SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

サッカー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 18:03:08.49 ID:CAP_USER9
米国、カナダ、メキシコと史上初の3カ国共催となる2026年W杯は、出場枠が現行の32から48へ大幅に拡大されることとなった。日本が所属するアジア枠も、現在から4増えて、最大9枠になる。

 当然、予選を勝ち抜くことはこれまでより容易となり、1994年の米国大会のアジア最終予選から使われだした「絶対に負けられない戦いが、そこにある」というキャッチコピーも死語になる。なぜなら、負けても “進める” のだから。

ではなぜ、出場国が増大したのか。国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティー会長は、「私の案はサッカーを世界中に発展させるものであり、
ワールドカップは単なる競技大会から社会的イベントになる」と、出場枠を増大した意義を強調している。

 しかし、長年W杯を取材してきたサッカーライターは「競技普及という大義名分の下、ビジネスを巨大化させたいだけだ」と語る。

「W杯は “世界最高の祭典” といわれ、その規模、影響力は五輪をもしのぐと言われてきました。いまさら競技普及と言っても、建前にしか聞こえません。

 本音は中国、インド、中東の国々が出場することによって、現地国民の興味関心を引き、“儲けたい” ということでしょう。
ご存知のとおり、中国は世界経済を語るうえで外せない存在になりましたからね。“チャイナマネー” が欲しいということです」

ところが、肝心の中国は、2002年日韓共催W杯以降は出場できていないどころか、大会を重ねるごとに弱くなっています。
このまま出場国を32カ国だけに絞ると、中国はいつまでたっても本大会に出られない。その救済のために枠を増やしたわけです。

 中東にしても、出場常連国のサウジアラビアやイラン以外の国にも出てほしい。当然、オイルマネーを期待してのことです。インドに関しても経済力を狙ってのことでしょう」

アジア枠を見れば、巨大ビジネスを狙っての枠増加だということがよくわかる。とてもサッカー先進国とは言えないアジア地域は4増。ところが、強豪国がそろう欧州は3増。南米に関しては2増しかないのだ。

 また、2026年大会は、枠の増加だけでなく、観客動員数の増大を狙っていることも見逃せない。

「1994年、W杯は当時 “サッカー不毛の地” と呼ばれた米国で開催されました。この大会の出場国は24カ国だけでしたが、
計52試合で総観客数は過去最高の358万7538人。1試合を平均すると6万8991人が集まりました。この記録は、いまだに破られていません。

 出場国が32カ国だった2018年のロシアW杯でさえ、試合数は米国大会から12試合増えたにもかかわらず、総数は303万1768人で1試合平均は4万7371人。
いかに米国大会が多くの観客を呼び込んだかがわかります」(前出・サッカーライター)

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/678818999c2914b1a22a374c0e83321768223e9f

【FIFA「商業主義」極まれり…“チャイナマネー” 目当ての出場枠だけじゃない、2026年W杯は観客動員も爆増】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 13:40:00.85 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-00094091-soccerh-000-1-view.jpg
欠場が決まったサッカー日本代表・南野拓実 写真:Panoramic/アフロ

南野拓実、クラブが「開幕戦欠場」と「欠場理由」を発表! 招集外で川島永嗣との日本人対決実現せず…「南野がいない」の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220806-00094091-soccerh-socc

 リーグアンのASモナコが8月5日、開幕戦ストラスブール戦の遠征メンバーを発表。川島永嗣が所属するストラスブール戦の帯同メンバーに日本代表MF南野拓実の名前はなかった。

■南野がいない!?

 モナコが発表したメンバーには、エースのフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルやポルトガル代表MFジェルソン・マルティンスなどが順当に選出されている。しかし、そこに日本代表MF南野の名前はなかった。

 モナコの公式サイトによると、南野は筋肉系の違和感で招集外となったという。8月3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のPSV戦で公式戦スタメンデビューを果たしていた南野だったが、リーグアンデビューはお預け。リーグデビューは、ホームで行われる8月13日のレンヌ戦以降に持ち越しとなった。

 モナコの公式ツイッターが招集メンバーを発表すると、「南野がいない」や「大きな怪我とかじゃなくて良かったけど、今はゆっくり回復のために休んでね」、「前線2人が欠場のチャンスだっただけに残念」などの声があがった。

■次節以降の出場に期待

 川島との日本人対決は開幕戦では実現しなかった。モナコのストラスブール戦の次の試合は、8月9日に行われるCL予選3回戦2ndレグのPSV戦。そして同月14日にはレンヌとの試合でホーム開幕戦を迎える。

 さらに、8月20日に行われるランスとのホーム戦を終えると、同月28日に昨季リーグ王者のパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイ戦を迎える。南野の早期回復を願い、世界最高峰のクラブであるPSGとの試合で出場に期待したい日本人ファンは多いはずだ。

