SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

海外サッカー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/28(水) 10:19:48.38 ID:CAP_USER9
 UEFAネーションズリーグ第6節が27日に各地で行われた。

 リーグA・グループ2では、首位のポルトガル代表(勝ち点10)と2位スペイン代表(同8)が直接対決。前半をスコアレスで折り返すと、後半も得点が生まれずに試合が進んだが、終了間際の後半43分にFWアルバロ・モラタが決勝点を奪い、スペインが1-0の完封勝利。最終節で勝ち点2差を逆転したスペインが、ベスト4進出を果たした。

 3位のスイス代表(同6)と4位チェコ代表(同4)は直接対決で残留を争った。前半29分にMFレモ・フロイラーの得点で先制したスイスが、直後の同30分にFWブレール・エンボロが加点。チェコの反撃を前半45分のFWパトリック・シックの1点に抑えて逃げ切り、2-1の勝利を収めた。敗れたチェコのリーグB降格が決まった。

 リーグBでは、ウクライナ代表との天王山をドローで終えて首位を守ったスコットランド代表、ノルウェー代表との直接対決を制したセルビア代表がリーグA昇格を決めている。

 以下、試合結果

【リーグA】
[グループ2]
ポルトガル 0-1 スペイン
スイス 2-1 チェコ

【リーグB】
[グループ1]
アイルランド 3-2 アルメニア
ウクライナ 0-0 スコットランド

[グループ2]
アルバニア 1-1 アイスランド
ロシア 中止 イスラエル

[グループ4]
ノルウェー 0-2 セルビア
スウェーデン 1-1 スロベニア

【リーグC】
[グループ2]
ギリシャ 3-1 北アイルランド
コソボ 5-1 キプロス

https://news.yahoo.co.jp/articles/93f178c9934ed854fc28dcc36f44662b26d7a707

【UEFAネーションズリーグ・第6節 スペイン、逆転で4強入り!! モラタの劇的決勝弾でポルトガル撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 10:14:39.29 ID:CAP_USER9
 UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA・グループ3第6節が26日に行われ、前節ハンガリー代表に敗れた3位のドイツ代表と、4位でリーグB降格がすでに決まっているイングランド代表が対戦した。

 ホームのイングランド代表は3-4-3のシステムを採用。中盤にはデクラン・ライスとジュード・ベリンガム、前線にはハリー・ケイン、ラヒーム・スターリング、フィル・フォーデンが並んだ。一方のドイツは、2列目にレロイ・サネ、ジャマル・ムシアラ、ヨナス・ホフマンが並ぶ4-2-3-1を採用。最前線にはティモ・ヴェルナーではなく、カイ・ハフェルツが先発起用された。

 試合は今大会5戦未勝利のイングランドに対し、ドイツがポゼッションを握る展開。自陣からカウンターを狙うイングランドは25分、スルーパスに抜け出したスターリングが決定機を迎えるも、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれ得点とはならない。続いてケインが放ったボレーシュートもわずかに枠を捉えられず。前半は両チームスコアレスのまま終了する。

 ボールを保持しながら攻めあぐねたドイツは、後半開始から前線にヴェルナーを投入。すると50分、ハリー・マグワイアのパスをカットしたムシアラが自ら仕掛けると、エリア内でマグワイアに倒されてPKを獲得。これをイルカイ・ギュンドアンが決めて先制する。さらに67分には、前線に上がったマグワイアがボールを失うと、ドイツがカウンターを発動。ヴェルナーのパスを受けたハフェルツが狙い澄まして放ったシュートは、ポストを叩いてゴールに吸い込まれ、ドイツに追加点が生まれた。

 それでも、2点のビハインドとなったイングランドはここから反撃。72分、カイル・ウォーカーのクロスを最後はルーク・ショーが押し込んで1点を返すと、75分にはブカヨ・サカのドリブル突破から、メイソン・マウントが右足でシュートを突き刺し一気に試合を振り出しに。さらに直後には、エリア内でベリンガムがファールを受け、VARの末PKの判定に。これを83分にケインがきっちりと決め、12分間での3発で試合をひっくり返した。

 だが試合はまだ終わらない。87分、ドイツはセルジュ・ニャブリがミドルシュートを放つと、バウンドしたボールをGKニック・ポープがキャッチしきれず。これをハフェルツが押し込み、ドイツが土壇場で同点に追いついた。

