SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オリックス・バファローズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 12:03:56.08 ID:R5+550PX9
デイリー 11/18(金) 6:30

オリックス・吉田正
 オリックスは17日、吉田正尚外野手(29)のポスティングシステムによる米大リーグ挑戦を容認すると発表した。吉田正は球団を通じて、自らの思いと球団への感謝の気持ちを打ち明けた。今年のポスティング申請期間は11月1日から12月15日まで。球界屈指の強打者が、長年にわたって抱き続けていた夢に一歩近づいた。

 オリックスの吉田正尚から、世界の「YOSHIDA」へ。熟考を続けていた球団から、夢へと続く切符を渡された。プロ入り前から憧れていた米大リーグの舞台。素直な思いを打ち明けた。

 「高いレベルで野球をやりたいという気持ち、小さい時からの夢にチャレンジしたいという気持ち、そういった自分の思いを尊重していただいた球団には本当に感謝しています」

 球団とは何度も会談を重ねてきた。福良GMは「熟考した」としながらも、「正尚の野球人生を考えたら、尊重すべきかなというところ」と決断に至った経緯を明かした。プロ7年間で通算打率・327、133本塁打で467打点とチームに貢献。今季はリーグ連覇と26年ぶりの日本一を成し遂げた。

 「チームへの貢献度も考えて、承認することになった」と福良GM。球団では00年オフのイチロー以来となるポスティングの容認だ。球団は譲渡金の額にもこだわりを見せず、近日中に申請手続きを行う予定としている。

 チームは16日に西武から国内FA権を行使していた森の獲得を発表。同じくFA権を行使している日本ハムの近藤にも4年総額18億円の大型契約を提示している。吉田正が抜ける穴にも、着々と戦力強化を進めている段階だ。

 日本球界屈指のバットマンが夢への入り口に立った。米大リーグの移籍を実現させ、世界へと羽ばたく。 

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/393269bb2991c592afb8d57113ce470a0e6e301b&preview=auto

【吉田正尚 夢のメジャーへ!オリックスがポスティングOK「本当に感謝」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/16(水) 15:22:34.07 ID:tf6m4xqM9
オリックスは16日、前西武でFA権を行使した森友哉捕手(27)の獲得を発表した。

森は大阪桐蔭高から2014年D1位で西武入団。19年に首位打者(打率・329)で初タイトルを獲得し、同年MVP。今季は102試合の出場で打率・251、8本塁打、38打点。ベストナイン3度。通算926試合に出場し、打率・289、102本塁打、449打点。4年総額16億円の大型契約とみられる(金額は推定)。

大阪府出身の森はオリックスジュニア出身という縁があり、FA権を行使した早くからオリックスが調査を行っていた。背番号は未定。26日に大阪市内で入団発表が行われる。

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac17efc1f7390246a55e7dd8d88ec5b5917bad57

【オリックス、西武でFA権行使の森友哉獲得を正式発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/14(月) 23:25:05.33 ID:Efrp0E7G9
MLBネットワークのジョン・モロシ記者は13日(日本時間14日)、今オフ、ポスティング制度を利用して大リーグ移籍を目指す吉田正尚外野手(29)について、「マリナーズが念入りな調査活動を終え、今オフの獲得の目玉としている」とツイッターに投稿した。

 17年から6年連続で打率3割以上をマーク(17年は規定打席未到達)し、首位打者2度(20、21年)、最高出塁率2度(21、22年)などのタイトルを手にして21年東京五輪で金メダル獲得に貢献した吉田正には、早くも左打ちの外野手補強を目指すヤンキースが、興味を示していると米メディアに報じられた。また、すでに閉幕したGM会議(ラスベガス)では、吉田正の代理人を務めるスコット・ボラス代理人が、「多くの球団が必要とするだろう」とメジャー契約獲得に自信をみせる中、マリナーズも参戦準備を整えているようだ。

 2001年以来のポストシーズン進出を果たした今季のマリナーズの外野布陣からは、今オフ、主に右翼を守ったハニガーがFAとなっており、ロドリゲス、ウィンカーに加え、外野が補強ポイントになっている。マ軍にはこれまでイチロー、佐々木、長谷川、城島、岩隈、菊池ら多くの日本人が在籍してきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/676d99ff4b4b87ccfed9880fa945c71f328028ea

