SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

福岡ソフトバンクホークス

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/01(土) 17:52:10.99 ID:uQGEijMs9
2024年6月1日17時36分

ソフトバンクは1日、柳田悠岐外野手(35)が佐賀市内の病院でMRI検査を受け、「右半腱様筋損傷」と診断されたと発表した。全治は約4カ月の見込み。

柳田は前日5月31日の広島戦(みずほペイペイドーム)で右ハムストリングを負傷した。3回に二ゴロを放って走り出した際に痛め、途中交代。今季はここまで全48試合に3番起用され、打率2割9分3厘、4本塁打、リーグ2位の35打点をマークしていた。

チームは今季ここまで32勝15敗2分け。貯金17とし首位をキープするが、絶対的主軸のシーズン中の復帰は絶望的となった。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202406010001056.html
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202406010001056-w1300_0.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202406010001056-w1300_1.jpg

【ソフトバンク・柳田悠岐、今季中の復帰絶望的 右半腱様筋損傷で全治約4カ月の見込みと診断】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/19(金) 15:08:10.71 ID:ZUzfSniI9
2024年4月19日14時19分

<ウエスタン・リーグ:ソフトバンク-広島>19日◇タマスタ筑後

ソフトバンク和田毅投手(43)が2軍広島戦で負傷降板した。

実戦復帰2度目の先発。1-1の4回2死一、三塁だった。広島仲田の打球が右足を直撃。ベンチに退き、そのまま交代となった。交代理由は打球が直撃したためではなく、右足親指裏のマメがむけたため。3回2/3を投げ5安打1失点、3奪三振だった。

和田は左手中指のマメの影響などで、開幕ローテーションに入らず。実戦復帰となった前回登板の4月10日オリックス戦では、6回を4安打無失点に抑えるなど復調ぶりを印象づけていた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202404190000437.html
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404190000437-w500_0.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404190000437-w500_1.jpg

【ソフトバンク・和田毅が右足親指裏のマメがむけ、2軍広島戦で負傷降板 4回途中5安打1失点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/13(土) 17:06:49.42 ID:4hxyWalC9
山川穂高、古巣・西武相手に2打席連続満塁弾 プロ野球史上2人目の快挙に敵地も騒然

6回に水上、8回に豆田からグランドスラムを放った

西武戦で2本目の満塁本塁打を放ったソフトバンク・山川穂高【写真:小池義弘】

■西武 ー ソフトバンク(13日・ベルーナドーム)

 ソフトバンクの山川穂高内野手が古巣・西武を相手に2打席連続のグランドスラムを放った。2打席連続満塁弾は2006年4月30日の二岡智宏以来、プロ野球史上2人目の快挙となった。


 8回、先頭の周東がこの日4安打目となる左前安打で出塁。代打の中村晃が中前安打で続き、柳田が四球を選んで満塁に。3打席連続で満塁のチャンスで打席に入った山川は1ストライクからの2球目、豆田が投じた真っ直ぐを完璧に捉えて、西武ファンが陣取る左翼スタンドへと放り込んだ。2打席連続の満塁弾に敵地は騒然となった。

 山川は6回にも満塁のチャンスで打席に入り、水上の投じた高めのスライダーを捉え、左中間スタンドへのグランドスラムを放った。ダイヤモンドを一周し「どすこい」ポーズを決めると、西武ファンの大ブーイングを浴びた。2本目の満塁弾のあとは古巣のファンも沈黙。ブーイングは起きなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb32b9a99d16d9541491c1e1a3388c013b3e8702

【ソフトバンク・山川穂高、2打席連続満塁弾 プロ野球史上2人目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/12(金) 17:50:56.01 ID:gBxafNrx9
2024年4月12日17時35分

<西武-ソフトバンク>◇12日◇ベルーナドーム

西武からFA移籍したソフトバンク山川穂高内野手(32)が、昨季まで本拠地だったベルーナドームに初見参し、大ブーイングを受けた。

試合前のスタメン発表時に「4番 指名打者 山川」とアナウンスされると、西武ファンが集う左翼スタンドを中心に球場が一気にざわついた。ブーイングは約20秒続き、5番近藤のアナウンス開始まで続いていた。

