SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

サッカー

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/12(月) 18:38:54.44 ID:CAP_USER9
19時30分キックオフ!

キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24ホンジュラス代表の一戦が7月12日、ヨドコウ桜スタジアムにて19時30分のキックオフで行なわれる。試合開始に先立ち、両チームのスターティングメンバーが発表された。

 17日のスペイン戦とともに、五輪本番へ向けた試金石の一戦を迎えるU-24日本代表は、オーバーエイジのDF吉田麻也、酒井宏樹、MF遠藤航のほか、MF久保建英、堂安律らが先発。最前線にはコンディション不良の上田綺世、前田大然らに代わり、バックアップメンバーから‟昇格”した林大地が名を連ねている。

 日本のスタメンは以下の通り。
 
GK
12 谷 晃生(湘南ベルマーレ)

DF
2 酒井宏樹(浦和レッズ)
3 中山雄太(ズウォーレ/オランダ)
5 吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
14 冨安健洋(ボローニャ/イタリア)

MF
6 遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
7 久保建英(レアル・マドリー/スペイン)
8 三好康児(アントワープ/ベルギー)
10 堂安 律(PSV/オランダ)
17 田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)

FW
19 林 大地(サガン鳥栖)
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/629829b80472057561aa9a2ce6c38691f9429041

【キリンチャレンジカップ U-24日本代表、ホンジュラス戦スタメン発表! 五輪本番へ向けた試金石の一戦にFW林大地を先発起用】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 23:34:31.34 ID:CAP_USER9
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループI第6節が11日に行われ、川崎フロンターレと北京FC(中国)が対戦した。

 ここまで5戦全勝ですでに決勝トーナメント進出を決めている川崎Fは、控え組を中心にスタメンを構成。20歳の宮城天は公式戦初先発となった

 序盤から試合の主導権を握る川崎Fは21分に先制する。宮城の折り返しに合わせた知念慶のシュートが右ポストに弾かれると、こぼれ球に素早く反応した知念が押し込んだ。

 川崎Fは37分に追加点。右サイドの宮城からの折り返しを小塚和季が右足ダイレクトで合わせ、ゴール右隅に突き刺した。川崎Fは2点リードで折り返した。

 56分、川崎Fが3点目を獲得する。後半からの出場でデビューを飾った田邉秀斗のスルーパスに抜け出し、左サイドの深い位置に流れて受けた遠野大弥は、角度のないところから右足を振り抜く。これは惜しくも右ポストに弾かれたが、こぼれ球を回収した遠野がグラウンダーで折り返すと、宮城がダイレクトで丁寧にゴール左下隅に流し込んだ。

 69分、小塚和季が左サイドから供給したフリーキックが相手にも当たってゴールに吸い込まれ、川崎Fが4点目を獲得する。

 試合はこのまま終了し、川崎Fはグループステージ6戦全勝となった。大邱FC(韓国)がユナイテッド・シティFC(フィリピン)を下して決勝トーナメント進出を決めたため、川崎Fは決勝トーナメント1回戦で蔚山現代(韓国)またはBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)と対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 4-0 北京FC

【得点者】
1-0 21分 知念慶(川崎F)
2-0 37分 小塚和季(川崎F)
3-0 56分 宮城天(川崎F)
4-0 69分 小塚和季(川崎F)

https://news.yahoo.co.jp/articles/670a703ed50caddb46880fba6cf58961cdff41ed

【ACL・グループI第6節 川崎FがGS全勝! 初先発の宮城天が3得点に絡む活躍、北京を4発で下す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 21:31:59.30 ID:CAP_USER9
長崎 1-1 大宮
[得点者]
49'毎熊 晟矢(長崎)
87'黒川 淳史(大宮)

スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
入場者数:4,470人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071111/live/#live


琉球 0-1 相模原
[得点者]
67'藤本 淳吾(相模原)

スタジアム:タピック県総ひやごんスタジアム
入場者数:無観客
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071112/live/#live


