SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

MLB

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/24(月) 11:15:26.62 ID:r2mfggCi0
デグロム 6試合3勝2敗 0.68 40回 65奪三振 WHIP0.60
シャーザー 9試合4勝2敗 2.24 56.1回 76奪三振 WHIP0.85
バウアー 10試合5勝2敗 1.98 63.2回 88奪三振 WHIP0.77

ダルビッシュ 10試合5勝1敗 1.75 61.2回 74奪三振 WHIP0.89

【ダルビッシュ有さん、ガチでサイヤング賞へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/24(月) 07:35:46.00 ID:CAP_USER9
自身4連勝へ7回で5奪三振無四球、7安打1失点

■パドレス ー マリナーズ(日本時間24日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地のマリナーズ戦で先発登板した。7回5奪三振7安打1失点と好投し、今季5勝目の権利を持って降板した。防御率1.75。

 初回は3者凡退の立ち上がり。2回はルイスの安打と二盗で無死二塁としたが、後続を3人で仕留めた。3、4回と無失点に封じたものの、5回2死二塁から投手・ダンに同点の右越え適時二塁打を浴びた。

 同点の6回1死一、三塁のピンチではゴドイを二ゴロ併殺打に抑えた。3点を勝ち越した7回も併殺打でピンチを作らなかった。7回で93球(ストライク63球)を投げ、5奪三振無四球、7安打1失点だった。

 前回17日(同18日)の本拠地・ロッキーズ戦では7回4安打無失点と好投して4勝目を挙げた。チームは8連勝中。ダルビッシュも自身4連勝となるか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/322d574f8bee0fb61a4e426446564ad4af89543e
5/24(月) 7:28配信

https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2021052414
試合スコア

【パドレス・ダルビッシュ、7回5奪三振1失点と好投 5勝目権利を持って降板】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/21(金) 23:14:27.47 ID:CAP_USER9
 野球解説者の高木豊氏(元大洋他)が20日に自身の公式ユーチューブチャンネルに投稿した動画に、野球解説者の中畑清氏(元DeNA監督)がゲスト出演。動画内での発言が、ネット上のプロ野球ファンの間で話題となっている。

 今回の動画で中畑氏は、自身が指導者として見てきた選手の中で特に印象に残っている選手をテーマにトーク。巨人コーチ時代の1993年に入団してきた松井秀喜氏(元巨人他)の体の固さや、DeNA監督時代の2013年に当時プロ7年目・25歳の梶谷隆幸(現巨人)にかけた言葉などについて語った。

 話題となっているのは、2012~2015年にかけDeNAで共に戦った筒香嘉智(現ドジャース)についての発言。2012年にDeNA監督に就任した中畑氏は、当時プロ3年目・20歳の筒香について「(打撃に)柔らかすぎるぐらいの柔軟性があった」、「(筒香と初めて)会った時に『(松井と)同じ(ように)高校から(プロに)入ってきてもこんなに違うのか』と思った」と、バッティング時の体の柔らかさに驚かされたという。

 一方、中畑氏は「真っすぐにはめちゃ(くちゃ)弱い、変化球(を打つの)はものすごくうまい」と、筒香は直球に苦戦している節も見受けられたとコメント。ただ、直球に弱い原因や改善のための具体的な指導などについては触れなかった。
 
 今回の動画を受け、ネット上には「速球に弱いって今と全く変わってないじゃないか」、「なまじ柔軟性があるから速球を引きつけ過ぎて、その結果差し込まれてるってことなんだろうか」、「速球に弱い原因や解決策についても話してほしかった、まさか無策だったのか?」、「どんな指導をしたのかは分からないけど、ちゃんと対策してあげれば今の不振も無かったのでは」といった反応が多数寄せられている。

 「筒香は横浜・DeNA(2010-2019)で『.285・205本・613打点』といった数字を残した後、2019年オフにMLB・レイズへポスティング移籍。ただ、同年の対ストレート打率が『.238』だったことから、ファンの間ではストレートの平均球速が150キロを超えるMLBでは通用しないのではという見方もされていました。実際、これまでの報道などによると筒香は『.197・8本・24打点』に終わった移籍1年目の2020年、150キロ以上のストレートに対する打率が『.065』だったそうです。こうした直球への弱さが若手時代から見受けられたという中畑氏の発言を受け、当時の首脳陣が適切な指導をしていれば違った結果になったのではと考えているファンもいるようです」(野球ライター)

