SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

MLBトピックス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/29(火) 09:11:08.67 ID:4EYVCH/J9
大谷翔平、エドガー・マルティネス賞を2年連続受賞 34HR&95打点、今オフ初栄冠 | Full-Count
https://full-count.jp/2022/11/29/post1312404/

2022.11.29

連続受賞は2003年から2007年まで5年連続のオルティス以来

 メジャーリーグ機構(MLB)は28日(日本時間29日)、エンゼルス・大谷翔平投手が年間で最も活躍した指名打者に贈られる「エドガー・マルティネス賞」に2年連続で選出されたと発表した。同賞の連続受賞は2003年から2007年まで5年連続受賞していたデビッド・オルティス(レッドソックス)以来だ。

 大谷は今季、打率.273、リーグ4位の34本塁打、95打点、11盗塁。OPS.875は同5位だった。昨季はリーグ3位の46本塁打、100打点を記録。1973年から表彰が始まった同賞に日本選手として初めて選出されていた。

 同賞は指名打者で年間100打数以上の選手が対象。アストロズのヨルダン・アルバレス外野手は今季リーグ4位の打率.306、同3位の37本塁打、同5位の97打点をマーク。OPS1.019は同2位だった。打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞のア・リーグ指名打者部門でも選出されていたが、大谷は各球団の担当記者、放送関係者、球団広報担当者の投票で決まる投票で上回った。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【エンゼルス・大谷翔平、エドガー・マルティネス賞を2年連続受賞 34HR&95打点、今オフ初栄冠】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 13:09:07.23 ID:QE+QRfpg9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221124-00000072-dal-000-6-view.jpg
 千賀滉大(左)とアーロン・ジャッジ

ジャイアンツ、千賀とジャッジ両獲り可能性 9年ぶり覇権奪回へ400億円補強か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221124-00000072-dal-spo

 米大リーグ、ジャイアンツがソフトバンクから海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す千賀滉大投手(29)と、ヤンキースからFAになった今季62本塁打のアーロン・ジャッジ外野手(30)の両獲りに動く可能性が出てきた。

 千賀は東海岸のニューヨークを本拠とするメッツと西海岸サンディエゴのパドレスと面談したと伝えられており、大リーグ公式サイトによると、パドレスと同じ西海岸のサンフランシスコを拠点にするジャイアンツとも面談した模様。本拠地オラクルパークの場内大型スクリーンに千賀と背番号41の映像が存在したことが明らかになるなど、日本球界最強右腕を迎える準備を進めている様子を伝えている。

 千賀を巡っては先の3チームのほか、レッドソックス、ドジャース、カブス、マリナーズ、ブルージェイズ、エンゼルスなど、10球団前後による争奪戦になると予想。一部では4年8000万ドル(約112億円)以上の条件が提示されると言われている。

 今オフもっとも注目されている野手の一人、今季MVPのジャッジについてはMLBネットワークのジョン・モロシ記者が自身のツイッターでジャッジがジャイアンツのオーナーと面談したと報告。開幕前に古巣ヤンキースから提示された7年2億1350万ドル(約299億円)とドジャースの2億1400万ドル(約300億円)オファーを拒否したと報じられるなか、同外野手の生まれ故郷に近いジャイアンツも300億円超えの超大型契約を出す可能性は十分にある。

 ジャイアンツが所属するナ・リーグ西地区にはドジャースとパドレスの強豪球団がいる。14年にワールドシリーズを制した後、昨季までの8シーズンで地区優勝1回、プレーオフ進出2回と苦しんでいる。9年ぶり覇権奪回に向けて自千賀とジャッジ、2人合わせて400億円超えの大補強に注目が集まる。

関連記事
千賀滉大 ESPNが「マリナーズと5年100億円で契約」と予想
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/246029