山川は昨年、女性問題による不祥事が発覚。西武球団からは公式戦出場停止処分を通達され、23年シーズンは1軍出場が17試合のみだった。同年12月にFAを行使してソフトバンクに移籍し、世間では物議をかもしていた。

今年の1月末、ファーム本拠地で自主トレを公開した際には西武ファンのブーイングなどさまざまな想定について「いろんな選手を見てきましたけど、やっぱりプレーする時は目の前のことを全力でやってますし、僕たちもそうしてきた。周りの環境が先ではなく、打席に入れば目の前のボールを全力で打ちにいく。守備を守ってる時も勝つためにプレーするだけ。自分にできることを1つ1つやっていきたい。そういう思いです」と語っていた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202404120000467.html
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_0.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_2.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_3.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_6.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_7.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_8.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_10.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_11.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_12.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_13.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_15.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202404120000467-w1300_16.jpg

【ソフトバンク・山川穂高に大ブーイング 昨季までの本拠ベルーナドームにFA移籍後初見参】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/09(火) 19:56:00.16 ID:BJQElUMr9
掲載日
2024/04/09 08:00

元プロ野球選手で野球解説者の山本昌氏が1日、YouTubeチャンネル『【東海テレビ公式】ドラHOTpress』で公開された動画
「山本昌&山崎武司 プロ野球 やまやま話『パ・リーグ順位予想』」に登場。“今のソフトバンク”について語った(※動画は3月18日に収録)。





以前のソフトバンクの印象も

同チャンネルでは今回、今シーズンのパ・リーグの順位を予想する企画を実施。山本氏はソフトバンクを2位に予想し、「(打者陣は)山川選手が入って、ピッチャーも名前がポンポンとあがるし、後ろもいいし……なんですけど、一時期のソフトバンクの鬼のような投手陣じゃなくなったなって」と説明。
続けて、「出てくるピッチャー出てくるピッチャー、超A級で、『ちょっとこんなの厳しいよ』って(以前は思った)。交流戦始まった頃、和田だ、杉内だ、ファルケンボーグ……」「そういうピッチャーが交流戦で出てきて、『パ・リーグのピッチャーはスゴいな』って印象をつけられたのがソフトバンクだったんで。今、そこまでじゃないよね」と自身の印象を述べた。

さらに、山本氏は「いいピッチャーいるけど、打線もいいんだけど」「ここ数年の優勝争いでも負けてるし」「小久保新監督に代わって、チームがどうなるか分かりませんけども、3連覇中のチームは強いかなって」と、オリックスの存在にも言及した。
一方、山崎武司氏はソフトバンクを1位に予想しつつ、「僕、山川がホームラン王を獲ると思ってるんですよ。ホームラン王を獲ってくれれば、100打点ぐらいは拾えるんです。100打点増えると、チームとしては勝ち星が相当増える」と持論を述べていた。

https://news.mynavi.jp/article/20240409-2923269/

【編集部MEMO】
YouTubeチャンネル『【東海テレビ公式】ドラHOTpress』で公開中の「山本昌&山崎武司 プロ野球 やまやま話」。プロ野球生活32年50歳まで現役を続けた山本昌氏と、
プロ野球生活27年でセパ両リーグの本塁打王に輝いた山崎武司氏が、プロ野球にまつわる(秘)エピソードを披露している。「やまやま話」は動画情報配信サービス「ロキポ」でも配信中。

【山本昌、“今のソフトバンク”の印象語る「山川選手が入って…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/09(火) 17:52:09.41 ID:RFd6CFN/9
2024年4月9日 16時17分

 ソフトバンクは9日、武田翔太投手が横浜市内の病院で右肘内側側副靭帯(じんたい)再建術(通称トミー・ジョン手術)および鏡視下肘関節形成術を受け、無事終了したと発表した。競技復帰まで1~1年半で今季は絶望。実戦復帰は来年途中までずれ込みそうだ。

