SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オリックス・バファローズ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/11(火) 20:56:49.31 ID:CAP_USER9
◆ 2試合連発の8号

 オリックスの杉本裕太郎選手が11日、東京ドームで行われた日本ハム戦の1回表に左中間スタンドの看板を直撃する特大の8号先制2ランを放った。

 オリックスは初回、日本ハムの先発・金子弌大から先頭の福田周平がヒットを放って出塁すると、続く安達了一の打席で盗塁に成功。安達は三振に倒れ、吉田正尚の二ゴロで福田が三進すると、打席に入った4番・杉本が1ボール1ストライクから投じられた外角低めのボールを豪快に放り込んだ。

 その裏、先発の宮城大弥が杉谷拳士にソロを被弾するも、3回表には吉田正尚の適時二塁打と、杉本の犠飛で加点。4回にはT-岡田も2試合連発となるソロを放つなど、金子を4回途中でノックアウトした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9461fae0c19966c3126a11b7aea230556efb29fd
5/11(火) 18:55配信

https://www.youtube.com/watch?v=SErVlh6jytY
【東京D看板直撃】杉本裕太郎 『打った瞬間に“悔い無し”』今季8号2ランで先制!!

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/pl2021051104.html
試合スコア

【オリックスの“ラオウ”杉本が『悔い無し』の看板直撃弾!32試合 .330 8本 20打点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/05(水) 17:28:19.77 ID:CAP_USER9
◇パ・リーグ オリックス2ー6西武(2021年5月5日 メットライフD)

 オリックス・山本が自己ワーストの2桁10安打を浴び、6回1/3を5失点(自責4)で3敗目。チームは4月1日以来となる勝率5割復帰を逃し、借金2に後退した。

 「立ち上がりから常に走者を背負いながらの苦しい投球になってしまいました。ここ最近チームの流れも良かったですし、なんとか粘って抑えたかったのですが、粘りきることができず悔しいです」

 初回先頭の若林の右越え二塁打と四球などで2死一、三塁を背負うと、栗山に中前適時打を許し先制点を献上。3、5回には、いずれも中村に適時打されるなど、5回まで毎回走者を許す苦しい展開。粘りの投球を続けたが、7回1死一塁で、源田に左中間へ適時三塁打を許したところで降板。なおも、1死三塁で代わったK―鈴木が森に右越え2ランを浴び駄目を押された。

 チームの連勝は2でストップ。西武戦の連勝も4で止まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60f8d53923f8371ba7389ed10d8f0e6960ccb342
5/5(水) 16:13配信

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210505-00000175-spnannex-000-2-view.jpg
https://portal.st-img.jp/detail/2244c0351924c977b8465d78c4e5f530_1620198891_2.jpg

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/pl2021050504.html
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=RVOpVDYIX7o
2021年5月5日 埼玉西武対オリックス 試合ハイライト

https://i.imgur.com/fSgC5yA.jpg
https://i.imgur.com/IGtw2CM.jpg
https://i.imgur.com/PnpXrX1.jpg

【オリックス・山本 自己ワーストの10安打を浴びて今季3敗目「苦しい投球になってしまった」 】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/04(火) 18:19:59.78 ID:CAP_USER9
<西武-オリックス>◇4日◇メットライフドーム

オリックス吉田正尚外野手(27)が、勝ち越しの7号ソロで史上301人目の通算100号にあと2本とした。西武に追いつかれた直後の3回、先頭の打席で上園の直球を右翼スタンドに運んだ。「追い込まれていましたが、なんとかうまくバットに乗ってくれました! 勝ち越し点になってくれてよかったです」。今季の西武戦での本塁打は4本目となった。

吉田正のバットは止まらず、5回1死二塁の第3打席では2点差に広げる左前への適時打。初回無死一、二塁の初打席では中堅フェンス直撃の先制二塁打を放っており、残りの打席で三塁打が出ればサイクル安打達成となる。オリックスの選手のサイクル安打は、03年5月3日西武戦(西武ドーム)以来のオーティズ以来。