 試合はこのまま終了。激しい点の取り合いとなった一戦は、ドローで決着することとなった。

【スコア】
イングランド代表 3-3 ドイツ代表

【得点者】
0-1 53分 イルカイ・ギュンドアン(PK/ドイツ代表)
0-2 67分 カイ・ハフェルツ(ドイツ代表)
1-2 72分 ルーク・ショー(イングランド代表)
2-2 75分 メイソン・マウント(イングランド代表)
3-2 83分 ハリー・ケイン(PK/イングランド代表)
3-3 87分 カイ・ハフェルツ(ドイツ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/19c4f98df6e51b18bac890739b2e4bc717fa8769

【UEFAネーションズリーグ・第6節 イングランドとドイツの激しい乱打戦はドロー決着…イングランドは6戦未勝利で降格】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 12:30:37.27 ID:CAP_USER9
UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA・グループ1第6節が25日に行われ、2位のデンマーク代表と、前節最下位を脱出した3位のフランス代表が対戦した。

 前節ようやく今大会初勝利をあげて3位に浮上したフランスは、負傷者が続出するなか、キリアン・エンバペ、アントワーヌ・グリーズマン、オリヴィエ・ジルーらが先発。一方、逆転での首位通過を狙うデンマーク代表も、クリスティアン・エリクセンやアンドレアス・クリステンセンら主力選手が揃ってスタメン入りした。

 試合は序盤、リーグB降格の可能性も残るフランスがボールを支配するも、デンマークは手堅い守備から徐々にペースを掴む。そのデンマークは34分、エリクセンが中央から左サイドへ展開すると、ミッケル・ダムスゴーがクロスをあげる。これをゴール前のキャスパー・ドルベリが右足で合わせてデンマークが先制に成功。さらにチャンスが続くデンマークは39分、CKのこぼれ球を最後はスコフ・オルセンが左足のボレーで決め、前半でリードを2点に広げる。
 
 反撃したいフランスは67分、グリーズマンのスルーパスにエンバペが抜けて一対一を迎えるも、この決定機にはGKキャスパー・シュマイケルがビッグセーブで立ちはだかる。その後もエンバペ、グリーズマンが立て続けにシュートを打つも、ゴールネットを揺らすことはできず。終盤にかけては、ホームの後押しを受けてインテンシティーを維持したデンマークに苦戦を強いられ、ゴールに迫ることができない。

 試合はこのまま終了。スコア、内容ともにデンマークに完敗する形となったフランスは、1勝2分3敗でグループステージを終えることに。最下位のオーストリア代表の結果によりリーグB降格は免れたものの、ワールドカップ本大会でも対戦する相手に敗れ、大きな不安を残すこととなった。

【スコア】
デンマーク代表 2-0 フランス代表

【得点者】
1-0 34分 キャスパー・ドルベリ(デンマーク代表)
2-0 39分 スコフ・オルセン(デンマーク代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a329197371dc42596fb05744dd1c5d66cf01b04

【UEFAネーションズリーグ・第6節 フランス、攻撃陣が沈黙しデンマークに完敗…降格は免れるもW杯に不安】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 23:31:06.67 ID:CAP_USER9
 日本代表は9月27日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行なわれたキリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦。スコアレスドローに終わった

 2-0で快勝した23日のアメリカ戦から先発11人を全員入れ替えて臨んだ森保ジャパンは、前半から敵の素早いプレッシャーと球際の強さに手を焼き、序盤はなかなかチャンスを作り出せない。

 40分には古橋亨梧が決定的なシュートを放つも、相手GKの好守に阻まれる。後半に入って70分には途中出場の上田綺世がヘッド、74分には堂安律が得意の左足で狙うも決めきれなかった。

 一方のエクアドルも再三チャンスを作り出しながらも、シュートの精度を欠く、82分にはPKを獲得するも、エネル・バレンシアがシュミット・ダニエルにセーブされた。
 
 3日前のサウジアラビア戦に続いてスコアレスドローに終わり、エクアドルのファンは決定力不足に落胆。同国サッカー連盟の公式SNSには、次のような声が寄せられている。

「最も重要なものを得られない」
「なんてこった」
「PKすら入らない、終わっている」
「まともなフォワードがいないのか!」
「どうやったら決まるんだ」
「なんて惨めな」

 絶好機があっただけに、勝利を逃したと考えるサポーターが少なくないようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eff7e1c81c0f3e8d0e1dca053120cde7bf535ae5

