SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウィンタースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 22:24:35.08 ID:CAP_USER9
https://asajo.jp/excerpt/147226
2022/07/20

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦が7月19日、都内のホテルで会見し、現役引退とプロ転向を正式表明した。この会見に先立ち、羽生の熱狂的ファンのユヅリストたちは怒り心頭に発していたという。

 羽生のマネジメント会社は、7月18日に羽生が19日に都内のホテルで会見するとマスコミ各社にアナウンス。本人が会見で何を語るのかは明示されず、さまざまな憶測を呼んだ中、19日朝に日刊スポーツが、羽生が現役引退してプロ転向する意向を固めたとスクープしたため大騒ぎとなったのだ。

 ともあれ、会見で本人の口から現役引退の発表を聞きたかったファンはフライング報道に大激怒。SNS上ではユヅリストたちが日刊スポーツを敵視し、「羽生くんであれだけ金儲けしてこの仕打ち!」「本当に失礼!」「二度と日刊は買いません」などと同紙の不買運動を始めている。

 羽生に関しては、今年2月の北京五輪でも不買運動が起きていた。

 羽生がショートプログラムでリンクにできた“穴”にハマってしまい、演技終了後、その穴を目視で確認したことについて、サンケイスポーツの編集委員がコラムでその穴の存在を“アピール”したなどと苦言を呈した。

「すると、SNS上でサンスポに対する不買運動が勃発しました。スポーツ各紙にとって羽生は売上アップの“お得意さま”。1面で取り上げるとユヅリストが大量購入することで知られます。だから、スポーツ各紙は羽生に批判的な論調はできません」(スポーツ紙記者)

 スポーツ紙の中には、日刊スポーツ以外にも羽生の現役引退を察知していた媒体があったという。

「今月1日から新シーズンが始まり、羽生がグランプリシリーズへの参戦を表明すると信じ込んでいた媒体もあれば、逆に現役引退の情報をキャッチしたけど不買運動を恐れてあえてスクープしなかった媒体もあったようです」(ワイドショー関係者)

 こうした騒動が起きるのも、羽生が大スターである証左か。

【羽生結弦の引退を“フライング発表”した日刊スポーツにユヅリストが不買運動発動か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 06:40:04.41 ID:CAP_USER9
7/20(水) 5:15配信
東スポWeb

〝決意表明〟の舞台裏とは――。フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が19日、都内で会見を開き、第一線を退く意向を表明した。今後は競技会には出場せず、プロアスリートとして活動していく。かねて今後の去就が注目されてきた中、このタイミングで発表した理由はどこにあるのか。その裏側には自らの体と向き合い、ファンを第一に考えてきた男の信念が隠されていた。

 感謝の気持ちが詰まった1時間だった。北京五輪後に「(競技かアイスショーか)フィールドは問わない」と語って以降、公の場で自身の今後について明言してこなかったが、ついに重い口を開いた。「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意しました」。かねて羽生は自分の言葉で伝えることにこだわってきた。「自分の口から決意を言いたいなと思っていたので、事前に大切な人たちに言うことはできませんでした」。複数の関係者によると、日本スケート連盟に報告したのもわずか数日前。どんな場面でも自らの信念がぶれることはなかった。

 長年にわたり、世界の第一線で戦ってきた羽生の体はボロボロだった。「最終的に引退の決断に至ったのは北京五輪が終わってからです。帰ってきてしばらくして、足首を治すための期間は痛くて滑れなかった」。足首の痛みに悩まされ、平昌五輪、北京五輪は痛み止めに頼りながら試合に出場。フィギュア関係者からは「捻挫しているところは骨折と違って(靱帯が)伸びてしまっている。言い換えれば、ゴムが伸びるような状態になっている」との証言もあり、限界をゆうに超えていた。

 ただ、夢はあきらめていない。平昌五輪後から「唯一のモチベーション」と公言してきたクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の習得にも、引き続きチャレンジしていく。「現在も4回転半の練習を常にやっています。現段階でも『もっとこうやればいいんだな』とか『もっとこうできるんだな』という手応えがあります。今は伸びしろをいっぱい感じています」。足首の回復に努めながら、まだ見ぬ景色をこれからも追い求めていくのが羽生結弦という人間だ。

 世間の目には「引退」と映るかもしれない。しかし、羽生の視点では「始まり」というスタンスだ。「むしろここからがスタートで、これからどう見せて頑張っていくかが大事だと思っています。そういう意味で新たなスタートが切れたなと思っています」。まだまだスケート人生は終わらない。会見の最後に響いた「ありがとうございました」の声は、次なる伝説の幕開けを告げる合図だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a74ed3710c73f8f099fc3101426c1c1e5b240611

