SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

埼玉西武ライオンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/10(土) 00:39:22.05 ID:CAP_USER9
松坂大輔引退に日本ハム荒木コーチ「挙げればきりないほど悪いやつ。ただ…」


日本ハム荒木大輔投手コーチ(57)が、愛弟子の松坂大輔の引退に「すごくいい時を過ごさせてもらった」と感謝した。


04年から4年間、西武の1軍投手コーチ時代に指導にあたった。
「とにかく投げきる。代わることを嫌うピッチャーだった」と振り返る。投手コーチとしては「ケガの心配もしなくていいし、助けられた」という。

松坂の名前は、かつて甲子園を沸かせた早実のエース・同コーチに由来する。
コーチと選手の関係ではなくなってからも交流があった。


「すごくいい時間を過ごさせてもらった半面、彼の悪い面が気になって気になってしょうがなくて。かなり厳しく言ってきたつもりだけど、どこまで響いたか分からないけど」と笑い、

「茶髪だったりね。服装なり、時間のルーズさであったり、挙げればきりないほど悪いやつなんで。ただこと野球に関してはもうしっかりやれる子だった」と懐かしんだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/2e63a481479fb91b2b735bd86607fa7fae0283eb

【日本ハム荒木大輔コーチ、松坂大輔との思い出を語る 「挙げればきりないほど悪いやつ。ただ… 」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/07(水) 17:04:48.84 ID:CAP_USER9
>>2021/07/07 15:32AERA dot.

 西武の松坂大輔投手(40)が現役を引退することが7日に発表された。日米通算170勝をマークした右腕は波瀾万丈の野球人生だった。数字を見れば立派だが、SNS、ネット上では「体調管理をしっかりすれば200勝はできた」、「近年の状態を見たらもっと早く辞めるべきだった」など辛らつな声も少なくない。
 かつて西武担当だったテレビ関係者は、松坂引退の一報に対する世間の反応に複雑な表情を浮かべる。
「メジャーから戻って中日で光り輝いた時期もあったが、ソフトバンク、西武では故障でマウンドに立つことすらできなかった。ファンは期待が大きかった分、辛辣な意見が多いんでしょうけど、もう少しねぎらう気持ちがあってもいいのではと…。社会現象になるほどの活躍をした投手です。『松坂世代』と世代の冠になる選手は今までいなかった。責任感が強い男です。西武に戻ってきて恩返しできなかったという申し訳なさを感じていると思いますが、よく頑張ったと思います」
 1998年に横浜高のエースとして甲子園で春夏連覇を達成。ドラフト1位で西武に入団し、新人から3年連続の最多勝と史上初の快挙を成し遂げた。WBCでも2大会連続MVPを獲得。レッドソックスでも1年目の07年に15勝、08年に18勝と20代のシーズンで145勝を積み上げた。だが、30代に入ると暗転する。股関節痛を皮切りに故障に悩まされ、下半身を使った粘りのあるフォームが消えてしまう。上半身の力に頼った投げ方で故障を誘発する悪循環に。メジャーの後半は思うように投げられず、ソフトバンクに移籍した15年からの3年間でわずか1試合登板のみ。入団テストを受けて中日で18年に6勝を挙げたのが最後の輝きだった。昨年に14年ぶりに古巣の西武に復帰。7月に首の痛みと右手のしびれを抑えるため、脊椎内視鏡頸椎手術を受けたが状態は思わしくなかった。今年も1、2軍登板なしに終わり、シーズン半ばの7月に引退を決断した。
 数字だけを見れば、松坂は「早熟」だったと言えるだろう。20代の輝きはまばゆかったが、30代で積み上げた白星は25勝にとどまった。日本球界に復帰後、満足に投げられない状況で、「太りすぎ。体調管理がなっていない」、「努力をしなかったからこの体たらく」など批判的な意見が大半を占めるように。松坂の耳にも当然入っていただろう。同世代のある選手はこう話す。
「大輔が中日時代に話した時、『人間不信になったよ』と漏らしていました。屈託なく笑う奴が全然笑わなくなってしまった。スーパースターと言われていますが、純粋に野球が好きな少年のままです。野球が好きじゃなかったらとっくに辞めていたと思います。大輔は人の悪口を言わない。誰に対しても同じ態度だから、自然と人が集まってくる。メディアに色々書かれていますが、努力もしていましたよ。最後の最後までもがいていた」
 40歳での現役引退。今後は指導者としての復帰を望む声もあるが、どのようなセカンドキャリアを描いているのだろうか。
「うーん…わからないですけど、少し休みたいんだと思います。図太く見えますが繊細で、精神的にも疲れていると思います。指導者にならないかもしれないですね。家族のいる米国に戻って、穏やかな生活を望んでいるかもしれませんね」

