SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

埼玉西武ライオンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/27(月) 16:22:55.35 ID:CAP_USER9
>>2022/6/27 14:59 (2022/6/27 15:01 更新)
西日本スポーツ

 西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が27日、獲得に乗り出していた秋山翔吾外野手(34)の広島入りが正式に発表されたことを受け、球団を通じコメントを発表した。「当球団としては、一緒に戦いたかったという思いが強かったので、秋山選手が帰国した後、真っ先に交渉をしました。しかし、このような結果になったのはとても残念です。ただ、秋山選手が決めたことなのでカープで頑張ってほしいと考えています」とエールを送った。

続きは↓
西日本新聞: 秋山翔吾の広島入り 無念の思いを西武・渡辺GMがコメント「このような結果になったのは」.
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/947089/

【秋山翔吾の広島入り 無念…西武・渡辺GM「真っ先に交渉をしました。しかし、このような結果になったのは」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/26(日) 23:33:24.60 ID:CAP_USER9
>>2022年06月26日 15:00野球

【パ・リーグ 西武―楽天 ( 2022年6月26日 楽天生命パーク )】
楽天―西武11回戦で観客が飛球をキャッチし「アウト判定」される珍プレーがあった。

6回先頭の楽天・茂木が左翼ファウルゾーンに飛球を放った。西武の左翼手・オグレディが打球を追ってグラブを伸ばしたが、捕球寸前で左翼席の観客がグラブを差し出して上空でキャッチ。打球に追いついていたオグレディが頭を抱える一幕があった。

続きと画像は↓
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/26/kiji/20220626s00001173398000c.html

【左翼席の観客が飛球キャッチで「アウト」の珍プレー 西武・オグレディが捕球寸前で奪い取られて「妨害」判定  西武―楽天】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/19(日) 14:50:48.04 ID:CAP_USER9
>>6/19(日) 12:01ABEMA TIMES

 試合前に行われるスターティングメンバー発表の際に、埼玉西武ライオンズ・辻発彦監督と一緒に登場し、ユニークなパフォーマンスを披露する選手たちのお茶目な姿が、ファンの間で話題となっている。

 西武の本拠地・ベルーナドームでのスタメン発表時、ベンチの辻監督が球場のビジョンに映し出される際の一幕について、パ・リーグTVのYouTubeチャンネルが「劇団獅子『辻監督 with ゆかいな仲間たち』」と投稿。すると、再生回数は21万回(18日9時時点)と人気を博している。

 動画内では、ビジョンに映し出された辻監督が帽子を取って一礼するタイミングで、山野辺翔・柘植世那・山田遥楓といった選手がさまざまなパフォーマンスを披露。辻監督の背後から左右にひょっこりと出てきたり、揃ってポーズを決めたり、EXILEを彷彿とさせるダンスを披露したりと、なんともお茶目な光景がまとめられていた。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d0f14474bbe5dca8e80aa133451d2d05441613d

【「これ好き」 西武・辻監督と“ゆかいな仲間たち”に「小動物っぽいw」「バリエーション豊富で草」と反響】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/18(土) 20:01:38.78 ID:CAP_USER9
2022年06月18日 17:36 野球

 【パ・リーグ 西武0―2オリックス ( 2022年6月18日 ベルーナD )】 オリックス山本由伸にノーヒットノーランを許した西武・山川は「早くメジャーリーグに行ってほしいです!メジャーで(マイク)トラウトとかと対戦しているの見てみたいですね」と悔しさ交じりの苦笑い。

 四球で唯一出塁した外崎は「真っすぐと変化球のコンビネーションが素晴らしかった」と称え、松井ヘッドコーチは「低めに丁寧に投げていてコントロールがよかった。このカード勝ち越せるように明日は全員で勝ちに行く」と引き締めた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/18/kiji/20220618s00001173467000c.html

【由伸にノーノー食らった西武・山川「早くメジャーに行って!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/17(金) 20:27:44.95 ID:CAP_USER9
 ◇パ・リーグ 西武―オリックス(2022年6月17日 ベルーナD)