【フィギュア関係者「ゴムが伸びるような状態」羽生結弦の足首はとっくに限界を迎えていた それでも4回転を追求するワケ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 00:24:09.34 ID:CAP_USER9
 将棋の羽生善治九段(51)が19日、ツイッターを更新。フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)がアマチュア競技者としての引退、プロ転向を正式表明したことを受け、「いつも芸術的な滑りに魅了されていました」と思いをつづった。

 羽生氏は「フィギュアスケートの羽生結弦選手がプロ転向を表明されました。長い間お疲れ様でした」とねぎらい、「いつも芸術的な滑りに魅了されていました。今後もプロスケーターとして更に多くの人を楽しませてくれると確信しています。どうもありがとうございました」とつづった。

 羽生氏は2018年に国民栄誉賞授与式に出席した際、当時、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)フィギュアスケート男子シングルで連覇を目指していた羽生結弦について質問された際、「読み方は違うが、漢字は同じ。親近感を持っています」と笑顔を浮かべ、「間を置いてもすばらしい演技を見せてくれると、期待を膨らませてくれる選手です。芸術的な滑りを見てみたいですね」と述べていた。


日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed5eaa4a6164bffe261c0ed2cbb22834d4eb9d34

【羽生善治九段、羽生結弦プロ転向表明に「いつも芸術的な滑りに魅了されていました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 18:40:59.10 ID:CAP_USER9
 7月19日にプロ転向を表明したフィギュアスケーターの羽生結弦さんの緊急特番が、7月23日に放送されることが20日、明らかになった。「緊急特番 羽生結弦 感動をありがとう~終わりなき挑戦~」(テレビ朝日系)と題して23日午後6時56分から2時間にわたって放送する。羽生さんをスタジオに招き、羽生さんの「これまで」と「これから」に肉薄する。

【写真特集】羽生結弦選手 オンとオフの“素顔”が見える CMメーキング映像公開
 番組では、10年以上羽生さんを追い続け、膨大な取材映像を持つテレビ朝日が「競技人生の軌跡の検証」と「人物考察」を展開。羽生さんの生き方を支える哲学、アスリート・表現者としての神髄、さらに知られざる素顔にも迫る。膨大な取材映像からターニングポイントや「信念の言葉」を振り返るほか、新たな戦いに挑む羽生さんの「現在進行系の思い」にも注目する。
 スタジオには羽生さんをよく知る元プロテニスプレーヤーの松岡修造さん、プロフィギュアスケーターの荒川静香さん、織田信成さんも集合する
 羽生さんと松岡さんはこれまで、のべ30回以上もインタビューを交わしてきた間柄。今年2月の北京五輪の試合直後には、羽生さんが松岡さんからの「ありがとう」という言葉に思わず涙をこぼす場面もあった。羽生さんにとって、松岡さんと会って話すことは自らの立ち位置や考えを整理できる貴重な機会になっているといい、時には「修造さんと話したい!」とインタビューの逆オファーもしたほどだったという。番組ではそんな2人によるトークも繰り広げられる。

毎日キレイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/04b2220745241b85114f6b3ad72b0cb60485d1be

【<羽生結弦>緊急特番23日放送 スタジオに登場し「現在進行形の思い」明かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/19(火) 22:21:09.30 ID:CAP_USER9
 フィギュアスケート男子の羽生結弦(27=ANA)が19日、都内で記者会見を行い、競技の第一線を退き、プロ転向を表明した。これを受け、宇野昌磨(24=トヨタ自動車)がマネジメント事務所を通じてコメントを発表した。

 【宇野昌磨コメント】

 本日、羽生結弦選手の現役引退における記者会見を拝見しました。

 ここからはゆづくんと呼ばせて頂けますと幸いです。

 ゆづくんの背中をずっと追いかけ続けてきて、今後の競技会で同じ競技者として会えないことにはまだ実感がありません。ただ、ここまでフィギュアスケート界を牽引し、プロに転向されてもゆづくんは変わらず牽引し続ける存在だと僕は思っています。

今こうしてフィギュアスケートが多くの方々に認知されるようになったのは、先輩方の功績だけでなく、やはりゆづくんの存在がとても大きかったです。今まで誰も成し遂げたことのないことを成し遂げる、それがどれだけ大変なことであっても最前線を何年も何年も走り続けていく姿勢は誰も真似できないですし、背中を追い続ける僕にとっては大きな道標でもありました。微力ながらも、切り開いてくれた道を後輩や次の世代に繋いでいけるように頑張ります。