【「PKすら入らない、終わってる」森保ジャパンから無得点…決定力不足のエクアドル代表に母国ファンは怒り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 09:49:48.42 ID:CAP_USER9
スペイン代表は24日にUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ2第5節、ホームでのスイス戦に臨み、1-2で敗れた。

【スタメン・試合詳細】スペイン対スイス

この試合の舞台はレアル・サラゴサの本拠地ラ・ロマレダ。サラゴサはスペイン5番目の大都市のクラブとしては落ちぶれた状況が続いているが、ラ・ロマレダの観客は2003年以来18年ぶりにやって来たスペイン代表を凄まじい熱狂で迎えている。

ルイス・エンリケ監督はGKウナイ・シモン、DFアスピリクエタ、エリック・ガルシア、パウ・トーレス、ジョルディ・アルバ、MFガビ、ブスケツ、ペドリ、FWフェラン・トーレス、アセンシオ、サラビアをスタメンとして起用。中盤の3人を中心として、バルセロナの選手が6人と過半数を占めている。

スペインはバルセロナよろしく、ボールを保持してスイス陣地で試合を進めていく。が、パスは回してもアタッキングサードでの効果的なプレーと連係を描き続けた。すると21分、スイスにこの試合初のCKを与えて、そこから失点。クロスからアカンジがアスピリクエタに先んじた動きでヘディングシュートを放ち、ネットを揺らしている。スペインはその後もボールこそ保持するものの、攻撃の仕上げの部分で創造性と精度を欠き続け、結局シュートを打たぬまま前半を終えている。

同じメンバーで後半をスタートさせたスペインは55分、ラ・ロマレダに歓喜をもたらす同点弾を決めた。アセンシオが馬力と技術あるドリブルでペナルティーエリア手前右で突き進み、スイス守備陣を引きつけながらエリア内左に侵入するJ・アルバにスルーパス。バルセロナDFは左足のシュートでGKゾマーを破った。

だがスペインと観衆の喜びも束の間、スイスは59分に再びCKからリードを奪った。ニアサイドのアカンジがクロスに足で触れて中央に流すと、そこに位置していたエンボロが枠内に押し込んだ。L・エンリケ監督は64分に交代カードを切り、アセンシオ、サラビア、フェラン・トーレスとの交代でニコ・ウィリアムス、ボルハ・イグレシアス、ジェレミ・ピノを投入。N・ウィリアムスとB・イグレシアスは代表デビューとなり、2017-18シーズンにサラゴサでプレーして23ゴールを決めたB・イグレシアスは大喝采を浴びている。

70分にはペドリをマルコス・ジョレンテに代えて縦の速さも意識したスペインは、ボールを保持しながらゴールチャンスをうかがい続けるが、相変わらずスイスの堅守に苦戦。L・エンリケ監督は終盤、サイドバックのアスピリクエタを中盤のカルロス・ソレールと交代して、より攻撃的な姿勢を示したものの、ソレールのシュートがゾマーに防がれるなど結局2点目を決められず終了のホイッスルを迎えている。

スペインのシュート数8本、枠内シュート4本は守備とトランジションをプレーの主軸としたスイスとまったく同じ数字。ポゼッション率では75%と圧倒しながらも、それをゴールチャンスにつなげることができず、これまでの弱点を再び露呈してしまった格好だ。……ちなみにスペインが2003年にラ・ロマレダを訪れた際には、ギリシャに敗れてEURO2004出場プレーオフを戦うことを強いられた。今回はスイスとのホーム戦で史上初めて黒星を喫し、サラゴサ本拠地では良い思い出をつくることができずにいる。

なおリーグA・グループ2のもう1試合、チェコ対ポルトガルはポルトガルが勝利。この結果、同グループの順位は首位ポルトガル(勝ち点10)、2位スペイン(勝ち点8)、3位スイス(勝ち点6)、4位チェコ(勝ち点4)となった。スペインとポルトガルは27日、首位の座と決勝トーナメント進出をかけて直接対決に臨む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb22433ce3c0a61f2256776afbd8b6e5975c7d50

【UEFAネーションズリーグ スペインがスイスに1-2敗戦、75%以上のポゼッション率も効果的プレー少なく…CKから2発を決められる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/22(木) 18:03:22.40 ID:CAP_USER9
カタール・ワールドカップ(W杯)を前に、モロッコ代表の監督を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏(69)が、監督キャリアを終える可能性があることを明かした。フランス『RMC Sport』が伝えた。

