SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本人メジャーリーガー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 18:18:24.07 ID:CAP_USER9
2022年05月19日 11:55 野球 
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/19/kiji/20220519s00001007298000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/08/jpeg/20220509s00001007189000p_view.jpg

 【ナ・リーグ カブス2ー3パイレーツ ( 2022年5月18日 シカゴ )】 カブス・鈴木誠也外野手(27)が18日(日本時間19日)のパイレーツ戦に「4番・右翼」でスタメン出場。4回に右越え二塁打を放ち、移籍後最長の出場7試合連続安打をマークした。チームは2―3で敗れ、連勝は4でストップした。

 初回の第1打席は四球、1―2の4回無死で迎えた第2打席にパイレーツ2番手ケラーの5球目を強振、2戦連続となる二塁打を放った。1死から6番シュウィンデルの適時打で一時同点となるホームを踏んだ。

 5回の第3打席は左直、8回の第4打席は空振り三振だった。

 同外野手は4月、打率・279、4本塁打、14打点の成績でナ・リーグの月間最優秀新人に選出。日本選手では18年9月のエンゼルス・大谷以来7人目となる月間最優秀新人選出となった。5月に入ってからは調子を落としていたが、右足首を痛めて途中交代した5月10日パドレス戦から、この日で出場した7試合連続安打となった。

 「7番・一塁」でスタメン出場したパイレーツ筒香は4打数無安打。2回の第1打席は空振り三振、4回の第2打席は投ゴロ、6回の第3打席は中飛、9回の第4打席は二失だった。

【カブス・鈴木誠也、移籍後最長の出場7試合連続安打 チームの連勝はストップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 18:31:06.39 ID:CAP_USER9
2022年05月18日 12:16 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/18/kiji/20220518s00001007259000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/18/jpeg/20220518s00001007242000p_view.jpg

 【ナ・リーグ カブス7-0パイレーツ ( 2022年5月17日 シカゴ )】 カブス・鈴木誠也外野手(27)が17日(日本時間18日)のパイレーツ戦に「4番・右翼」でスタメン出場。4回に2点二塁打を放ち、出場6試合連続安打、同5試合ぶりの打点でチームの今季最長を更新する4連勝に貢献した。4打数1安打2打点で、複数打点は2打席連続本塁打を放った4月13日パイレーツ戦以来となった。

 好守を打席へとつなげた。1-0の4回1死三塁、パイレーツ・筒香が打ち上げた飛球を右翼線で捕球。本塁へのワンバウンド送球で三走をアウトにしてみせた。メジャーで初の補殺を記録すると、その裏の攻撃では好機を確実にモノにする。

 無死一、二塁からパイレーツ先発・ブルベイカーの投じた初球の94マイル(約151キロ)を強振。左中間へ2点二塁打を放ち、この回一挙5得点の起点となった。試合前には筒香と談笑するなどリラックスムードだった鈴木。「侍ジャパン対決」で持ち味の勝負強さを見せつけた。

 2回無死からの第1打席、5回2死からの第3打席、7回2死二塁からの第4打席はいずれも空振り三振。外角へのスライダーにタイミングが合わず、第4打席ではバットを叩きつけて悔しがった。なお「5番・一塁」で4試合連続のスタメン出場となった筒香は3打数無安打。打率は・174となった。

【カブス・鈴木誠也 今季最長4連勝に貢献する2点二塁打 守備でもメジャー初の補殺記録、筒香の打点を消す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 02:10:41.68 ID:8u7CKvIm0
シャーザーは本当に気付いてない
メジャーではあのタイミングで始球式はやらない
普通30分前くらいにだいたいやる
自分もあのタイミングで始球式やられたら嫌だ
メッツの球団の問題

【メッツ・シャーザー氏が始球式を反故にした事案について、ダルビッシュ氏の見解】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 10:26:24.95 ID:i9yEWT4L0
セ→柏田、木田、松井秀、岡島、桑田、上原、高橋尚、村田、澤村、大家、佐々木、斎藤、福盛、筒香、山口、石井、高津、岩村、五十嵐、青木、新庄、藪、井川、藤川、黒田、高橋建、前田、鈴木、福留、川上(計30人)
パ→建山、ダルビッシュ、田中賢、大谷、有原、松井稼、松坂、牧田、菊池、秋山、長谷川、イチロー、野村、田口、平野、村上、井口、城島、川崎、和田、野茂、吉井、大塚、中村、岩隈、伊良部、小宮山、小林、薮田、西岡、田中将(計31人)

【セ・パ出身日本人メジャーリーガー一覧】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 18:17:28.62 ID:CAP_USER9
2022年05月17日 11:30 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/17/kiji/20220517s00001007195000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/17/jpeg/20220517s00001007184000p_view.jpg

 【ア・リーグ ブルージェイズ6―2マリナーズ ( 2022年5月16日 トロント )】 ブルージェイズの菊池雄星投手(30)が16日(日本時間17日)、本拠地トロントでのマリナーズ戦に先発。6回1安打無失点の好投で今季2勝目を挙げた。