快挙達成がかかった7回、西武は必勝セットアッパーの平良を投入。吉田正は初球を打って二塁ゴロに倒れた。

9回、先頭での第5打席で西武ギャレットを強襲する安打(記録は一塁内野安打)。代走・小田を送られて吉田正はベンチに下がった。サイクル安打には届かなかったが、4安打と大暴れした。

【オリックス吉田正尚 サイクル安打は逃すが、4安打の大暴れ .336 7本 17打点 4三振】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/28(水) 21:46:51.17 ID:CAP_USER9
<オリックス0-0楽天>◇28日◇京セラドーム大阪

オリックスはエース山本由伸投手(22)の9回0封も報われず、77年4月24日ロッテ戦ダブルヘッダーと同26日南海戦以来、44年ぶり2度目の3試合連続引き分けを演じた。9回2死後、2四球でサヨナラ機を築いたが、T-岡田の見逃し三振で今季6度目のドローだ。

楽天則本昂との投げ合いはスピードアップ。両者譲らず、試合時間は今季両リーグ最短の2時間12分。山本も「9回を上がる時もまだ8時来てなかった。ビックリしました。ちょっと時計がおかしいのかと」と目を丸くした。9回を圧巻の96球無失点。最速156キロでカットボールも効いた。

エースの振る舞いだ。1回1死三塁の先制機を招くとあえて投球間隔を長くした。「ピンチはもともと慎重に行く。特に立ち上がりなので、しっかり自分の感覚を確かめながら落ち着いて投げた」。2回以降はストライク先行でグイグイ攻める。3月の開幕戦以来、頓宮とバッテリーを組み、繊細さと大胆さを鮮やかに切り替える快投を見せた。

▲チーム3試合連続引き分けは08年8月29~31日のソフトバンクと西武以来、13年ぶりのプロ野球最多タイ。オリックスでは阪急時代の77年4月24~26日に次ぎ、44年ぶり2度目。

https://news.yahoo.co.jp/articles/afddcfa61ddf9e3e1b51138b4fb0d970d5225e9e
4/28(水) 21:33配信

https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202104280001114-w500_0.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202104280001114-w500_1.jpg
https://pbs.twimg.com/media/D_RjqarU0AAhpcj.jpg


https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/pl2021042805.html
試合スコア

【オリックス山本由(22)0封ドロー 好投手の投げ合いは速いテンポで進み、9回で8時前「ビックリ。時計がおかしいのかと」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/26(月) 17:05:37.76 ID:CAP_USER9
2位にダブルスコアをつける圧倒的なパフォーマンス
 オリックスの主砲、吉田正尚が27試合を終えた時点で打率.323、5本塁打、13打点と好調、今季も打線を引っ張っている。長打力が魅力のスラッガーは2018年から3年連続でOPS.950以上、昨季は打率.350で首位打者に輝くなどバットコントロールにも優れている。この高打率と共に優れている点が三振数の少なさだ。昨季は120試合、492打席で29三振。16.97打席に1つだけ、つまり1カードで1三振以下だった。打球を前に飛ばすことさえ出来れば野手のいないところへ落ちる確率が一定以上はあるが、三振は走者を進めることも相手の失策を誘うことも出来ずただ単にアウトカウントが増えるだけ。他の凡退以上に得点への貢献度は低い。吉田正は打撃でプラスを積み上げるだけでなくマイナスを抑える能力が高いこともわかる。三振数を少なくするだけなら早いカウントから仕掛ければ可能だが、それだと四球が選べない。吉田正はこの観点からも優れている。1つ三振する間にいくつ四球を選べるかを示したBB/Kは0.8以上なら優秀、1.0以上が非常に優秀とされている。選球眼の良さで知られる選手のキャリア最高BB/Kは鳥谷敬(ロッテ)が2017年の1.24、丸佳浩(巨人)が2014年の1.05など。昨季の規定打席に到達した53人中、BB/Kが1.0以上なのは4人しかいなかったが吉田正の数値は2.48。これは2位の近藤健介(日本ハム)の1.24の倍となりもちろん12球団でダントツのトップとなる。ここまで高いと吉田正の記録はレジェンド達にも引けを取らないはずだ。