かつては日本代表も率いていたハリルホジッチ監督。モロッコ代表を率い、カタールW杯の出場権を獲得していたが、モロッコサッカー協会(FRMF)は8月11日、本大会まで3カ月のタイミングで退任を発表した。

FRMFは「カタールW杯に向けた最終段階の調整に関して見解の相違があったため、ハリルホジッチ氏と友好的に別れることに合意した」と発表していたが、背景は大きく異なる。

2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任し、2022年のカタールW杯出場に導いたハリルホジッチ監督。しかし、数カ月前からチェルシーのMFハキム・ツィエクやバイエルンのDFヌサイル・マズラウィら一部選手との確執により、チームの主力となりうる実力者を除外するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まっていた。

監督としてはヴェレジュ・モスタルやボーヴェ・オワーズ、ラジャ・カサブランカ、リール、スタッド・レンヌ、パリ・サンジェルマン(PSG)、トラブゾンスポル、アル・イテハド、ディナモ・ザグレブ、ナントなどのクラブチームの他、コートジボワール代表、アルジェリア代表、日本代表、そしてモロッコ代表と4カ国の代表チームを指揮した。

その4カ国ではいずれもW杯本大会に導く手腕を見せていたが、2018年の日本代表でも大会直前の親善試合で結果が出なかったことから解任され、西野朗監督が本大会では指揮。また、2010年のコートジボワールでもW杯前のアフリカ・ネーションズカップで結果が出ずに解任されていた。

史上初の4カ国で4大会連続の本大会出場を決める偉業を成し遂げながら、2大会連続、通算3回目の大会直前での解任の憂き目に遭ったハリルホジッチ氏。モロッコ代表の監督を退任した際の心境を語った。

「この決断は私にとって少し辛いものだった。むしろ、変な形でキャリを終えようとさえ思っている」

「それが人生だ。浮き沈みは激しいが、ちょっとやりすぎだ。サッカーにありがとうと言いたい」

選手の起用をめぐる問題などがありながらも、その手腕は高く評価され、モロッコ代表の監督を退任した後も「多くのオファーを受けた」とのこと。ただ、「どのオファーも受け入れない」と語り、実質的に監督業から引退することを決めたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/47f4296f7fbf680fc356467f7c74ff11a4d26161

【「サッカーにありがとうと言いたい」ハリルホジッチ氏、4カ国で4大会連続のW杯出場権獲得も3度目の直前解任で引退を示唆】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/24(土) 10:54:24.80 ID:CAP_USER9
UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3第5節、ドイツ代表vsハンガリー代表が23日に行われ、アウェイのハンガリーが0-1で勝利した。

【写真】ファンから大好評のドイツ代表W杯ユニフォーム

ここまで1勝3分けの無敗で2位に位置するドイツは、勝ち点1差で首位に立つハンガリーをホームで迎え撃った首位攻防戦で首位浮上を狙った。フリック監督は、新型コロナウイルス感染で離脱の守護神ノイアーやゴレツカを除き現状のベストメンバーを起用。GKにテア・シュテーゲンが入ったほか、前線はヴェルナーの1トップに2列目はニャブリ、ミュラー、サネとバイエルン勢が並んだ。

立ち上がりからボールを握るドイツだが、[5-4-1]の堅固なブロックを敷くアウェイチームに対して、アタッキングサードでのプレーに苦戦。決定機はおろかフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。

これに対して手数は多くないものの、要所で良いボール奪取からカウンターに持ち込むハンガリーはワンチャンスを生かし切る。17分、左CKの場面でキッカーのショボスライが低くて速いボールを入れると、ニアにタイミング良く入ってきたアダム・サライが右足ヒールを使ってコースを変える技ありのシュートをファーポストに流し込んだ。

ホームで先制を許したドイツはすぐさま反撃を開始。27分にはサネがエリア外から左足を振ってようやくファーストシュートを放つが、以降も個での打開、コンビネーションのいずれも機能しない。さらに、不用意なロストからホフマン、ラウムと攻撃的なサイドバックの背後を突かれると、そこからガズダクらに際どい場面を作られる。

前半の内に何とか攻撃の糸口を掴みたいホームチームは終盤にかけて攻勢を強めるが、39分にラウムの左クロスに反応したミュラーのヘディングシュートはGKグラーチの正面を突いた。

