SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

福岡ソフトバンクホークス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/11(水) 20:37:14.56 ID:CAP_USER9
ソースBS1

各種記録達成者一覧
無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)
https://npb.jp/history/alltime/nohitnorun.html

【ソフトバンク・東浜巨がノーヒットノーラン達成! NPB公式戦通算84人目で95回目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 10:13:19.85 ID:CAP_USER9
>>2022/5/7 6:00西日本スポーツ

 ◆ロッテ3-5ソフトバンク(6日、ZOZOマリンスタジアム)

 エース千賀にとって剛腕対決は無念の結果に終わった。今季最短最多の5回3失点でマウンドを降りた。被安打8も今季自己ワースト。「先制してもらったのに、チームに流れを持ってくる投球ができなかった。本当にチームに申し訳ない」とコメントした。

 「僕が打席に立ったり、向こうが打席に立ったりするわけではない。僕がやれることをやるだけ」と淡々と語っていた千賀。だが初回、山口への4球目には自己最速にあと1キロと迫る160キロを計測。「怪物」との投げ合いに間違いなくアドレナリンが出ていた。

 だが3回以外は毎回得点圏に走者を背負う苦しいマウンドだった。しかも試合中に起きた思わぬアクシデントも投球に影響したようだ。4回の攻撃中、上林が佐々木朗の163キロをファウルにした打球はソフトバンクベンチを強襲。この時、千賀はこけて両足がつったような状態になったという。

 すると5回につかまった。高部に右前打を許すと犠打、四球で1死一、二塁。山口にフォークボールを捉えられ、三塁線を鋭く抜かれる適時二塁打とされて同点。続く菅野にも直球を強振され、打球が自身の左足首付近に当たってボールが三遊間を転々とする間にさらに2点。いずれも初球を狙われた。藤本監督は「(千賀)本人はいけるところまでいくと言ったけど、この回(5回)まで頑張ってくれと。なかなかそういう状態では思った投球ができなかったのかな」とエースをかばった。

続きは↓
西日本新聞: 佐々木朗の160キロのファウル→ソフトバンクベンチを強襲→千賀にアクシデント.
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/918991/

【ソフトバンク・上林、佐々木朗の163キロをファウル→味方ベンチを強襲→千賀にアクシデント】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/26(火) 05:51:27.37 ID:CAP_USER9
4/26(火) 5:15配信
東スポWeb

ソフトバンクの新打撃職人・三森(東スポWeb)

 開幕から主力に故障者が相次ぐソフトバンクで打線をけん引しているのが、6年目の三森大貴内野手(23)だ。ここまで主要打撃部門でチームトップの打率3割3厘、3本塁打、12打点をマーク(25日時点)。3、4月度の「月間MVP」の可能性も十分に残されている。

 今季は「1番・二塁」のレギュラー定着を目指すシーズン。「打席で整理して、迷わないようにというのを毎打席できている」。昨季は86試合の出場で打率2割4分9厘、0本塁打、20打点。長いシーズンを戦い抜く上で数字を残し続ける難しさを痛感した。

「去年はどうしても悪くなってくると、だんだんだんだん自分にも迷いが出てきていた」。オープンスタンスで構える独特の打撃フォーム。内に闘志を秘めた職人気質で、チーム内でも研究熱心な一面が一目置かれている存在だ。没頭するタイプゆえに悩むと〝深み〟にハマりやすい。

 ただ、今季は自らの性質を理解しつつ、毎試合の結果に一喜一憂することなく毎打席リセットして勝負に挑めているという。自らを追い込みすぎないスタイルを確立して、安定したパフォーマンスにつなげている。

 今やホークス打線に欠かせないリードオフマンで攻撃のキーマン。ゆえに相手はあの手この手で崩しにくる。「これからも(絶えず相手の攻め方は)変化していくところだと思っている。(次の壁が)こうだろうとは言えないけど、その上をいけるように考えて打席に立ちたい」。どう抑えに来るか、相手の出方はイメージできている。

 久しく野手の「世代交代」が望まれてきたホークスにあって、高卒6年目の23歳の飛躍は希望の光でもある。「チームの勝ちに直結できるように」。寡黙な中に「野心」と「自覚」を持って、シーズンを完走する。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220426-04152035-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a15058fb5847d82dcc7274bf44ac215fd41776f

【三森大貴、ソフトバンクをけん引する〝新打撃職人〟の野心「相手の上をいけるように打席に立ちたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 07:12:54.78 ID:CAP_USER9
4/23(土) 6:15配信
東スポWeb