群馬 2-2 東京V
[得点者]
29'端戸 仁 (東京V)
54'岩上 祐三(群馬)
60'髙木 彰人(群馬)
77'加藤 弘堅(東京V)

スタジアム:正田醤油スタジアム群馬
入場者数:1,630人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071113/live/#live


金沢 0-0 岡山
[得点者]
なし

スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:1,682人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071115/live/#live



山口 2-2 磐田
[得点者]
12'島屋 八徳      (山口)
22'山本 義道      (磐田)
80'川井 歩       (山口)
85'ファビアン ゴンザレス(磐田)

スタジアム:維新みらいふスタジアム
入場者数:3,560人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071116/live/#live



北九州 0-2 京都
[得点者]
03'福岡 慎平(京都)
76'武田 将平(京都)

スタジアム:ミクニワールドスタジアム北九州
入場者数:2,394人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071117/live/#live


町田 2-1 水戸
[得点者]
22'藤尾 翔太(水戸)
50'太田 修介(町田)
64'鄭 大世 (町田)

スタジアム:町田GIONスタジアム
入場者数:1,670人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071114/live/#live

※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

【【試合結果】J2第22節夜 長崎×大宮、琉球×相模原、群馬×東京V、金沢×岡山、山口×磐田、北九州×京都、町田×水戸】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 20:05:01.96 ID:CAP_USER9
秋田 1-1 千葉
[得点者]
48'齋藤 恵太(秋田)
50'見木 友哉(千葉)
スタジアム:ソユースタジアム
入場者数:2,039人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071107/live/#live


山形 1-0 松本
[得点者]
50'山田 康太(山形)

スタジアム:NDソフトスタジアム山形
入場者数:5,383人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071108/live/#live


甲府 1-0 愛媛
[得点者]
38'メンデス(甲府)

スタジアム:JIT リサイクルインク スタジアム
入場者数:4,151人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071109/live/#live


新潟 3-0 栃木
[得点者]
12'高木 善朗(新潟)
31'高木 善朗(新潟)
65'谷口 海斗(新潟)

スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:10,188人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/071110/live/#live

※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

【【サッカー】J2第22節夕 秋田×千葉、山形×松本、甲府×愛媛、新潟×栃木 結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 21:05:33.86 ID:CAP_USER9
柏 2-1 鹿島
[得点者]
53'クリスティアーノ(柏)
57'ペドロ ハウル (柏)
89'犬飼 智也   (鹿島)
スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
入場者数:3,854人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/071103/live/#live


湘南 0-1 FC東京
[得点者]
83'永井 謙佑(FC東京)

スタジアム:レモンガススタジアム平塚
入場者数:4,685人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/071104/live/#live


※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【【試合結果】J1第22節日曜夜 柏×鹿島、湘南×FC東京】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 20:00:22.26 ID:CAP_USER9
広島 0-1 横浜FC
[得点者]
11'小川 慶治朗(横浜FC)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:4,435人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/071101/live/#live


徳島 2-2 清水
[得点者]
02'原 輝綺  (清水)
14'渡井 理己 (徳島)
19'オウンゴール(清水)
87'小西 雄大 (徳島)

スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:5,091人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/071102/live/#live


※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【【試合結果】J1第22節日曜夕 広島×横浜FC、徳島×清水】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 10:55:01.16 ID:CAP_USER9
◆南米選手権 決勝 アルゼンチン―ブラジル(11日・ブラジル、マラカナンスタジアム)

 南米選手権(コパアメリカ)は決勝が行われ、アルゼンチンがブラジルを下し、1993年以来12大会ぶりの優勝を果たした。同代表FWメッシにとっては、アルゼンチン代表で初の主要タイトル獲得となった。

 先手を取ったのはアルゼンチン。前半22分、左サイドからのロングボールからMFディ・マリアが抜け出し、冷静に左足でループシュート。これが先制点となった。追うブラジルも後半に攻勢を強め、同7分にはFWリシャリソンが決めて追いついたかに思われたが、オフサイドの判定でノーゴールに。アルゼンチンはブラジル代表のエース・ネイマールへの厳しい対応など固い守備で1点を守り切った。