 MLB2年目の今季は「.167・0本・5打点」と不振に苦しみ、5月12日(現地時間11日)にレイズから戦力外となった筒香。その後同月16日(同15日)に移籍したドジャースでも21日(同20日)終了時点で「.111・0本・1打点」と苦戦しているが、今後成績が好転することはあるのだろうか。

https://npn.co.jp/article/detail/200013536
https://npn.co.jp/res/images/article/200013536/a558e98b87a598e656ad4bc0fced5c96_photo.jpg

【「まさか無策だったのか」ドジャース・筒香 10年来の弱点を中畑元監督が指摘するも、解決策には触れず…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/23(日) 14:29:37.93 ID:CAP_USER9
https://i.imgur.com/YaOTVLJ.jpg

● エンゼルス 2 - 6 アスレチックス ○
<現地時間5月22日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が22日(日本時間23日)、本拠地でのアスレチックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。4打数2安打1打点で4試合ぶりのマルチ安打をマークしたが、チームは敗れ3連敗となった。

 大谷は1点を先制された直後の1回裏、無死一塁でアスレチックスの先発右腕・バジットと対戦。最後はカウント1-2後の高め直球にバットが空を切り、第1打席は空振り三振に倒れた。二死一塁だった3回の第2打席も空振り三振。再びカウント1-2と追い込まれ、今度は75.2マイル(約121キロ)のカーブに体勢を崩された。

 それでも3点を追う6回、二死無走者の場面でフルカウン後の内角球に食らいつくと、バットを折られた打球は詰まりながらも二遊間を突破。外野陣の緩いチャージを確認した大谷は一気に加速し、悠々と二塁を陥れ右前二塁打とした。しかし、二死二塁の好機で続くレンドンは空振り三振。反撃の口火となる一打とはならなかった。

 5点ビハインドで迎えた8回は二死一塁でバジットと4度目の対戦を迎え、5球目のカーブを捉えた打球は中堅手のグラブをかすめる適時三塁打となった。この日の大谷は4打数2安打1打点。今季13度目のマルチ安打を記録し打率を.268とした。

 大谷は9番のフレッチャーとともに複数安打を記録したが、打線全体で5安打に封じられエンゼルスは3連敗。地区最下位は変わらず借金は「8」に膨らんだ。

5/23(日) 14:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe9a34b8ada7bb63517f5b06d10844f33e22ee1

https://baseball.yahoo.co.jp/m/mlb/game/2021052315/table
試合スコア

【エンゼルス・大谷翔平、右前二塁打&中越え三塁打 今季13度目のマルチヒット】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/22(土) 19:56:58.66 ID:CAP_USER9
◇21日(日本時間22日)MLB エンゼルス―アスレチックス(アナハイム)

 審判の“ブラックリスト”に載ってしまったのだろうか。エンゼルスの大谷翔平選手(26)は、アスレチックス戦に「2番・指名打者」で先発。1回の第1打席。カウント2ボール1ストライクで、中継局BSウエスト表示のストライクゾーンから外れた外角の投球をストライク判定され、大谷はマーリー球審に目をやると首をかしげた。

同局のサットン・アナウンサーは「またも広いストライクゾーン。昨日もこんなことがありました。だから、頭に入れておいてください。今日の球審はニック・マーリーです」と中継した。

 カウント3―1と2―2ではおお違い。結局、この打席は左中間への深い中飛に倒れた。

 前日のツインズ戦も、バックナー球審が大谷へのボールゾーンに見える投球を立て続けにストライク判定。26歳の若武者は首を横に振ったり、薄い笑いを浮かべて「ありえない」という態で何かつぶやくなど不満をあらわにし、その後はエンゼルスの打者に厳しい球審の判定が相次いだ。

 だが、この日はカードが替わり、アスレチックスとの3連戦の初戦のため、審判団も前日とは入れ替わった。それでも大谷に辛い判定が続くということは…、ファンは勘繰ってしまいそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a4da5fcaeb982e266423c95504a4a201d4a2e7d
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210522-00000025-chuspo-000-5-view.jpg

【審判の“ブラックリスト”入り? 大谷翔平、外角ボールのストライク判定に首かしげる。厳しいジャッジが続けば…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/22(土) 14:01:59.41 ID:CAP_USER9
第1打席で左中間へ大飛球を放つもあと一歩及ばず中飛