 西武・山川穂高内野手(30)がリーグ戦再開の一戦でいきなり21号ソロを放った。試合前時点で今季は3打席の対戦で3打数無安打だった山岡のスライダーをすくい上げるように捉え、高い放物線で左翼席上段に運んだ。

 「手応えはバッチリでした。特に山岡投手にはずっとやられっぱなしだったので、とりあえず一本やり返せて良かったです!」。特大弾で、リーグトップを独走する本塁打数をまた伸ばした。

 690試合出場目での通算198本塁打。日本人選手の通算200本塁打最速到達は、田淵幸一(スポニチ本紙評論家)、秋山幸二の714試合で、山川が記録更新にあと2本に迫った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca984fd87d686a0f3f91364de062b39a299bc657

【西武・山川 リーグ戦再開初戦でいきなり「どすこーい」21号ソロ! 日本人最速通算200本塁打にあと2】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 08:29:29.13 ID:CAP_USER9
 3月30日の日本ハム戦で走塁中に右太もも裏の肉離れを負い、4月1日から18日間にわたって出場選手登録を抹消。それでもこれまでにチーム63試合中49試合に出場し、20本塁打を積み重ねた。残り80試合をこのペースで量産していけば、33本上乗せしシーズン53本塁打に達する計算になる。

 2018年に自己最多の47発、翌2019年には43発を放ち、2年連続本塁打王に輝いた山川。「今はあくまで次の21号を打つことだけを考えています」とした上で、「50本打つには運というか、巡り合わせが必要だと思っています」と話す。2018年には47号を放った後にも、惜しい当たりが3本ほどあったそうで、「全てフェンス直撃。札幌ドームの高いフェンスの一番上に当たったのもありました」と振り返る。それだけに「40発はクリアしたいですが、50発はいけたらラッキー、と考えています」と述懐するのだ。

「本塁打と打点は減らない。減らないものに特化していきたい」
 11日に規定打席に到達し、リーグ打率ランキングの3位に登場。12日現在、1位の日本ハム・松本剛(.358)、2位のソフトバンク・今宮(.343)には水をあけられているものの、3冠王も夢ではない位置につけている。

 だが、本人は「打率のように、上がったり下がったりするものはあまり考えないようにしています。本塁打と打点は減らない。僕は減らないものに特化していきたい」と取り合わない。「僕は5打数5安打より、5打数1安打1ホーマーの方が絶対いいですから。打率は相当悪くなければ、ある程度でいいかなと」とあっけらかんと言い切る。

 そうは言っても、新聞や球場のビジョンに自分の打率が表示されていれば気になり、下げたくないと思ってしまうのも人情だ。「早く3割を切りたいくらい」とまで言い、「僕が3割台を打てるわけがない。ねえ? 引っ張ってばかりいる人が」と笑った。

 確かに、山川が規定打席をクリアした上でマークした自己最高打率は2018年の.281。しかし今のところ、技術面、精神面の安定ぶりはいずれも過去最高レベルに見える。気がついたら首位打者まで獲得していたりして……。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/37c33e5d48e7f83b03b9f802002c993980bd84cc

【「早く3割を切りたいくらい」20号一番乗り、西武・山川が打率に興味を示さないワケ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/12(日) 13:32:50.35 ID:Lmew19jf0

【西武の本拠地ベルーナドーム、大雨】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/11(土) 20:55:14.99 ID:CAP_USER9
>>6/10(金) 14:58 Full-Count

三山力広報部部長が取材対応「今後のことなどは聞いていません」

西武は10日、育成選手で入団1年目の川村啓真外野手の退団を発表。同日、日本野球機構(NPB)からも自由契約選手として公示された。

続きは↓
Yahoo!ニュース: 「一身上の都合でと申し入れ」 西武が育成ルーキー退団で説明、シーズン中は異例(Full-Count) - Yahoo!ニュース.
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d12095422ef2e3f3a1d6c44abfd6011e73645de

【「一身上の都合でと申し入れ」 西武が育成ルーキー退団で説明、シーズン中は異例】の続きを読む

このページのトップヘ