SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

格闘技

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 00:01:56.78 ID:CAP_USER9
 人気ユーチューバーのシバター(36)がボクシング世界王者の3人に昨年末の久保優太戦に「喝!」を入れられたことに反論した。

 シバターに喝を入れたのは元WBA世界ライトフライ級王者の渡嘉敷勝男氏、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏、元WBA世界スーパーフェザー級、ライト級の2階級王者の畑山隆則氏。3人は23日に配信したユーチューブチャンネル「元世界王者3人ぶっちゃけチャンネル」で23日に動画を配信し、久保戦のいきさつに厳しい意見をぶつけていた。

 これにシバターが反応。24日にタイトル「ボクシングの元チャンピオン達に色々言われた件」で動画を配信。「まず言い返したいのは『台本』の件。本当の台本野郎は竹原と畑山、この2人だと思うんですよね。若い人は知らないと思うんですけど『ガチンコファイトクラブ』。今でいうボクシングのリアリティーショーですけど、これね台本あったんですよ」と過去に2人が出演していた大人気番組を引き合いに出す。

「お前らがリアリティーショーの信頼性を落としているんですよ。元をたどれば『ガチンコファイトクラブ』ですよ。台本通りにやったのは誰だ?」と次々とシバターは畳みかける。その後も渡嘉敷氏にかみつくなど、炎上系ユーチューバーぶりを発揮した。

 さらには「僕はネタを提供している側です。お礼言ってもらえますか?」とニヤリ。その上で「(MMAは)殺し合いなんだよ。スポーツマンシップとか自分を飾ってもさ、殺されるんだよ。やらなきゃやられるんだよ」と自己弁護を続けた。

 最後は「それでも言いたいことがあるんだったら、拳でやろうか?」と大挑発。果たして、シバター対世界チャンプ3人の戦いは勃発するのか?

東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f7bec26204d38db898e8497f6764bcd9c5d4035
【ボクシング】竹原慎二、畑山隆則がシバター批判「格闘技の信頼失われる」「自分さえおいしければいい」 [爆笑ゴリラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1642992591/

【【RIZIN八百長騒動】シバター、「喝!」を入れた竹原氏・畑山氏に反論「ガチンコファイトクラブは?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/24(月) 11:49:51.78 ID:CAP_USER9
1/24(月) 10:39
東スポWeb

竹原慎二、畑山隆則がシバター批判「格闘技の信頼失われる」「自分さえおいしければいい」
左から渡嘉敷勝男氏、畑山隆則氏、竹原慎二氏(東スポWeb)
 元WBA世界ライトフライ級王者の渡嘉敷勝男氏(61)、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏(49)、元WBA世界スーパーフェザー級、ライト級の2階級王者の畑山隆則氏(46)が昨年末の総合格闘技イベント「RIZIN.33」での「シバター対久保優太」戦のてん末について「喝!」を入れた。

 3人はユーチューブチャンネル「元世界王者3人ぶっちゃけチャンネル」で23日に動画を配信。その中でシバター対久保戦にそれぞれが意見を述べた。

 開口一番、厳しかったのは畑山氏だった。シバターには「まあ、何にしてもこういう半端格闘家みたいな子が、こういう格闘技に水を差すことをしているわけじゃないですか」と切り出す。シバターは「勝利への執念」を強調していたが、畑山氏は「どんな事しても勝つというのは分かるけどさあ…」と言いながらも、シバターのとった戦術には「格闘技の信頼が失われる」と苦言を呈した。

 一方、シバターと動画でスパーリングしたことのある竹原氏は「シバターは自分さえ良ければどうでもいいんでしょ」「結局、自分さえおいしければいい」とそのキャラクターを熟知しているコメント。それでも「プロレスとかやっていて弱くないんです。パワーもあるし。普通にやれば面白い試合できるんだから。そこまでしてやる必要はあるの?」と意見する。

 久保に対しても3人の意見は「ダメだね」と一致。渡嘉敷氏は「シバターって選手はあれだなあ、営業だったら凄い実力出すだろうなぁ」としっかり笑わせるも「実戦でやってるのはまずいな」。
 最後は3人で「喝!」と意見が一致した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-03947501-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1428ff5405fe068716039878dffbaf34231565e1