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dot/sports/dot-2021070700046

【引退後の松坂大輔は指導者にならず、渡米か「少し休みたいんだと思います。精神的に疲れている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/07(水) 00:03:22.07 ID:CAP_USER9
西武の松坂大輔投手(40)が今季限りでの現役引退を決断したことが6日、分かった。この日までに球団に意向を伝えた。松坂は昨年、古巣の西武に復帰したが、同年7月5日に「脊椎内視鏡頸椎(けいつい)手術」を受け、その後は1、2軍ともに登板はなかった。日米通算170勝を挙げ、日本のエースとして君臨した「平成の怪物」が静かに現役生活に幕を閉じる。

 右手のしびれは最後まで抜けなかった。これまで何度も大きな手術を乗り越えてきた松坂だったが、昨年7月5日の手術から1年たち、渡辺久信GMに引退の意向を伝えたもようだ。近い関係者には「右手の指の感覚がない。これ以上、チームに迷惑をかけることはできない」と話している。

 横浜高3年の98年に春夏連覇を果たし、西武では入団1年目の99年に16勝を挙げ最多勝に輝くなど「平成の怪物」と呼ばれた。07年にレッドソックスへ移籍し、1年目に15勝を挙げ、ワールドシリーズ制覇に貢献した。WBCでは第1回、第2回大会で連続MVPとなり、連覇へ貢献するなど、日本のエースとして球界を引っ張ったが、11年の右肘のトミー・ジョン手術以降は故障との闘いの連続だった。1980年度生まれは松坂世代と呼ばれた。その象徴がユニホームを脱ぐ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0712960b4597d5e780060ebb7dd4ad36f7c5b60d
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210706-00000291-spnannex-000-6-view.jpg

【“平成の怪物”松坂大輔、今季限りで引退。日米170勝「右手の指の感覚がない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/05(月) 13:16:46.18 ID:CAP_USER9
今季、ここまで一軍はもとより、二軍での登板もない西武の松坂大輔投手(40)。

 2月のキャンプインの際、「メットライフドームのマウンドに立って勝つということを目標に、一日でも早くチームに貢献できるようにやっていきたい」とコメントを出したのが、公的に確認された最後の言葉だ。

 昨季は右膝の痛みに加え、5月に首の痛みと右手のしびれを発症。7月に脊椎内視鏡頸椎手術を受けて以降はリハビリに専念し、公式戦登板はゼロに終わった。

 スポーツ紙の番記者は、「高知での二軍キャンプに参加した際には、軽めのキャッチボールやダッシュ、ティー打撃などをこなしていた。ただ、ふっくらした体型で二重あごになっており、絞れていないことは明らかでした」と振り返る。

 松井稼頭央二軍監督は松坂を「全面的にサポートしていく」と明言しており、復帰を待ちわびているのだが、「実は、少なくともシーズンが開幕してからは、球団関係者も二軍施設で松坂の姿を見ておらず、“行方不明”の状態になっている。今は一軍首脳陣も、松坂がどこでどんなトレーニングをしているのか知らないそうです」(前出・記者)

 松坂はいま、何をしているのか。旧知のメディア関係者が現状をこう明かす。

「いかに功労者でも……」球団内で上がる声
「妻子は米国のボストンに残して、松坂は東京タワー近くのタワマンで一人暮らしをしている。去年手術した首の経過が良くないようで、リハビリをしながら自身で契約しているジムで軽めのトレーニングをする程度。実戦登板など、とても考えられる状態ではない」

 昨季、14年ぶりに古巣に復帰した際、渡辺久信GMは「(シーズンの勝ちが)1、2勝でも相乗効果がある」と期待を掛けていた。スポーツ紙デスクは「長年の経験を生かした助言や、練習への取り組みを見て、若手投手陣の意識が変わってくれればいいという計算の面が大きかった」と話す。

