SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

千葉ロッテマリーンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 19:27:28.48 ID:CAP_USER9
2022年05月16日 15:12 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/kiji/20220516s00001173376000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/jpeg/20220516s00001173129000p_view.jpg

 斉藤惇コミッショナー(82)は16日、ロッテの井口資仁監督(47)とブランドン・レアード内野手(34)に対し、厳重注意と制裁金10万円の処分を科した。

 井口監督は14日のオリックス─ロッテ8回戦(京セラドーム)の0―1の9回2死一、二塁。一打同点の好機でフルカウントからエチェバリアへの7球目がストライク判定となるとベンチから飛び出して猛抗議した。福家英登球審の注意を受けても引き下がらず、嶋田哲也三塁塁審から「侮辱的発言」で退場処分が下った。責任審判の吉本文弘二塁塁審は「退場に値する発言がありました」とし、嶋田塁審も「警告は1回している」と処分の正当性を主張していた。

 またレアードは15日の同9回戦の2回の第1打席で見逃し三振の判定に猛抗議。暴言で白井一行球審から退場処分を受けた。

【ロッテの井口監督とレアードに厳重注意と10万円の制裁金 退場に伴う処分】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 14:23:32.63 ID:CAP_USER9
 白井球審は、ロッテにとって因縁の相手。4月24日の同じく京セラドーム大阪でのオリックス戦で佐々木朗希が判定に対して浮かべた苦笑いと数歩マウンドを降りた行為が不服を示した態度と判断され、白井球審がマウンドに詰め寄るという騒動があった。
 後日、この問題については、NPBが審判員全員とミーティングを開き、審判の行動規範を改めて確認している。

 さらに前日のゲームでは、ロッテが0-1で迎えた9回二死一、二塁、フルカウントからエチェバリアが見逃しの三振に倒れ、その際、エチェバリアが猛烈に判定に抗議。井口監督もベンチを出たが、福家球審が、それを制したにもかかわらず、さらに球審に近づいたため、これを警告を無視した審判に対する異議を唱える行為と取られて退場処分となっていた。 

 この時、レアードも同僚を援護するため、もの凄い口調で審判団に不満をぶつけていた。エチェバリアの怒りの抗議は、この日のレアードとは比べものにならないくらいに激しかったが、なぜか本人は退場にはならず、退場になったのは警告をふりきって審判団に近づこうとした井口監督だけ。そして、まるでそれらのすべてが伏線となったようなこの日のレアードの退場劇に、ネット上では、賛否の意見が飛び交った。

「暴言を吐けば、退場は当然。ルールに従っただけ。白井球審の判断は正しい」「ロッテ側が神経質になりすぎているのでは?」という声や「白井球審ばかりトラブルが起きるのはなぜ?」「前日の抗議への報復では」「白井審判は意固地になっている」「なぜロッテと問題を起こした白井審判に再度球審をさせたのか」などの意見。
 また「ロッテと白井審判の間の信頼関係がなくなり、リスペクトがない状態でフェアなプレーは難しい」や「なぜ両者は冷静になれないのか」「もうストライク、ボールの判定にはAIを導入するしかないのでは?」という意見まであった。

 白井審判を中心とした審判団と、ロッテの間に不穏な空気が流れていることは間違いない。広島、ロッテ、中日、阪神などで長年コーチを務め、WBCに出場した日本代表チームでのコーチ経験もある評論家の高代延博氏も苦言を呈する。
「ストライク、ボールへの抗議は認められておらず、レアードがどんな暴言を発したのかわからないので、この措置の是非についてはコメントできないが、佐々木朗希の騒動から、井口監督の退場という一連の動きが背景にあるため、審判とロッテの両者共に必要以上に過敏になっているなとは感じる。ルールブックは絶対であり、その番人である審判もまた絶対だが、その審判が、こうも主役になってしまうのは異常だし、ファンは審判とロッテの“いざこざ“を見るために球場に足を運んでくれているわけではない。野球の素晴らしいプレーを見たいのだ」

