SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

NPBトピックス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 19:22:02.24 ID:CAP_USER9
2022年07月22日 16:03 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/22/kiji/20220722s00001173319000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/22/jpeg/20220722s00001173422000p_view.jpg

 「マイナビオールスター2022」(第1戦=26日・ペイペイドーム、第2戦=27日・坊っちゃんスタジアム)のセ、パ両リーグの「最後の1人」を選ぶプラスワン投票の結果が22日、発表され、セは巨人の小林誠司捕手(33)、パは日本ハムの清宮幸太郎内野手(23)が選出された。小林は3度目、清宮は初の選出となった。

 プラスワン投票はファン投票、選手間投票、監督推薦各枠の出場選手決定後に、各選出方法で選ばれていない選手の中からセ・パ両リーグ1人ずつ、合計2人を再びファン投票で選ぶ。得票総数は11万5701で、小林は9048票、清宮は5279票を獲得した。

 これでひとまず出場全選手が出そろったが、球界ではコロナ感染が拡大中。21日に行われたNPBオーナー会議では球宴についてやりとりはなかったものの、議長を務める巨人・山口寿一オーナーは「オールスター戦は必ず行う。それが前提で、何か揺らぐような出来事や発言は全くない」とした。巨人では球宴に選出された菅野、岡本和、中田、丸、大勢の5選手が陽性判定を受けているが、NPBの井原敦事務局長は「巨人に限らず出場不可能となった選手もいる。そこは代わりの選手で試合を行う」と代替選手を選び開催する方針を示している。

【オールスター2022「最後の1人」プラスワン投票結果発表 セは巨人・小林誠司、パは日本ハム・清宮幸太郎】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/21(木) 10:48:40.38 ID:m88KYMEx0

【パワプロ2022アップデート、中日・根尾に投手能力追加】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/19(火) 17:57:50.85 ID:CAP_USER9
[2022年7月19日15時19分]

7月19日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。

【セ・リーグ】

<登録>

ヤクルト 市川悠太投手

中日 郡司裕也捕手

中日 福田永将内野手

DeNA 田中俊太内野手

<抹消>

ヤクルト 石川雅規投手

巨人 大勢投手

巨人 菊地大稀投手

広島 N・ターリー投手

中日 高橋宏斗投手

中日 L・ワカマツ内野手

DeNA F・ロメロ投手

※再登録は7月29日以降【注】巨人の大勢選手、菊地大稀選手、広島のN・ターリー選手は特例2022の対象選手。ヤクルトの市川悠太選手は特例2022の代替指名選手となります。

ヤクルトの石川雅規選手は<抹消>となりますが、特例2022の適用により、10日間を経ずに再登録可能です。

【パ・リーグ】

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202207190000726.html

【巨人大勢、ヤクルト石川雅規ら抹消 オリックス山岡泰輔、DeNA田中俊太ら登録/19日公示】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/17(日) 23:11:49.89 ID:CAP_USER9
  現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が17日、NHK「サンデースポーツ」(後9・50)に出演。視聴者からの監督「待望論」についてオレ流の考えを示した。

 視聴者からの質問で「監督就任を要請されたらどうしますか」という“直球”に対して「いや~、話は聞きます」と苦笑いを浮かべながら答えた落合氏。続けて「聞かないと、そうやってね、話を持ってきて無下に断るっていうのは失礼にあたるので、話は聞きます」と考えを述べた。すると中川杏奈キャスターに「その話次第で可能性は…」と食い下がられると、「可能性はゼロではないと思います」と落合氏は笑顔だった。

 心身ともにハードな戦いが求められるプロ野球の監督。しかし、もう一度やるからには「優勝を目指して、それなりのシナリオを組んで行動に移すというのが監督の仕事なんで、やるとなったらそれなりの準備はしますけどね」と、興味深い返答にスタジオからも驚きの声が上がった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad393aec1f55f6d2f81c3f2211d39c4c43434fb4

