SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウィンタースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 20:29:04.36 ID:CAP_USER9
ウクライナ侵攻によるスポーツ界のロシア制裁に猛反発して物議を醸した2006年トリノ五輪フィギュアスケート男子金メダルのエフゲニー・プルシェンコ氏(39)を、妻でタレントのヤナ・ルドコフスカヤが〝援護射撃〟して大きな波紋を呼んでいる

 プルシェンコ氏は6日に自身のインスタグラムで、スポーツ界で広がるロシア制裁に反発。「私はロシア人だ! ロシア人であることを誇りに思う!!!」「人種差別をやめろ! ジェノサイド(大量虐殺)をやめろ! ファシズムをやめろ!」などと過激な表現を用いて愛国心を強調しつつスポーツ界の動きを批判した。

 この投稿に対してはカナダの元フィギュアスケート選手のジョアニー・ロシェット氏が「あなたの国が今やっている事を恥じるべきだ。ウクライナで罪のない人々を殺しているのでは」と糾弾するなど大炎上した。
 
 するとこうした反発を受けて、今度はプルシェンコ氏の妻ルドコフスカヤが夫を擁護。自身のインスタグラムで「私はロシア人だ! 私はロシアに住んでいる。ロシア人であることが誇りだ! 差別主義をやめなさい! ジェノサイド(大量虐殺)をやめなさい! ファシズムをやめなさい! ロシア人ヘイト(憎悪)をやめなさい」と夫の言葉に合わせながら、ロシア国旗のマーク3つを重ねて投稿。愛国心を前面に出しながら夫の主張を援護した。

 しかし、ロシアの軍事侵攻を正当化する姿勢にまたもや批判が殺到。このコメントへの返信として「クレージーで自己中心的な女性だ! 多くの子どもたちがロシア軍によって今殺されている。あなたはこれをどう考えているのか? 私は差別主義者ではない。しかし我々はあなたを見下す」などと非難の声が続々と寄せられている。

 プルシェンコ夫妻はそれでも主張を曲げないのか。次なる投稿に注目が集まる。

東スポ 3/8(火) 19:28
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6b81216fd32f6cfe0ce4016e08ba8d24e8fe0de

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-04048544-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=486&h=640&exp=10800

【プルシェンコ妻が〝援護射撃〟「ロシア人であることが誇りだ!差別主義をやめなさい!ファシズムをやめなさい!ロシア人ヘイト(憎悪)をやめなさい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 11:56:57.22 ID:CAP_USER9
フィギュアスケート男子の元ロシア代表でトリノ五輪金メダルなど五輪4大会メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏が2022年3月6日、インスタグラムに投稿した内容に対し、フィギュアスケート女子の元カナダ代表でバンクーバー五輪銅メダリストのジョアニー・ロシェット氏が厳しい反応を見せた。

「ひどいことを言うね」

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が激しさを増す中、プルシェンコ氏はソチ五輪フィギュア団体戦で獲得した金メダルを身につけた自身の写真や、五輪4大会でのメダル獲得写真などとともに、英語とロシア語の文章を投稿した。

英文では「私はロシア人だ! 私はロシア人であることを誇りに思う!!!」(編集部訳、以下同)とし、自身の故郷や、ロシア代表として活躍したことを振り返った。

「私はロシアのハバロフスク地方で生まれました。私は長い間、ヴォルゴグラード - スターリングラードに住んでいました。スポーツではサンクトペテルブルクでプレーし、今はモスクワ地方に住んで働いています。私は4つのオリンピックで4つのメダルを祖国ロシアにもたらしました!」
英文では「人種差別をやめろ! ジェノサイドをやめろ! ファシズムをやめろ!」と呼びかけているほか「ロシア人ヘイトをやめろ」とも書いている。

ロシア語では上記と同様の内容に続け「ロシア人よ、顔を上げて世界に出て行け。恥じることなく、ロシア人であることに誇りを持て!」と同胞に呼びかけている。

プルシェンコ氏の投稿にコメントが殺到する中、ロシェット氏も直接怒りのコメントを寄せ、批判した。北京五輪で大きな注目を集めたドーピング問題にも触れている。

「ひどいことを言うね。自分の国が今やっている事を恥じるべきだ。ウクライナで罪のない人々を殺す? ロシアで不正行為や国家ぐるみのドーピング? 今すぐあなたのフォローを解除します」
プルシェンコ氏は2日にもインスタグラムで、ウクライナ侵攻に反対して各スポーツの国際大会からロシア選手が除外されていることに反対していた。

2022年3月7日 17時17分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21791105/?type=ranking&category=&rank=4

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/b/cb7a9_80_d9e4d6b0_af2f5f0a.jpg

【プルシェンコに五輪メダリストが激怒!投稿に直接コメント「ひどいことを言うね。自分の国が今やっている事を恥じるべきだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/04(金) 14:48:22.08 ID:CAP_USER9
3/4(金) 13:31
日刊スポーツ

羽生結弦「僕も…出たいです、ふふふふふっ」35歳での30年札幌五輪に意欲!?

