SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

Jリーグ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/17(日) 08:44:17.71 ID:5Peia1vw9
◆明治安田J1リーグ▽第4節 福岡1―3FC東京(16日・ベスト電器スタジアム)

 22年11~12月のカタールW杯以来のサプライズ日本代表復帰を果たしたDF長友佑都が、福岡戦で先制ゴールを決めた。2010年5月15日の清水戦以来14年ぶり、日数にして実に5054日ぶりのJ1での得点に、試合後のインタビューで「14年ぶりですか? 恥ずかしいですね(笑い)。ただコンディションも良くて、ああいうところにもどんどんゴール前に入っていけたし、チャンスがあればというところで、うまくトラップとシュートがタイミングよく出来たかな」と振り返った。

 ストライカー顔負けの強烈な一撃だった。前半28分、左サイドからU―23日本代表DFバングーナガンデ佳史扶がグラウンダーのクロス。右サイドバックの位置からペナルティーエリア内に進入していた長友が足元でボールを収め、2タッチ目で豪快に右足を振り抜いた。相手GKは一歩も動けず、ネットに突き刺さったボールを見送った。

 後輩選手たちにもみくちゃにされた37歳は、クラブのエンブレムが刻まれた胸をたたいてサポーターの大声援に応えた。後半にもバングーナガンデ佳史扶の得点をアシストするなど、1ゴール1アシストでチームの今季初勝利に貢献。代表復帰前の試合で結果を残し「勝利というのは格別だと思いますし、特に得点とアシストも出来ましたし、勝利できたことで自信をもって、日本代表にまた臨んでいける」とうなずいた。

 なお長友のJ1でのゴールは通算6点目で、2010年5月15日の清水戦以来14年ぶり、日数にして実に5054日ぶり。23年3月に12年ぶりに国内復帰したC大阪・香川の4684日ぶりのJ1最長ブランク弾の記録を更新した。

報知新聞社

スポーツ報知2024年3月16日 15時23分
https://hochi.news/articles/20240316-OHT1T51126.html

【FC東京DF長友佑都がJ最長5054日ぶりJ1得点に「恥ずかしいですね」と笑顔 1G1Aで代表合流へ「自信を持っていける」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/18(月) 18:34:33.31 ID:LpRkta9J9
日刊スポーツ[2024年3月18日4時45分]
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202403170001591.html

<明治安田J1:湘南4-4浦和>◇17日◇第4節◇レモンS

浦和レッズFW興梠慎三(37)が、J1新記録の18年連続ゴールを達成した。湘南戦の前半11分に今季1号。鹿島時代の07年からから毎年得点を重ね、並んでいたMF小笠原満男(鹿島)の記録(99~15年)を超え、単独1位となった。昨季終了後、1度は引退を考えたが現役を続行。12年からJ1記録の9年連続2桁得点を成し遂げた37歳が、なお進化を掲げ、浦和のタイトル獲得のため最前線に張る。

嗅覚を生かした、興梠らしいワンタッチゴールだった。前半11分、浮き球パスに抜け出したMF前田が右からグラウンダーで出す。奥側に入り込んだ興梠が左足で押し込んだ。前節までチームの得点はPKとセットプレーだけ。興梠は「流れの中で点が取れたことはすごく良かった」と新記録の18年連続弾よりも形を喜び「引き分けだったけど、4点を取れる力があると証明できた。悔しいけど、ちょっとスッキリしている部分もある」。志向通りの連動性ある攻撃に納得した。

鹿島の先輩で、今も敬愛する小笠原を抜いた。「記録では超えたかもしれないけど、皆さんの記憶としては超えることができない。全てで追いつけない。勝てるのはスピードぐらい」と笑わせつつ「ちょっとでも近づけたならすごくうれしい」と本心も打ち明けた。

昨季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇。実は、そのまま引退を考えていた。しかし、監督と選手が大幅に入れ替わったチームの転換期に、クラブから慰留されて現役続行を決断。37歳。選手として残り時間が長くないことは分かっている。「悔いがないように」。昨季に続き、ずっと取り組んでこなかったシーズンオフの体づくりに励み、開幕を迎える。昨年と同様、第3節から頼られて先発起用され、昨季より2試合早く得点。前人未到の18年連続に伸ばした。

