SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

サッカー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/08(土) 18:44:52.57 ID:CAP_USER9
【動画】青森山田エース松木玖生、高川学園戦で圧巻ゴール! 敵翻弄の圧巻テクニックから衝撃のゴールシーン
https://www.football-zone.net/archives/361713/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=361713_6

第100回全国高校サッカー選手権は1月8日に準決勝が国立競技場で行われ、青森山田(青森)が高川学園(山口)を6-0で下し、決勝へ進出。ゴールラッシュとなったなか、エースMF松木玖生(3年)がマークした圧巻ゴールに対し、ファンからは「ほんとに高校生?」「サラーみたい」「もうプロやん」など、驚きの声が上がっている。

 今年度、インターハイと高円宮杯U-18プレミアリーグEASTを優勝し、選手権と合わせて3冠獲得を狙う青森山田は、前半にセットプレーから2得点。後半に入るとさらに攻勢を強め、松木、FW小湊絆(2年)、DF丸山大和(3年)、MF田中栄勢(3年)が得点し、圧勝となった

 大量6ゴールが生まれたなかでも、後半12分に生まれた”10番”松木のゴラッソが話題となっている。敵陣深くのペナルティーエリア(PA)右付近で、相手選手とルーズボールを競り合った松木は右足の踵(かかと)でボールを背後へ流す。この動きについていけなかった相手を尻目に、そのままエリア内へ侵入すると左足を一閃。ファーサイドへシュートを突き刺して見せた。

 一瞬の閃きと高度なテクニックが光ったこのゴラッソ弾は、SNS上で反響。高校サッカー日テレ公式ツイッターには「ほんとに高校生? 凄すぎる」「これはヤバすぎ」「サラーみたい」「このターンはエグすぎる」「まじで上手すぎ」「もうプロやん」といった驚愕の声が続々と寄せらてた。

 1年時からそのポテンシャルの高さが注目され、高校卒業後はFC東京入りが内定している松木。期待の逸材タレントが決めた衝撃の一撃は、今大会ベストゴールの1つと言えそうだ。

フットボールゾーン 1/8(土) 18:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/f23615c1e94b27e45ddad7736d845f4c27ebb777

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220108-00361713-soccermzw-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【「ほんとに高校生? 凄すぎる」青森山田エース松木玖生、衝撃ゴラッソ!高川学園戦の圧巻ゴールが話題】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/08(土) 16:49:05.69 ID:CAP_USER9
1月8日、第100回全国高校サッカー選手権の準決勝が国立競技場で行われ、3年連続27回目出場の高川学園(山口)と25年連続27回目出場の青森山田(青森)が対戦。6-0で青森山田が勝利し、決勝へと駒を進めた。

3大会ぶりの大会制覇を目指す青森山田のキックオフでスタートした試合は、開始3分に動いた。U-18日本代表候補のMF藤森颯太(3年)が放ったフリーキックにFW名須川真光(3年)がバックヘッドで合わせてネットを揺らす。青森山田が幸先良く先制点を奪った。

また26分には左サイドのコーナーキックから、DF丸山大和(3年)が頭で押し込み追加点。青森山田が2点のリードを得た。

 2-0のまま試合を折り返すと、後半12分には右サイドを突破してペナルティエリアに進入したU-22日本代表の松木玖生(3年)が左足を振り抜き3点目。同25分には、藤森からのグラウンダーのクロスをダイレクトで蹴り込んだ小湊絆(2年)のゴールで、リードを4点に広げた。

さらに40分には、左サイドのコーナーキックから丸山が再びヘディングで決めると、44分には途中出場の田中栄勢(3年)が6点目を決めた。

 今大会7得点中6点を後半に奪ってきた高川学園は後半に5バックから4-2-3-1にシステムを変えて反撃を狙ったが、一矢報いることはできず。ここまで話題を集めた”円陣FK”「トルメンタ」の機会も最後まで訪れなかった。

結局、試合は6-0で終了。青森山田が決勝進出を決めた。

 勝利した青森山田は1月10日、決勝戦で熊本代表の大津と対戦する。決勝は14:05にキックオフ予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/afcf9635a09fbe04380d030405b79ef1204ac52c