 だが、球団OBは「手本と言っても、ほとんど球場にいないんじゃ、どうにもならない」と苦笑いする。「それなら18年オフに巨人からFA移籍の人的補償で来た内海哲也の方がよほど貢献している。昨年はケガからの復活勝利を遂げたし、オフに有望な若手を連れて自主トレするなど教育役としても熱心です」(同前)

 松坂は今季、推定年俸2000万円の1年契約。「球団内では『いかに功労者でも支配下登録枠を使うのがもったいない』という声まで上がっている」と前出の記者。「このままならクビが基本線。よくて育成契約に切り替え、来年中に引退試合の興行を打つというシナリオもあり得ます」(同前)。

“平成の怪物”は令和に最後のリベンジを果たせるか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcce552e32d5ae4c7864580fbed40fb2b996b74a
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210705-00046558-bunshun-000-2-view.jpg

【西武・松坂大輔、二軍施設にも姿を見せず“行方不明”に…いま何をしているのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/29(火) 05:34:52.12 ID:CAP_USER9
6/29(火) 5:15配信
東スポWeb

まだまだ記録を更新しそうな西武・平良

 育ちの良さのたまものか。西武・平良海馬投手(21)が28日のソフトバンク戦(京セラ)で2006年に阪神・藤川球児がマークした38試合連続無失点のプロ野球記録に並んだ。5―3の9回に4番手で登板。19球を要したものの、2三振を奪う力投で三者凡退に仕留めた。

 偉大な記録に並んでも淡々としていた。試合後のヒーローインタビューでは表情を崩すことなく「一歩一歩の積み重ねでここまで来れたのでうれしいです」。マウンドでは少しだけ記録を意識していたそうだが、新記録に向けては「変わらず一歩一歩進んでいきたい」と言って締めた。試合前にファン投票で選ばれた球宴について、藤川が2006年の球宴で西武・カブレラと演じた名勝負「全球ストレート予告の空振り三振」を促されても「ボクの真っすぐなんて平均的な真っすぐなので、そんなことをしたら本塁打ばかりになってしまう。そこ(配球)は捕手にお任せします」と遠慮がちに語った。

 そんな「謙虚さ」と「クレバーさ」は、今の平良を形成する2つのキーワード。その裏には現在メジャーを席巻する二刀流、エンゼルス・大谷翔平投手(26)に通じるフィジカルと知性の融合も見逃せないポイントとなっている。

 西武関係者は「平良はマスコミ対応ひとつ見ても、入団時からしっかりとした自分の考えを持つ高校生だった。その辺は静岡出身のお母さんの教育なのかなという印象。強くて丈夫な体を両親からもらい、その教育によって自分で問題意識を持ち、自己解決能力を自然と身に着けていった。確か大谷も、そんな感じの〝ハイブリッド〟でしょう」と両者の類似点を指摘する。

 沖縄・石垣島出身の平良と岩手・奥州市出身の大谷――。特に共通点はなさそうだが、近年のスカウティングの基本である「母親を見れば選手が分かる」というフィルターを通すと似た要素が見えてくる。それぞれ父親は当地出身。横浜出身でバトミントンの国体選手でもあった母親の間に生まれた大谷と、静岡から介護士として石垣島に嫁いだ母を持つ平良には、周囲の同級生にはない都会的センスと母親の優れた人間教育が授けられていたようだ。

 昨今の一流選手の必要条件に「自分で考え問題を解決する能力」が挙げられているが、その影響を最も受ける母親の人柄を含めた調査はやはり理にかなっているのかもしれない。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210629-03356178-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/67130d620ae5355129fcb3af665469763c9c0092

【“無失点男” 西武・平良とエンゼルス・大谷に共通する一流選手の必要条件とは?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/23(水) 10:57:37.94 ID:CAP_USER9
>>2021/06/23 05:15東スポWeb

 西武・平良海馬投手(21)の「逆大谷投球」にメジャーが熱い視線を向けている。平良は21日の楽天戦(メットライフ)2―0の9回に2番手として登板。味方の失策と安打で二死一、三塁のピンチを背負うもこれを切り抜け、35試合連続試合無失点のパ・リーグ新記録を樹立した。

 平良は「点を取られそうだなと思いながら投げていて(結果的に)抑えられてよかったです。得点圏に走者がいる時は〝打たれたら点が入る〟と自分にスイッチを入れて投げています」と疲労の影響からか、ここ最近の綱渡り気味の投球を振り返った。