【「今オフの獲得の目玉」オリックス・吉田正尚争奪戦にマリナーズも参戦へ ヤンキースも興味】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/11(金) 11:47:29.03 ID:rs87NNxc9
スポーツ報知 11/11(金) 6:00

オリックスが獲得に乗り出す日本ハム・近藤と西武・森
 オリックスが、FA権を行使した西武・森友哉捕手(27)に、出来高を含めた4年総額16億円規模の大型契約を準備していることが10日、分かった。日本ハム・近藤健介外野手(29)にも4年以上の長期契約を提示する方向で最終調整したもよう。FA宣言選手が公示されたこの日、福良GMは大阪・舞洲の球団施設で「興味はありますよ。調査はします」と語るにとどめたが、11日の交渉解禁をもってダブル獲得に乗り出す方針を球団として固めた。

 今季は日本一に輝いたが、捕手は伏見、若月、頓宮らを併用。19年に首位打者を獲得するなど球界屈指の“打てる捕手”の森を獲得できれば、攻守両面で戦力に厚みが増す。オリックスの本拠地の大阪府出身で、小学生時代にはオリックスジュニアのチームでプレーした縁もある。他球団との争奪戦に発展する可能性があるが、4年約16億円の大型契約でアタックする。

 また、近藤は、中嶋監督が日本ハムで選手兼任コーチだった時代から師弟関係。争奪戦を制するため、長期契約を用意する。

 吉田正がポスティング制度による米大リーグ挑戦を直訴している。FA宣言した伏見が流出する可能性もある。その中で、今オフの国内FA戦線の目玉の2人のW獲得を目指していく。

報知新聞社
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/8375223833f8cbd2f9da90caa9d2727f6a610d67&preview=auto

【オリックスが西武・森友哉に4年16億円の大型契約準備 日本ハム・近藤健介とW獲りへ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/07(月) 11:21:34.92 ID:N9yuNLHR9
 オリックスは7日、伏見寅威捕手(32)が国内FA権を行使するため申請書類を球団に提出したと発表した。

 伏見は「この度、FA権を行使させていただくこととなりました。プロ入りから10年間育てていただき、お世話になったオリックス球団、バッテリーを組んできた投手たち、チームメートにはもちろん愛着があるので、本当に悩みました。限られた時間の中で、色々なタイミングが重なり、権利を行使することに決めました。今後については、球団の方とも話をさせていただきながら、自分のことを評価してくださるチームがあるのなら、そういった話も聞かせていただきたいと考えています。ここまで支えてくださった方々、そしてファンの皆様が、どんな状況でも温かく応援してくださったお陰で、この権利を取得することができたと思っています」とコメントした。

 今季は76試合に出場。打率・229で3本塁打、21打点の成績を残した。日本シリーズ・第7戦では先発マスクをかぶり、3安打の活躍で26年ぶりの日本一にも貢献した。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/da0e8a80f50715030fafedfd7341439a6ebdbf35

【オリックス・伏見が国内FA権行使「本当に悩みました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/07(月) 08:37:06.61 ID:SpoS7VkA9
11/7(月) 4:00配信
日刊スポーツ

 今季に国内FA権を取得し、熟考中だったオリックス伏見寅威捕手(32)が権利行使を決断したことが6日、分かった。近日中に申請書類を提出予定で、自身の決断について説明する予定となっている。

 考えに考え抜いて、権利行使の決意を固めた。プロ10年目の今季は若月、頓宮らとの捕手併用制で76試合に出場した。大逆転連覇を決めた10月2日楽天戦(楽天生命パーク)や、日本一を決めたヤクルトとの日本シリーズ第7戦(神宮)でもスタメンマスクを被り、勝利に大きく貢献した。

 伏見の今季推定年俸4500万円は人的補償、金銭補償の発生しないCランクと見られ、複数の球団が水面下で獲得調査に動いている。愛着のあるオリックスも条件提示を行っており、宣言後は残留も含めて他球団の評価を聞くことになりそうだ。