今季の吉田正は昨季以上。王超えなるか
 三振数の少なさならば真っ先にイチローの名前が思い浮かぶ。日米通算4367安打を放ったヒットマンはオリックス時代の1997年に216打席連続無三振の日本記録を樹立している。この年のイチローはBB/Kでも1.72と非常に優秀だが吉田正の2.48はこれよりも0.7以上高い。三振する割合もイチローは16.86打席に1つで吉田正は16.97。わずかながら上回っている。

 しかし昭和のスター達はその上を行く。NPB通算安打記録1位の張本勲は1974年にBB/Kで2.93、ミスタープロ野球・長嶋茂雄は1963年にBB/Kで2.87をマーク。さらに世界のホームランキング、王貞治は1.293というとんでもないOPSを記録した1974年に158四球、44三振でBB/Kでも3.59という超人的な成績を残した。OPSと共にこの年の158四球、45故意四球も未だに破られていない日本記録だ。

 途方もない数字だが今季の吉田正は昨季以上のパフォーマンスを見せ115打席で15四球、4三振。BB/Kは3.75でなんと現在、王超えを果たしている。三振は28.75打席に1つと驚異的。吉田正の三振が見られるのは1週間に1度だけだ。このペースをどこまで維持出来るか。近年下位に沈むチームをそのバットで上昇気流に乗せたい。

4/26(月) 16:07
https://news.yahoo.co.jp/byline/konakashota/20210426-00234714/

https://i.imgur.com/NTihZMZ.jpg
https://i.imgur.com/sZt10fh.jpg
https://i.imgur.com/WDk0Nqm.jpg

https://npb.jp/bis/players/63165132.html
成績

【イチローよりも三振しない男、吉田正尚。BB/Kは昭和のスター達に引けを取らない】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/25(日) 08:04:58.76 ID:CAP_USER9
◆パ・リーグ 日本ハム―オリックス(24日・札幌ドーム)

 オリックスの吉田正尚外野手(27)が、チームトップの5号を放った。4点を追う6回先頭。上沢の初球のカットボールを力強くはじいた。右翼スタンドのギリギリに飛び込むソロアーチ。3試合ぶりの一発で3点差に追い上げ、吉田正は「ファーストストライクから、しっかりとスイングすることができました。なんとか、ここから逆転できるように頑張ります」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc1969fda97221c2fbfa2e8e45e8cbebc074fc31
4/24(土) 16:06配信



https://www.youtube.com/watch?v=W6kvVzS_J34
【驚愕のスイングスピード】吉田正尚 スロー映像がもはや等倍速な今季5号

https://www.youtube.com/watch?v=FISMkz7cIX0
【歌詞付き】 吉田 正尚 応援歌 境地version プレミア12 in ZOZOマリンスタジアム


https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210424-04240121-sph-000-1-view.jpg

https://baseballgate.jp/admin/wp-content/uploads/2018/05/2018050400554-1.jpg
https://www.sanspo.com/baseball/images/20210424/buf21042415570002-p1.jpg
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/24/jpeg/20210424s00001173441000p_view.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EmcxQ-mVMAAzZHq.jpg

https://npb.jp/bis/players/63165132.html
成績

【オリックス 吉田正尚がチームトップの5号ソロ「ここから逆転できるように」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/22(木) 07:27:56.77 ID:CAP_USER9
「オリックス4-2西武」(21日、京セラドーム大阪) 

 これがエースの投球だ。オリックス・山本が8回8安打2失点でハーラートップに並ぶ3勝目だ。

 三回まで毎回の4安打を許すなど本来の調子ではなかった。それでも崩れないのがこの男のすごいところだ。

 「いろいろ調整しながら粘りの投球になってしまいました。いい球を投げようとし過ぎていた。気持ちを抑えて修正しました」

 バッタバッタと三振を取る剛の投球から打たせて取る柔の投球に切り替えた。そのため代名詞とも言える奪三振は4に終わった。

 「あまり三振を取る投球じゃなかった。テンポよくいこうと心掛けた。結果、走者を出してしまいましたけど、何とか勝てたのでよかったです」

 中嶋監督は「本来の投球ではなかったですけどうまくまとめてくれました」と評価した。

 実は入団5年目になるが、2試合連続で負け投手になったことがない。

 「へぇ。そうなんですか。たまたまですね(笑)続けて負けるのはチームにも影響が出てしまう。調子の波を作らないようにしたいですね」

 本調子ではなくても見事にチームを6カードぶりのカード勝ち越しに導いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/968506944531a666a9b418dd99356c39139fc5d9
4/22(木) 6:30配信



