SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウィンタースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/10(月) 12:29:09.32 ID:CAP_USER9
 【マンモスマウンテン(米カリフォルニア州)=時事】スノーボードのワールドカップ(W杯)は8日、米カリフォルニア州マンモスマウンテンで男女ハーフパイプ第2戦が行われ、男子は平野歩夢(TOKIOインカラミ)が決勝で95・80点をマークして2017年12月以来、4季ぶりの優勝を果たした。W杯通算4勝目。開幕戦を制した平野流佳(太成学院大)が93・40点で2位に入り、昨季世界選手権王者の戸塚優斗(ヨネックス)は9位だった。女子は20歳の冨田るき(チームJWSC)が89・40点でW杯初優勝。姉の冨田せな(アルビレックス新潟)も3位に入り、姉妹で表彰台に乗った。

読売新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/d310395e9364b767c9b3d56db3bb5d5eb03c2f11

【スノーボードW杯男女ハーフパイプ第2戦 平野歩夢、4季ぶりの優勝! 女子は冨田るき・せな姉妹が表彰台】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 08:52:18.27 ID:CAP_USER9
2022年1月4日 5:00

3月4日に開幕する北京冬季パラリンピック。陸上トラックから雪上へ、夏冬の「二刀流」に挑戦しているアルペンスキーの村岡桃佳(24、トヨタ自動車)にとって3度目の冬の舞台となる。

平昌大会では金を含む5つのメダルを獲得し、昨夏の東京大会では陸上100㍍(車いすT54)で6位入賞を果たした。そこからわずか半年で迎える冬季パラリンピック。今回の日本選手団の顔と呼ぶにふさわしい存在となり、「二刀流のゴールは...

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODH025YC0S1A201C2000000/

【北京冬季パラ・アルペンスキー日本代表村岡、陸上との「二刀流」に挑む】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/09(日) 16:09:40.84 ID:CAP_USER9
1/9(日) 9:18配信THE ANSWER
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb23dffe7fe4879b8ce62fad5b9f763419d99d67

 レッドブルは、サポートするアスリートが無限大の可能性を信じて邁進する姿を描いた映像作品「LIMITLESS」をRed Bull TVとYouTubeで順次公開。ノルディックスキー・ジャンプの北京五輪代表に選ばれた高梨沙羅、小林陵侑の2人のエピソードが配信された。

 同作品では、世界の頂点を目指す日本人レッドブル・アスリートのドキュメンタリーシリーズ4エピソードを公開。高梨と小林のエピソードは、12月に配信されていたスノーボードの大塚健、鬼塚雅に続く公開となった。

 高梨、小林のエピソード概要は以下の通り。

◆高梨沙羅 ゼロからの始動
https://youtu.be/sdZe1PA876s

 2018年、平昌で3位に終わったことがジャンプスタイルを大幅に見直し、アプローチを一から再構築することの要因となった。そして2021年に世界的なパンデミックの中にも関わらず、ヤンネ・アホネンが持つ108回の表彰台記録を更新。今なお無限の可能性を秘めながら、25歳の若さで生きる伝説となる彼女がこの競技に向き合う姿を描く。

◆小林陵侑 再起への挑戦
https://youtu.be/fFeG1-98Fog

 史上3人目のグランドスラムを達成し、無限の可能性を秘める小林陵侑。日本スキージャンプ界のスターは鮮烈なデビューでキャリアをスタートさせたが、パンデミックの影響による国際大会の延期や中止で、彼のこれまでの成長の鍵である”競技”を奪われ、苦難に直面した。オーストリアにあるレッドブルの施設でトレーニングに取り組み、2022年のシーズンに向け、競技への新たな向き合い方を模索する様子を描く。

【スキージャンプ北京五輪代表 高梨沙羅&小林陵侑の成長迫ったドキュメンタリー作品 レッドブル「LIMITLESS」が公開】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/08(土) 20:36:49.74 ID:CAP_USER9
1/8(土) 15:28配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cfe33deb800d3ed1776d34717eeac2e38ec36c5

 全日本スキー連盟は8日、スキージャンプ男女の北京五輪代表内定選手を発表した。男子は伝統のジャンプ週間で3勝を挙げ、2度目の総合優勝を飾るなど好調なエースの小林陵侑(25)=土屋ホーム=を筆頭に、佐藤幸椰(26)=雪印メグミルク=、中村直幹(25)=フライングラボラトリー=、小林潤志郎(30)=雪印メグミルク=、伊東大貴(36)=雪印メグミルク=の5人。小林陵、小林潤は2大会連続。伊東は5大会連続で、佐藤と中村は初出場となる。

 全日本連盟は男子代表について6日のW杯終了時点で派遣推薦基準を満たした、W杯個人総合上位5人と定めていた。

 女子は平昌五輪銅メダリストのエース高梨沙羅(25)=クラレ=が3大会連続五輪に内定。悲願の金メダルを目指す。伊藤有希(27)=土屋ホーム=、岩渕香里(28)=北野建設=、勢藤優花(24)=北海道ハイテクAC=の合計4人が内定した。