【ジャイアンツ、千賀とジャッジ両獲り可能性 9年ぶり覇権奪回へ400億円補強か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 13:23:09.21 ID:F61tBLdZ9
ロブ・パーカー氏「ジャッジが成し遂げたことは記録的なことだ」

 全米野球記者協会(BBWAA)が選出する最優秀選手(MVP)が17日(日本時間18日)に発表され、ア・リーグで最終候補入りしていたエンゼルス・大谷翔平投手の2年連続受賞はならなかった。1位票は2票。これに、米ラジオ局「FOXスポーツ・ラジオ」で「The Odd Couple With Chris Broussard and Rob-Parker」の司会を務めるロブ・パーカー氏が激怒した。

大谷は1位2票、2位28票。一方で初受賞したヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は1位28票、2位2票だった。パーカー氏は「今年アーロン・ジャッジが成し遂げたことは記録的なことだ。ア・リーグ記録を更新した。ヤンキースのシーズン本塁打記録はベーブルースでもなく、ロジャー・マリスでもなく、アーロン・ジャッジだ! はっきりとしたことだ」と主張する。

 さらに大谷への1位票は2人とも地元ロサンゼルスの記者だったことから「ロサンゼルスの記者達は恥を知れ。アナハイムにいるお前たちは、私の話を聞いているか? どう考えたらショウヘイ・オオタニを選べる? 彼がMVPだと騙されて、信じ込んでしまった」とまくしたてた。

「ショウヘイは5月以降、意味のある試合を戦っていない。これは重要なことだ。オオタニが獲得した1位票はわずか2つ。(その2票は)ともに、彼の試合を毎日見ている記者が投票した。恥ずかしいことだ。(1位票を投じた)投票者は正しいことをしていない。毎日見ているから、(オオタニに)選ぶことは間違っている。そうだろ?」と怒りは止まらなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b04255239b3c227fa46210e873b7619e7c24e80

【大谷翔平にMVP1位票入れた記者は「恥を知れ」 米ラジオ司会者が激怒「間違っている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 11:08:15.73 ID:gRsWpOdW9
11/18(金) 10:14配信
デイリースポーツ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が18日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演。2年連続の米大リーグ・アメリカンリーグのMVPを逃したエンゼルス・大谷翔平投手について言及した。

 この日、両リーグのMVPが発表されたが、ア・リーグのMVPは当初の予定より、1時間以上遅れての発表となった。ア・リーグの本塁打記録を塗り替えたヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手との一騎打ちと目されていたが、記者30人中、28人が1位をジャッジに投票、大谷の1位票は2人にとどまった。合計でジャッジの410票に対して、大谷は280票で2位だった。

 一茂は「個人的にはとても悔しい思いというか。大谷選手じゃないの?と思ってましたけど」としながらも、「大谷君ファンとしてはジャッジ素晴らしいなあ」とたたえた。「マリス(の本塁打記録)を抜いたというところと、ヤンキースというのも大きいでしょうし」と、人気球団で大都市をフランチャイズにするジャッジに有利に働いたと分析した。

 それでも一茂は「別枠で作った方がいいんじゃないかなあ、MVPを。だって、二刀流って比較できないと思うよ。何度も言うように、しつこいけど」と諦められない様子だった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221118-00000057-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/719dd7720cc7968b5a495f5502ed7de6ac8d6d99

【長嶋一茂「別枠で作った方がいい。二刀流は比較できない」 大谷MVP落選に、納得いかず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 09:49:20.57 ID:F61tBLdZ9
 長く話題を振りまいてきた“レース”がようやく決着を見た。

 現地時間11月17日、米専門局『MLB Network』は全米野球記者協会による今季のMVPを発表。アメリカン・リーグはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)、ナショナル・リーグはポール・ゴールドシュミット(セントルイス・カーディナルス)が、投票権を持つ30名の記者から最も多くの1位票を集め、栄えある賞を手にした。