右足首のケガで出遅れているソフトバンク・デスパイネ(東スポWeb)

 キューバの至宝はSOSに応えられるか。右足首捻挫の影響で開幕に出遅れたソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(35)。かねて長距離砲としての能力を高く評価する藤本博史監督(58)が、早期一軍合流を切望している。

 今月上旬にようやく二軍で実戦復帰。15日の練習試合で下半身に違和感を訴えたため、直近の二軍・名古屋遠征には帯同せず残留調整を行っていたが、来週から再び二軍戦出場を見込んでいる。

 左肩腱板炎でリハビリ調整している柳田が、22日には三軍戦に出場。藤本監督は主砲の確かな復帰ステップに慎重な姿勢を崩さずも「近々帰ってくる」と安堵の表情を浮かべた。同時に自ら切り出す形で「デスパイネもいるし、そのへんが帰ってくるまでは、いるメンバーでやるしかない」と、一時的ではあるが戦列を離れている状態のキューバ砲の名前を唐突に挙げた。

 栗原が左ヒザを手術して今季絶望。柳田もいない中で「飛車角落ち」と指揮官自ら認めるオーダー編成で、懸命のタクトを振っている。ない袖は振れないとばかりにつなぎの野球を実践。開幕ダッシュに成功したが、火力不足は否めず、悩みは深まっている。

「やっぱり野球はホームラン。一発にはガラリと流れを変えられる力がある」。21試合でチーム本塁打数はリーグ4位の9本(22日時点)。メジャー109発の新助っ人・ガルビスが開幕から長い不振に陥り、リチャードら大砲候補の台頭を切望したが、かなわず。そんな背景もあって、デスパイネ待望論は日に日に高まっている。

 状況にも変化がある。チームは柳田復帰以外に起爆剤となり得る駒がないのが実情。かねて指揮官はデスパイネに昇格に見合う二軍成績を求めていたが、打線の迫力不足の中で悠長なことは言っていられない。相手に重圧をかけられる稀有な大砲の早期合流が望まれる状況となっている。

 22日の日本ハム戦(札幌)は5―12の大敗で今季初の3連敗を喫し、直近10試合でわずか2勝。週明けから再びギアを上げる予定のデスパイネも、チーム状況は理解している。NPB通算170発のキューバ砲の目の色も変わりつつある。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220423-04146083-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/763c3d89155deddc2910d80a87e1b7372ff7d6a0

【デスパイネ!早く一軍合流して! ソフトバンク「火力不足」解消へ…キューバ砲の早期昇格も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/20(水) 06:52:21.37 ID:CAP_USER9
 シーズン18連勝中だった難攻不落の山本由伸に土をつけた。ソフトバンクが19日のオリックス戦(京セラ)に3―0で快勝。連敗を止めた。6回に連打で一、三塁とし、相手の2失策も絡んで内野ゴロの間に2点を奪った。

 打線では主軸の栗原が今季絶望となり、現在は主砲・柳田も左肩腱板炎で離脱中。その状況で2位の好位置につけている。もっとも、悩みの種は2年総額で推定年俸8億円強の大物助っ人・ガルビスが低空飛行を続けていることだ。柳田の復帰は早くても4月下旬の見込み。こんな時こそ頼りたいところなのだが…。この日も3タコで打率は1割7厘となった。

 我慢を続けてきた藤本監督も思わずボヤき節だ。「若い選手もおるわけやからさ。あの成績で出られると思ったら困りますよ。向こう(メジャー)の映像では、もっとバットを振っていっている。今は振っているのがファウルになっている。あるいはそれが空振りになったら次当てにいってしまう。ヒットが欲しいからそうなっているのか…。まあ、この状態で終わるわけないと思う。いつか上がってくると思うが、それがいつか分からへん。」

 昨季、二軍で指揮を執った指揮官は各若手の力量を把握してもいる。現在の逆境も「主力が帰ってくるまでは二軍監督から推薦があればドンドン入れ替えたい。若い選手にとってはチャンス」と考えている。ガルビスが守っているサードも大砲候補・リチャードがこの日の二軍・中日戦で3安打2本塁打7打点の大暴れをした。磨けば光る若手を使いたい思いもあるだけに歯がゆいところだ。

 オープン戦の不振から一転、開幕戦は逆転満塁弾を放ちチームのスタートダッシュに大貢献した。再び目覚めてくれるのか…。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3c192d335c24b45b2e610da1507981d654bd001

