SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

サッカー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/07(日) 01:00:08.82 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガ第1節が6日に行われ、堂安律や板倉滉といった日本人選手たちが各地で先発のチャンスを得た。

プレシーズンからゴールを挙げるなど好調を維持するフライブルクの新戦力・堂安律。アウクスブルクとの第1節では右サイドハーフで先発した。前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にフライブルクが攻勢に出る。
46分、ミヒャエル・グレゴリチュがヘディングシュートを決めて先制。さらにその1分後、グリフォがゴール右からのやや距離があるFKをファーサイドに決めてみせ、
あっという間にリードを2点に広げる。61分にはセットプレーからマティアス・ギンターにもゴールが生まれて0-3に。

すると、堂安にもついにゴールが生まれる。78分、ゴール前の混戦で受けた堂安が得意の左足でゴール右に決め、4点目を奪った。
堂安はDFBポカール1回戦から公式戦2試合連続得点となっている。堂安はこのゴール直後に交代となったが、フライブルクは4-0と快勝を収めた。

板倉滉がCBで先発したボルシアMGはホッフェンハイムと対戦。前半19分にホッフェンハイムDFが退場処分を受けて数的優位となったボルシアMGだが、25分に失点。
右サイドからクロスを受けたアンドレイ・クラマリッチが横に流すと、ロベルト・スコフが左足で叩き込んだ。

しかし、42分にボルシアMGが反撃。ヨナス・ホフマンのコーナーキックをファーサイドで板倉が折り返す。これをラミー・ベンセバイニがバイシクルシュートでゴール右隅に決め、ボルシアMGが同点に追いついた。

後半はアルザーヌ・プレアがゴールを脅かすなど攻勢に出るボルシアMG。板倉も高いポジションを取って攻撃に加わっていく。すると71分、プレアのスルーパスにマルキュス・テュラムが抜け出して左足でフィニッシュ。
逆転弾を挙げ、一歩前へ出る。78分にはショートコーナーから最後はニコ・エルベディが決めてダメ押し。ボルシアMGが開幕戦を3-1と勝利で飾った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/640edc320a0c207030a5201094850ad301d2e2e1

【ブンデスリーガ第1節 堂安律もゴールのフライブルクが快勝発進。板倉アシストのボルシアMGは逆転勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/07(日) 01:06:14.95 ID:CAP_USER9
8月6日にスコットランド・リーグの第2節が行なわれ、日本人4選手が所属するロス・カウンティと敵地で対戦。古橋亨梧はCF、前田大然は左ウイングで先発した一方、負傷が報じられた旗手怜央と井手口陽介はベンチ外となった。

開幕戦ではアバディーンを2ー0で下したセルティックは11分、ペナルティエリア手前でボールを持った古橋が思い切りよく左足を振り抜くも、
大きくクロスバーの上を越える。さらに26分には、ジョッタのクロスから前田がヘディングシュート。しかし、枠を捉えきれない。

古橋と前田はそれぞれ37分と前半アディショナルタイムにも、エリア左からシュートを放つが、いずれもGKレイドローに阻まれる。

スコアレスで折り返したアウェーチームは、後半の頭から前田に代えてアバダを投入。すると、直後の48分だった。ジョッタの折り返しから古橋が押し込み、
ついに先制に成功する。昨シーズンは怪我もありながら、公式戦20ゴールを挙げた27歳の日本代表FWは、待望の今シーズン初ゴールとなった。

ただ、リードも束の間、58分にイアコビッティにゴールを許し、同点に追いつかれる。

 セルティックはその後、昨シーズンのリーグ得点王ギアクマキスも送り込み、攻勢をかけるなか、迎えた84分にイェンツが値千金の勝ち越し点を奪取。
勢いに乗ると、90+1分にはアバダのダメ押し点が生まれ、終わってみれば3―1で快勝。

リーグ連覇に向けて、幸先よく連勝スタートを切った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=114593

【古橋の今季初ゴールなどでセルティックが連勝スタート!前田は前半のみで交代、負傷が報じられた旗手と井手口はベンチ外】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 20:55:40.32 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-00094069-soccerh-000-1-view.jpg
南野拓実、メッシらが7大スターのイラストに! 撮影:中地拓也