フィギュアスケート男子の羽生結弦(27=ANA)が4日、北京オリンピック(五輪)日本選手団(TEAM JAPAN)の公式ツイッターに登場し、札幌市が正式に招致を目指している30年冬季大会への意欲!? を見せた。

「こんにちは、フィギュアスケートの羽生結弦です」と切り出すと「えー8年後に札幌でオリンピックの開催が決まったら、そうですね、やっぱりフィギュアスケートの選手の皆さんが最高の演技をしてほしいですし…」。続けて言った。

「僕も…出たいです。ふふふふふっ」

そう笑った後に「でも、それくらい楽しみにしています」と動画で語った。

最後は、画面に前回登場時と同様「よいしょっ」とサインを書き「フィギュアスケート」と競技名を添えて「北海道、札幌で会いましょう」と手を振った。

本当に目指すのならば、フィギュア界では異例中の異例の35歳で迎えることなるが、はたして…。

今月14日に北京市内で開いた会見では、今後の五輪(4年後は26年ミラノ・コルティナダンペッツォ大会)について聞かれ「また滑ってみたい気持ちはある」と語った。一方で20日のエキシビション後には「フィールドは問わない。アイスショーなのか競技なのか、いろいろ考えた上で、やっぱり皆さんに『羽生結弦のスケートが好きだ』と思ってもらえる演技を続けたい」と話していた。

全ては都度都度の決断次第になるが、8年後と言われても可能性を感じてしまうのは、やはり羽生結弦だからだろうか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220304-33040330-nksports-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/31d8d48d6affa3e6a7d155fa20133118a7fcf5c7

【「僕も…出たいです、ふふふふふっ」羽生結弦、35歳での30年札幌五輪に意欲!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 19:13:56.01 ID:CAP_USER9
https://bunshun.jp/articles/-/52338?page=1

 ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅(25)が2日、リレハンメルで行われたW杯個人第14戦で優勝を果たし、通算62勝目を挙げた。北京五輪の混合団体ではスーツの規定違反で失格となるなど、失意の結果に終わった高梨。五輪直後に掲載した週刊文春2022年2月24日号の記事を公開する。

◆ ◆ ◆

「困ったもんだね……。沙羅を信用してますから、不正は全然心配してないんですが。ああいう真面目な人間が責任感と闘う姿を想像すると、私はつらいです」

 故郷の北海道上川町で、祖父の島津新平さんは言葉を詰まらせた。

◆ ◆ ◆

“三度目の正直”を誓った北京五輪は、4位という結果に

 スポーツ紙記者が言う。

「W杯歴代最多の61勝を誇る髙梨沙羅(25)ですが、五輪で結果を残せない。14年のソチでは金確実とされながら4位。18年の平昌では銅でしたが、『金メダルを取る器でないのが分かった』と涙した。“三度目の正直”を誓った北京でも4位。混合団体はスーツの規定違反で1回目のジャンプは失格となり、チームは4位に終わったのです」

 小2から地元でジャンプを始めた髙梨。早くから世界を見据えた彼女が中学卒業後の12年4月に進学したのは、インターナショナルスクールだった。

■突如勃発した退学騒動

「『インタビューが英語だからとても緊張する』と言って、英語で答える練習をしたりしました。朝6時前に家を出て、休憩時間も8教科を勉強していて本当に真面目な生徒だった。入学から僅か4カ月後には、高卒認定の試験に合格。本人も『信じられない』と驚いていました」(同校の教頭)

 13年7月にクラレと所属契約を結ぶ一方、ソチ後の14年5月に17歳で日体大に“飛び級”入学。父の寛也氏も同大スキー部コーチとして契約を結んだ。

 ところが、次の平昌に向けて順風満帆に見えたキャリアに突如、退学騒動が勃発した。日体大の松浪健四郎理事長が振り返る。

■沙羅の入学は取り消せず父とのコーチ契約を解除

「ご両親が日体大出身という縁もあって。ただ2年目からはクラレとは契約せず大学スキー部に所属する約束だったけど、それを反故にされてしまった。彼女の入学は取り消せないから、お父さんとのコーチ契約を(15年夏に)解除した。うちはあくまで学生スポーツをサポートするのであって、プロ選手は認めていませんから。ただ、彼女の人間性は立派だし、学業にも前向きに真摯に取り組んでいました」(髙梨のマネジメントを担当する博報堂は「回答しかねる」と回答)

