SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

Jリーグ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 21:38:47.71 ID:CAP_USER9
 明治安田生命J2リーグ第38節の徳島ヴォルティス対水戸ホーリーホック戦が25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果により徳島は、リーグ史上“最多引き分け”という珍記録を達成している。

 両チーム無得点で前半を折り返したあと、57分にはCKに頭で合わせたDFカカのゴールで徳島が先制。だが水戸も交代出場のFW唐山翔自が68分にヘディングで決めて同点とし、そのまま試合終了を迎えた。


 徳島はこれで、今季実に23回目の引き分け。2004シーズンに横浜FCが記録していた22引き分けを上回り、J2最多記録を更新することになった。

 2004シーズンは44試合制で開催されていたが、今季の徳島は42試合制のうち38試合を終えた時点ですでに新記録を樹立。引き分けた試合の割合は60%を越えている。

 現在9位の徳島は今季5敗しかしておらず、これは現時点でリーグ最少。だが勝利数も順位の割には少ない10勝にとどまっている。今節のドローで16試合連続無敗となったが、7月から8月にかけての7連続ドローを含めて10試合が引き分けに終わっており、大きく順位を上げるには至っていない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/459eb56fb1588f32deec4d8c73f84db3642e63c4

【徳島ヴォルティスが“珍記録”達成。J2史上最多を更新した数字とは?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 19:33:04.11 ID:CAP_USER9
◆YBCルヴァン杯▽準決勝・第1戦 福岡2―3広島(21日・ベススタ)

 福岡の長谷部茂利監督が、ホームで2―3と敗れた広島戦の試合後会見で、ジャッジと広島のプレーに対して不満を漏らした。3点を先制されたが、終盤に2トップのパワーを生かして2点を返したこの試合。ピッチの各所で激しいデュエルが繰り広げられたが、福岡のチャージがファウルと判定され、広島に計24度のFKを与えた。広島の2得点は、そのFKから。セットプレーが結果を大きく左右する試合となった。

 長谷部監督は「相手チームのことはあまり言いたくないんですけど」と前置きし、(広島は)ボールを扱うのは上手、ボールを隠すのも上手です。プレーをした後にファウルをもらう、ダイブじゃないですけど、そういうプレーが多いのかなと思います。それはこのゲームだけじゃなく、広島さんはそういうプレーが多いのかなと思います。あまりいいプレーじゃないなと思います。うまいだけに、少し、言葉では説明できないような思いがあります」と語った。激しいチャージに対してファウルをもらうプレーは定石とも言えるが、判定に恵まれなかったこともあってか、普段は温厚な指揮官が相手チームのスタイルを批判。敵地での第2戦(25日)は遺恨試合となる可能性もある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdc4f42cc8f5b6b7fc7c775383a5f992544da6f0

【アビスパ福岡・長谷部茂利監督は判定と広島の“ダイブ”に不満「あまりいいプレーじゃない」 第2戦へ遺恨か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/22(木) 02:17:16.44 ID:CAP_USER9
鹿島アントラーズは21日、今月28日に発売される女性ファッション誌「Oggi 2022年11月号」において、
全12ページで同クラブの特集が掲載されることを発表した。

出演は中田浩二C.R.O、MF土居聖真、DF安西幸輝、MF三竿健斗、FW鈴木優磨、DF常本佳吾、MF荒木遼太郎となっている。

クラブは同日に公式ツイッター(@atlrs_official)を更新し、秋コーデの上記6選手が載った雑誌の画像を公開した。

ファンからは次のような反応が寄せられている。

「素敵な企画」
「毎日頑張ってるから神様からのご褒美かしら!!」
「これは、やばすぎるーーーー」
「イケメン大集合」
「顔面偏差値レベチ」
「ジャニーズ感」
「どこそのアイドルグループかよ!笑」
「我が軍はイケメン揃いだのう」
「買う買う買う!!!!」

