SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

格闘技

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/25(月) 10:31:30.40 ID:CAP_USER9
 西前頭2枚目・逸ノ城(29=木瀬部屋)が初優勝を決めた24日放送のNHK総合「大相撲名古屋場所 千秋楽」(後5・00)の平均世帯視聴率(関東地区 ビデオリサーチ調べ)は14・1%だったことが25日、分かった。個人視聴率は7・7%だった。

 横綱・照ノ富士と優勝争いトップを並走していた逸ノ城は平幕・宇良を寄り切りで破り3敗を死守。その後結びの照ノ富士と大関・貴景勝の一番で照ノ富士が敗れたため、12勝3敗の逸ノ城が新入幕から47場所目で初優勝を決めた。

 逸ノ城は今場所、4日目に貴景勝、5日目には照ノ富士を破る金星を挙げ、6日目には御嶽海も破り無傷の6連勝。7日目に正代に敗れて連勝がストップしたが、13日目までに11勝2敗と安定した相撲を見せた。14日目は明生に寄り切りで破れ3敗目を喫し、ショックが大きかったのか取材に応じず引き揚げたが、自力で初優勝をつかめる状況で千秋楽に臨んでいた。

 逸ノ城は横綱と2大関を破ったことが評価され、3回目の殊勲賞受賞が決定していた。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/db4c1125b721b04510a56bef3795f8be60043b53

【逸ノ城が悲願のV「大相撲名古屋場所・千秋楽」14・1%の高視聴率】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 22:33:40.40 ID:CAP_USER9
2022/07/24 18:28

大相撲名古屋場所千秋楽(24日、ドルフィンズアリーナ)大関正代(30)が関脇若隆景(27)をはたき込み、10勝5敗で場所を終えた。
NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(80)=元横綱=は、「(正代は)必ず負け越すと思っていた。ちょっと合わせる顔がないな。解説者としての資格がない。謝っちゃおうかな」と苦笑い。
向正面解説の舞の海秀平氏(54)=元小結=に「舞の海、代表で言ってきてくれ。見る目がなかった俺たちは」と懇願していた。

https://www.sanspo.com/article/20220724-ELNFTARTUBHEZNZMA3LMXJYCEU/

【必ず負け越すと…北の富士氏「舞の海、代表で言ってきてくれ。見る目がなかった俺たちは」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 17:40:37.44 ID:CAP_USER9
◆大相撲 ▽名古屋場所千秋楽(24日・ドルフィンズアリーナ)

西前頭2枚目・逸ノ城(湊)が悲願の初優勝を飾った。平幕・宇良を寄り切りで下し、12勝目。
V争いで先頭を並走していた横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)が結びで、大関・貴景勝(常盤山)に敗れたため、優勝が決まった。
立ち合いで宇良を組み止めると、左上手。右ものぞき盤石。ジックリと攻め、最後は力強く寄り切って12勝目を挙げた。

上位総当たりの今場所は1横綱2大関撃破を含む役力士6連破で初日から無傷6連勝。
7日目から連敗を喫したが、9日目以降は5連勝と好調を維持。
14日目は平幕・明生に敗れ、照ノ富士と3敗で並び、千秋楽に臨んでいた。

賜杯を争った照ノ富士とは、2010年3月に同じ飛行機で来日した仲。
盟友に競り勝ち、新型コロナウイルスの影響で戦後最多となる関取23人が休場した大荒れの名古屋場所を制した。

◇逸ノ城 駿(いちのじょう・たかし)本名・三浦駿(帰化前はアルタンホヤグ・イチンノロブ)。
1993年4月7日、モンゴル・アルハンガイ県生まれ。29歳。
13歳でモンゴル相撲を始め、2010年、鳥取城北高に留学。
5個の個人タイトルを獲得し、卒業後は同校相撲部でコーチを務め、13年全日本実業団制覇。
14年初場所で幕下15枚目格付け出しで初土俵、夏に新十両、秋に新入幕。
192センチ、211キロ。得意は右四つ・寄り。家族は両親と妹、弟。

スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce3b42128c625e03b3d2791a3a1259401958cae8

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・千秋楽 逸ノ城が悲願の初優勝…12年前に同じ飛行機で来日した盟友・照ノ富士とのV争いを制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/23(土) 18:13:38.80 ID:CAP_USER9
「大相撲名古屋場所・13日目」(22日、ドルフィンズアリーナ)

横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)は大関正代(時津風)に敗れ、3敗目。正代にいなされ、前のめりに土俵外へ倒れた。
前頭二枚目逸ノ城(湊)が敗れ、3敗目。同十枚目明生(立浪)の攻め込まれ、一気に寄り切られた。
大関貴景勝(常磐山)は若隆景(荒汐)に敗れ、4敗目を喫した。
左の小手投げで土俵際まで追い込んだが、腕を外されて形勢逆転。
送り出されて4敗となったが、照ノ富士が敗れたため、優勝の可能性は千秋楽まで残った。

デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0353807855d4c6b5ff40c3340a04c01c2ac8bd7

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・14日目 優勝争いの3力士がそろって黒星 照ノ富士、逸ノ城は3敗 貴景勝4敗で千秋楽へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 15:58:49.09 ID:CAP_USER9
スポーツ報知2022年7月22日 13時32分
https://hochi.news/articles/20220722-OHT1T51084.html

◆大相撲 ▽名古屋場所13日目(22日・ドルフィンズアリーナ)