 その上で、高代氏は「大事なのは今後だ」と強調して、こう提言した。
「早急に白井審判も含めた審判部とロッテで話し合いの場を持つべきだと思う。冷静に、ここまでの3つの案件を両者で検証して、互いに思っている意見を出し合って、和解ではないが、遺恨、因縁というものを消し去る作業が必要ではないか。昔から審判とのいさかいというものはあるが、両者ともに終わったことへの切り替えは早かった。両者は敵ではなく、野球界を発展させるために共存共栄していかねばならない運命共同体。そこを確認する作業を共にして両者に失われつつある信頼関係を回復すべきだろう」
 ロッテは審判という“もうひとつの敵“と戦うはめになって2連敗。こういう騒動が続けておきて誰も得するものはいない。何よりファンを置き去りにしている騒動であることを白井審判もロッテ側も自覚して、高代氏が提言するように信頼関係を回復する場が必要かもしれない。

全文はソースでご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/687fef4a6b4f59cf6f8945d501ec85288c24b0c9

【レアードの暴言退場で深まる白井審判とロッテの“遺恨“…今解決すべき問題は何か?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 16:19:49.22 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220515-00000061-dal-000-4-view.jpg
見逃し三振を喫し、白井球審(奥)の判定に異議を唱えるレアード。この直後退場になる(撮影・和田康志)

また!ロッテ・レアードが暴言で退場 白井球審の判定に怒り 前日の井口監督に続き不穏な空気漂う
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220515-00000061-dal-base

 「オリックス-ロッテ」(15日、京セラドーム大阪)

 ロッテのブランドン・レアード内野手が暴言により、今季初の退場処分を受けた。

 二回先頭、2ストライクからの3球目の内角直球を見逃し三振の宣告。これに不服を唱えたレアードは白井球審に異議を唱えた。

 判定に対して怒りの表情を浮かべ、言葉を発しながら引きあげようとしたところ、白井球審は一度手を出して制した。だが、その後も叫ぶように言葉を発したことから、退場を宣告された。井口監督もベンチ前に出たが、白井球審は場内アナウンスで「暴言により退場処分といたします」と告げた。

 前日はロッテ・井口監督がストライク判定に不服を示し、侮辱行為により試合後に退場処分を受けた。一夜明け、繰り返された退場劇に球場は騒然となった。

 白井球審は4月24日の同カードで、佐々木朗が判定に不服な表情をしたことに対し、マウンドに詰め寄ったことで騒動となった。

 ◆野球規則

 8・02 審判員の裁定(a)打球がフェアかファウルか、投球がストライクかボールか、あるいは走者がアウトかセーフかという裁定に限らず、審判員の判定に基づく裁定は最終のものであるから、プレーヤー、監督、コーチ、または控えのプレーヤーが、その裁定に対して、異義を唱えることは許されない。

 【原注】ボール、ストライクの判定について異議を唱えるためにプレーヤーが守備位置または塁を離れたり、監督またはコーチがベンチまたはコーチスボックスを離れることは許されない。もし、宣告に異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば、試合から除かれる。

【写真】退場になったレアードは思わず「はぁ!?」な表情
https://i.daily.jp/baseball/2022/05/15/Images/f_15302497.jpg

関連ツイート
蓮@安芸鴎
@renclm26
本日も白井劇場開演しました
レアード暴言による退場
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1525694158383419393/pu/vid/1280x720/Fv9cWtrqWpPJMNoF.mp4
https://twitter.com/renclm26/status/1525694314289823745
※前スレ
【プロ野球】白井球審、判定に不服のロッテ・レアードに退場宣告 昨日は井口監督も試合終了後に退場処分 オリックス×ロッテ(京セラ) [ギズモ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652589441/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【また!ロッテ・レアードが暴言で退場 白井球審の判定に怒り 前日の井口監督に続き不穏な空気漂う】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 17:10:15.89 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220514-00000106-dal-000-7-view.jpg
ロッテ・井口監督