 これからも「羽生結弦」という理想を追い求めるゆづくんとゆづくんのスケートを楽しみにしています。最近では主に競技の場でしか会えなかったので、お互いアスリートしてではなく、普通の20代の男性同士として、ゆっくり言葉を交わせる機会を作ってもらえたら嬉しいです。

 今まで本当にありがとうございました。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ba0d252f84aaef5ad2cae8792fcd95352cd0f93

【宇野昌磨、プロ転向の羽生結弦に「これからも理想を追い求めるゆづくんとゆづくんのスケートを楽しみにしています」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/19(火) 22:05:47.74 ID:CAP_USER9
 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が19日、重圧への本音を明かした。

 都内のホテルで記者会見し、アマチュア競技者としての引退、プロ転向を正式表明。今後はアイスショーなどが活躍の舞台となる。

 これまで絶対王者として世界中から目標とされ、いくつもの壁を乗り越えてきた。過去の苦労について問われると、すぐに言い切った。

 「僕にとって『羽生結弦』っていう存在は常に重荷です」

 この日も登壇前は「ものすごく緊張して、今まで考えてきたことが全て吹っ飛んでしまうぐらい」だったという。重圧については、こう明かした。

 「北京五輪のように自分の心が崩れてしまった時とかは『努力が報われなかった』とか『幸せって本当に心の中から言えない』とか、いろいろなことを言ってしまいましたが、そういう自分を応援してくださっている方々がいるのもうれしい。これまで演技をしていく中で、心が空っぽになってしまうこともたくさんあった。訳もなく涙が流れてきたり、そういったことも多々あった。いわれのないことも言われたりとか『そんなにたたかなくてもいいじゃん』って思うようなこととか、正直いろいろなことがあった。人間としても、誰を信頼していいのかということもあった。皆さんがそう思っていると思いますし、大なり小なり皆さんがつらい。僕自身がこれからも生きていく中で、生活していく中で心を大切にしてもいいんじゃないかな」

 冷静な口調で言葉を紡ぎ「いつもいつも『羽生結弦って重たいな』と思いながら過ごしていますが『羽生結弦』っていう存在に恥じないように生きてきたつもりですし、これからも生きていく中で『羽生結弦』として生きていきたい」とも決意を示した。その中で自らを大切にし、次のステージに進む。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bbf931cd827313837c0024975f74b9f7272da13

【羽生結弦「僕にとって『羽生結弦』っていう存在は常に重荷です」「『羽生結弦』っていう存在に恥じないように生きてきた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/19(火) 22:02:59.52 ID:CAP_USER9
 第一線を退きプロに転向することを19日に表明したフィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)に対し、ロシアの〝皇帝〟エフゲニー・プルシェンコ氏が祝福とねぎらいの言葉を送った。

 2006年トリノ五輪金メダリストで、フィギュア界で唯一無二の存在であるプルシェンコ氏は、自身のインスタグラムを更新。「今日、私の良き友人であり、フィギュアスケート史上最大のスターである羽生結弦選手が引退を表明したことを知りました。彼がフィギュアスケートのためにしてくれたことすべてに感謝しています。そして、この番組で世界中の人々を幸せにしてくれることを願います。これからも頑張ってください。ユズルサン」とつづった。

 羽生がリンク上でプルシェンコの背後からお辞儀をして礼を尽くす場面や、互いに抱擁しあう動画も投稿している。

 羽生はプルシェンコ氏を「憧れの選手」と尊敬してきた。同氏にとって羽生も敬意を示す存在だったのは間違いなさそうだ。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbc4590489d87958f46ce642a53689dfeaf3c6ac

【「フィギュア史上最大のスター」羽生結弦、憧れの皇帝プルシェンコから祝福とねぎらい】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/19(火) 17:13:06.95 ID:CAP_USER9
羽生結弦選手 プロ転向の考え 【会見速報】
2022年7月19日 17時10分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220719/k10013725131000.html
フィギュアスケートでオリンピック2連覇を達成した羽生結弦選手が、都内で記者会見を開き、
今後、競技会には出場せずプロに転向する考えを明らかにしました。

27歳の羽生選手はソチ、ピョンチャンの2つのオリンピックの男子シングルで金メダルを獲得し、2018年には国民栄誉賞を受賞しています。
3連覇を狙ったことし2月の北京オリンピックは4位に終わり、その後、現役を続けるかどうかについては明らかにしていませんでした。

【フィギュアスケート・羽生結弦選手 競技会出場せずプロ転向 フィギュア男子シングル 五輪2連覇】の続きを読む

このページのトップヘ