SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

MLBトピックス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/23(木) 10:11:36.86 ID:zOC7AoAF0
表彰後は地元テレビ局の試合中継ゲストとして出演し「こんなふうに表彰され、感激したよ」とコメント。本塁打が量産されている最近のMLBについて感想を問われると「野球は大きく変わった。データ分析が取り入れられて、まったく違うものになった。私は現役時代、相手投手が自分に対してどう攻めてくるか頭の中でイメージできた。今はデータ分析が書かれた紙を渡され、自分で考えることがなくなった。指示通りにプレーするだけ。クレイジーだ」と意見した。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/amp/202206200000486.html

【元阪神・フィルダー氏「今のMLBはデータが書かれた紙を渡され、指示通りにプレーするだけ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 11:24:33.19 ID:CAP_USER9
 MLBは、今季「滑り過ぎる」「球場によって差が激しい」と不満が噴出している公式球の取り扱いを均一にする指示を全30球団に通達したと、21日付のESPN電子版が伝えた。

 MLBでは、製造工場から納品された新品のボールを試合で使用する前、表面にコーティングされたツルツルとしたグロスを落として握りやすくするため、野球ボール用の土で表面をこすって使用可能な状態にする。MLBの調査によって、このグロス落としの方法などが球場によって違うことが分かったため、統一するよう指示を出した。

 グロス落としはクラブハウスの用具担当スタッフが担当し、ボールの表面に土を付け、表面の皮の毛穴に土をすり込むように両手で30~40秒間揉み込むのが通常のやり方だという。土は「デラウエアリバー・マド」というメーカーの専用土が使用されている。

 MLBは全球団への通達文書で、グロス落としの手法と保管、取り扱い方法を全球場で厳格に均一に行うよう指示した。専用土によるグロス落としは試合当日の、試合開始まで3時間を切ってから行い、仕上げたボールはローリングスの箱に戻し、湿度調整保管庫に箱ごと入れる。試合開始時は8個を用意し試合用ボールバッグに入れるなど、細かい取り扱い方法が指示された。これまでは球場によって、湿度調整保管期間や方法、グロス落としの時期、試合開始時に用意するボールの数などが異なっていた。

 滑る公式球については、エンゼルスの先発右腕ロレンゼンが17日のマリナーズ戦でアップトンの頭部に死球をぶつけたことについて、滑った球が当たったとして、ボールを改善しないMLBを強く批判していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd19a2600b1004661284dc2209ced33a7a779f4b

【MLB、公式球の取り扱い均一化を全球団に通達 グロス落としの方法などが各球場で異なる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/21(火) 03:33:37.54 ID:CAP_USER9
>>2022年6月20日(月)21:00~22:00にNHK総合で放送の「ニュースウオッチ9【ウクライナ情勢▽話題の映画ドンバス監督に聞く▽AI審判】」より一部抜粋(書き起こし)

■野球が変わる?マイナーリーグで”自動審判”

豊島実季アナ「そして今日はその大リーグを変えるかもしれないものを取り上げます。ストライクとボールを判定する画期的なシステムが導入されたんです」

※MLBの試合映像が流され…
実況アナ「見逃し三振!ああ、大谷としては珍しく首を振っています」

豊島実季アナ「大谷選手が際どいストライクの判定に首を振って苦笑い」
青井実アナ「そうそう、今シーズン、これ何回か見るような気がしますよねえ」
豊島実季アナ「はい。ストライクの判定を巡っては不満が募り、激昂して退場になる監督や選手が後を絶ちません。人間が判定する以上、100%正確な判定は不可能です」
青井実アナ「まあまあ、そうですよねえ。とはいえ、大リーグ1打席1打席の成績次第で年俸が何億円も変わってくる世界ですから、皆さん必死ですよ」

豊島実季アナ「そうした中で大リーグの傘下マイナーリーグ3Aで導入されたのが『自動審判』です。ストライクとボールの判定だけを機械で行うシステムです。
この秘密、球場に設置された黒い物体、『レーダー』です。さらに、複数のカメラでボールの動きなどを正確に計測するシステム、『スタットキャスト』が判定を支えます。
全ての球場で導入されていて、ファンサービスとしてテレビ中継などで使われていた、このスタットキャストを利用した新たな試みが自動審判なんです」