https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/pl2021042105.html

試合スコア



https://i.daily.jp/baseball/2021/04/21/Images/f_14261656.jpg



https://i.daily.jp/baseball/2021/04/22/Images/d_14262841.jpg

https://pbs.twimg.com/media/D_RjqarU0AAhpcj.jpg

https://npb.jp/bis/players/53355134.html
成績

https://www.youtube.com/watch?v=At1VeH0XPLw
【エースの投球】山本由伸『8回121球2失点の好投』で今季3勝目

【オリックス・山本由伸 ハーラートップタイ3勝 調子が悪いなりに抑えるエースの投球で8回2失点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/21(水) 06:29:19.03 ID:CAP_USER9
◆ 今季最多の17安打で連敗ストップ

 オリックスが17安打の猛攻で西武に大勝(11-3)し、引き分けを挟んで続いていたチームの連敗を「4」でストップさせた。

 「立ち上がりから制球が安定していなかったし、球数も多くなってしまった」と自ら反省したように、先発の田嶋大樹は、4回を82球、8安打、3四死球、3失点という内容で降板。「なんとか最低限のイニングは投げたかったんですが、ゲームを作ることができなかった」と悔しさを滲ませた。

 一方、西武先発の上間永遠も4回、8安打、3失点で降板となり、試合は中継ぎ勝負に。するとオリックスは5回、西武の2番手・松本航から連打で好機を作り、粘りを見せた杉本裕太郎が勝ち越しの適時打をマーク。6回には吉田正尚が「しっかりと自分のいいスイングができました」と、右翼5階席に貼り出されいた“執念”という文字の入った応援幕に突き刺す特大5号ソロでリードを広げる。投げては、田嶋の後を竹安大知、山田修義、富山凌雅、漆原大晟、能見篤史が繋ぎ、8回に打者一巡の猛攻で6得点のビッグイニングを作り出して試合を決定づけた。

 試合後、13試合ぶりに本塁打を放った吉田正は「しっかり引っ張って強い打球が打てた。ホームランが伸びてこなかったけど、そこばかり求めていくと崩れてしまうので、しっかり強い打球というのを心がけて打席に立っている。甘い球を仕留めていけばホームランになる確率も上がっていくと思うので、ミスショットせずに打っていきたい」とコメントし、浮き足立つ様子はない。

 中嶋聡監督も「あのホームランは大きかった」と述べ、繋がった打線に関しても「粘って繋がったのは大きい。8回もなぁなぁで奪った得点じゃないですから」と評価。この日、モヤが一軍に昇格しスタメンで結果を残したことで、「打線に厚みが増した」と安堵の表情を浮かべたが、まだまだ借金が残っているだけに、ここから連勝街道を突き進みたいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b374bcec92050381983327ce8eee107b1d28164
4/21(水) 6:14配信




https://www.youtube.com/watch?v=TTCAZZEhyYY
【打った瞬間の5階席】吉田正尚、『執念』の超特大弾

https://www.youtube.com/watch?v=FISMkz7cIX0
【歌詞付き】 吉田 正尚 応援歌 境地version プレミア12 in ZOZOマリンスタジアム


https://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2021/04/2ca3938035e4a8f47f35175e383b8065.jpg
https://i.daily.jp/baseball/2021/04/20/Images/d_14258790.jpg
https://www.sanspo.com/baseball/images/20210420/buf21042020480002-p1.jpg
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210420-04200188-sph-000-3-view.jpg
https://i.daily.jp/baseball/2021/04/20/Images/f_14258792.jpg
https://i.daily.jp/baseball/2021/04/20/Images/f_14258791.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EmcxQ-mVMAAzZHq.jpg

【特大“執念”弾!オリックス・吉田正尚 右翼5階席に飛び込む5号ソロ】の続きを読む

このページのトップヘ