【喝!竹原慎二、畑山隆則がシバター批判「格闘技の信頼失われる」「自分さえおいしければいい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 14:19:51.30 ID:CAP_USER9
1/26(水) 14:16
デイリースポーツ

熱海富士が十代で新十両 小錦、把瑠都に並ぶ8場所「自信に
なる」出世早く羽織り借り

 大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議が26日、行われ、熱海富士(19)=伊勢ケ浜=と島津海(25)=放駒=が新十両に昇進した。熱海富士は十代での関取昇進は昨年秋場所の北青鵬(宮城野)以来。初土俵から所要8場所での新十両は年6場所制となった1958年以降初土俵で小錦、把瑠都らに並ぶ7位のスピードとなった(幕下付け出しを除く)。

 2020年九州場所で初土俵。入門間もないため、私有の着物は1着のみ。羽織りは持っておらず着物とセットで兄弟子から借りた。両国国技館でリモート会見し、「ようやく十両に昇進できた実感が出てきた」と、笑みを浮かべた。

 静岡県熱海市出身。身長185センチ、体重160キロ超の恵まれた体。大器は右四つを武器に入門からすべて勝ち越し。西幕下筆頭の先場所、3勝3敗から、最後は物言いの付く際どい勝負を勝ち切り、スピード関取を決めて見せた。

 「大相撲に入った時、20歳までに関取というのはあった。達成できてうれしい。(周りから)『上がる』と言われたけど不安だった」と安どした。並んだ小錦、把瑠都の名前を聞くと「大関まで上がった方。自信になる。自分も十両で満足せずそこを目指して頑張りたい」と意気込んだ。

 故郷は昨年、大規模土石流が発生。復興の進む熱海に明るい話題を届けた。「地元が大変な時に自分が頑張っていいニュースを届けられるようにと思ってやってきた。自分が勝っている時は熱海は盛り上がって、負けても『みんなが応援している』と言ってくれる」と声援を力に熱海出身初の関取をつかんだ。

 兄弟子の横綱照ノ富士を始め、部屋の関取衆らの存在が大きい。猛稽古で知られる伊勢ケ浜部屋では多い時で1日80番は取る。兄弟子や、親方衆がいつもアドバイスをくれる。

 「『自分自信を持て』『自分の相撲を取れば大丈夫』と横綱や安治川親方(元関脇安美錦)は言ってくれる。横綱は(同じ右四つで)自分の目標。尊敬することばかり。横綱の稽古を間近で見られて恵まれている」と、うなずいた。

 新十両場所へ「十両優勝を狙いたい」とキッパリ。目標は大きく「やっぱり横綱になりたい」と誓った。

 癒やし系の笑顔で“熱海富士スマイル”でも話題になる。「応援してくれる人がたくさんいてうれしい。そういう人たちのために相撲を取っていきたい」と、番付も人気もどんどん上昇させる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220126-00000073-dal-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/4040174f4684ec3ba2e06c567a55b57226e99f7b

【熱海富士が十代で新十両 小錦、把瑠都に並ぶ8場所「自信になる」出世早く羽織り借り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 12:10:52.75 ID:CAP_USER9
大相撲で大関昇進を果たした御嶽海(29=出羽海)の母マルガリータさん(51)も、息子の晴れ舞台で喜びを語った。

【写真】大関昇進の伝達を受け、口上を述べる御嶽海

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で大相撲春場所の番付編成会議と臨時理事会を開催し、初場所で3度目の優勝を果たした関脇御嶽海の大関昇進を全会一致で承認。東京・墨田区の出羽海部屋で昇進伝達式に臨んだ御嶽海は「ここからがスタートライン。気を引き締めてやっていきたい」と意気込みを語った。

会見に同席した両親とは、コロナ禍の影響もあり2年ぶりに再会したという。父春男さんは「本当にうれしく思っています。親方をはじめおかみさん、部屋の親方衆、大きな出羽海部屋の皆さんに大きく育ててもらった」と感謝した。

フィリピン出身のマルガリータさんは、初場所千秋楽の23日には優勝した瞬間を会場で見届けた。この日の会見では「すごくうれしいと思います。いつも愛しているよと言っているので。頑張ってください。いつもケガしないように祈ってます」と話した。