なお、同誌発売と連動し、特別企画グッズの販売と、10月1日のJ1第31節・FC東京戦(@カシマ)でのフォトスポット設置も行われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/acdda5132ce4a6d857071d2458fce5364f08420d


画像
https://pbs.twimg.com/media/FdI_ItmaIAEjrii.jpg
https://pbs.twimg.com/media/FdJOcqaaAAAh-p9.jpg

【「イケメン揃い」「ジャニーズ感」「顔面偏差値レベチ」 鈴木優磨や土居ら鹿島アントラーズの選手が女性誌『Oggi』登場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 07:47:08.92 ID:CAP_USER9
今シーズンいっぱいでPSGとの契約満了、Jリーグ入りも視野か

フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、クラブとの契約が今季いっぱいで満了となる。そんななか、
スペインメディアはJリーグへの移籍が選択肢の1つとなることを指摘。新天地候補としてJ1ヴィッセル神戸の名前が挙げられ、「契約する選択肢をテーブルの上に置いている」と報じている。

36歳のラモスは昨夏、16シーズンにわたって活躍したスペインの名門レアル・マドリードから、フランスの強豪PSGへ完全移籍。
昨季は怪我の影響でフル稼働が叶わなかったものの、今季はセンターバックの主力として君臨し、リーグ・アンで首位を走るチームを支えている。

そんなラモスとPSGの契約は、今シーズンいっぱいで満了。PSG側は契約延長オファーを提示する見込みとされる一方、新たなチャレンジを選択する可能性もあるようだ。
スペインメディ「ElNacional.cat」は「セルヒオ・ラモスは PSG で最高の状態を取り戻したが、更新する予定はない。
彼はテーブルに2つの大きな提案を持っている」と報じ、米MLS(メジャーリーグサッカー)とともに、Jリーグ移籍の可能性も指摘している。

記事では「セルヒオ・ラモスは、アンドレス・イニエスタとの素晴らしい経験の後、ラモスをチームに加え続けたいと考えているヴィッセル神戸と契約する選択肢を数週間前からテーブルの上に置いている」と指摘。
さらに「彼は日本サッカー挑戦への意欲も持っている」とも綴った。

一方で、神戸側の動向にも触れられており、「今シーズン、ヴィッセル神戸は降格の危機に瀕するほど成績を落としたため、
来シーズンに向けて優秀な選手を補強することを決定した。セルヒオ・ラモスはその優先順位の高い選手であり、スター選手としての契約をオファーする」と報じている。

ラモスの神戸入りは、今年4月にも海外メディア上で報じられ、スペインメディア「Deportes Cuatro」では、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」社と“メガ契約”を結んだことが起因していると報じられ、
話題となった。一旦は収束したかに見えたビッグネームのJリーグ移籍は、果たして実現するだろうか。
https://www.football-zone.net/archives/404338
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2024/04/23173729/20220423_Sergio-Ramos_ReutersImages.jpg

【ヴィッセル神戸、S・ラモスへ獲得オファー浮上 「日本サッカー挑戦へ意欲」とスペインメディア報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 19:58:21.89 ID:CAP_USER9
 スポーツの定額制動画配信サービス『DAZN』は20日、明治安田生命J1リーグ第30節、J2リーグ第37節などを対象とした「Jリーグジャッジリプレイ」の配信をスタート。6つの事象を取り上げているが、J1リーグ第30節・ヴィッセル神戸対ガンバ大阪でヴィッセル神戸に与えられたPKの妥当性について検証されなかったことに、SNSで不満が沸き起こっている。

 この一戦ではガンバ大阪が1-0とリードで迎えた82分、ペナルティエリア内でのこぼれ球を巡る攻防で元日本代表FW武藤嘉紀(30)が先にボールに触れた後、MF福田湧矢(23)の足が武藤嘉紀に接触。両選手が同時にピッチに倒れ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。主審がヴィッセル神戸にPKを与えると、これを日本代表FW大迫勇也(32)が決めていた。