【落合博満氏、監督待望論に「可能性はゼロではない」やるなら「優勝を目指して、それなりのシナリオを」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/15(金) 13:04:56.05 ID:CAP_USER9
 評価というのはその人の好みで変わってくるので、意見は分かれると思うのですが、「うまいな」と感じる遊撃手はたくさんいました。川相昌弘さん(元巨人ほか)は僕が目指したところですし、進藤達哉さん(元横浜)、奈良原浩さん(元日本ハムほか)、久慈照嘉さん(元阪神ほか)のキャッチング、フィールディングも「さすがプロ」でした。

 僕と近い世代では、石井琢朗(元横浜ほか)はスローイングが抜群に安定していて、松井稼頭央(元西武ほか)は強肩を生かしたカットプレーがすごかった。井端弘和(元中日ほか)、金子誠(元日本ハム)もミスの少ない選手でしたし、いいショートはいっぱいいましたね。

 そのなかでも抜けてうまかったのが小坂誠(元ロッテほか)です。打球判断や一歩目の反応は僕も負けていないと思っていましたが、小坂にはプラス脚力がありました。極端に言えば、プロのレベルに達している選手の3倍ぐらい守備範囲が広かった。決して強肩ではなかったですが、投げミスも少ないですし、圧倒的なスピードでカバーしていました。

 ヒットになりそうな打球でも、サッと追いついて簡単にアウトにしてしまう。一見、なんでもないプレーに見えるのですが、グラウンドレベルで見ていたら「なんであの打球に追いつけるの?」と驚きしかなかったですね。僕のなかではNo.1遊撃手は小坂ですね。

 僕ですか? 僕は徐々に......の選手でしたからね。それこそ野村克也さんに「ゴロを捕って投げるだけの選手」と言われていましたから。周りが見えて、それが徐々に蓄積されていったというか、脂が乗りきっている時は、まあまあ自信はありましたけど......。

全文はソースでご確認ください。
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2022/07/14/no1_1/

【宮本慎也が選ぶ歴代&現役No.1遊撃手「プロレベルに達している選手の3倍ぐらい守備範囲は広かった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 07:27:55.07 ID:CAP_USER9
ヤクルト首位独走も2位から5位までは大混セ! 0・5ゲーム差に巨人、阪神、広島、DeNAがひしめく


◇セ・リーグ 巨人3―6広島(2022年7月15日 東京D)

巨人が延長11回に満塁弾を浴びて広島に敗れ、今季8度目の3連敗。昨年10月19日以来269日ぶりの借金2となった。
広島は東京ドームでの巨人戦6試合目にして今季初勝利。

この日はセ・リーグ3試合が予定されていたが、DeNA―ヤクルト戦(横浜)が降雨により中止。
甲子園で行われたもう1試合は阪神が2―1で中日を下した。

この結果を受け、試合のなかった首位ヤクルトと敗れた2位・巨人のゲーム差は試合前の12・5差から13差に。
また、試合のなかったDeNAは試合前の単独3位から一気に単独5位に転落し、試合前に4位タイだった阪神と広島がそれぞれ3位タイに浮上した。


首位ヤクルトの独走状態は変わらないが、2位・巨人から5位・DeNAまでの4チームが0・5ゲーム差にひしめき、ここだけは空前の大混セ状態。
なお、最下位の中日は5位・DeNAに4ゲーム差、首位ヤクルトからは17・5ゲーム差となっている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7283bf3698efe5f7e13216f676bb8402d11e0305

【ヤクルト首位独走も2位から5位までは大混セ! 0・5ゲーム差に巨人、阪神、広島、DeNAがひしめく】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/14(木) 16:48:25.68 ID:ybn+Q+Tkd

【NPB12球団パークファクターがこちら[7/13時点]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/14(木) 16:01:41.71 ID:SpftSZzzd

前田健太(広) 1.53 14勝7敗
野村祐輔(広) 1.98 9勝11敗
内海哲也(巨) 1.98 15勝6敗
杉内俊哉(巨) 2.04 12勝4敗
館山昌平(ヤ) 2.25 12勝8敗



吉川光夫(日) 1.71 14勝5敗
田中将大(楽) 1.87 10勝4敗
摂津 正(ソ) 1.91 17勝5敗
大隣憲司(ソ) 2.03 12勝8敗
グライシンガー(ロ) 2.24 12勝8敗

【10年前(2012年)のプロ野球投手成績】の続きを読む

このページのトップヘ