SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウィンタースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 05:58:46.63 ID:CAP_USER9
11/22(月) 5:15配信
東スポWeb

GP連勝を果たした鍵山(ロイター)

 ついに新時代到来か。フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦フランス杯(グルノーブル)はシニア2年目の鍵山優真(18=オリエンタルバイオ・星槎)が制し、第3戦イタリア大会に続く連勝。GPシリーズ連続Vは五輪2連覇の羽生結弦(ANA)以来となり、GPファイナル(12月9日開幕、大阪)初出場を決めた。

 昨季シニアデビューし、今年3月の世界選手権で初出場ながら銀メダルを獲得。絶対王者の羽生、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)を上回る成績で世界に衝撃を与えたが、今大会ではフィギュア界の新陳代謝をさらに加速させる出来事があった。同級生の佐藤駿(フジ・コーポレーション)がフリーで大躍進し、ショートプログラム(SP)4位から一気に2位。世界の舞台で羽生、宇野以外の日本人2人がワンツーを決めたのだ。

 日本スケート連盟フィギュア委員長で北京五輪の日本選手団団長を務める伊東秀仁氏はかつて「誰もが世界王者になれる状況こそ、われわれがずっと目指してきた。一人のスターだけ注目されるようでは衰退する」と語っていた。そのビジョンが今まさに実現しようとしている。

 人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に取り組む羽生は別次元の挑戦を続け、宇野がその背中を追い、若きエース候補2人が切磋琢磨。さらに他種目では「アイスダンス」の〝かなだい〟村元哉中&高橋大輔(ともに関大KFSC)が目覚ましい進化を遂げ、NHK杯では「ペア」の〝りくりゅう〟三浦璃来&木原龍一(ともに木下グループ)が銅メダルでブレーク。数年前まで国内で全く注目されなかった2種目が脚光を浴び、フィギュア界の裾野は確実に広がっている。

 北京五輪最終選考会の全日本選手権(12月22日開幕、さいたまスーパーアリーナ)は話題の選手が集結。文字通りの〝オールスター戦〟となりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211122-03813362-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b4e613c3d5bd37ac0402d70ba3d555a99461e2b

【男子フィギュア新時代到来か!鍵山優真の大躍進でさらに陣容充実! 12月の全日本選手権は “オールスター戦” 状態】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/18(木) 05:28:26.18 ID:CAP_USER9
11/18(木) 5:15配信
東スポWeb

羽生結弦(東スポWeb)

 心配ご無用だ。フィギュアスケートの五輪2連覇・羽生結弦(26=ANA)がグランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア杯(26〜28日、ソチ)の欠場を発表。同第4戦のNHK杯に続く回避となったが、王者が見据える「夢」への影響はほとんどなさそうだ。

 現在、人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦中の羽生は、NHK杯開幕前の練習で転倒して負傷。「右足関節靱帯損傷」と診断された負傷箇所について「動きによっては痛みが出てしまいますが、日常生活では、痛みの影響がなくなってきました」とコメント。3連覇が懸かる来年2月の北京五輪の最終選考会は12月の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)だが、仮に欠場したとしても「選考の土台からは落ちない」(日本スケート連盟の竹内洋輔強化部長)。選考基準に記載される「世界選手権3位以内に入賞した実績」に該当するため、出場可能なのだ。

 しかし羽生が目指すのは「北京五輪」ではなく、あくまで「4回転半」だ。そもそも現時点で五輪出場の意向を一度も明言していない。つまり焦って全日本選手権に照準を合わせる必要もなく、万が一、北京五輪に間に合わなくても問題はない。かねて羽生は4回転半について「試合で決めて公式の記録にならないと意味がない」と話しているが、実現するなら来季でも構わない――。そんな大きなスケールで考えている可能性は大。今はただひたすらケガの完治に努め、夢の実現に向かうのみだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211118-03804560-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/902f3232cbaac9437cd4eebaf92fd7c95ead6752

【フィギュア五輪2連覇・羽生結弦が見据える壮大な「夢」 ロシア杯回避も心配ご無用のワケ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/27(土) 06:13:40.71 ID:CAP_USER9
11/27(土) 1:10配信 THE DIGEST
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfd4e085ac9cab5448b607a6f1e28ec236fbf933

 現地時間11月26日、ノルディックスキーのW杯ジャンプ女子個人・開幕戦(ヒルサイズ=97メートル、K点=90メートル)がロシアのニジニタギルで開催され、日本のエース高梨沙羅は合計203.6点で6位とした。

 北京五輪シーズンの幕開けとなった今大会。前日の予選では2位と好調のスタートを見せた25歳は、決勝の1本目からK点越えの93メートルで、108.1点の3位につけた。しかし2本目は低い飛び出しで87.5メートルに留まり、合計203.6点で終わった。

 1本目から104.5メートルでヒルサイズ超えの大ジャンプを見せたオーストリアのエース、マリタ・クラマーが2本目も96メートルを飛び合計253.5点と圧勝。合計211.8点のエマ・クリネツ(スロベニア)が2位、207.4点のダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(オーストリア)が3位に入った。
 