青井実アナ「いや~、もうここまで来ましたか~」

豊島実季アナ「ストライクゾーンはホームベースの上が基準になりますが、高さは選手の身長によって変わるため、データを予め入力することで調整し、
ストライク、ボールを判定します。機械が出した判定結果はイヤホンで球審に瞬時に伝えられます。そして球審はストライクかどうかをコールするんです。
審判のあり方を大きく変える可能性のあるこのシステムについて、大リーグを長年取材しているジャーナリストは…」

AKI猪瀬さん「ストライク・ボールがしっかりと判定されているという意見の方が圧倒的に多数なので、『こういうものを今はやめようよ』っていう雰囲気はアメリカ国内にはない」

豊島実季アナ「自動審判による恩恵を受けるのは選手だけではありません。
近年は審判の正確性を評価する通信簿のようなサイトなどもあって、審判にも以前より厳しい目が向けられていたんです」

■球審の正確性を評価するツイッターより
・全体的な判定の正確さ=88%
・ボール球を正確に判定した割合=94%
・ストライク球を正確に判定した割合=77%

青井実アナ「なるほど。まあ機械が判定するようになって、審判へのこういった批判が無くなれば、それは良いことになりますよねえ」
豊島実季アナ「ただ、その一方で、自動化によって、スポーツの面白さが損なわれるのではないかという指摘もあるんです」
青井実アナ「分かりますよ」
豊島実季アナ「キャッチャーが捕球の際にミットを動かして際どいコースをストライクにする技、『フレーミング』。これ、人間の判定ならではだと言われています」

AKI猪瀬さん「人間の感情、こういうものが入ってくる余地が一切ないということになってきますので、その辺を見ている方がどう感じるかによることだと思います」

青井実アナ「皆さん、どう思いますかね? 人間がやってる審判もまたそれも魅力的だし。ちょっと課題はありそうですけどね」
豊島実季アナ「そうなんです。現在はマイナーリーグでの実験段階ですが、AKI猪瀬さんによれば、早ければ再来年にも大リーグで導入される可能性があるということです」
青井実アナ「ちょっと見守っていきましょう」

【了】

>>2-5あたりに、似た内容の記事)

【早ければ再来年からMLBで『自動審判』導入か!?ストライクとボールを機械が判定 マイナーリーグ3Aでは今季から導入】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/15(水) 18:09:21.92 ID:CAP_USER9
2022年06月15日 12:19 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/15/kiji/20220615s00001007306000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/15/jpeg/20220615s00001007304000p_view.jpg

 2015年から巨人に3年間在籍して31勝を挙げているカージナルスの右腕、マイルズ・マイコラス投手(33)が14日、地元セントルイス(ミズーリ州)でのパイレーツとのダブルヘッダー2試合目で今季13回目の先発。9回2死までヒットを許さず、自己最多の129球を投げて今季5勝目(4敗)を挙げた。

 マイコラスは4回に野手のエラーと内野ゴロの間に1点を献上。しかし9回2死でパイレーツの新人キャル・ミッチェル(23)に中越えの二塁打を打たれるまで1本のヒットも許していなかった。“ノーヒッター”が消滅したマイコラスはここで降板。2番手のパッキー・ノートン(26)にマウンドを譲った。

 試合は9―1でナ・リーグ中地区首位のカージナルスが勝って3連勝で37勝27敗。敗れたパイレーツは9連敗を喫して24勝37敗となった。

【元巨人・カージナルスのマイコラス 1失点ながら9回2死まで無安打 敗れたパイレーツは9連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/10(金) 18:12:45.84 ID:CAP_USER9
菊地慶剛6/10(金) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20220610-00300204

【文春オンラインが報じた新庄氏の薬物使用問題】

 文春オンラインが6月8日、元日本ハム球団代表だった小島武士氏らの証言を元に、現日本ハム監督の新庄剛志氏が現役時代に薬物検査で陽性反応を示していただけではなく、「メジャー(MLB)の時から使っていた」と本人も使用と認めていたという告発記事を世に出し物議を醸している。