 2019年から3年間マリナーズでプレーした菊池にとって、古巣との初対戦となったこの日。初回に四球で走者を出したが、その後は4回まで無安打投球。5回に先頭のウインカーに2塁打を浴び初安打を許すと、1死後に四球で一、二塁のピンチを背負ったが、後続を空振り三振、左飛に仕留めて無失点で切り抜けた。菊池は6回90球を投げ1安打3四球無失点と力投。2勝目の権利を得て降板した。

 7回以降は救援陣のリチャーズ、ガルシア、ボルッキー、ストリプリング、シンバーがリードを守り、チームは6―2で勝利した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【ブルージェイズ・菊池雄星、古巣マリナーズ相手に6回1安打無失点の好投!今季2勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 18:29:55.66 ID:CAP_USER9
2022年05月17日 12時27分
https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/mlb/4196825/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/05/67b292cd455e950d543761e277079589-310x450.jpg

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は16日(日本時間17日)に敵地アーリントンでのレンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場し、初回に中堅フェンス直撃に先制適時二塁打を放ち、4打数1安打1打点、3三振1得点だった。打率2割5分7厘。チームは4―7で逆転負けした。

 相手先発は右腕グレイ。ロッキーズに所属していた2016年から4年連続で2桁勝利をマーク。18年8月27日の対戦で左中間に逆転3ランを放っている。1打席目は初回無死一、三塁・3ボールからの4球目、内角低めの96・1マイル(約155キロ)の直球を振り抜くと116・5マイル(約187キロ)の光速ライナーは中堅後方へ一直線。そのままフェンスを直撃し、三走が生還1点を先制した。飛距離410フィート(約125メートル)の特大二塁打。もう一伸びだった。二死後、マーシュが左前へ適時二塁打を放ち、3―0とリードを広げた。

 しかし、今季3勝1敗、防御率2・45と安定していた先発シンダーガードが大乱調。1回を投げ終えることができずに2/3回を4安打6失点(自責点2)でKOされ3―6と逆転を許した。

 3回一死無走者はフルカウントから外角高めのバックドアのスライダーを自信を持って見送るも判定は「ストライク」。4―6の5回一死無走者はカウント2―2から外角低めの95・6マイル(約154キロ)の直球を空振り三振。7回に二死無走者は2番手の左腕バークに3球三振。外角低めの96・7マイル(約156キロ)の直球に手が出なかった。1試合3三振は今季4度目。ここ3試合三振はなかったが、2打席目の微妙な判定が影響したかもしれない。ただ、1打席目の中越え二塁打を見る限り、好調は維持している。出直しだ。

【エンゼルス・大谷翔平はセンターフェンス直撃の先制二塁打放ち4打数1安打1打点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 07:10:14.46 ID:CAP_USER9
◆米大リーグ ダイヤモンドバックス2―4カブス(14日・フェニックス=チェイス・フィールド)

 カブスの鈴木誠也外野手(27)は14日(日本時間15日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に「2番・右翼」で4試合ぶりの先発出場。同点の9回に決勝点につながる中前打を放ち、4打数1安打だった。打率2割5分5厘。

 4戦ぶりにスタメン復帰した鈴木が、貴重な安打を放った。1―1と同点で迎えた9回無死一塁。ダイヤモンドバックスの守護神メランソンと対峙すると、2球目の内角の速球を中前にはじき返す安打。メジャー通算251セーブを挙げている右腕からの一打で好機を広げ、この回3点を奪う攻撃に貢献し、「ある程度、自分の中でこういう球が来たら振りたいなと思っていた。しっかり捉えられたので良かった」と振り返った。

 9日のパドレス戦で一塁を駆け抜けた際に右足首を痛めて以来、4試合ぶりのスタメン出場。右翼の守備では、3度の守備機会を難なくこなしてフル出場したが、足に負荷のかかる人工芝でのプレーだったこともあって試合後は治療に時間を割いた。ロス監督は明日以降の起用について「明日の状態を見たい。健康であれば試合に出てもらう」。今後も足首の状態を確認しながらの出場となりそうな鈴木も「とりあえず早く治して万全でやりたい」と話した。(穐村 賢通信員)
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/81beac0d5b23205648e9c23e78f09d3c130773f4

【カブス・鈴木誠也、4戦ぶり先発出場 9回に相手守護神から中前安打しチームの勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 07:01:59.31 ID:CAP_USER9
◆米大リーグ パイレーツ1―0レッズ(15日・ピッツバーグ=PNCパーク)

 パイレーツの筒香嘉智内野手が15日(日本時間16日)、本拠地・レッズ戦に「5番・一塁」でフル出場したが中飛、右直、中飛の3打数無安打に終わった。4試合、13打席連続で安打が出ておらず、打率は1割7分4厘にまで下がった。

 チームはレッズのグリーン、ウォーレンの前に8回無安打に抑えられた。それでも両軍無得点の8回に、3四球と併殺崩れの間に無安打で1点をつかみ、そのまま逃げ切って2連勝となった。無安打1得点で勝つのは、08年のドジャース(エンゼルス戦)以来14年ぶり6度目の珍事だった。

 筒香の今季成績は27試合に出場し、1本塁打、11打点、86打数15安打の打率1割7分4厘になった。復調のきっかけをつかみたいところだ。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/3711a96d3dc96a41a503e7029e53939cd815440a

【パイレーツ・筒香嘉智が4戦連続無安打で打率1割7分4厘…チームは無安打1得点で2連勝】の続きを読む

このページのトップヘ