宮崎・鵬翔高時代はドリブラーだった。鹿島に加入してポストプレーの引き出しも増やし、定位置をつかんだ。鹿島最終の12年からJ1記録の9年連続2桁ゴール。浦和に移っても得点を量産し、歴代2位のJ1通算168得点を決めた。

「年を重ねるごとにプレースタイルを変えているけど『今、ここでキープできたのにな』と、できなくなっている部分も感じる。考えながらプレーしないと。また違うやり方があるのかなと」。30代後半にして探求心が芽生えている。「チームにいるだけでは意味がない。一番はピッチに立つこと」。大記録も通過し、これからも最前線で引っ張る覚悟だ。【岩田千代巳】

【浦和FW興梠慎三、J1新記録18年連続弾「悔いがないように」昨季引退考えも慰留され現役続行】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/17(日) 08:46:51.55 ID:5Peia1vw9
フットボールゾーン2024.03.16
https://www.football-zone.net/archives/517438

現時点でリーグ首位に浮上
 FC町田ゼルビアは3月16日、J1リーグ第4節で北海道コンサドーレ札幌とアウェーで対戦、2-1で勝利し、今季3連勝をマークした。J1初挑戦の昇格組だが、現時点でリーグ首位に浮上しファンも驚きの声を上げている。

 開幕節のガンバ大阪戦で1-1と引き分けたが、その後第2節で名古屋グランパス相手に1-0、第3節で鹿島アントラーズを1-0と下し連勝。第3節終了の時点でリーグ2位タイと十分な成績を収めていた。

 迎えた16日の第4節、ここまで勝利のない札幌相手にアウェー戦に挑む。すると後半8分にFW藤尾翔太のゴールで先制。同21分にはDFドレシェヴィッチが追加点を挙げて突き放した。同39分に札幌の高卒ルーキー18歳MF原康介のゴールで1点を返されるも、リードを守った町田が2-1で勝利。3連勝で首位に浮上した。

 J1初挑戦のチームの躍進にSNS上のファンも「まさかの単独首位!」「昇格年とは思えない」「強え」「漫画のようなストーリー」「ゼルビア旋風」「すごい」と驚きの声を上げている。

【J1初挑戦→リーグ単独首位へ! 3連勝の町田に驚き「ゼルビア旋風」「昇格年とは思えない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/10(日) 08:49:23.65 ID:Z4MmAghA9
<明治安田J1:新潟1-0名古屋>◇第3節◇9日◇デンカS

勝ちなし、引き分けなし、ゴールなし-。戦力が整わないままシーズンインした名古屋グランパスが赤鯱ならぬ赤っ恥だ。

実に、24年ぶりの開幕3連敗。開幕から3試合、計270分間でいまだにゴールなしで、こちらは何と30年ぶり。深刻な得点力不足が解消できず、元日本代表FWの長谷川監督は「サポーターに早くゴールを届けたかった。悔しい」と顔をしかめた。

パスミスが目立ち、ゴールに迫れない。後半は途中出場したMF中山がGKと1対1の好機で決められなかった。福岡から加入後初先発出場したFW山岸は「いい場面も何度かあった。攻め込む回数をもっと増やさないと」と課題を口にした。
昨季16得点のエース、FWユンカーをけがで欠き、前節からメンバーを大幅に入れ替えて臨んだ。終盤の一瞬の隙を突かれて1点を失って敗れた。長谷川監督は「こういう試合を続けて、成功体験を増やしていくしかない」と努めて前を向いたが…。

▼名古屋屈辱データ 24年ぶりの開幕3連敗。開幕から0-3、0-1、0-1と3試合、計270分間でいまだ無得点。こちらは開幕4試合連続無得点だった1994年以来、クラブ30年ぶりの屈辱となった。J1開幕3試合以上連続無得点記録は00年鳥栖の5試合。

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202403100000130.html

【名古屋グランパス、30年ぶり屈辱ノーゴール開幕3連敗 長谷川監督「悔しい」 深刻得点力不足解消できず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/09(土) 09:58:51.68 ID:s2VZTkm59
J1鹿島アントラーズの練習場に“空振り”訪問した人物に、ファンが驚いている。