 伏見は投手陣からの信頼も厚く、精神的支柱になっている。ベンチスタートでも試合中にナインを鼓舞するムードメーカーが、もしV3を狙うチームから離れれば大きな戦力ダウンになる。宣言残留も含め、連覇&日本一に貢献した女房役が、来季どのユニホームを着るのか注目される。

 ◆伏見寅威(ふしみ・とらい)1990年(平2)5月12日生まれ、北海道出身。東海大四-東海大。大学時代は菅野(巨人)とバッテリー。12年ドラフト3位でオリックス入団。19年には左アキレス腱(けん)断裂の大けがを負ったが、翌年20年に復帰を果たした。182センチ、87キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸は4500万円。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221107-41061454-nksports-000-7-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c55f90568ac919ccfb2e739461fff7950b24f413

【オリックス・伏見寅威が国内FA権の行使を決断 Cランクで複数の球団が水面下で獲得調査】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/03(木) 19:21:23.11 ID:/dxgcMPz9
 プロ野球・日本シリーズで26年ぶりの日本一に輝いたオリックス・バファローズが3日、大阪のメインストリート・御堂筋で優勝パレードを行った。沿道には多くの人が駆け付け、ともに日本一を祝った。御堂筋での優勝パレードは、2005年の阪神タイガースのリーグ優勝以来17年ぶり。

 午後5時半すぎ、中嶋聡監督や選手らが乗ったオープンカーやバスが出発してパレードが始まると、集まったファンらが手を振った。中嶋監督は「みなさんの声援のおかげで日本一になれました。盛大なパレードを本当にうれしく思います」と喜びを語った。宮内義彦オーナーに花束を手渡した吉村洋文大阪府知事も「みんなで優勝をお祝いしましょう」と盛り上げた。

 午前4時に来場したという筋金入りのファンも。大阪市の会社員、二宮春那さん(19)は「10年以上この日を待ち望んできたので、とてもうれしい。これからもオリックスを応援し続けます」と話した。

 パレードに先立ち、府内各地を彩る「大阪・光の饗宴(きょうえん)」の開宴式があり、選手らも参加した。カウントダウンに合わせて、冬の風物詩となっている「御堂筋イルミネーション」の点灯スイッチが押されると、イチョウ並木がライトアップされた。【森口沙織】

毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/2408e96f88e0063673d61a9a0d152e2a26b32722
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2022/11/03/20221103mpj00m040121000p/9.jpg
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2022/11/03/20221103mpj00m040130000p/9.jpg
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2022/11/03/20221103mpj00m040132000p/9.jpg

【オリックス・バファローズが優勝パレード 「待ち望んだ日」大阪・御堂筋に光と歓声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/03(木) 06:57:49.60 ID:5WS+0gf+9
11/2(水) 18:59配信サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c812d3912e010b166ae125231b211032be8eb4c

26年ぶりの日本一に輝いたオリックスは2日、球団公式サイトなどに「SNS、インターネット等への書き込みに関するお願い」を掲載。SNSなどでの誹謗中傷に対する注意喚起を行った。

球団は「シーズン中、ファンの皆様がSNS等を通じて発信されている温かいメッセージに、チーム、選手は大いに励まされ、たくさんの勇気や刺激を頂戴しています。心より感謝申し上げます。ただ一方で、心ない罵詈雑言や誹謗中傷の書き込みを球団として確認しておりますことも残念ながら事実です」とネット上の心ない書き込みに悩まされてきた。

ファンに対し「皆様の応援するお気持ちが、選手や他のファンの皆様と気持ちよく共有できますよう、節度ある発信をお願いいたします」と求め、「バファローズはこれからもファンの皆様とともに全員で戦いたいと思っています」と結んだ。

SNSでの誹謗中傷問題をめぐっては過去、他球団やサッカー、Jリーグのクラブも同様の注意喚起を行っている。

【日本一のオリックスがSNSなどでの誹謗中傷に注意喚起 ファンに「節度ある発信をお願いいたします」】の続きを読む

このページのトップヘ