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間22日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのアスレチックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。3打数無安打1四球で今季2度目の2試合連続ノーヒットとなった。打率は.262。チームは4-8で逆転負けを喫し連敗。

アスレチックスの先発キャプリーリアンの前に大谷は第1打席で左中間へ大飛球を放つも中飛に倒れる。その後も3回の第2打席は三飛、6回の先頭で迎えた第3打席は空振り三振。7回の第4打席は左腕ディークマンから四球を選び出塁した。

 チームは1点を追う6回にウォルシュのソロ、レガレスの2点タイムリー三塁打で逆転に成功したが、直後の7回に右腕マイヤーズが3ランを浴び逆転負けを喫した。

 大谷はこれで打者として42試合に出場し打率.262、14本塁打33打点、6盗塁。この日はブレーブスのロナルド・アクーニャJr.外野手がパイレーツ戦で大谷に並ぶメジャートップの14号満塁弾を放った。熾烈なホームラン王争いから目が離せない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0f643d8875c23b2930f8eaa26480d58b13dae64
5/22(土) 13:53配信

https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2021052213
試合スコア

【エンゼルス・大谷翔平、3打数無安打1四球で打率.262 エ軍は逆転負けで2連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/21(金) 08:26:38.74 ID:CAP_USER9
今季防御率0.00、チャップマンの1球が大反響

 世界最速左腕として知られる米大リーグ、ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が投じた1球への驚愕が広がっている。18日(日本時間19日)のレンジャーズ戦の9回にマウンドに上がると、2死から相手のひざ元付近へ103マイル(約165.7キロ)のファストボールを投げ込み、見逃し三振で締めると貫録の仁王立ち。MLBが動画付きで脚光を浴びせると、160万回を超える再生回数を記録している。

【動画】「絶対打てない」「美しい」と米ファン驚愕 チャップマンは仁王立ちでドヤ顔…166kmをズバッと決めた実際の映像

 このボールを打てる打者は、そうはいない。9回2死二塁。チャップマンの左腕から放たれたボールは糸を引くような軌道で右打者デービスのひざ元へ。内角ぎりぎりの103マイルにデービスは手が出ない。チャップマン自身も会心の1球だったのか。マウンド上で仁王立ち。ドヤ顔を決めていた。

 世界最速105.1マイル(約169.1キロ)を計測しているチャップマン。33歳となったが未だ衰えぬ剛腕サウスポーの1球にMLB公式インスタグラムでは「103マイルで封じる」と添えて実際の動画を投稿すると衝撃がさらに拡大。米ファンからは「この仁王立ち」「ヤバすぎる」「打つのは不可能」「美しい103マイル」「アンフェアだ」「今年のチャップマンは信じられないほど良い」などと反響が寄せられている。

 投稿から1日が経過し、動画の再生回数は160万回を超えている。この試合で10セーブに到達。今季いまだ防御率0.00を誇る左腕はまだまだ驚きを与えてくれそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff8dc25829c4a20db00fde983f96c05290482407
5/21(金) 8:13配信

https://www.instagram.com/p/CPCjJqvnXLE/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading

https://www.youtube.com/watch?v=cAlnLfkppm0

球速170キロの新記録!Chapman's scoreless ninth

https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/teams/player/pitcher/3023977
成績

【160万再生の衝撃!! 人類最速左腕の“打つのが不可能な166km”「この仁王立ち」「美しい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/21(金) 06:35:47.00 ID:CAP_USER9
<レッズ4-19ジャイアンツ>◇20日(日本時間21日)◇グレートアメリカンボールパーク

スタメンから外れたレッズ秋山翔吾外野手(33)が途中出場し、3打数無安打だった。

1-14と大量リードされた5回1死から代打で出場し、左飛に倒れた。

その後、左翼の守備に就いた。

7回の打席は遊失。9回は見逃し三振に倒れた。

打率は2割1分4厘。

レッズは大敗し、4連敗を喫した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac814e99ad732b8f4b2349b2b37375416cc06ea3
5/21(金) 6:19配信

https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2021052101
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=Ycy3BBQ1OBc
【歌詞付き】埼玉西武ライオンズ 秋山翔吾 登場曲からの応援歌 2019 オールスター in 東京ドーム

https://www.youtube.com/watch?v=Gu0peMr4gBE
秋山翔吾の打席で秋山幸二応援歌

【レッズ秋山は途中出場で3打数無安打 .214 0本 2打点】の続きを読む

このページのトップヘ