御嶽海は伝達式で協会から送られた使者の春日野親方(元関脇栃乃和歌)、大鳴戸親方(元大関出島)から昇進が全会一致で決まったことを伝えられると「謹んでお受けいたします。大関の地位を汚さぬよう、感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道にまい進してまいります」と口上を述べた。

長野県出身の大関誕生は江戸時代の1795年、「伝説の力士」とされた雷電以来。御嶽海は初場所で13勝2敗の成績を残した。

日刊スポーツ 1/26(水) 11:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/046fcdfa50f5fd28f7b1e176892c6d0ce3179943

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220126-31260221-nksports-000-7-view.jpg?pri=l&w=547&h=640&exp=10800

【「うれしい。いつも愛してる」御嶽海の母マルガリータさん、息子の大関昇進に感激!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 09:09:44.49 ID:CAP_USER9
大相撲 御嶽海の大関昇進決まる | 大相撲 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220126/k10013450151000.html

2022年1月26日 9時07分

日本相撲協会は26日、臨時の理事会を開き、初場所で3回目の優勝を果たした御嶽海の大関昇進を決めました。

新大関は、おととしの秋場所後に昇進した正代以来となります。

【御嶽海の大関昇進決まる!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 06:00:52.64 ID:CAP_USER9
1/25(火) 5:15配信
東スポWeb

優勝から一夜明け、喜びを語った御嶽海(東スポWeb)

〝朝青龍化〟するな――。大相撲初場所で3度目の優勝を飾り、大関昇進を確実にした関脇御嶽海(29=出羽海)に異例の注文が付けられた。悲願だった看板力士の称号を手中に収める一方で、この先は今までとは比較にならないほど大きな重責を担うことになる。そんな中、恩師は勝利至上主義の荒々しい相撲に走らず、これまで通りの「まごころ相撲」を貫くことを熱望。いったい、どういうことなのか。

 御嶽海は初場所千秋楽から一夜明けた24日の会見で「(大関は)意識しないようにしていたが、ちらついていたのは正直ある」と場所中の心境を明かした。その上で自身の目指していく大関像について「近寄りがたい大関と言われたいけど、僕の性格上、無理。フランクな大関でいきたい」と語った。

 長らく大関候補と言われながら、何度も勝負弱さを露呈して足踏み。周囲からの厳しい意見にさらされることもあったが、ようやくの悲願達成となった。長野・木曽福島町立福島中(現木曽町立木曽町中)時代の恩師で長野県相撲連盟の理事長を務める安藤均氏は「周りの方からいろいろ言われて歯がゆい思いがあったはず。でも、周りの意見を参考にしつつ、自分で考えて判断して取り組んできたと思う。ようやくそれが着実な力となって、地力がついてきたのかな」と、自らの力で切り開いた姿を評価した。

 一方で、安藤氏は御嶽海にある教えを叩き込んできた。「相撲は一人では強くなれない。相手あってのもの。木曽の場合は地域の皆さんが協力して相撲ができる環境を整えてくれた。そういうことも含めて、相手あっての相撲だということを大事にしてほしいと常日ごろから言った」

 それは、今でも御嶽海の中に生きている。同氏は「彼はダメ押しをしない。相手が土俵を出た後も、落ちないようにすっと支える姿を見せる」と指摘。象徴的な場面として挙げたのは、新十両で臨んだ2015年7月場所だ。御嶽海は常幸龍(木瀬)との一番で張り手を何発も受けて流血し、最後は土俵下まで転がされた。

「その翌場所で常幸龍関と当たり、押し出しで勝ったんだけど、その時に相手が後ろ向きになった。普通ならダメ押しでどーんと、借りを返しても不思議ではない。でも、関取は相手をすっと支えた。うれしかったですね」(安藤氏)。プロの世界でも教えを守る姿に、感動を覚えたという。

 大関となれば、今まで以上に大きな重責を背負う。生き馬の目を抜く大相撲では、元横綱朝青龍のように「土俵の修羅」にならなければ、命取りになることさえある。しかし、安藤氏は「勝負の世界では甘いかもしれないが(今の)そういう姿は勝負を超えて喜ばしく思っている。プロなので結果がすべてと指摘をする人はいると思うが、そんな心も失わない関取であってほしい」と願いを込めた。