その人物とは、お笑い芸人で元プラス・マイナスの兼光タカシだ。大阪府出身の兼光だが、2021年に結婚した妻が鹿島出身の鹿島ファン。2022年に建てたマイホームの壁紙を鹿島カラーにし、飼っている2匹の犬の名前をビスマルクとレオナルドにするなど、すっかり鹿島に傾向しているようだ。

■【画像】「え!?え??あの兼光さん…??」「ワンコの名前レオナルドとビスマルクなんか!」と反響! 鹿島練習場での元プラス・マイナスのお笑い芸人“ガックリ写真”■

その兼光が3月7日に自身の公式エックス(旧ツイッター)を更新し、鹿島の練習場を背景に愛犬2匹を抱っこして写る写真を公開した。だが、グラウンドには選手の姿はなく、兼光は不貞腐れた表情で「アントラーズの練習見に行ったら丁度終わったとこやった、、」と綴っている。

今季開幕2試合を1勝1分けスタートを切った鹿島は今週、3月9日にアウェイでの第3節・FC町田ゼルビアFC戦へ向けてオフ明けの火曜日から木曜日まで午前10時から練習を実施(金曜日は非公開練習)していたが、兼光は木曜日の練習終了時間に間に合わなかったようだ。

この“ガックリ写真”に対して、以下のようなコメントが寄せられた。

「え?!え??あの兼光さん…??え?なんで??…あの兼光さんが?!?」
「え!兼光さん鹿島好きなんかな!?」
「兼光さん、鹿島ファンなのかな。。明日の町田vs鹿島戦観に来てくださーい」
「兼光さんのワンコの名前レオナルドとビスマルクなんか!ガチ勢」
「ちゃんとスケジュールを見てから行こうね」
■「町田戦観に行きます」

この兼光の投稿には、鹿島の小泉文明球団社長もSNS上で「なんと!また来てください!」と反応し、それに対して兼光は「間に合うか間に合わないかぐらいって分かってたんですけど間に合わずでした 明日町田戦観に行きます」と返信している。

兼光は独特のモノマネ芸などで人気だが、今年になって元相方の岩橋良昌が公式SNSで一方的な“告発投稿”を続けて騒動となってコンビ解散となった。その中でピン芸人として新たなスタートを切った兼光と、ランコ・ポポヴィッチ監督のもとで常勝軍団再建を誓う鹿島の戦いは重なる部分があるのかも知れない。

まずは兼光も応援に駆け付ける予定のアウェイ・町田戦に注目だ。
https://i.imgur.com/boqjRLE.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a24079f8e1ba08fdb13467b3aa923709d7614357

【J1鹿島練習場に元プラスマイナス 兼光 訪問 “ガックリ写真” 反響「ワンコの名前はレオナルドとビスマルク?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/09(土) 13:23:57.05 ID:s2VZTkm59
J1アルビレックス新潟が公式SNSを更新。世界的な人気を博す「ドラゴンボール」などの作者で知られる漫画家・鳥山明さんを追悼した1枚のポスター画像に注目が集まっている。

【画像】「まさかコラボしてたなんて」 新潟の選手たちがドラゴンボールのキャラクターとして描かれたポスター画像

新潟は昨季、6年ぶりのJ1リーグを戦って10位でシーズンを終えた。シーズン途中にはMF伊藤涼太郎がベルギー1部シント=トロイデンへ移籍し、シーズン終了後にはMF三戸舜介がオランダ1部スパルタ・ロッテルダムへステップアップ。立て続けに中心選手がチームを離れたなか、今季は開幕2戦を1勝1敗としている。

そんななか、新潟の公式X(旧ツイッター)では11年前の2013年3月9日のサンフレッチェ広島戦に向けて制作されたポスター画像を公開。当時チームに所属していたFW鈴木武蔵や、MF田中亜土夢、MFレオ・シルバらがアニメ・ドラゴンボールのキャラクターとして描かれた。

このコラボポスターは2013年に上映された「ドラゴンボールZ 神と神」とのタイアップ企画で、当時新潟に所属したブラジル人FWブルーノ・ロペスの応援歌にもドラゴンボールZの主題歌が用いられていた。
https://i.imgur.com/z0xUUQ5.jpg