 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)もファイナリストにノミネートされていたア・リーグ。その結果が国内外で大きな注目を集めるなかで、最終的にはレギュラーシーズンにリーグ新記録となる62本塁打を放ったジャッジが堂々の初受賞を果たした。
 
 当然と言える結果ではある。今季のメジャーリーグは「飛ばないボール」が導入された影響から「投高打低」が加速。平均打率も.243と1900年以降で歴代ワースト4位に低下したなかでジャッジは影響を全く感じさせなかった。開幕から快調に飛ばし続けた彼は打率は.311、62本塁打、131打点、OPS1.111というハイアベレージをマークしたのだ。

 もっとも、最後まで「受賞に十分値する」「ジャッジじゃない」という声が絶えなかった大谷が残した成績も凄まじい。メジャーキャリアで初めて2桁勝利を掴んだ今季は、米球界で史上初となる「シーズン30本塁打&2桁勝利」「投打ダブル規定到達」を成し遂げ、昨季からの飛躍ぶりを見せつけた。

 それでも30人中28人が1位票を入れたジャッジの受賞、そして1位票を2票獲得した大谷の健闘には、米国内でも反響が相次いでいる。米放送局『Bally Sports West』は、「彼は人間ではなかった」と贔屓球団であるエンジェルスの大スターをあらためて称賛している。

 おそらく今回の投票には賛否両論があるだろう。しかし、ここまで人々を熱くさせ、多くの娯楽を提供した両雄には、あらためて賛辞を贈りたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c7fb4abb30fae12f117a5b199081de0c51a2853

【ヤンキース・ジャッジがキャリア初のMVP受賞! “一騎打ち”を演じた大谷翔平を米メディアも改めて称賛「人間ではなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/12(土) 11:19:34.74 ID:3MkCQsb19
 5年ぶり2度目のワールドチャンピオンに輝いたアストロズは11日(日本時間12日)、ジェームズ・クリック・ゼネラルマネージャー(GM)の退任を発表。
米紙USAトゥデー電子版によると、スコット・パワーGM補佐も解任されたという。

 クリック氏は19年オフに球団のサイン盗み発覚により解任されたル-ノーGMの後任として3年契約で合意。
コレアやスプリンガーら主力のFA移籍、20、21年のドラフト1、2巡目指名権をはく奪など、逆風に見舞われながらもこの3年間で地区優勝2回、3年連続リーグ優勝決定戦進出、2年連続ワールドシリーズ進出を果たした。
今季はリーグ最多の106勝を挙げ、5年ぶりの頂点に立った。

 米報道によると、クリックGMは10月31日で球団との3年契約が満了。
本人は複数年の契約延長を希望していたため、クレイン球団オーナーが提示した1年契約、今季年俸100万ドル(約1億4200万円)からの上積みしたオファーを拒否したという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bcc1c19e415eba127490e3c8688b844cb4ea68ec
デイリースポーツ

【WS王者アストロズ激震!クリックGMが退任! 1年契約年俸100万ドル(1億4200万円)のオファーを拒否】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 07:58:52.60 ID:bZNjyjds9
2022年11月13日 02:30
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/13/kiji/20221112s00001007722000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/13/jpeg/20221112s00001007718000p_view.jpg

 ソフトバンクから海外FA権を行使して大リーグ移籍を目指す千賀滉大投手(29)の獲得に、ドジャースが動く見通しであることが11日(日本時間12日)、分かった。ド軍は3年ぶりのワールドシリーズ制覇に向け、さらなる先発投手陣の強化が不可欠。移籍情報サイトでは、契約額は総額100億円以上と予想されており、争奪戦は今後ヒートアップしそうだ。 

 まさに、千賀が望む「大都市の強豪球団」だ。大リーグ専門局「MLBネットワーク」のジョン・モロシ記者が、自身のツイッターで「ドジャースは、現在MLB球団との交渉が可能な千賀に興味を示している球団の一つ」と伝えた。