 これからも相手への思いやりを持った「まごころ大関」となることが、何よりの恩返しとなるはずだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-03949289-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/174574650fcd4be8be6bb1306944f4a8dc354162

【大関昇進・御嶽海 “朝青龍化” はするな! 恩師から「まごころ相撲」貫徹の願い】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/24(月) 21:48:28.44 ID:CAP_USER9
 2022年3月12日(土)東京竹芝・ニューピアホールにて開催される『skyticket Presents DEEP JEWELS 36~フライ級(56.7kg)GP 2022 1ST ROUND~』から開幕する「フライ級GP 2022」の出場8選手が決定した。

・中井りん(修斗道場四国)
・杉山しずか(リバーサルジム新宿 Me,We)
・ミッコ・ニルバーナ(AACC)
・栗山 葵(SMOKER GYM)
・藤田翔子(リバーサルジム新宿 Me,We)
・はなこ(パンクラス大阪稲垣組)
・Te-a (AACC)
・加賀谷花野(柔術&MMA アカデミーG-face)

 注目は中井りんと杉山しずかの参戦だ。両者は2018年7月の『RIZIN.11』での対戦が組まれていたが、中井が連取中に熱中症となりドクターストップ。試合が実現しなかったという経緯がある。このトーナメントで勝ち上がり、決着戦を実現させることが出来るか。

 また、前回12月大会でデビューした女子レスリング界のエリートレスラー・澤葉菜子こと「はなこ」の参戦も決定。はなこは、レスリングの名門、愛知・至学館高出身で、2016年世界カデット選手権フリースタイル56kg級優勝、2018年世界ジュニア選手権57kg級優勝、2019年&2020年全日本選手権同級3位の実績を持つ。プロデビュー戦では柔道ベースでデビューから2連勝中の加賀谷花野に判定3-0で勝利している。

 トーナメントを制し、新設されるDEEP JEWELSフライ級(56.7kg 以下)のベルトを巻くのは誰か。トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会は後日行われる。

1/24(月) 19:36配信 ゴング格闘技
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c616f6f74d13679972fa2a5ac5307d311903d68
画像 中井りん(左)と杉山しずかがトーナメントに参戦
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-00010007-gkakutogi-000-1-view.jpg

【DEEP JEWELS 36 中井りんと杉山しずかの参戦が決定、新設フライ級のベルトを懸け8人トーナメント開催】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/24(月) 21:40:02.57 ID:CAP_USER9
1/24(月) 20:42配信
日刊スポーツ

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)の定例会合が、大相撲初場所千秋楽から一夜明けた24日、東京・両国国技館で開かれた。報道陣の代表取材に応じた矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は、新型コロナウイルスの感染防止ガイドラインに違反し、6場所連続休場処分となっている十両朝乃山(27=高砂)について、委員の意見として“処分解除”を具申する声があったことを明かした。

矢野委員長によれば、話題として朝乃山についての意見があり「どうしているんだろうと。6場所(の休場処分)は何とかならないのかな、という意見も出まして」とし「横審として意見があるわけではないんですけどね」と、あくまでも要請などではなく“雑談レベル”での話だったことを強調。それでも同委員長は「ファンの中に、そういう考えを持っている人もいて、その意見の代弁でもあると思う。彼に対する期待を表現できないのは惜しいのではないかと、そういう意見だと私は思います」と話し、処分を前倒しで解除する“恩赦”を求める声が一部のファンにあることを説いた。

正式な意見でなく、会議ではその後の進展はなし。会議後に芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、朝乃山の近況について「部屋付きの親方から毎日、稽古しているということだったが、すぐに(場所に)出るということではないので、目標がない中ではあるが、体は動かしているということ」と説明。当然ながら“恩赦”などはなく、矢野委員長も「次の有力な横綱候補が、あの出来事で処分を受けて、それは合理性も納得性もあったが、相撲を取れない状況で、どれだけ自分を律して稽古出来るかということ。本人は鍛錬を怠らずやっていると聞いている。休場明けに備えて心身を鍛えてほしい」と話した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-31240817-nksports-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3fc4016d32ec7e1a19604553f8b835925fbe89b

【朝乃山の6場所連続休場処分 横審会合で「なんとかならないかな」の意見も】の続きを読む

このページのトップヘ