【ASモナコ・南野拓実、クラブが「開幕戦欠場」と「欠場理由」を発表! 招集外で川島永嗣との日本人対決実現せず…「南野がいない」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 21:34:41.34 ID:CAP_USER9
チェルシーは5日、ブライトンからスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの6年となる。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は5500万ポンド(約88億8000万円)+アドオン700万ポンド(約11億3000万円)。最大で6200万ポンド(約100億円)の支払いになる可能性もあり、左サイドバックとしては歴代最高額となる模様だ。

今夏のステップアップを期していた中、バルセロナ時代に続くメガクラブへの加入が決定したスペイン代表DFは、「本当に幸せだよ。世界最高のクラブのひとつに加入できたことは大きなチャンスだ。ここで幸せになり、チームの力になれるようハードワークするつもりさ」と、新天地での意気込みを語った。

バルセロナのカンテラ出身で2018年に加入したエイバルで台頭したククレジャは、昨夏にヘタフェから1500万ポンド(約24億2000万円)でブライトンへ加入。

バルセロナ仕込みのテクニックに加え、左のウイングバックとサイドバック、3バックの左を主戦場に、一線級のアタッカー、守備者を相手に攻守両面で優位性をもたらす圧倒的なパフォーマンスを披露。2021-22シーズンのブライトンの年間最優秀選手にも選出された。

一時は相思相愛と見られたマンチェスター・シティ行きが決定的と報じられたが、ブライトンが要求する高額な移籍金に対してシティが二の足を踏んだ結果、最終的に交渉は破談に終わった。

そういった中、左ウイングバックやセンターバックの補強を目指していたチェルシーは、相手の要求額を支払うことで同意。新シーズン開幕直前に多才なDFの獲得に成功した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ef119641e178168c9fc80068a277c89daceb21

【チェルシーがククレジャ獲得を公式発表! 移籍金は左SB史上最高額になる可能性も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 18:18:25.01 ID:CAP_USER9
J1で首位を走る横浜が、11月21日に開幕するW杯カタール大会期間中の11月末に、ポルトガル人の名将ジョゼ・モウリーニョ監督(59)率いるイタリアの名門ローマとの親善マッチを計画していることが3日までに分かった。
関係者によれば交渉は順調に進んでおり、会場は国立競技場が有力という。

ローマは過去2部降格1度だけというセリエA屈指の名門。リーグ優勝は元日本代表MF中田が貢献した00~01年シーズン以来遠ざかるものの、モウリーニョ監督を招へいした昨季はリーグ戦で6位に終わった一方で、
新設された欧州カンファレンスリーグを制する勝負強さを見せた。今季はユベントスから元アルゼンチン代表FWディバラを補強。タイトル獲得への期待がさらに高まっている。

主力には2大会連続でW杯出場を逃したイタリア代表が多数いる。それだけにイタリアの若き司令塔のMFザニオロをはじめ、MFペレグリニ、DFマンチーニらほぼベスト布陣で来日する可能性が高い。
迎え撃つ横浜も7月のE―1選手権で7選手を日本代表に送り出しており、まさに“裏W杯”の様相を呈することになる。

関係者によれば、ローマは横浜以外のJクラブとも親善マッチを行う予定。今夏はメッシらを擁するパリSGが来日して熱狂を運んだが、11月は中旬に浦和、
G大阪と対戦するドイツ1部Eフランクフルトが来日予定。W杯期間中の11月末はローマが、日本のピッチを盛り上げる。

▽ASローマ 本拠地はイタリアの首都ローマで創設は1927年。リーグ制覇3回、イタリア杯優勝9回の名門。ポルトガル人の名将ジョゼ・モウリーニョ監督を招へいした昨季は新設された欧州カンファレンスリーグを制し、
UEFA(欧州サッカー連盟)主催大会初優勝。チームカラーは黄色と赤。過去に元日本代表MF中田英寿が所属し、00~01年シーズンに18季ぶり3度目のリーグ優勝に貢献した。ホームスタジアムはスタディオ・オリンピコ(約7万2000人収容)。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/08/04/kiji/20220804s00002179071000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/08/04/jpeg/20220804s00002019166000p_view.webp

【“裏W杯”ローマVS横浜 11月末にモウリーニョ監督率いる“イタリア代表”来日へ 会場は国立が有力】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 11:57:28.31 ID:CAP_USER9
 ヴァンフォーレ甲府は6日、中国サッカー・甲級リーグ(中国2部)の梅州客家足球倶楽部からブラジル人FWイゴールを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 甲府のクラブ公式サイトには、以下のようにイゴールのコメントが掲載されている。