 前日に全球団との交渉が解禁となり、千賀は既に米国入り。ジョエル・ウルフ代理人は8日、移籍先について「大都市に行き、強いチームに行きたがっている」と代弁していた。全米第2の都市ロサンゼルスに本拠を置き、今季レギュラーシーズンで両リーグ最多の111勝を挙げたド軍は条件に合致する。

 ド軍は直近の10シーズンで9度のナ・リーグ西地区優勝と3度のリーグ優勝を遂げたものの、この間ワールドシリーズ制覇は20年の一度だけ。今季は地区シリーズでダルビッシュを擁する同地区のパドレスに1勝3敗で屈した。米球界関係者は、チームの課題について「ポストシーズンで相手のエースと投げ合って勝ち切ることができる、高いレベルの投手が必要」と指摘。最速164キロの直球と「お化けフォーク」を駆使して相手打線を圧倒する千賀は、ド軍にとっても喉から手が出るほど欲しい存在だ。

 米移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」は、今オフ移籍市場の大物選手の契約額を予想し、千賀は5年総額7500万ドル(約105億7500万円)と分析。投手では18、19年サイ・ヤング賞のデグロム(メッツからFA)、今季3度目のサイ・ヤング賞が有力視されるバーランダー(アストロズからFA)らに次ぐ4番目の大型契約と予想された。

 千賀は17年WBCの米国との準決勝で、大リーガー相手に2回を投げて5奪三振。1失点して敗戦投手になったものの、その名を米球界に知らしめた舞台が、ド軍の本拠ドジャースタジアムだった。17~20年にソフトバンクを4年連続日本一に導いた右腕が、ド軍の3年ぶり世界一の使者となるか。

 ≪ドジャースの今季投手陣 4投手2桁勝利もPSでは1勝のみ≫ドジャースは今季、17勝で勝ち頭の左腕ウリアスを筆頭に4人が2桁勝利をマーク。しかし、ポストシーズンで白星を挙げたのはウリアスのみで、それも5回3失点と苦しい内容だった。4人のうちFAとなったカーショー=写真(AP)=は年俸2000万ドル(約28億2000万円)の1年契約で再契約に合意間近と米メディアで伝えられており、アンダーソンも1年契約での残留が予想されている。

 ≪ジャイアンツなど複数球団興味示す≫千賀についてはドジャース以外にも多くの球団が興味を示している。ジャイアンツの地元紙サンフランシスコ・クロニクルは、ジ軍が自チームからFAとなった今季14勝の左腕ロドンの再契約を目指すとともに、千賀を獲得候補に挙げていると伝えた。他にもマリナーズ、ブルージェイズ、メッツ、パドレス、カブス、レンジャーズなどが争奪戦に参戦する見通しが報じられている。

【ドジャース ソフトバンク・千賀獲りへ!希望条件合致 5年総額106億円も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 15:18:20.01 ID:2HEWIz/p9
【ラスベガス(米ネバダ州)時事】米大リーグのゼネラルマネジャー(GM)会議が9日、ラスベガスのホテルで行われ、代理人のスコット・ボラス氏がメジャー挑戦を視野に入れる阪神の藤浪晋太郎投手、オリックスの吉田正尚外野手を担当すると明かした。

 ボラス氏は両選手について「需要は高い」と語った。

 藤浪は既に阪神からポスティングシステムの利用を容認されている。「速い直球とスプリットがあり、制球は改善されている」と話した。一方の吉田正は、オリックスから正式にポスティングを容認されていないが、「コンタクトがうまく、出塁率の高い選手には多くのチームが興味を持つ」と説明。大リーグ公式サイトでは、吉田正に関心を示す球団にヤンキースを挙げている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3768d7179e47b50c71ee0d22fda516fa0d6a311

【スコット・ボラス氏「需要は高い」 藤浪晋太郎、吉田正尚の代理人】の続きを読む

このページのトップヘ