その後も野球人口の増加などに向けた施策を検討し、実施していく。

 奥村社長は「私も幼少期から社会人まで野球をプレーしていた身として、現在の少年野球を取り巻く環境や野球競技人口の減少に大変危機感を持っています。当社としても県内の各自治体との連携を通して野球振興活動に取り組んでおりますが、このたび野球協議会を設立したことにより、埼玉県の野球関係者の皆さまが一丸となって、埼玉県の野球競技人口の増加や現状の課題の解決、野球をプレーする人の環境の整備などに対して取り組んでまいります」とコメントした。

西スポ 3/9(水) 14:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fcce934f462b6734fbcb0a7cd51ca21222399f7

【西武ライオンズ、埼玉県野球協議会の設立を発表!社長「野球競技人口の減少に大変危機感を持っています」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 16:47:54.02 ID:CAP_USER9
3/1(火) 16:43配信
スポニチアネックス

 西武の開幕戦始球式を務める「A.B.C-Z」の河合郁人

 西武は1日、今季開幕戦となる3月25日のオリックス戦(ベルーナドーム)で、アイドルグループ「A.B.C―Z」の河合郁人(34)が始球式を務めると発表した。

 河合は西武本拠地の埼玉県所沢市に隣接する東京都武蔵村山市出身で、幼少時からライオンズファン。これまで何度も球場に足を運んで試合を生観戦しているといい、ジャニーズ事務所の野球大会などでもプレーする大の野球好きだ。

 始球式を務めるのは初という河合は球団を通じて「今回、埼玉西武ライオンズの開幕戦始球式を務める事が決まりました。家族で応援しているライオンズの始球式は本当に夢でした。少年野球のチーム名も『ライオンズ』の名前が入っておりましたが、その時に一度だけ、選手の皆さんとイベント形式で練習ができたのが今でも良い思い出です。当時の純粋な野球少年の気持ちを思い出し、たくさん練習をして当日を迎えたいと思います。よろしくお願いいたします」とコメントした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220301-00000196-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b75a9e23b6bebad4f85c5d4c6b3334ae7393cbd3

【「A.B.C―Z」のライオンズファン、河合郁人が西武の3・25開幕戦始球式に登場】の続きを読む

このページのトップヘ