 日本から出場する岩渕香里は26位で終えた。勢藤優花と伊藤有希は予選敗退、岩佐明香はブーツの規定違反で失格となった。

 平昌五輪で銅メダルを手にして以降、ジャンプの改良に取り組んだ高梨。ここ数年成績に苦しんだが、昨シーズンは109回という表彰台記録を打ち立て、歴代最多勝利数(60勝)で総合2位と復調を見せていた。

 今季はどの様なパフォーマンスを見せるだろうか。次戦は27日に同会場で行なわれる。

Official Results
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/4016/2022JP4016RL.pdf

【北京五輪シーズン・スキージャンプ女子W杯開幕戦 高梨沙羅、開幕戦は6位 マリタ・クラマーが“異次元の大ジャンプ”で圧勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/21(日) 18:53:59.52 ID:CAP_USER9
本田望結「改めてスポーツのすごさを感じた」日本シリーズ第1戦を現地観戦
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bdaca0404b480b4894bbc3b33f0b732cc9c65b6
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111210000413.html

2021年11月21日12時6分

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202111210000413-w1300_0.jpg

女優でフィギュアスケーターの本田望結(17)が21日、都内で「2022年カレンダー」の発売イベントを行った。

発売されたことに「この時期になったんだな、1年たったんだなっていう気持ちです」と話した。20日には、日本シリーズ第1戦を現地で観戦したという。「お兄ちゃんと観戦して、やっぱり生の迫力がすごかったですし、改めてスポーツのすごさを感じました」と、満面の笑みを見せた。

コロナ禍で、フィギュアスケートの練習がうまく出来ない日々もあったが、家族全員が家に集まる時間が幸せだったという。来年について「インターハイの出場が決まったので、東北の代表として、時間を大切に頑張りたいなって思っています」と意気込んだ。

【「改めてスポーツのすごさを感じた」フィギュアスケーターの本田望結、日本シリーズ第1戦を現地観戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/17(水) 16:40:56.83 ID:CAP_USER9
11/17(水) 14:43
デイリースポーツ

羽生結弦、五輪の可能性に竹内強化部長「選考の土台からは落ちない、4年前の経験ある」
羽生結弦
 日本スケート連盟は17日、フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦・ロシア杯(26日開幕、ソチ)にエントリーしていた羽生結弦(26)=ANA=の欠場を発表した。右足関節じん帯損傷の回復が遅れているため。羽生は同箇所の負傷のため、先週まで開催されていたNHK杯を欠場していた。

 羽生の次戦は22年北京五輪代表選考会を兼ねた、年末の全日本選手権(12月、埼玉)となる見込み。とはいえ羽生の全日本選手権に関する情報は、現在日本スケート連盟に「入っていません」(広報担当)という。

 北京五輪代表入りのためには、最終選考会である全日本選手権への参加は必須だが、過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本に参加できなかった場合は、けが等の事情の発生前における同選手の成績を上記選考基準に照らして評価し、大会時の状態を見通しつつ選考することがあると、追記されている。2度の世界王者の実績がある羽生はこの対象となる。

 万が一、羽生が全日本選手権欠場となった場合について、竹内洋輔フィギュア強化部長(42)は「選考の土台からは落ちないです」と説明。「前回の平昌の時も、NHK杯(の公式練習)で、クワドルッツでけがをして、欠場というのがありました。そういった4年前の経験もありますし、われわれとしてはしっかりと回復してくだされば、競技力を戻してくれると思っています」と話した。

 なお、羽生自身、3連覇の懸かる北京五輪挑戦はまだ明言はしていない。

 北京五輪の日本男子の出場枠は3。日本スケート連盟の定めた選考基準では、1人目は12月の全日本選手権(埼玉)の優勝者を選出。2人目は全日本の2、3位と、GPファイナルに出場した上位2選手、ISU公認のシーズン最高得点の上位3選手を対象に選考するとしている。羽生のGPファイナル(12月、大阪)進出は既に消滅した。

 3人目は、2人目の候補に挙がった選手から、全日本終了時点での世界ランク、五輪シーズンの世界ランクなどを考慮し総合的に判断するとしている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211117-00000069-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/08e6814d6e61fd9c0134552e9fcefcfbc71b078d

【フィギュア羽生結弦、五輪の可能性に竹内強化部長「選考の土台からは落ちない、4年前の経験ある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/17(水) 14:46:02.87 ID:CAP_USER9
11/17(水) 13:58
スポニチアネックス

羽生結弦がロシア杯欠場「着実に前に進んでいきます」
羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
 日本スケート連盟は17日、フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌と五輪連覇の羽生結弦(ANA)がGPシリーズのロシア杯(26日開幕、ロシア・ソチ)を欠場すると発表した。

 羽生は12、13日のNHK杯にエントリーしていたが、右足関節靱帯損傷のため欠場。ロシア杯欠場はその回復が遅れているため。この日、連盟を通じてコメントを発表し、「応援してくださり、本当にありがとうございます。応援の声や想いに応えられるよう、全力で頑張っています。動きによっては痛みが出てしまいますが、日常生活では、痛みの影響がなくなってきました。まだスタートラインにはたどり着いてはいませんが、着実に前に進んでいきます。これからも、よろしくお願いいたします。がんばります」とした。