 さらにヴィッセル神戸は後半アディショナルタイムの90+3分に元日本代表FW鈴木武蔵(28)のパスミスからカウンターを発動。大迫勇也のボレーシュートから逆転に成功し、2-1で勝利を収めている。

 ただこのPKの判定に対しては、多くのガンバ大阪サポーターから不満が噴出したほか、「Jリーグジャッジリプレイで取り上げてほしい」という要望が多数殺到していた。

 またガンバ大阪OBである小椋祥平氏(37)が「いやいやいや。さすがにこれでPKはない。なんなら武藤くんは足の裏見せながら、足上げにいってるし」とツイート。下平匠氏(33)も「あれがPKは厳しいなぁ」、「あれPKなら、クリアしようと思ってる相手に対してとりあえず足出すわな。マイボールになる可能性ほぼ無くても」と投稿していた。

 しかし今回の「Jリーグジャッジリプレイ」では、大迫勇也が勝ち越しゴールを決めた場面でのレフェリングのみをピックアップ。これにはSNSユーザーから「残念…」、「PKシーンで家本さんの見解聞きたかった」、「みんな知りたいことなのに」といった落胆の声が上がっているほか、「Jリーグにとって楽天マネーここまで美味しいのか」、「楽天に忖度しているのか」というコメントも寄せられている。

 なおガンバ大阪はヴィッセル神戸戦黒星により、J2降格圏の17位に転落。J1残留圏内の15位湘南ベルマーレとは2ポイント差となっている。

https://football-tribe.com/japan/2022/09/20/251885/

【神戸vsG大阪のPK判定扱わず…ジャッジリプレイに不満噴出「みんな知りたいことなのに」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/16(金) 09:59:55.05 ID:CAP_USER9
TeNYテレビ新潟 9/15(木) 20:27

J2・アルビレックス新潟の順位です。

新潟は9月14日に甲府と対戦し、白星で勝ち点71。現在、首位です。

2位の横浜FC、3位の岡山は敗れて勝点を積めず、差が広がりました。

J1へ自動昇格するのは1位と2位です。J2リーグは残り6試合。新潟は6試合のうち4試合がホーム・デンカビッグスワンでの試合になります。

最速でいつ昇格する可能性があるかというと、3位の岡山が次の2試合で1分け1敗または2連敗した上で、新潟が次の2試合・水戸戦と大宮戦に2連勝すると、その大宮戦(9月25日)をもってJ1昇格が決まります。

これは上記の試合結果となった場合、その後の残る4試合で岡山が全勝し、新潟が全敗しても、最終的な勝ち点は新潟が岡山を上回るためです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/826d61b9000ae8518531d2f2927af35e422bd8b3

【J1昇格は最速で9月25日か アルビレックス新潟が首位キープ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/12(月) 18:08:13.46 ID:CAP_USER9
[2022年9月12日15時12分]

川崎フロンターレ鬼木達監督(48)が12日、14日のアウェー名古屋グランパス戦に向けてオンライン取材に対応した。

この試合は7月16日に予定されていたが、当時、新型コロナウイルスの感染がチーム内で拡大していた名古屋が、保健所から活動停止の指導を受けたとJリーグ側に報告。エントリー資格を有する選手はいないものと誤信させ、試合の中止が決定されていた。

実際は保健所から指導を受けたものではなかった。結果的に名古屋にはJリーグからけん責、200万円の罰金が科せられた。鬼木監督は「こればっかりは、いろんな思いがある。難しいですね」と言い「選手にも言ったけど、正直な話、到底納得のいく話ではない」と、厳しい口調で語り出した。

鬼木監督 「納得のいく説明が、結果に関しては納得がいかない。名古屋の選手、スタッフ、サポーターが悪い訳ではない。クラブの中で起きていること。相手の姿勢は置いておいて、自分たちは正しいと思うことでやろうとしている。受け入れがたいものではあるけど、それでも、やると決まった以上、戦うことが示すべきもの」