【ソフトバンク・藤本監督 ガルビス不発にボヤき節「バリバリのメジャーリーガーでも、あの成績で出られると思ったら困りますよ。」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/07(木) 17:12:45.96 ID:CAP_USER9
◆パ・リーグ ソフトバンク―オリックス(7日・ペイペイD)

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手が出場選手登録を抹消された。和田毅投手、野村大樹内野手も抹消され、代わってこの日先発のコリン・レイ投手と川瀬晃内野手、ドラフト2位の正木智也外野手=慶大=が出場選手登録された。

 藤本監督は「一応本人とも昨日話したけど、こっちに帯同して休むよりは10日でしっかり治してくれと。3日、4日は何もできないでしょうから、そこで何もしないで置いておくなら10日間で治してくれた方が。まだ始まったばかりなんでね。違和感ありながらやるのも打撃に影響してくると思うし。10日間で治るか分からないけど、19日に戻ってこられるようにお願いしますと。本人もしっかりやってきますということで」と明かした。

 代わって合流した正木はプロ初昇格。いきなり3番で先発する。「調子いいから3番で使いますよ。調子いいもんはすぐ使いますよ。2軍ですごい打ってるから」と指揮官。ルーキーに起爆剤の期待がかかる。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/a53eb56d208405058319c2c78d463f9e9fdc50fd

【ソフトバンク・柳田悠岐が登録抹消 左肩の腱板炎 ドラフト2位・正木智也が初昇格即3番スタメン】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/07(木) 05:32:52.13 ID:CAP_USER9
4/7(木) 5:15配信
東スポWeb

米・レッズから自由契約となった秋山(ロイター=USA TODAY Sports)

 果たして鷹の動きは――。NPBのシーズン最多安打記録保持者でもある秋山翔吾外野手(33)が米・レッズから自由契約となったことを受けて国内球団があわただしくなってきた。ソフトバンクの三笠杉彦GMは「コメントすることはありませんが状況は見守っています」と話すにとどめた。

 チームとしては世代交代がテーマ。二軍監督から昇格した藤本監督のもとでチーム内の競争は好循環を生み、ここまで8勝1敗の好スタートを切っている。秋山の守備位置となることが想定されるセンターは〝競争枠〟でもあり、ここまでの9試合で上林、佐藤直、牧原大、真砂が守っている。主将・柳田と同学年の秋山の獲得は流れに逆行するとも言える。

 ただ、その一方で4位からのV奪回が最重要課題。球団として「育てるから負けてもいい」は許されない。昨季全試合出場で今季も不動の中軸として期待されていた栗原陵矢外野手(25)が左ヒザ前十字靱帯断裂などにより長期離脱は避けられない状況。復帰の見通しは立っておらず主力は〝1減〟となっている。

 また、ソフトバンクがFA補強に二の足を踏む理由にもなる人的補償をともなわないメリットも大きい。以前、後藤球団社長はメジャー帰りの選手に関しては「全員、スタディ(調査)の対象」とも話しており、2012年からの6年間で岡島、五十嵐、松坂、和田、川崎と5選手を獲得している過去もある。球団内でも「ゼロではない」との見方がもっぱらだ。

 かつてソフトバンクは2010年のドラフトで秋山の2位指名を検討していた。会議の席上で王球団会長の鶴の一声で柳田に方針転換した逸話も広く知られている。米国にこだわるか日本球界復帰か。まずは「見守る」との言葉通りに秋山の決断を注視することになりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220407-04111841-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f5cc031d9c019611734a773a3392db90842bbe3

【レッズ退団で注目集まる! ソフトバンクの〝秋山獲り〟はあるのか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/31(木) 22:49:35.52 ID:CAP_USER9
ソフトバンクは31日、栗原陵矢外野手(25)が佐賀市内の病院でMRI検査を受け、左膝前十字靱帯断裂、また、左外側半月板損傷の疑いと診断されたことを発表した。

4月1日からリハビリ組に合流する。手術や復帰見込み時期などは未定。

栗原は前日30日のロッテ戦で、9回2死の守備中に、ロッテ福田光が打った左中間への飛球を追って中堅の上林と交錯。
左膝付近を痛め、負傷交代。この日、出場選手登録を抹消された。

日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203310000939.html

【ソフトバンク・栗原、左膝前十字靱帯断裂および左外側半月板損傷疑い 今季絶望か…】の続きを読む

このページのトップヘ