低調な45分を経て逆転を期して後半に臨んだドイツは、ニャブリを下げてケーラーを投入。この交代で[3-4-2-1]に並びを変更し、ホフマンとラウムがより適性のあるウイングバックにポジションを変えた。

すると、立ち上がりの51分にはギュンドアンの浮き球パスに完璧なタイミングで抜け出したサネが胸トラップからボックス左でニア下を狙ったシュート。だが、これはGKグラーチの足を使った見事なセーブに遭う。続く53分にはホフマンの裏抜けからのマイナスの落としに反応したミュラーがダイレクトシュートでゴールネットを揺らすが、これはホフマンの抜け出しのタイミングでのオフサイドとなった。

後半は完全に相手を押し込んでよりゴールの匂いをさせるドイツだが、ハンガリーの堅守をなかなかこじ開けられない。69分には存在感を欠いたヴェルナーに代えてハヴァーツ、ギュンドアンに代えてより攻撃的なミュージアラを投入する。

後半終盤にかけてはリスクを冒して攻めるドイツが相手陣内でハーフコートゲームを展開する。だが、決定機まであと一歩という状況が続く中、ハンガリーがマルティン・アダム、クラインハイスラーと途中出場の選手の仕掛けでよりゴールへ迫る。だが、ここはGKテア・シュテーゲンが2度のビッグセーブで逆転勝利の可能性を残す。

チームとしてはその守備陣の奮闘にゴールで応えたいところだが、試合終盤のキミッヒの決定的なシュートが枠の左に外れるなど、最後までゴールをこじ開けることはできなかった。

この結果、フリック体制14戦目にして初黒星のドイツは、イングランドとの最終節を残して2位以下が確定し、準決勝進出を逃した。一方、敵地で会心の勝利を手にしたハンガリーは首位をキープして26日の2位イタリアとの4強を懸けた大一番に臨むことになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad0eb4f21c8667620568c9788097d91d53078379

【UFFAネーションズリーグ 新体制初黒星のドイツが敗退…ハンガリーが敵地での会心勝利で首位キープ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/24(土) 10:56:14.51 ID:CAP_USER9
 2カ月後に開幕する『FIFAワールドカップカタール2022』で日本代表と同組に入ったコスタリカ代表が23日、韓国で同国代表と対戦した。

試合は、立ち上がりからホームの韓国が押し気味に試合を進めるが、コスタリカも守備陣が粘り強い対応を見せて応戦。しかし28分、韓国が右サイドでの組み立てからユン・ジョンギュのパスをゴール正面ボックス手前で受けたファン・ヒチャンが左足でゴール右隅に決めて韓国が先手を奪った。

 対するコスタリカは、ヘルソン・トーレスのシュート性のボールにアントニー・コントレラスが頭で合わせるも、これはオフサイド。その後、韓国の猛攻を凌ぐと41分、右サイドから左足でゴールに向かうクロスが入ると、韓国DF陣がクリアしきれずファーサイドに流れたボールをジェウィソン・ベネットが押し込んだ。

 さらに迎えた後半、新顔のアルバロ・サモラらを投入したコスタリカが63分に勝ち越し点を奪う。中盤でボールを奪ったジョエル・キャンベルがそのまま持ち上がって左に展開。サモラの浮き球をコントレラスが頭で狙うが、これはGKに阻まれてしまう。しかし、ゴール前にこぼれたボールをベネットが再び押し込み、リードを奪った。

 その後、ホームの韓国が必死の反撃を見せると、80分にボックス外で手を使ってしまったコスタリカのGKエステバン・アルバラドが退場処分となり、そのプレーで得たFKをソン・フンミンが直接沈め、スコアは2-2に。結局、試合はそのまま終了となり、韓国の猛攻を凌ぎつつ、要所でゴールを奪ったコスタリカが敵地で引き分けた。

【スコア】
韓国代表 2-2 コスタリカ代表

【得点者】
1-0 28分 ファン・ヒチャン(韓国)
1-1 41分 ジェウィソン・ベネット(コスタリカ)
1-2 63分 ジェウィソン・ベネット(コスタリカ)
2-2 85分 ソン・フンミン(韓国)


https://news.yahoo.co.jp/articles/4367378dc47fbe9e2d86fa92ae9a21739d69d1b5

【日本と同組のコスタリカが韓国相手に敵地でドロー】の続きを読む

このページのトップヘ