 日本相撲協会の新型コロナ感染対策ガイドライン違反による6場所出場停止処分明けで元大関の西三段目22枚目・朝乃山(高砂)は、同じく6戦全勝だった大青山(荒汐)を下し、三段目優勝を果たした。

 今場所2日目には2021年夏場所11日目以来418日ぶりに復帰した土俵で白星。以降も危なげない内容で順調に白星を積み重ねていた。

 原則的に外出禁止期間中だった昨年5月の夏場所前に接待を伴う飲食店通いが発覚。翌名古屋場所からの6場所出場停止となり、番付は降下した。幕下に陥落した今年春場所以降は、部屋では番付通りの生活。大関経験者ながら稽古場の土俵周りをほうきで掃き、食事の際には配膳も手伝った。

 これまでしこ名の下は、富山商時代の恩師・浦山英樹監督(故人)が由来の「英樹」を名乗っていたが、復帰の今場所からは、昨年8月に亡くなった父・石橋靖さんが名付けてくれた本名の「広暉」に改め、「朝乃山 広暉」として土俵に上がっていた。

 大関経験者が三段目以下に陥落して相撲を取るのは、昭和以降では照ノ富士(伊勢ケ浜)以来2人目となった。番付は他の力士の成績にも左右されるが、最短は今年九州場所で再十両、来年春場所で再入幕の見込み。再起に向け、まずは順調なスタートとなった。

【大相撲名古屋場所 元大関・朝乃山、全勝で三段目優勝を決める 6場所出場停止処分明け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 18:04:37.81 ID:CAP_USER9
◇大相撲名古屋場所13日目(2022年7月22日 ドルフィンズアリーナ)

大相撲名古屋場所は22日、13日目の取組が行われ、2場所連続優勝を狙う横綱・照ノ富士(30=伊勢ケ浜部屋)は関脇・若隆景を下し8連勝で首位タイをキープ。
同じ2敗の平幕・逸ノ城が不戦勝したため、優勝争いは千秋楽までもつれることになった。

今場所は新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大により休場力士が続出。前日には「両者不戦敗」まで発生した。
この日も芝田山、片男波、伊勢ノ海、追手風の4部屋から感染者が出てしまい関脇・大栄翔や8勝4敗の錦木と翔猿、関取最年長37歳の幕内・玉鷲などが休場することに。
中入り後の取組18番のうち、7番が不戦となる異例の事態となった。

興行への打撃が深刻さを増すなか、優勝争いは2敗で横綱・照ノ富士と平幕の逸ノ城がトップを並走。
逸ノ城は同じ平幕の錦木に不戦勝となり2敗をキープ。
照ノ富士は関脇・若隆景を下し8連勝。両者譲らず11勝2敗とした。

首位を1差で追う貴景勝は、前日にカド番を脱出した正代と激突。
押し出しで注目の大関対決を制し、10勝3敗で優勝争いに踏みとどまった。

スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7b8c21bb87673ed6df34de501893e4674bce01c

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・13日目 照ノ富士と逸ノ城がともに勝利し優勝争いは千秋楽決着へ 貴景勝も正代との大関対決制し逆転へ望み】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 23:19:51.82 ID:CAP_USER9
◆大相撲 ▽名古屋場所11日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 新たに佐渡ケ嶽、玉ノ井部屋の2部屋が新型コロナウイルス感染者が出たことにより休場した。
新型コロナ関連での休場は5日連続7部屋目で、番付上では、先場所後に引退した放駒部屋の元小結・松鳳山を除いて計125人に達した。

 11日目の20日に報道陣のリモート取材に応じた日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「困ったものですね。
残った者で頑張っていくしかない。濃厚接触者といのはね、こればっかりはどうにもならない。苦しいですよ。残念ですよ。どうすればいいのかね。頑張っていくしかない。厳しくやっているんですけどね。番数が減って、お客さんに申し訳ないですよ」と複雑な胸の内を明かした。

 場所中の新型コロナウイルス関連での休場は16日から連日発覚し、出羽海、鳴戸、放駒、武蔵川と続き、今回の佐渡ケ嶽&玉ノ井部屋を合わせて計6部屋。
場所前に全休が決まった田子ノ浦部屋を含め、新型コロナ関連の休場は計7部屋となった。

https://hochi.news/articles/20220720-OHT1T51191.html

【八角理事長「お客さんに申し訳ない」 感染拡大の名古屋場所 計125人休場 休場部屋7部屋】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/21(木) 18:10:45.92 ID:CAP_USER9
◇大相撲名古屋場所12日目(2022年7月21日 ドルフィンズアリーナ)

大相撲名古屋場所は21日、12日目の取組が行われ、2場所連続優勝を狙う横綱・照ノ富士(30=伊勢ケ浜部屋)は
大栄翔に対して下がらずに押し出して7連勝。10勝2敗で首位タイをキープ。
平幕・逸ノ城(29=湊部屋)も翔猿を押し出し2敗を守った。

大関・貴景勝(25=常盤山部屋)は3敗で並んでいた錦木を下し、優勝争いに残った。
翔猿、錦木、錦富士が敗れ4敗に後退。
大関・正代(30=時津風部屋)は碧山を押し出し、7連勝でカド番脱出を決めた。


スポニチアネックス
照ノ富士、逸ノ城が10勝2敗でトップ 正代7連勝カド番脱出決めた
https://news.yahoo.co.jp/articles/292c1a70fa0da7d04dc07ecc4dec1ef944711f1c

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・12日目 照ノ富士、逸ノ城が10勝2敗でトップ 正代7連勝カド番脱出 3敗で貴景勝が続く】の続きを読む

このページのトップヘ