 12月23日には全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)が開幕。男子ショートプログラム(SP)は同24日、フリーは同26日に行われる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211117-00000136-spnannex-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/33d80556f17a7477ab06834ff3999633dfb7dcb0

【フィギュアスケート・羽生結弦がロシア杯欠場「着実に前に進んでいきます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/14(日) 06:18:07.84 ID:CAP_USER9
11/14(日) 5:15配信
東スポWeb

村元(左)との視線もバッチリの高橋(東スポWeb)

 恐るべき進化を遂げている。フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯(東京・代々木第1体育館)で、アイスダンス結成2年目の〝かなだい〟こと村元哉中(28)&高橋大輔(35=ともに関大KFSC)が日本歴代最高スコアとなる合計179・50点をマークして6位。全日本3連覇でアイスダンスの〝大先輩〟でもある小松原美里&尊(倉敷FSC)の172・20点(7位)を上回り、北京五輪出場「1枠」を懸けた最終選考会・全日本選手権(12月、さいたまスーパーアリーナ)を前に一歩リードした。

 試合後、2人はともに成長を確信。特にシングルから転向して2季目の高橋は別人のようになった。トレーニングの成果で肉体は頑丈になり、シングルで何度も世界を取ったスケーティングセンスはアイスダンスでもピカ一。何より高橋自身が完全に〝ゾーン〟に入っている。

 高橋には独特の「視界」があり、シングル時代は「いい時はお客さん一人ひとりの顔がハッキリ見えた」と明かす。しかし、アイスダンスに転向すると不思議なことに真逆の現象が起きた。集中してスイッチが入ると「哉中ちゃんの顔だけにピントが合って、周りがボヤける感じ」と説明。

 今年1月の時点では「まだ100%そのゾーンに入ったことはないけど、もしそうなったらいいプログラムができると思う」と話していたが、今大会フリーの演技後に高橋は「あまり周りが見えていなくて、終わった後にたくさんの人が来てくれている景色を見ることができた」と語った。

 一方、パートナーの村元も「大ちゃんがゾーンに入って周囲がボヤけている時は分かる」といい、この試合では「ホントに最後の演技が終わるまで大ちゃんしか見えていなかった」と振り返る。つまり、互いに相手の顔にピントが合い、ゾーンに入っていたことが分かる。

 天才の「視界」から考察するに、世界を制する日もそう遠くなさそうだ。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211114-03794645-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2efb1fcc635d12f270d313818f5621ca5c1b12f4

【フィギュアNHK杯 天才・高橋大輔“ゾーン”入った! 驚異の進化を裏付ける独自の「視界」とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/14(日) 06:15:23.84 ID:CAP_USER9
11/14(日) 5:15配信
東スポWeb

現在は24歳のトゥクタミシェワ(ロイター)

 フィギュアスケートの元五輪メダリストで、振付師やコーチとして活躍するロシアのアレクサンドル・ズーリン氏が、ロシア10代少女選手の活躍が目立つ中、年齢による体形の変化を考慮に入れた年齢加点制をぶち上げ、物議をかもしている。

 ロシア「RT」によると、ズーリン氏はGPシリーズ・スケートカナダ後、24歳のトゥクタミシェワ(ロシア)が2位に入ったことを絶賛しつつ、年齢による〝ハンディ〟を減らす年齢加点制を「スプートニク」に吐露。「17歳のスケーターには1点、18歳のスケーターには2点というようにしたら、選手がキャリアを続けるためのモチベーションになると思う」と大胆なプランを明かしていた。

 これがロシアで大騒動に。次々に天才少女を生み出しているトゥトベリゼコーチのチームは反発。「RT」によれば、インスタグラムでバスに乗る高齢の女性のアニメ写真を投稿し「年齢を尊重し、公共交通機関では(席を)譲ることが大事」と皮肉ったという。また、元五輪王者のアレクセイ・ヤグディン氏も「こんなにくだらない話を聞いたのは久しぶりだ」と投稿したと伝えた。

 一方で、名将タチアナ・タラソワ氏は「興味深いアイデア。ベテランアスリートがキャリアを続けるモチベーションになる。どれだけ現実的かはわからないが、そのような変化を観察することは、私にとって興味深い」と支持した。

 ズーリン氏は同メディアに「私の言葉がこんなに反響を呼び驚いている。トゥクタミシェワだけのために言ったのではない。アシュリー・ワグナーやカロリナ・コストナーのようなレベルの選手が、キャリアを長くすることを人々は望んでいるのではないか? 23〜24歳になると、15歳の女の子と一緒に競技やスケートをするのは難しくなる。この考えが議論されていることは、それほど悪いことではない」と語っている。

 特にロシアで、身体の成長とともにキャリアが終わってしまう近年の女子フィギュア界。確かに興味深い議論と言えそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211114-03794798-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1855eb7240b6e16339d6ed7bc0195df2615eafef

【フィギュアスケート・女子 10代少女席巻で「17歳以上には年齢加点を!」 露コーチの大胆発言で大論争】の続きを読む

このページのトップヘ