全てはJリーグを思っての発言。「Jリーグに所属している身として、選手にリーグを引っ張っていこうと、魅力あるものを見せようという中で言うと、Jリーグを良くしていきたいと思う立場にある中、自分の立場は、声を上げる時は上げたい」とうなずいた。

今回の問題が起こり、

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202209120000578.html

【フロンターレ・鬼木監督、14日名古屋戦に「正直な話、到底納得のいく話ではない」誤報告で7月中止】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/11(日) 10:49:17.23 ID:CAP_USER9
明治安田生命J1リーグ第29節の8試合が10日に行われ、川崎フロンターレが4-0でサンフレッチェ広島に快勝して2位に浮上した。ホームの等々力陸上競技場に好調の広島を迎えた川崎は、前半34分にFW家長昭博(36)のゴールで先制。
後半にも家長の得点王争いの2位タイに浮上する10ゴール目などで3点を追加した。もっとも、ヒーローの家長は試合後に「僕が得点王を獲ったら、日本のサッカー界もヤバいと思う」と発言。その真意とは。

2ゴールを叩き込み今季通算10ゴール
 最初に聞いたときはジョークだと思った。
 公式戦で8連勝中だった難敵に4-0で快勝し、入れ替わる形で2位に浮上した広島戦後の取材エリア。先制とダメ押しの2ゴールを決めて、
2シーズンぶり3度目の2桁得点に到達させた家長に、こんな質問が飛んだ後のやり取りだった。
「得点王というのも見えてきたのでは。実際に意識しているのでしょうか」
 大詰めを迎えているJ1の得点王争いは、この日の湘南ベルマーレ戦で1ゴールをあげた清水エスパルスのFWチアゴ・サンタナが11ゴールで単独トップに浮上。
10ゴールで家長を含めた3人が、さらに9ゴールで6人が続く大混戦になっていた。
 しかし、家長は「いや、ないですよ」と即答。さらにこう続けた。
「優勝するのが、僕がクラブに課せられていることだと思いますし、僕が得点王を獲ったら、日本のサッカー界もヤバいと思うので」
 言い終えた瞬間に家長は口元を緩め、わずかに笑みも浮かべている。しかし、元来は寡黙でジョークを言うタイプでもない。案の定、真顔に戻って念を押した。
「それは間違いなく思います。はい」
 何を持って「ヤバい」のか。答えは歴代最少スコアを更新しそうな得点王争いと、そのなかに点取り屋ではない家長が上位に名を連ねている状況にあるのかもしれない。

前節まで10ゴールでトップに並んでいた3人のなかに、シーズン途中に鹿島アントラーズからサークル・ブルージュ(ベルギー)へ移籍した関係で、7月以降はJ1のピッチに立っていないFW上田綺世が含まれていた状況がまず尋常ではなかった。
 センターフォワード型の選手がなかなかゴール数を伸ばせない今シーズン。現状のペースのままで11月5日の最終節を迎えれば、
仲川輝人とマルコス・ジュニオールの両フォワード(ともに横浜F・マリノス)が15ゴールで得点王のタイトルを分け合った、2019シーズンを下回る可能性まで指摘されはじめていた。
対照的に家長は右ウイングを基本ポジションとしながら、ピッチ上のあらゆるエリアに神出鬼没とばかりに顔を出す。
困ったときのボールキープからチャンスメイク、そしてフィニッシャーと課される役割も状況によって刻一刻と変わる。
 だからこそ、センターフォワードを託される選手たちへの檄を込めて「ヤバい」と言ったとすれば、後半23分に川崎が決めた3点目もうなずける。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/0bfaaf50996db021e21827b1638abfc8c4dbf7f1

【得点王争いで2位浮上の川崎F36歳ベテラン家長昭博が「僕が得点王を獲ったら日本のサッカー界もヤバい」と発言した真意とは?】の続きを読む

このページのトップヘ