【第100回全国高校サッカー選手権準決勝 青森山田が6-0で高川学園を下す!大津との決勝へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 22:02:00.84 ID:CAP_USER9
政府は、1月下旬から日本で開催予定のサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選2試合で、日本代表と対戦する中国とサウジアラビアの選手団らの入国を特例的に認める方針を固めた。新型コロナウイルスの水際対策で外国人の新規入国は原則停止されているが、「高い公益性」があると判断した。

 複数の政府関係者が明らかにした。昨年11月末に外国人の新規入国を原則停止して以降、主要スポーツ大会で海外チームの来日を受け入れるのは初となる。日本代表は1月27日に中国代表と、2月1日にサウジアラビア代表と埼玉スタジアムで対戦する。中国とサウジの選手や監督、スタッフと、審判員など計約100人の来日を見込む。

 政府は当面、厳格な水際対策を維持する方針だ。ただ、最終予選を予定通り開催できなければ、世界的な大イベントであるW杯の運営に影響を与えかねず、例外的に入国を認める「特段の事情」に該当するとした。

 日本サッカー協会は昨年3月以降、選手らと外部との接触を絶つ「バブル方式」を導入し、国内での国際試合を実現してきた。政府は今回も感染拡大防止策を徹底させる意向だ。バブルの厳格化や検査の徹底、選手らの健康観察を試合後も一定期間続けることなどを同協会と検討している。

読売新聞 2022/01/07 17:23
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220107-OYT1T50159/

写真 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220107-OYT1I50106-1.jpg?type=large

【サッカーW杯最終予選 中国とサウジアラビア選手団の入国を特例で許可!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 21:39:33.03 ID:CAP_USER9
1/7(金) 21:31
スポニチアネックス

日本代表、21日のウズベキスタン戦中止 入国認められず ぶっつけ本番で27日のW杯予選・中国戦へ

 日本サッカー協会は7日、今月21日開催予定の親善試合ウズベキスタン戦(埼玉)が中止となると発表した。政府が新型コロナウイルス水際対策の一環で外国人の新規入国を原則、禁止しているため。一方、公式戦となる27日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国戦、2月1日の同サウジアラビア戦(いずれも埼玉)は政府が厳格な防疫措置の下、特例的に各国代表の入国を許可する方針。森保ジャパンはぶっつけ本番でW杯予選に臨むことになった。

 現在、国内組はオフの真っ只中。森保監督ら現場サイドからは、W杯最終予選を迎える前の貴重な「準備の場」として強化試合開催の要望があり、日本協会ではウズベキスタン戦をマッチメークした。荒木遼太郎(鹿島)、小柏剛(札幌)、大迫勇也(神戸)、酒井宏樹(浦和)ら国内組22人が招集されていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c24565b1557e48a0fef6770826053e40da35306b

【サッカー日本代表、21日の親善試合ウズベキスタン戦中止 入国認められず ぶっつけ本番で27日のW杯予選・中国戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 18:49:06.66 ID:CAP_USER9
アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したとのことだ。イギリス『BBC』が報じている。

アフリカネーションズカップを4日後に控えた中、開催地カメルーンのヤウンデ空港を訪れたガボン代表だが、オーバメヤン、MFマリオ・レミナ、そしてパトリス・ネヴェウ監督の3人がコロナ陽性反応を示した模様だ。
ただ、3人とも無症状で隔離中のホテルでPCR検査の結果を待っている状況だという。

アーセナルでは規律違反により主将を剥奪されるなど、追放状態にあるオーバメヤンだが、コロナにも感染してしまい、踏んだり蹴ったりの状況となっている。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=410817&page=3

【アーセナル追放状態のオーバメヤン、ガボン代表合流中にコロナ陽性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 22:27:07.07 ID:CAP_USER9
6日のカリャリ戦で右太腿を故障したサンプドリアの日本代表DF吉田麻也(33)の状態について、クラブは「筋肉系の問題」と発表した。症状の詳細や正確な回復時期については明らかにせず「今後改めて診断される」とした。

 7日の練習は別メニューとなり、「治療並びにフィジオセラピーが施された」と発表した。

 イタリア紙イル・セコロは右太腿裏の負傷で3週間程度の離脱を強いられる可能性が出てきたと報じていた。

 1―2で逆転負けした6日のカリャリ戦で前半に先制アシストを記録したが、患部を痛めて後半6分に交代していた。長期離脱となれば、27日から日本代表で控えるW杯アジア最終予選2試合への影響は避けられない。

スポニチ 1/7(金) 22:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/7083f966bd00d31ecacbbd408f06a2db1bb342e5