ロッテ・井口監督が侮辱的な発言で試合後に退場 見逃し三振判定に激怒 白井塁審が止める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220514-00000106-dal-base

 「オリックス-ロッテ」(14日、京セラドーム大阪)

 ロッテ・井口監督が試合終了後、審判団に侮辱的な発言で退場となった。

 指揮官が怒りを表したのは、1点を追う九回2死一、二塁。打席にはエチェバリアだった。フルカウントからの、外角球を主審・福家は一瞬間を置いて、ストライク判定。これで、オリックスの勝利が決まった。

 しかし、エチェバリアは納得がいかず、主審に手を広げるなど、大きなジェスチャーで抗議。井口監督もベンチから飛び出し、三塁ベンチ前で審判に詰め寄った。ただ、ストライク判定には、リクエストなどの制度はなく、審判陣は制止。それでも、怒りは収まらず、両手を挙げるなど、抗議は止まらなかった。

 レアードやマーティンも怒りを表していた。結局、抗議は続き、侮辱行為で退場処分に。最後の最後に、後味の悪い敗戦となった。審判団は場内説明で「侮辱的な発言により」と説明した。球審は福家審判。一塁塁審の白井審判が止めに入る様子もみられた。

関連スレ
【野球】パ・リーグ B 1-0 M[5/14] オリックス2安打で勝利&継投でスミ1 山本由伸8回9Kで4勝目 ロッテ連勝ストップ [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652514507/

【ロッテ・井口監督が侮辱的な発言で試合後に退場 見逃し三振判定に激怒 白井塁審が止める】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/06(金) 21:46:35.07 ID:nqQqi3LL0
https://pbs.twimg.com/media/FSEwwrJaIAIqpqG.jpg


ストレート48球中41球が160キロオーバー

【5/6のロッテ・佐々木朗希さんの平均ストレート球速160.6キロ!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/05(木) 15:59:50.05 ID:CAP_USER9
 プロ野球ロッテの佐々木朗希投手が6日、開幕4連勝を懸けて千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われるソフトバンク戦に先発する。
4月24日のオリックス戦で、5回2失点で3勝目を挙げた後、疲労を考慮されて出場選手登録を外れ再調整していた。中11日で、今季初めてナイターでの登板となる。

 本拠地ZOZOマリンスタジアムでは4月10日のオリックス戦で史上最年少の完全試合を達成。
同17日の日本ハム戦でも8回を完璧に抑え、一人の走者も許さない「完全」投球を17イニング続けている。

 今季はここまで5試合で3勝0敗、防御率1.50で、36回で60奪三振。

5/5(木) 15:50 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/36418d008aa95d58bfba739564fd3623442871e3

【ロッテ・佐々木朗希、6日ソフトバンク戦に先発 本拠地ZOZOマリンで今季初ナイター】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 07:35:46.27 ID:CAP_USER9
4/30(土) 5:15配信
東スポWeb

室内練習場を引き上げる菅野(左)と佐々木朗(東スポWeb)

 体調万全でも休養前のような快投を続けらるのか。疲労のため4月25日に選手登録を抹消されていたロッテ・佐々木朗希投手(20)が5月上旬に復帰することが29日、明らかになった。井口監督によると5月6日から行われるソフトバンク3連戦(ZOZOマリン)のいずれかの試合で佐々木朗を登板させる予定だという。

 今月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)で完全試合を達成。17日の日本ハム戦でも8回をパーフェクトに抑えた。そんな令和の怪物が体調万全で復帰するため、早くもネットやSNSでは野球ファンが「体の状態が戻ったのであればまた完全試合をやるのでは」と今季2度目の完全試合に期待を寄せている。だが、ファンの声とは裏腹に球界関係者の間では「もう完全試合とか無安打無四球試合は簡単にできないはず」という意見も多い。各チームの「怪物対策」が着々と進んでいるからだ。