「ここに南野いるのすげーな」リーグ・アンの「7大タレント特別イラスト」に南野拓実がメッシらとともに並ぶ! 右に出る者がいない「日本代表への期待」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220806-00094069-soccerh-socc

 日本時間の8月6日に、リーグ・アンが開幕した。新シーズンのオープニングカードとなったリヨンとアジャクシオの1戦は、2-1でリヨンが勝利。同7日にはさらに多くの試合が行われるが、それを盛り上げるために、8月5日、リーグ・アンの英語版公式ツイッターがイラストを公開した。

「位置について、よーいどん! 待ち時間は終わりました。フランスリーグのタレントが帰ってきます!」のテキストとともに公開したのは、リーグ・アンに所属する7人のスター選手。陸上の徒競走で7人が争う形となっており、なんと、一番右のレーンを日本代表・南野拓実が走っているのだ。

 南野の左隣は、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表リオネル・メッシ。バルセロナから移籍して以降、このリーグの象徴となっているメッシの隣だけに、今季からモナコに所属する南野の注目度はかなり高いといえそうだ。  この並びには、日本語でのコメントが多くついた。

「ここに南野いるのすげーな」 「このメンツに並ぶタキ流石すぎる」 「リヴァプールからモナコって言うのもあると思うけど一番手前が南野なのあちぃな。ぜひ隣の人より輝いてほしいぜ()」 「タキ!?タキだよね!?」

 一番手前で目立つ場所、しかも、右に誰もいない構図に、フランスリーグの期待が見え隠れする。

■モナコの開幕戦に南野は欠場

 モナコの開幕戦は、日本時間8月7日の0時にキックオフの予定で、アウェイでストラスブールと対戦する。この模様は日本国内ではDAZNで中継される予定で、フランスだけでなく日本サッカーファンにとっても注目の一戦となっている。

 しかし、南野はこの試合を欠場することが分かっており、次戦以降のリーグ出場に期待がかかっている。欠場の理由は、戦術的なものなどではなく、「筋肉系の違和感」と公式サイトで説明している。

 日本代表の10番がフランスでどんな活躍を見せるのか、注目は高まっている。

■【画像】リーグ・アンが公開した、南野拓実やメッシら「7大スター特別イラスト」(リーグ・アン英語版公式ツイッターより)■
https://pbs.twimg.com/media/FZZm9weXwAArty3.jpg

【リーグ・アンの「7大タレント特別イラスト」に南野拓実がメッシらとともに並ぶ! 右に出る者がいない「日本代表への期待」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 23:31:46.67 ID:CAP_USER9
邪道・大仁田厚(64)が、サッカー界に電流爆破デスマッチ参戦を呼びかけた。

 8月13日に神奈川・等々力陸上競技場で行われるサッカーJ1、川崎―京都に大仁田が来場し、試合前に電流爆破マッチを行う。これが発表されたのが、
6万4922人の大観衆を集めて20日に新国立競技場で行われた川崎とフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)の試合だった。

大仁田は「PSGといえば(リオネル)メッシにネイマール、(キリアン)エムバペだよな? 世界的スターが集まった6万人の前で、
俺の電流爆破が紹介されたんだから光栄ですよ」としつつ「爆破のインパクトは、メッシにもネイマールにも負けないから」と強調することを忘れなかった。

Jリーグの会場での電流爆破戦は、もちろん史上初となる。大仁田は「Jリーガーの皆さんよ、俺の試合を見て『我こそは』と思う選手は、電流爆破のリングに上がって来い! いつでも歓迎しますよ」と呼びかけた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/4346021/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/07/e52552ab8d30af15bc3f18f6feaadd94-450x302.jpg

【「メッシ、ネイマールに負けないんじゃ!」大仁田厚 8・13電流爆破マッチをJ1川崎―京都戦で開催】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 18:03:08.49 ID:CAP_USER9
米国、カナダ、メキシコと史上初の3カ国共催となる2026年W杯は、出場枠が現行の32から48へ大幅に拡大されることとなった。日本が所属するアジア枠も、現在から4増えて、最大9枠になる。

 当然、予選を勝ち抜くことはこれまでより容易となり、1994年の米国大会のアジア最終予選から使われだした「絶対に負けられない戦いが、そこにある」というキャッチコピーも死語になる。なぜなら、負けても “進める” のだから。