 女子は1月に予定されていた札幌、蔵王でのW杯も選考対象だったが、新型コロナウイルス感染拡大による水際対策の強化により中止となり、前倒しての発表となった。

 日本ジャンプ陣は1998年長野五輪の金メダル獲得の期待が懸かる。

【スキージャンプ北京五輪代表 小林陵侑、高梨沙羅らが内定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 18:46:55.31 ID:CAP_USER9
1/7(金) 14:56配信
スポニチアネックス

本田真凜

 フィギュアスケートの日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が7日、北海道の帯広市内で行われ、女子7、8級クラスで本田真凜(明大)が出場した。

 冒頭のダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループの連続ジャンプで着氷。その後も演技を続けていたが、途中で胸に手を押さえて苦しそうになる場面も。最後まで滑りきった後、再び胸に手を当てて苦しそうにリンクから引き揚げた。

 演技後にはオンラインによる報道陣の取材が予定されていたものの、急きょ中止に。スタッフは「体調が優れないので、取材は受けられないとのことです」と説明した。

 この日の帯広は最高気温がマイナス3度。男子7、8級が行われた前日から多くの選手が厳しい寒さを語っていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220107-00000176-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/aba4e8cf468212b01108814f43005ac2c4af52f4

【インカレフィギュア2022 本田真凜、最後まで滑りきるも…体調不良で取材は急きょ中止 演技後半から胸元に手…表情苦しく】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 05:56:57.95 ID:CAP_USER9
1/7(金) 5:05配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/353b9a61d0d70f39304321ffa2f2a7b5df4bc7f0

 【ビショフスホーフェン(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦(ヒルサイズ=HS142メートル)は6日、オーストリアのビショフスホーフェンで行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が3季ぶり2度目の総合優勝を果たした。最終戦は5位で、史上初の2度目の完全制覇は逃した。

 ジャンプ週間3連勝で最終戦を迎えた小林陵は、2回とも133.5メートルの合計277.8点だった。佐藤幸椰(雪印メグミルク)が281.1点で今季自己最高の4位に入った。優勝はダニエル・フーバー(オーストリア)でW杯初勝利。

Official Results
https://medias4.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3821/2022JP3821RL.pdf

4 Hill Tournament
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3821/2022JP38214H.pdf

World Cup Standing
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2022/JP/4033/2022JP4033WC.pdf

【小林陵侑、ジャンプ週間2度目の総合優勝 最終戦ビショフスホーフェン 5位、完全Vは逃す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 05:06:24.20 ID:CAP_USER9
1/6(木) 3:07配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/85ff123c014e96e44b81e85ef0807d2f61f8526b

◆W杯スキー(6日)

 ジャンプ男子は、オーストリアのビショフスホーフェンで伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第12戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が137メートル、137・5メートルの合計291・3点でジャンプ週間3連勝。史上初となる、2度目の全勝での総合優勝へ王手をかけた。

 1回目は飛距離を伸ばしきれず2位発進となったが、2回目は137・5メートルを飛んで、1回目首位のリンビク(ノルウェー)を軽々と逆転してみせた。助走路の形状がなだらかなビショフスホーフェンの台で、W杯連勝中の勢いを出し切って見せた。

 ジャンプ週間は、6日(日本時間7日)に最終の第4戦を同会場で開催する。小林陵は18―19年にも4戦全勝での総合優勝を経験しており、今季も達成すれば史上初の2度目全勝V。ジャンプ界の歴史に名を刻む偉業へ、あと1勝とした。

Official Results
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/4033/2022JP4033RL.pdf

4 Hill Tournament
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/4033/2022JP40334H.pdf

World Cup Standing
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2022/JP/4033/2022JP4033WC.pdf

【W杯ジャンプ男子個人第12戦 小林陵侑、ジャンプ週間3連勝!!史上初の2度目完全Vに王手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/04(火) 12:47:55.93 ID:CAP_USER9
https://www.oricon.co.jp/news/2219433/full/

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫(34)が4日、東京スカイツリータウン内にオープンした「TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK」でスケーティングを披露。その後、取材に応じ、一部で報じられたフィギュアスケーターの宇野昌磨選手(24)と本田真凜選手(20)の交際について“経験者”として金言を送った。

 宇野と本田の熱愛の話題を振られると安藤は「出た! こういう取材、だから嫌なんだよ(笑)。ノーコメントです」ときっぱり。「私たちは何も言えない。人のプライベートに土足で入りたくない。入る資格もない」と言い切った。

そして「別に悪いことをしているワケではない。同じスケーターなのでリスペクトすることはあると思う。本田真凜選手は、すごく花のある選手の1人で、全日本に出場する実力のある素晴らしい選手。お互いがスケーターとしても、人としても支えて尊敬し合って成長し合える仲ならいい」と言葉を選びながら語っていた。

 また、恋愛は「必要な人と必要じゃない人がいる」とし「それによってプラスに動いたりする。人間なので、失敗することもあるし、それを恋愛のせいにしてほしくない。関係ない」とも口に。そして、報道陣へお願い。「(恋人が)いて結果がよければ、めちゃくちゃいい報道してくれますけど、悪かったら…、みたいになるじゃいですか。それは違う。そこは分けて。たとえ別れたとしても、そこをフォーカスして取り上げるのは、ちょっと違う」と呼びかけると、最後は「と、経験者は語ります」と自身をオチにして笑いと誘っていた。

【「経験者は語ります」安藤美姫、宇野昌磨&本田真凜の交際に言及】の続きを読む

このページのトップヘ