「ヴァンフォーレ甲府ファン及びサポーターの皆様、初めまして、イゴールです」

「日本のクラブへ10年ぶりに行きます。このチャンスを頂き、とても幸せです」

「自分が持ってる全ての力でチームに貢献したいです」

「早く合流し、皆様と一緒に目標達成に向かい頑張ります」

 現在29歳のイゴールは、ブラジル・リオデジャネイロ出身。2011年、トライアルを経て鹿島アントラーズとプロC契約を締結した。実父は、1990年代にJリーグでプレーしたアルシンド・サルトーリ氏。アルシンド氏も鹿島に所属していたため、クラブ史上初めて親子2代での所属となった。2012年に契約満了で鹿島を退団すると、以降は母国ブラジルのフラメンゴ、ブラガンチーノ(期限付き移籍)、レッドブル・ブラジル(期限付き移籍)、ヴォルタ・レドンダに所属。2017年には香港に渡り、大埔、R&F富力でプレーした。大埔在籍時には、香港プレミアリーグ年間最優秀選手に選出されている(2018-19シーズン)。2021年には、梅州客家足球倶楽部に加入した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c023c8076e9b3f612381b7aa00fbb38f18dbf54

【ヴァンフォーレ甲府、ブラジル人FWイゴールを完全移籍で獲得 実父は90年代にJで活躍のアルシンド氏】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 18:28:15.75 ID:CAP_USER9
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが日本に来て4年が経った。

イニエスタは2018年にバルセロナから神戸へと加入。Jリーグでも華麗なプレーを見せ続け、来日4シーズン目を迎えている。

7月には家族の事情でスペインへ帰国していたが、再び来日。3日に行われたルヴァンカップのアビスパ福岡戦で復帰していた。

そのイニエスタは4日にインスタグラムを更新。初めての来日から4年が経過したことを明かした。

「日本に来てから4年が経ちました。初日からたくさんの愛とリスペクトをありがとうございます!この素晴らしい経験を生きる事ができて幸せです」

イニエスタは、妻のアンナ・オルティスさんや子供たちとの家族写真を2枚投稿。現在と来日当時と思われる写真をそれぞれアップしており、
ファンからは「ちょっと若い!」、「雰囲気変わりましたね」、「もう4年か―」、「できる限り長くいてほしいです」といった声が寄せられている。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=423952&page=1

【「日本に来て4年が経ちました」神戸イニエスタが日本生活に喜び「幸せです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 21:12:56.64 ID:CAP_USER9
 ルヴァン杯準々決勝の第1戦が3日行われ、神戸が福岡戦(ノエスタ)で1―2と完敗を喫した。

 福岡は新型コロナウイルスの感染者が多数出る非常事態に陥り、この日の試合はベンチ入りメンバーがわずか4人、そのうちフィールドプレーヤーは2人という満身創痍の状況で臨んだ。

 対する神戸はホームで圧倒的に有利な状況だったが、試合はまさかの展開に。前半44分にロングパスからFWジョン・マリにミドルシュートを決められて先制を許すと、後半13分にはMFルキアンに決められて0―2とリードを広げられる。

 窮地の神戸はMFアンドレス・イニエスタとFW大迫勇也を同時に投入。しかし後半アディショナルタイムに大迫が1点を返すのがやっとで手負いの福岡にホームで敗れる失態となった。

 神戸のまさかの敗戦にネット上では「アビスパマジですげえよ この状況で勝ったのは凄すぎる 神戸は恥すぎる」「控え4人しかいない蜂(アビスパ)に負ける神戸とかいう金満チーム」などと波紋が広がった。

 それでも神戸には、まだ10日に第2戦(ベススタ)が残されている。敵地でこの日の衝撃的な敗戦を払しょくする大逆転劇を見せるか。日本の銀河系軍団の底力が問われそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/606d77255d6f641867aca052a3f6f791dabb0d59

【ルヴァン杯・準々決勝 神戸が感染続出でベンチ4人の福岡にホームで敗戦 ネットで「恥すぎる」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/04(木) 20:13:31.65 ID:CAP_USER9
 フランス1部ニースは、プレミアリーグのレスターからデンマーク代表GKシュマイケル(35)を獲得したと発表した。

 シュマイケルは11年夏に当時2部だったレスターに加入。15-16年には元日本代表FW岡崎とともに、レスターの初優勝に貢献したレジェンド的存在だった。レスターは「歴史の中で最も偉大な選手の1人、として記憶されるだろ」と声明を発表。英メディアによると契約期間は3年。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a5abbfaa3fc51a494f6a4f7dc00d624670deb93

【レスターGKシュマイケルが仏1部ニース移籍 元日本代表FW岡崎とともに初V貢献】の続きを読む

このページのトップヘ