 武田は宮崎日大高から11年のドラフト1位でソフトバンクに入団。15年に13勝、16年に14勝と先発の柱として活躍した。近年は中継ぎに回る機会も多く、昨季は29試合の登板で1勝2敗2ホールド、防御率3・91だった。プロ通算217試合に登板し、66勝48敗2セーブ、11ホールド、防御率3・34をマークしている。

https://hochi.news/articles/20240409-OHT1T51117.html?page=1

【ソフトバンク・武田翔太がトミー・ジョン手術で今季絶望 復帰は25年途中か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/07(日) 19:30:15.85 ID:Zk1XFo/x9
2024年4月7日 19:07

 ソフトバンクは7日の楽天戦(楽天モバイル)に2―3でサヨナラ負け。連勝は3で止まった。

 3回一死二、三塁から3番・柳田が左腕・藤井の変化球を中前へはじき返す2点適時打で先制。先発のスチュワートは制球に苦しむも、150キロを超える速球を軸に3回まで楽天打線を力で封じ込めた。

 だが、4回に太田に中前適時打を許し、1点差に迫られた6回二死二塁から村林に左翼へ適時二塁打を浴びて同点となり、ここで降板。今季初登板となった3月31日のオリックス戦(京セラ)では5回1失点と好投しながら勝ち星がつかなかったスチュワートは5回2/3を投げ8安打3四球2失点で、今季初勝利を逃した。

 そして2―2の9回、緊迫した展開で小久保監督は今季2度目の登板となるドラ5ルーキーの沢柳をマウンドに送った。新人にとっては経験を積むまたとない機会。しかし、さすがに荷が重かったか、先頭打者を四球で歩かせ犠打を挟んで一死二塁から34歳のベテラン・鈴木大に右翼線へサヨナラ打を浴びた。

 連勝は止まったものの鷹は開幕から3カード連続勝ち越しで、西武と並んで首位。打線は11安打と相変わらず活発で、主砲の柳田と5番・近藤はともに4打数2安打と快音を響かせ、打率も柳田が3割6分7厘、近藤が3割7分5厘と打線を引っ張っている。

 ただ、好調の2人に挟まれた4番の山川は前日に続いて4タコ。初回一、二塁で迎えた第1打席は投ゴロ併殺に倒れ、前打者の柳田が申告敬遠されるという4番の真価が問われる場面で迎えた8回二死一、二塁の第4打席は5番手右腕・宗の147キロツーシームに空振り三振を喫し、またしてもチャンスをつぶした。

 開幕戦で早々と今季1号を放った山川だが、その後は8試合アーチなしで打率は1割7分6厘に低迷。大砲の打棒復活が待たれる。

東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/298251

関連スレ
【野球】パ・リーグ E 3x-2 H [4/7] 楽天・鈴木大地サヨナラタイムリー!ホークス連勝ストップ [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1712475221/

【ソフトバンク・山川穂高は8試合アーチなし 打率1割7分6厘に低迷】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/03(水) 18:23:02.61 ID:NN0A3EMZ9
2024年4月2日 19:17

東スポWEB

 ソフトバンクでヘッドコーチを務めた達川光男氏(68)が2日、ロッテとの本拠地開幕戦(ペイペイドーム)の始球式で捕手役を務め、改めて福岡の鷹党から絶大な人気を博していることを証明した。
女優の吉瀬美智子、男子バスケットボール日本代表のトム・ホーバス監督が登場したセレモニアルピッチ。観衆の度肝を抜いたのは、吉瀬の球を受けた達川氏だった。

 マスクをつけて戦闘スイッチが入ったのか、吉瀬のワンバウンドした球を捕球するとすぐさま二塁へ送球。無人の二塁ベース付近に力強い球を放った。
サービス精神旺盛な68歳。「伝説のことをするよ!」。予告通り始球式ではなかなか見られない光景に、スタンドは温かい笑いに包まれ、大きな拍手が送られた。

 始球式後は「普通にやれば、ソフトバンクは優勝するよ」と圧倒的V候補に挙げ、どこまでもホークス愛をサク裂させていた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/297667

【【ソフトバンク】達川光男氏 始球式で吉瀬美智子の球を受けると二塁送球!観客の度肝抜く】の続きを読む

このページのトップヘ