 オリックスが今季2度目の直接対決となった4月24日の試合(京セラドーム)で初回から豪腕相手に3安打を放ったように、各チームともスコアラー陣を中心に佐々木朗の投球を徹底分析。直球、フォークの軌道や配球傾向などをデータ化しながら攻略の糸口を探り始めている。となれば、佐々木朗が疲労回復で万全の状態に戻ったとしても今後は容易に「奪三振ショー」を演じられる可能性は低い。

 あるパ球団OBもこう指摘する。「佐々木朗の直球は伸びもキレもあり確かにすごい。ただ、彼の投球は直球とスプリットが中心。この見極めさえできれば攻略は不可能ではない。実際にオリックスは2度目の対戦で打者にカウント、球種を絞らせたうえで佐々木朗を攻略寸前まで追い込みましたから。KOできるかは微妙ですが少なくとも安打や四球を奪うことは可能。ロッテは現在打線が低調で佐々木朗への援護点もあまり期待できない。相手チームは少ない好機をモノにすれば勝機はあると思います」

 佐々木朗が怪物とはいえ対峙する相手もプロ。復調してマウンドに戻る豪腕はそれでも相手を圧倒できるのか。次戦に注目が集まる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220430-04161539-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1303943e3a61b4735a375c47110604662188fb5

【〝奪三振ショー〟再演困難? ロッテ・佐々木朗希の復帰決定も各チーム「怪物対策」着々】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/27(水) 17:19:13.78 ID:CAP_USER9
弱冠20歳、プロ14試合目の登板にして完全試合を成し遂げた佐々木朗希。完全試合を達成した試合では、プロ野球新記録となる13者連続奪三振やプロ野球最多タイとなる19奪三振も記録した。その翌週も8回完全14奪三振と、開幕から驚異的なペースで奪三振の山を築いているが、21世紀初となるシーズン300奪三振や日本記録である401奪三振を越える可能性はあるのだろうか。

はじめに、シーズンの奪三振記録について確認する(表:4/18時点)。1995年以降の選手ではダルビッシュ有の276奪三振が最多。2位は田中将大と石井一久が同着となっている。日米で実績豊富なこの3名でも、300奪三振は達成していない。300奪三振は、1970年の江夏豊を最後に50年以上達成されていない記録となっている。

特筆すべきは、佐々木朗希の奪三振率がダルビッシュらを大きく上回っている点だ。この奪三振率はシーズン奪三振の日本記録を持つ江夏豊や、21世紀のメジャー記録を持つランディ・ジョンソンよりも高い数値となっている。今年の佐々木朗希は世界一のペースで奪三振を積み重ねているといっても過言でないだろう。

では、佐々木がこのペースで奪三振を取れると仮定した場合、何イニング投球すれば日本記録を更新できるだろうか。簡単なシミュレーションを表に示す。シミュレーションの結果、佐々木がダルビッシュと同じ投球回を投げることができれば、日本記録を上回ることが分かった。中6日の登板間隔では難しい投球回であるが、チーム事情や日程の関係で27登板できれば日本記録更新が見えてくる。

また、24先発・各7イニングと仮定すると、303奪三振という試算になる。故障なく中6日ペースを続ければ、52年ぶりの300奪三振は十分射程圏内だろう。仮に規定投球回に終わったとしても最多奪三振のタイトルは安泰だ。規格外の数字に驚きを隠せない。

狼のようなスピードで鬼のように三振を奪え

本記事では、閃烈な活躍をみせる佐々木朗希がプロ野球記録である江夏の401奪三振を上回る可能性について、簡単なシミュレーションとともに分析を行った。この奪三振率のペースを維持できれば、アンタッチャブルレコードに手が届く可能性も十分にあり得る。
https://i.imgur.com/jj56Vi5.jpg
https://i.imgur.com/71UoORQ.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6edcb40e4921b28ccf79cd0df18f92ff86794b3?page=2

【専門家、佐々木朗希の奪三振率は歴代の名投手をはるかに上回っている このペースだと江夏の401奪三振を超える可能性も十分ある】の続きを読む

このページのトップヘ