コメント欄では「確かにこれは貴重」「このポスター懐かしすぎる…。」「まさか、鳥山先生と地元のサッカーチームがコラボしてたなんて」「鳥山明先生に勝利を捧げよう」「インパクトあったわ」など反響のコメントが寄せられた。

11年前と同じ3月9日にホーム開幕戦を迎える新潟。鳥山明さんへ勝利を捧げることができるだろうか。
https://news.yahoo.co.jp/articles/41240fbe6bb52fcace4e3344b5f9e34bc5165b30

【Jクラブも鳥山明さんを追悼 13年前のドラゴンボール”コラボ ポスター”に反響「これは貴重」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/07(木) 19:04:42.41 ID:QVs21PPJ9
 横浜F・マリノスは7日、筑波大DF諏訪間幸成(20)が、26年シーズンから加入することが内定したと発表した。

【写真】全日本プロレスの諏訪魔と息子の筑波大DF諏訪間幸成

 父はプロレスラーの諏訪魔(47)。尊敬する父に続き、プロの世界に進むことになった。

 JFA・Jリーグ特別指定選手としても日本サッカー協会から承認され、今季から筑波大に在籍しながら横浜での試合にも出場できる。

 諏訪間はクラブを通して「アカデミー時代を過ごした特別なクラブに再び戻ってくることができ、大変うれしく思います。これまで支えてくれた家族、指導

 者、チームメイト、すべての皆さんのおかげで、大好きな横浜F・マリノスでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートすることができます。感謝の気持ちを忘れずにこれからも成長していきます」などとコメント。

 さらに「幼い頃から応援に足を運んだ日産スタジアムのピッチに1日でも早く立ち、魂を込めたプレーで横浜F・マリノスの勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。熱い応援よろしくお願いします!」と誓った。

 横浜ユース出身の諏訪間は、この春から筑波大の3年生になる。186センチ、85キロの巨漢を誇るセンターバック。昨年はU-20日本代表にも選出されるなど、将来を嘱望されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/def13044b6b2286e42d7861b72fbd379eb0a5e6f

【横浜Fマリノス、プロレスラー諏訪魔の息子、諏訪間幸成の26年加入内定「魂を込めたプレーで貢献する」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/05(火) 10:27:37.61 ID:0xXabsGI9
 日本代表の10番・中村俊輔の引退試合「SHUNSUKE NAKAMURA FAREWELL MATCH」が行われたのは、昨年12月17日。小野伸二や遠藤保仁、高原直泰ら多くの仲間が出場した。メンバーは豪華そのもので、このほかにも川口能活や田中マルクス闘莉王、城彰二、久保竜彦がピッチに立った。

 その中でひときわ目立ったのが、中田英寿氏。参加メンバーには入っていなかったが、当日にサプライズで登場したのだ。ジーコジャパンで中村と小野伸二、稲本潤一とともに「黄金のカルテット」を担った。試合に出ればそれが復活することになったのだが、会場には駆けつけたものの、ピッチに立つことはなかった。

 その理由を元日本代表の城彰二氏が、自身のYouTubeチャンネルで明らかにした。2月27日に配信された動画で、

「彼は自分のイメージがあるから。プレーがみんなのイメージにそぐわないからやらない。いい時の自分のままでいたい。それはそれでプロフェッショナルだよ」

 中田氏は現役時代のようなプレーができないので、ピッチに立たなかったのだという。とはいえ、城氏も中田氏のプレーが見たかったそうで、

「俊輔の引退試合だからなんとか少しでも出たら、と言ったんだけどね。でもやっぱり出なかったね。やってくれたらね」

 現役時代の中田氏はFWの選手を走らせるスルーパスを得意としたため、チャンネルスタッフから中田氏のスルーパスで走らされたら面白かったと言われた城氏は、

「本当にそれだけは勘弁。マジで(笑)。でも相手チームだったから問題なかったんだけど」

 中田氏はそんなシーンでスタジアムが盛り上がるのは引退試合にそぐわないと判断して、出場しなかったのかもしれない。

https://www.asagei.com/excerpt/301495

【中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白】の続きを読む

このページのトップヘ