 その上で同記事は、新庄氏の薬物使用について以下の3つの問題があると指摘している。

 1.スポーツパーソンとしての倫理違反

 2.監督としての説明責任

 3.薬物使用を知りながら監督就任を決めた日本ハムの責任

 まず断っておくが、『文藝春秋』に掲載されているというオリジナル記事は読んでいないので、的外れな指摘になってしまう可能性があるかもしれない。だが文春オンラインの記事を読む限り、長年MLBを取材してきた立場からするとどうしても疑義が生じてしまう点があるのだ。

【覚醒剤成分検出で迅速に対処したNPBと日本ハム】

 まず2006年の薬物検査で新庄氏から陽性反応が出たものが覚醒剤成分だったわけだが、NPBはすぐさま警視庁に相談に行き、覚せい剤取締法等で規制されている薬物ではなかったため、当時は事件化されなかったという。

 つまりNPBは、新庄氏の陽性反応が単なるドーピングに止まらず違法行為の可能性があると考え、隠蔽することなく警視庁に届け出いているのだ。十分に社会的責任を果たしていると考えられる。

 あくまで当時新庄氏の陽性反応が公にされなかったのは、NPBと選手会の間で非公表、罰則無しの合意がなされていたからだ。それは記事でも指摘している通りだ。

 その上で日本ハムも新庄氏から個人聴取を行い、MLB時代からサプリメントを使用していたが、その成分まで把握していなかったとの回答を得て、本人に注意を促しているわけだ。

 この両者の対応を見る限り。問題点はなかったように思える。

【2006年までMLBで使用が認められていたグリーニー】

 あくまで個人的な憶測ではあるが、この記事が問題視したいのは、新庄氏からMLB時代から薬物検査で陽性反応が出るような薬物を常用してきたという事実なのだろう。

 だが球団関係者の証言を元に、新庄氏が使用していた薬物が興奮剤の「グリーニー」と予想している時点で、当時グリーニーに対するMLBを取り巻く環境について無視することはできないはずだ。

 まずMLBでは、グリーニーは2006年まで使用が認められていたという点だ。MLBは2004年から薬物検査を正式採用しているのだが、当初グリーニーは対象外だったのだ。

 つまり2001年から3年間MLBに在籍していた新庄氏が、当時グリーニーを使用していたとしても何ら問題がなかったということだ。

【全体の85%の選手がグリーニーを使用していた?】

 しかも使用禁止前のグリーニーは、多くの選手たちが常用していたことも忘れてはいけない。

 当時の状況を解説する現地記事をチェックした限り、グリーニーはクラブハウスやベンチにチューイングガムやひまわりの種と並列して置かれ、一時は全体の85%の選手たちが使用したとしている。

 実際現場取材をしていた自分も、ある日本人メジャーリーガーと談笑していた選手が、グリーニーを示しながら「オレはこれがあるから大丈夫だ」と笑顔を見せた場面に遭遇した経験を有している。

 それほど当時のMLBでは、グリーニーが選手たちから認知されていたのだ。

【ステロイド等とはまったく異なった使用目的】

 そもそもMLBが2004年から正式採用した薬物検査から当初グリーニーを除外したのは、筋肉を増強しパワーを増すステロイドなどはまったく違った目的で、選手たちがグリーニーを使用していたからだ。

 元々グリーニーは、第2次世界大戦中に軍が使用していたものだ。戦地に向かう兵士たちが抱く不安や恐怖を少しでも緩和し、戦闘を行えるようにする効果があると考えられていた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【新庄氏の薬物使用問題から考えたいMLBで選手たちが2006年までグリーニーを常用していた背景】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 10:18:12.81 ID:CAP_USER9
DH部門がハーパー、先発投手部門は39歳でTJ手術から復活のバーランダー

 MLB公式サイトは25日(日本時間26日)、今季ここまでの「オールMLBチーム」を発表。シーズンの1/4が終了した段階での各ポジションのベストプレーヤーをそれぞれ1人ずつピックアップしている。エンゼルスからは2選手が入ったが、大谷翔平投手は投打ともに選出されなかった。