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220107-00000257-spnannex-000-6-view.jpg?pri=l&w=490&h=640&exp=10800

【サンプドリアDF吉田麻也は「筋肉系の問題」クラブ発表 右太腿負傷で3週間離脱報道も…W杯予選に影響必至. . .】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 11:54:02.89 ID:CAP_USER9
1/7(金) 11:27配信
スポニチアネックス

小嶺忠敏さん

 国見を6度全国高校サッカー選手権優勝に導いた長崎総科大付の監督、小嶺忠敏(こみね・ただとし)さんが7日早朝、長崎県内の病院で亡くなった。76歳。学校関係者が明らかにした。

 長崎総科大付は、今回の第100回全国選手権に出場したが、小嶺さんは体調不良のためベンチ入りせず、定方敏和コーチが指揮を執っていた。

 小嶺さんは1945年(昭20)6月24日、長崎県南高来郡堂崎村(現在の南島原市)生まれ。島原商でDFとして全国高校総体、国体に出場。大商大を経て、68年に島原商で教員生活をスタート。サッカー部監督として77年には母校を全国高校総体優勝に導き、84年から国見高を率いて全国選手権で6度の優勝に導いた。88年に県民栄誉賞を受賞。00年4月に国見高の校長に就任し、同時に総監督となった。

 07年1月に総監督を辞任、同年、夏の参院選長崎県選挙区に自民党公認で出馬したが落選した。同年11月、長崎総合科学大学情報学部情報経営学科特任教授および長崎総合科学大学付属高等学校サッカー部総監督に就任。11年1月から長崎総合科学大学付属高サッカー部の指導も開始した。15年9月から長崎総合科学大学サッカー部総監督と同付属高サッカー部監督に就任した。

 技術だけでなく礼儀や身だしなみなど人間教育を重視し、厳しくも温かい指導で高校サッカー界をけん引。V・ファーレン長崎などで監督を務めた高木琢也氏や、J1通算最多得点記録を持ちC大阪で現役引退したFW大久保嘉人氏をはじめ、平山相太氏、永井秀樹氏など多くの教え子をJリーグや日本代表に送り出した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220107-00000119-spnannex-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ced9d098aeefacda31f6be0bd0adb596d0ab55c

【名将・小嶺忠敏さん死去 76歳 国見で6度選手権制覇 大久保嘉人氏、高木琢也氏ら育てる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 18:44:18.52 ID:CAP_USER9
開催中の全国高校サッカー選手権で大旋風を巻き起こしているのが高川学園(山口)の「グルグル円陣」だろう。

セットプレー時に選手ら数人が手をつないで輪をつくり、メリーゴーラウンドのようにグルグルと回転、ボールが蹴り込まれる直前に輪を解き、各自が一斉にそれぞれのポイントに入る。
同校の選手が考案した“世界初”の戦術で、選手がスペイン語で「嵐」を意味する「トルメンタ」と名付けた妙技だ。

「これは相手チームがマークに付けませんね」と説明するのは、ソロモン諸島やタヒチなどで日本人初のプロサッカー選手として活躍したGKの麻生弘隆氏だ。
同校はトルメンタによって4日の桐光学園戦で決勝点を決め、8日の準決勝(青森山田戦)に駒を進めたように、この奇策は十分に機能しているといえる。

では、プロで通用するのか。前出の麻生氏がこう続ける。

「プロになると選手個々のレベルがグンと上がる。初見でも、相手のディフェンダーはマンマークに付こうとするのではなく、スペースを潰して守ったりと、
瞬時に対策を取られてしまうかもしれません。だから何度も実行するのは難しいと思いますが……。しかし、奇襲としてはうまくいくかもしれませんし、パフォーマンスとして非常に面白い。
トリックプレーを好む選手やチームもあるし、ファンを沸かせることもできる。選手の誰かがやりたいと言い出し、それに同調する選手、許可を出す監督がいれば、プロもやるかもしれません」
スポーツ界ではアマからプロに“輸出”された奇策が数多く存在する。例えば、野球では「隠し球」、サッカーでは「ハンドスプリングスロー」が有名だ。
高川学園発の「トルメンタ」が、いずれプロの世界で見られるかもしれないというのだ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/299625

【全国高校サッカー選手権で大旋風! 高川学園の奇策「トルメンタ」がプロに“輸出”される日】の続きを読む

このページのトップヘ