 ソチまではあどけない雰囲気の髙梨だったが、メイク術が話題になるなど大人の女性へと変貌。スポンサー収入は億を超えるとされ、17年には最高級モデルのベンツGクラスを購入した。

「ただ、そうした行動も『彼女のイメージと違う』と否定的に見られたりもしました」(前出・記者)

■メイクに力を入れるのは、競技への“全力スイッチ”

 報道陣を横目に俯き、カメラを避けるようなそぶりを見せることもあった。

「実は根暗な性格で『注目されることもカメラも苦手』と。それでも取材に答えるのは女子ジャンプの知名度を高めたいから。メイクに力を入れるのも、競技への“全力スイッチ”を入れるためだそうです」(同前)

 そうして挑んだ北京の舞台。個人戦に続き、仲間と挑んだ混合団体では“疑惑の計測”でメダルを阻まれた。祖父の島津さんは愛孫を思いやる。

「これからもジャンプを続けてほしいけど、本人次第です。どちらにしても、早く傷が癒えれば……」

 ジャンプでは有利な“向かい風”が、人生の大きな飛躍に繋がると信じたい。

【髙梨沙羅、スキージャンプ・W杯優勝!「父のコーチ契約解除」「メイク批判」…“悲運の五輪”を乗り越えて】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 16:55:08.07 ID:CAP_USER9
「大統領を信じている」と発言し、スポーツ界のロシア勢排除に異議を唱えたフィギュアスケート元ロシア代表でトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコさん(39)のインスタグラムに世界中から非難が殺到している。

【写真】問題となっているプルシェンコのインスタ投稿

 日本時間2日までの投稿で、国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)、国際スケート連盟(ISU)などがロシアの選手を排除する決断をしたことを非難。「スポーツと政治を混同してはいけない」「一日も早くすべてが終わり、交渉が実を結ぶことを心から願っている。わが大統領を信じている」などと訴えた。

 これに対して多言語で世界中から続々と猛抗議が届いた。ロシア語では「人の命の価値よりも五輪の価値を優先するのか」「エフゲニー、正気になれよ」「子供たちが死んでしまうので、他に方法が残ってないだけ」「防空壕(ごう)の中に座って平和を望むなんて想像できますか」などとスポーツと政治を混同する以前に命が危険にさらされていると訴える声が見られた。

 英語でも「あなたがウクライナの選手だったら、同じように感じます?」「命がかかっているわけでもないのに、何が不公平だっていうの」「自分の家族が危険にさらされていることを知りながらスケートに集中できる?」「ロシアに責任の全てがある」「戦争に責任がある大統領を信頼するだなんて信じられない」と同じように反論する声が散見された。

 日本語でも「ウクライナの人々、子供も含めてあなたの大統領に殺されています」「ロシアはウクライナ人の日常を破壊した」「あなたの大統領を信ずる発言には心底失望した」と彼の主張に落胆したという声が見られた。

中日スポーツ 3/3(木) 13:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/7890f7879b595e8a245a666b33d0e7fa6d858bb4

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220303-00000019-chuspo-000-4-view.jpg?exp=10800

【プルシェンコの「大統領を信じている」発言に、世界中から非難が殺到!「戦争に責任がある大統領を信頼するだなんて信じられない」 [Egg★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/02(水) 06:26:43.23 ID:CAP_USER9
3/2(水) 5:15配信
東スポWeb

〝女帝〟タラソワ氏は反発している(東スポWeb)

 牙城崩壊か。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、国際スケート連盟(ISU)は1日にフィギュアスケート世界選手権(23日開幕、フランス・モンペリエ)をはじめとする国際大会にロシア、ベラルーシの選手を除外する決定を下した。これによってフィギュア大国のロシアが最大のピンチを迎えている。

 今回の決断は国際オリンピック委員会(IOC)が国際競技連盟に向けて勧告した方針に従ったもの。ISUは「私たちの思いはウクライナすべての人々と国とともにある」と表明し、毅然とした態度を示した。

 これに対してロシア側は猛反発。ロシアメディア「スポーツ・エクスプレス」によると、同国フィギュア界の〝女帝〟として君臨するタチアナ・タラソワ氏は「我々の選手は世界選手権を含めてあらゆるフィギュア競技会の〝宝石〟です。ロシア人なしの世界選手権は価値が失われるのは間違いない」と断言した。

 いずれにせよロシア勢は最高峰の舞台から姿を消すこととなったが、痛手はこれだけでは済まない。世界選手権は翌年の大会における自国の「枠取り」という大事なミッションがあるからだ。今回ロシアは出場者ゼロのため、規定通りなら来年は各種目(男女シングル、ペア、アイスダンス)とも「1枠」となる。