エンゼルスからはマイク・トラウトとテイラー・ウォードが外野手部門で選ばれた。もうひとりの外野手には17本塁打でランキングトップを独走するアーロン・ジャッジ(ヤンキース)が入った。記事では「この3人は最も楽な選択だった」と評している。

 DH部門は、昨季のナ・リーグMVPも受賞したブライス・ハーパー(フィリーズ)。本来は外野手だが今季は右肘の故障でDHに限定されており、「ヨルダン・アルバレス、JD・マルティネス、ジャンカルロ・スタントン、そしてショウヘイ・オオタニには申し訳ないが、今年の層が厚いメンバーの中でもハーパーが際立っている」としている。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a878cb03364f717f683a0e743b5fafd441c7ed4

【「オオタニには申し訳ない」 “MLBベストナイン”、大谷翔平は投打とも選ばれず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/26(木) 18:48:54.10 ID:CAP_USER9
メジャー中継の視聴者はジジババばかり…日本野球の未来はお先真っ暗か?
公開日:2022/05/26 06:00 更新日:2022/05/26 06:00

 ほぼ毎日朝からエンゼルス中心にメジャーリーグ中継をやっているNHK・BS1では、「大谷選手へのメッセージをツイッターで募集しています」と視聴者に呼びかけている。

 その書き込みが、「毎朝正座して大谷くんの活躍を応援しています」というジジババばかり。
たまに「出勤前に大谷選手のホームランがモチベーションアップになります」という若えもんも交じるけれども、メジャーリーグ中継は、ほぼジジババに占領されていると知れる。

 #とか@とか老眼鏡越しに操作するジジババの活力もスゴイが、そこへ目を付けたNHKは「大谷選手以外のエンゼルスへの書き込み募集」を始めた。
それに即座に反応して「テイラー・ウォード選手とタイラー・ウエイド選手の見分けがつかない」という書き込み。団体競技である野球
観戦に、基本的な選手名さえ分からずに見ているジジババが多いと知れる。あのな、知りたきゃテメエで調べろや。

 知ったところでジジババは(オレも含めて)テイラー・ウォードの顔と名前を覚えても、明日になったら忘れる。

 NHKよ。メジャー中継が野球の裾野を子どもたちではなく、ジジババに広げているというジレンマはないのか?

■球場を潰してテニスコートに

 東京のど真ん中、神宮外苑にある草野球の聖地、神宮外苑草野球場が再開発で取り壊され、夜間照明付きのオッシャレ~なテニスコートになる。

 開発業者よ。申し込めば抽選で誰でも使えた野球場を、金持ちの年寄りがノサノサとテニスラケット振り回す場所に造り替える、それのどこが未来へのレガシーだ?
キャッチボールする子どもを公園から追い出し、野球という国民的スポーツを潰しにかかっているのはおまえらだ。
再開発=テニスコートというアホな脳みそを丸ごと取り換えて、草野球の聖地を次世代のメジャーリーガーのために整備拡張せよ。

 くだらんトレンドに振り回されぬジジババがメジャー中継に血道を上げている今こそが、未来へ野球のレガシーを残すチャンスだ。ジジババよ共に声を上げるのだ!

 ただまあ、MVPに3度輝く大スターを「マイクトラウトって何ですか?」と平気で聞き返すジジイが日曜朝の報道番組を仕切っている。マイク・トラウトって誰ですかじゃねえぞ「何ですか」って、関口もう隠居じゃ。

 もはや何が時代遅れなのか、ジジイのオレにゃよう分からん。大谷ひとりが頑張っても、この国の野球の未来はお寒い。

松崎菊也(戯作者)
1953年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。
その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。
98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

日刊ゲンダイDIGITAL
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/305697
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/305697/2
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/305697/3

【NHK・BS1でほぼ毎日朝からやってるメジャー中継の視聴者は高齢者ばかり 大谷が一人気を吐くも…日本野球の未来はどっちだ?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 14:42:28.32 ID:ibpbIeM+0
.268 7本 21打点 OPS.794 ゲレロ
.206 6本 16打点 OPS.636 ペレス
.180 0本 09打点 OPS.475 セミエン

終わってて草

【去年大谷とHR王争いをしたゲレロ、ペレス、セミエンの成績[5/21]】の続きを読む

このページのトップヘ