ではなぜ、出場国が増大したのか。国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティー会長は、「私の案はサッカーを世界中に発展させるものであり、
ワールドカップは単なる競技大会から社会的イベントになる」と、出場枠を増大した意義を強調している。

 しかし、長年W杯を取材してきたサッカーライターは「競技普及という大義名分の下、ビジネスを巨大化させたいだけだ」と語る。

「W杯は “世界最高の祭典” といわれ、その規模、影響力は五輪をもしのぐと言われてきました。いまさら競技普及と言っても、建前にしか聞こえません。

 本音は中国、インド、中東の国々が出場することによって、現地国民の興味関心を引き、“儲けたい” ということでしょう。
ご存知のとおり、中国は世界経済を語るうえで外せない存在になりましたからね。“チャイナマネー” が欲しいということです」

ところが、肝心の中国は、2002年日韓共催W杯以降は出場できていないどころか、大会を重ねるごとに弱くなっています。
このまま出場国を32カ国だけに絞ると、中国はいつまでたっても本大会に出られない。その救済のために枠を増やしたわけです。

 中東にしても、出場常連国のサウジアラビアやイラン以外の国にも出てほしい。当然、オイルマネーを期待してのことです。インドに関しても経済力を狙ってのことでしょう」

アジア枠を見れば、巨大ビジネスを狙っての枠増加だということがよくわかる。とてもサッカー先進国とは言えないアジア地域は4増。ところが、強豪国がそろう欧州は3増。南米に関しては2増しかないのだ。

 また、2026年大会は、枠の増加だけでなく、観客動員数の増大を狙っていることも見逃せない。

「1994年、W杯は当時 “サッカー不毛の地” と呼ばれた米国で開催されました。この大会の出場国は24カ国だけでしたが、
計52試合で総観客数は過去最高の358万7538人。1試合を平均すると6万8991人が集まりました。この記録は、いまだに破られていません。

 出場国が32カ国だった2018年のロシアW杯でさえ、試合数は米国大会から12試合増えたにもかかわらず、総数は303万1768人で1試合平均は4万7371人。
いかに米国大会が多くの観客を呼び込んだかがわかります」(前出・サッカーライター)

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/678818999c2914b1a22a374c0e83321768223e9f

【FIFA「商業主義」極まれり…“チャイナマネー” 目当ての出場枠だけじゃない、2026年W杯は観客動員も爆増】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 13:40:00.85 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-00094091-soccerh-000-1-view.jpg
欠場が決まったサッカー日本代表・南野拓実 写真:Panoramic/アフロ

南野拓実、クラブが「開幕戦欠場」と「欠場理由」を発表! 招集外で川島永嗣との日本人対決実現せず…「南野がいない」の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220806-00094091-soccerh-socc

 リーグアンのASモナコが8月5日、開幕戦ストラスブール戦の遠征メンバーを発表。川島永嗣が所属するストラスブール戦の帯同メンバーに日本代表MF南野拓実の名前はなかった。

■南野がいない!?

 モナコが発表したメンバーには、エースのフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルやポルトガル代表MFジェルソン・マルティンスなどが順当に選出されている。しかし、そこに日本代表MF南野の名前はなかった。

 モナコの公式サイトによると、南野は筋肉系の違和感で招集外となったという。8月3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のPSV戦で公式戦スタメンデビューを果たしていた南野だったが、リーグアンデビューはお預け。リーグデビューは、ホームで行われる8月13日のレンヌ戦以降に持ち越しとなった。

 モナコの公式ツイッターが招集メンバーを発表すると、「南野がいない」や「大きな怪我とかじゃなくて良かったけど、今はゆっくり回復のために休んでね」、「前線2人が欠場のチャンスだっただけに残念」などの声があがった。

■次節以降の出場に期待

 川島との日本人対決は開幕戦では実現しなかった。モナコのストラスブール戦の次の試合は、8月9日に行われるCL予選3回戦2ndレグのPSV戦。そして同月14日にはレンヌとの試合でホーム開幕戦を迎える。

 さらに、8月20日に行われるランスとのホーム戦を終えると、同月28日に昨季リーグ王者のパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイ戦を迎える。南野の早期回復を願い、世界最高峰のクラブであるPSGとの試合で出場に期待したい日本人ファンは多いはずだ。