 その平良にはメジャー関係者が「B軌道の優位性」を指摘している。B軌道とはリリースポイントから打者がスイングするベース上までの投球軌道の一分類。高いポイントから打者のヒザ元へ叩きつけるような角度のついたA軌道と対照的に、ほぼ地面と平行に進む〝平行軌道〟とも言える軌道のことだ。

 メジャー関係者は身長173センチ、体重100キロの平良の体形に着目し「上背がない分、ボールに角度がつけられない。そのままクイックで平行に移動し、ほぼ地面と平行軌道の球が打者に向かってくる。身長193センチの上背から長い腕でさらに角度をつけてくる(エンゼルス)大谷とは対照的。ただ投手としては決して恵まれていない体形が彼の場合は武器になっていることが興味深い」と、独自の軌道に関心を寄せている。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-3333615

【〝東洋の神秘〟西武・平良、メジャー関係者が注目する「B軌道」とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/04(金) 13:58:50.51 ID:CAP_USER9
プロ野球の西武がリクエストに失敗し、勝利を逃した。

 西武は2021年6月3日、東京ドームで巨人と対戦し4-4で引き分けた。9回2死同点の場面で2塁のクロスプレーの判定を巡り西武がリクエストを要求。リプレー検証の結果アウトの判定は覆らず、西武は逆転の機会を逃した。

■リクエスト成功ならば逆転も...

 2点ビハインドで迎えた最終9回、西武は2死満塁から栗山巧(37)の2点タイムリーで同点に追いついた。なおも走者を1、3塁に置きチャンスは続く。一打逆転の場面で4番・山川穂高(29)が入り、東京ドームの興奮は最高潮に達した。

 山川は畠世周(27)の4球目を叩き打球は三遊間へ転がった。これを遊撃手・若林晃弘(27)が逆シングルでキャッチし素早く2塁に送球。1塁走者・熊代聖人(32)が2塁にスライディングし塁上で両腕を広げてセーフをアピールするも判定はアウト。ここですかさず西武ベンチが動いた。

 西武の辻発彦監督(62)がリクエストを要求し審判団によるリプレー検証が行われた。ショートゴロの間に3塁走者がホームに生還していたためリクエスト成功ならば逆転。失敗ならば同点で最後の攻撃を終えるだけに判定結果に注目が集まったが、判定は覆らなかった。

カメラワーク、機材の充実を求める声も
 際どいタイミングの判定を巡り、SNSではファンの意見が割れ紛糾した。ツイッターでは「タイミング的には完全にセーフだろ」「映像を見返すとアウトにもみえる」などの意見が見られ、「審判の肉眼では限界がある」と、カメラワークや機材設備の充実を求める声も上がった。

 この日は、19年オフに巨人から西武に移籍した内海哲也(39)が先発のマウンドに上がり、G党の注目を集めた一戦だった。その内海は2回5安打3失点で降板するも、終盤の打線の援護で勝敗は付かなかった。

 チームは巨人をあと一歩のところまで追い詰めながらもリクエストの失敗に泣き無念のドロー。セ・パ交流戦では1勝3敗3分けで最下位に沈んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d140e1ab64fc2791068fc78acdc146227af20bd5

【西武が逆転逃した「リクエスト失敗」にネット紛糾 微妙判定に「審判の肉眼では限界ある」の声も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/01(火) 21:52:38.76 ID:CAP_USER9
>>2021/06/01 20:15スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人―西武(1日・東京D)

 西武・岸潤一郎外野手がプロ初安打を本塁打でマークした。4点を追う7回先頭。鍵谷のスライダーを左翼席中段に運んだ。

 2019年ドラフト8位で入団。この日「7番中堅」でのスタメン出場がプロ21戦目の出場。通算18打席目で念願の初安打が本塁打となった。

 「感触は結構良かったです。(ここまでヒットが出ていなく)やっと緊張がとけたような気がしました。打席では思い切っていこうと思いました。何か(狙いなど)を考えるというわけではなく、とにかく一生懸命頑張っていこうと…。ホームランボールが、もしいただけるのであれば、奥さんに渡したいと思っています」とコメントした。

 西武で今季プロ初本塁打をマークした選手は6人目となった。(呉念庭、ブランドン、若林、愛斗、渡部、岸)。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210601-OHT1T51218

【西武 甲子園のスター・岸潤一郎、プロ初安打が初本塁打「HRボールは奥さんに」…明徳のスーパー1年生】の続きを読む

このページのトップヘ