 特に女子シングルは北京五輪金メダルのアンナ・シェルバコワ、銀メダルのアレクサンドラ・トルソワ、4位のカミラ・ワリエワの〝最強トリオ〟をはじめ、来年シニアデビューする有望株がめじろ押し。除外措置が解除されていたとしても、たった1人しか出られないことになる。昨年の世界選手権では出場枠は「3」だった。

 ロシアのフィギュア界にとってもウクライナ侵攻の〝代償〟は計り知れないものとなりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-04032794-tospoweb-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc23e88b11e276421d618c640e24487c0b3d9aa5

【最強ロシア追放に重鎮タラソワ氏猛反発 来年の世界フィギュア枠は3から「1」に激減】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 05:43:31.05 ID:CAP_USER9
現地時間3月2日、ノルディックスキーのW杯ジャンプ女子個人・14戦目(ヒルサイズ=140メートル、K点=123メートル)がノルウェーのリレハンメルで開催された。北京五輪後、初戦とした高梨沙羅は、合計291.5点で優勝を飾り、歴代最多の通算62勝とした。

【動画】日本のエースが復活!高梨のビッグジャンプをチェック



 先の北京五輪では失意に暮れた。メダル獲得が有力視された個人戦で、あと一歩の4位に留まると、気持ちを切り替えて臨んだはずの混合団体戦では涙にくれた。

 1本目の跳躍後にスーツ規定違反を告げられ失格になったのだ。気力を奮い立たせ飛んだ2本目では、98.5メートルの跳躍を見せてチームの4位入賞に貢献するも、25歳は人目をはばからずに泣き崩れた。

 そんな高梨は、前週オーストリアで開かれたW杯こそ欠場したものの、今回は満を持して参戦した。

 この25歳の復帰を日本のファンのみならず世界のメディアも熱視線を注いだ。FIS(国際スキー連盟)のコメンテーターを務めるフリージャーナリスト、ルイス・ホルヒ氏は、「サラ・タカナシが大会に戻って来てくれて、とても嬉しい!女子スキージャンプ界は、彼女無くしては語れない」とコメント。さらにポーランドの専門メディア『skokipolska』は、「サラ・タカナシのカムバックに注目だ」と伝えていた。
 
 そんな注目の日本のエースは、1本目に130メートルを飛んで2位につけると、2本目は132メートルを記録し、順位を上げフィニッシュ。2位にはニカ・クリズナー(スロベニア)、3位はウルサ・ボガタイ(スロベニア)が入った。

 ロシア開催のW杯が中止となったため、今季の個人戦は残すところあと5戦。明日も同じラージヒルにて行なわれる。ジャンプ界を引っ張る高梨の連続優勝に期待だ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/ebf519104919e5a36db6bf5d20a5b0e955499944

【スキージャンプW杯・14戦目 高梨沙羅、復帰戦で優勝!海外も注目の日本のエースはK点越えジャンプを披露】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/02(水) 11:41:40.87 ID:CAP_USER9
3/2(水) 11:34
東スポWeb

〝皇帝〟プルシェンコがロシア追放に怒り 交渉進展願う「私は大統領を信頼しています」

 2006年トリノ五輪フィギュアスケート男子金メダルの〝皇帝〟エフゲニー・プルシェンコ氏の怒りが頂点に達している。

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、国際スケート連盟(ISU)は1日にフィギュアスケート世界選手権(23日開幕、フランス・モンペリエ)をはじめとする国際大会からロシア、ベラルーシの選手を除外すると発表した。

 この判断にロシアでは批判が高まる中、プルシェンコ氏は2日に自身のインスタグラムを更新し「ISUは、ロシア人を競技に参加させることを禁止している。これは大きな間違いだ!スポーツと政治を混同させてはいけないし、今のようにアスリートを罰したり、出場権や競技権を奪ってはいけないのです」と言い切った。

 ロシアは女子を中心に世界屈指のフィギュア大国として知られている。そのため「我が国のスケーターは、世界最強であることを証明している。フィギュアスケートの面白さは、選手たちの存在なくしては語れません。もし、我が国の選手が国際的なスタートに立たなければ、多くの種目で強い者が国内にとどまることになり、勝利の価値が下がってしまうでしょう。彼らはロシアを世界のスポーツから孤立させようとしている」と持論を展開した。

 ロシア軍はウクライナの首都・キエフ市内のテレビ塔に攻撃を行うなど、戦闘は日に日に激しさを増している。

「誰もが平和を望み、私もそれを望んでいる!1日も早くすべてが終わり、交渉が実を結ぶことを心から願っています。私は大統領を信頼しています!」と締めくくったが、元通りの日常はいつになったら戻るのだろうか…。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-04033313-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/34ea35705b6914f933a0336cedc01c8a5e989cea

【〝皇帝〟プルシェンコがロシア追放に怒り 交渉進展願う「私は大統領を信頼しています」】の続きを読む

このページのトップヘ