【ASモナコ・南野拓実、クラブが「開幕戦欠場」と「欠場理由」を発表! 招集外で川島永嗣との日本人対決実現せず…「南野がいない」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 21:34:41.34 ID:CAP_USER9
チェルシーは5日、ブライトンからスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの6年となる。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は5500万ポンド(約88億8000万円)+アドオン700万ポンド(約11億3000万円)。最大で6200万ポンド(約100億円)の支払いになる可能性もあり、左サイドバックとしては歴代最高額となる模様だ。

今夏のステップアップを期していた中、バルセロナ時代に続くメガクラブへの加入が決定したスペイン代表DFは、「本当に幸せだよ。世界最高のクラブのひとつに加入できたことは大きなチャンスだ。ここで幸せになり、チームの力になれるようハードワークするつもりさ」と、新天地での意気込みを語った。

バルセロナのカンテラ出身で2018年に加入したエイバルで台頭したククレジャは、昨夏にヘタフェから1500万ポンド(約24億2000万円)でブライトンへ加入。

バルセロナ仕込みのテクニックに加え、左のウイングバックとサイドバック、3バックの左を主戦場に、一線級のアタッカー、守備者を相手に攻守両面で優位性をもたらす圧倒的なパフォーマンスを披露。2021-22シーズンのブライトンの年間最優秀選手にも選出された。

一時は相思相愛と見られたマンチェスター・シティ行きが決定的と報じられたが、ブライトンが要求する高額な移籍金に対してシティが二の足を踏んだ結果、最終的に交渉は破談に終わった。

そういった中、左ウイングバックやセンターバックの補強を目指していたチェルシーは、相手の要求額を支払うことで同意。新シーズン開幕直前に多才なDFの獲得に成功した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ef119641e178168c9fc80068a277c89daceb21

【チェルシーがククレジャ獲得を公式発表! 移籍金は左SB史上最高額になる可能性も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 18:18:25.01 ID:CAP_USER9
J1で首位を走る横浜が、11月21日に開幕するW杯カタール大会期間中の11月末に、ポルトガル人の名将ジョゼ・モウリーニョ監督(59)率いるイタリアの名門ローマとの親善マッチを計画していることが3日までに分かった。
関係者によれば交渉は順調に進んでおり、会場は国立競技場が有力という。

ローマは過去2部降格1度だけというセリエA屈指の名門。リーグ優勝は元日本代表MF中田が貢献した00~01年シーズン以来遠ざかるものの、モウリーニョ監督を招へいした昨季はリーグ戦で6位に終わった一方で、
新設された欧州カンファレンスリーグを制する勝負強さを見せた。今季はユベントスから元アルゼンチン代表FWディバラを補強。タイトル獲得への期待がさらに高まっている。

主力には2大会連続でW杯出場を逃したイタリア代表が多数いる。それだけにイタリアの若き司令塔のMFザニオロをはじめ、MFペレグリニ、DFマンチーニらほぼベスト布陣で来日する可能性が高い。
迎え撃つ横浜も7月のE―1選手権で7選手を日本代表に送り出しており、まさに“裏W杯”の様相を呈することになる。

関係者によれば、ローマは横浜以外のJクラブとも親善マッチを行う予定。今夏はメッシらを擁するパリSGが来日して熱狂を運んだが、11月は中旬に浦和、
G大阪と対戦するドイツ1部Eフランクフルトが来日予定。W杯期間中の11月末はローマが、日本のピッチを盛り上げる。

▽ASローマ 本拠地はイタリアの首都ローマで創設は1927年。リーグ制覇3回、イタリア杯優勝9回の名門。ポルトガル人の名将ジョゼ・モウリーニョ監督を招へいした昨季は新設された欧州カンファレンスリーグを制し、
UEFA(欧州サッカー連盟)主催大会初優勝。チームカラーは黄色と赤。過去に元日本代表MF中田英寿が所属し、00~01年シーズンに18季ぶり3度目のリーグ優勝に貢献した。ホームスタジアムはスタディオ・オリンピコ(約7万2000人収容)。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/08/04/kiji/20220804s00002179071000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/08/04/jpeg/20220804s00002019166000p_view.webp

【“裏W杯”ローマVS横浜 11月末にモウリーニョ監督率いる“イタリア代表”来日へ 会場は国立が有力】の続きを読む

このページのトップヘ