 メッシはバルセロナで数々のタイトルを獲得し、最多6度のバロンドール(世界最優秀選手)など世界一のプレーヤーとして名をはせてきた。しかしアルゼンチン代表では、W杯、南米選手権といった主要国際タイトルにあと一歩で届かない不運が続いていた。南米選手権では3度の準優勝に終わり、16年大会はチリとの決勝で自身のPK失敗もあって敗北。直後には代表引退も示唆し「PKまで失敗した。自分にとっても、みんなにとっても(代表引退は)最良の選択だろう。これを望んでいた人も多いと思う」と発言するなど、頂点に届かない現実に何度も打ちひしがれてきた。

 それでも今大会は得点ランキングトップタイの4ゴールを挙げ、チームをけん引。この日はゴールがなかったが、球際で激しいプレーも見せるなど、勝利への執念を見せてチームを勝利に導いた。

【メッシの主な国際大会成績】

2006 ドイツW杯 ベスト8

2007年 コパアメリカ 準優勝

2010 南アフリカW杯 ベスト8

2011 コパアメリカ ベスト8

2014 ブラジルW杯 準優勝

2015 コパアメリカ 準優勝

2016 コパアメリカ 準優勝

2018 ロシアW杯 ベスト16

2019 コパアメリカ 3位

2021 コパアメリカ 優勝

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad6cbe3d2b40480fa29b12ef813891428c08a590

【コパ・アメリカ2021決勝 アルゼンチン、ブラジル下し12大会ぶりの優勝 “無冠の王者”メッシが初の国際タイトル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/11(日) 00:56:03.61 ID:CAP_USER9
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH第6節が10日に行われ、全北現代モータース(韓国)とガンバ大阪が対戦した。

 すでに首位通過が決定している全北現代に対し、G大阪は決勝トーナメント進出条件となる「東地区2位の成績上位3チーム」以内に入るため勝利がマストの状況で試合を迎えた。しかし5分、G大阪はキム・ヨングォンが相手を後ろから倒したとして全北現代にPKを与えてしまう。これを決められ、開始早々にビハインドを背負う展開となった。

 全北現代は19分、左からのコーナーキックにグスタボが頭で合わせたものの、惜しくも枠の上に外れて追加点とはならない。対するG大阪は決定的な場面を作り出せず、1点のビハインドで折り返した。

 G大阪は後半立ち上がりから積極的な姿勢を見せて押し込む時間が増えると、53分に試合を振り出しに戻す。小野瀬康介のパスがカットを試みた相手の足に当たって浮き球に変わると、反応したパトリックはボレーで合わせ、強烈な一撃をゴール上辺に突き刺した。

 G大阪は79分、レアンドロ・ペレイラがドリブルからペナルティエリア左で左足を振り抜くが、惜しくも左ポストに弾かれる。

 すると88分、全北現代が勝ち越し点を奪う。パス回しで相手を釣り出して中央を突破し、グスタボのスルーパスにマドウ・バロウが抜け出す。バロウは加速で相手を引き剥がすと、最後は冷静にゴール左下隅へと流し込んだ。

 試合はこのまま終了し、G大阪はグループステージでのACL敗退が決定。2011年シーズン以来、10年ぶりとなる日本勢の出場全チームのグループステージ突破とはならなかった。

【スコア】
全北現代モータース 2-1 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 6分 グスタボ/PK(全北現代)
1-1 53分 パトリック(G大阪)
2-1 88分 マドウ・バロウ(全北現代)

https://news.yahoo.co.jp/articles/87f9dd34f20553e43649e5d13983d9887ef3657a

【ACL・グループH第6節 G大阪がACL敗退…一時同点に追いつくも終盤に痛恨の失点、全北現代に敗れる】の続きを読む

このページのトップヘ