SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウィンタースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/23(木) 23:08:38.17 ID:CAP_USER9
12/23(木) 20:49
中日スポーツ

【フィギュア全日本選手権】坂本花織、圧巻の演技でSP首位!キスクラ歓喜…17歳新鋭の河辺が3位
女子SPで演技を終えた坂本花織
◇23日 フィギュアスケート全日本選手権 女子SP(さいたまスーパーアリーナ)

 今季のグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯を制した坂本花織(21)=シスメックス=が圧巻の演技を見せ、今季の公認自己最高を上回る79・23点で首位。2018年平昌五輪に続く2大会連続出場へ好スタートを切り、得点発表を待つ”キスアンド・クライ”で歓喜の声を上げた。

 GPシリーズ第5戦フランス杯で3位に入った樋口新葉(20)=明大=は74・66点をマークして2位。3位には17歳の新鋭、河辺愛菜(木下アカデミー)が74・27点で続いた。

 平昌五輪4位の宮原知子(23)=木下グループ=は73・76点で4位。2017年四大陸選手権女王の三原舞依(22)=シスメックス=は73・66点で5位。2016年世界ジュニア女王、本田真凜(20)=JAL=は55・73点で大きく出遅れた。

 2018年のGPファイナルを制した紀平梨花(19)=トヨタ自動車=は右足首の疲労骨折のため欠場。日本スケート連盟が定めた代表選考基準を満たせず、五輪出場の道を断たれた。

◆五輪代表選考 出場枠は3。全日本選手権優勝者は代表入り。2人目は全日本の2、3位やGPファイナル進出者、全日本終了時で国際スケート連盟(ISU)公認の五輪シーズン最高得点の上位3人から選ぶ。3人目はここで漏れた選手と、全日本終了時の3シーズンを対象とした世界ランキングや五輪シーズンのみの世界ランク上位3人などから選出する。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211223-00000095-chuspo-000-10-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d460c55da8ec7215fd68c264c047b76e6ecae70

【全日本フィギュア選手権・女子SP 坂本花織、圧巻の演技で首位!キスクラで歓喜 17歳新鋭の河辺が3位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/22(水) 12:11:24.04 ID:CAP_USER9
12/22(水) 12:06
スポニチアネックス

紀平梨花、全日本選手権欠場が正式発表 北京五輪代表入り消滅

 フィギュアスケート女子の紀平梨花(トヨタ自動車)が、23日開幕の全日本選手権を欠場することが22日、大会主催者から正式に発表された。

 紀平は夏に痛めた右足首の「骨軟骨損傷」が完治せず、グランプリ(GP)シリーズのスケートカナダとNHK杯を欠場。全日本に向けても回復が間に合わなかった。

 全日本は22年北京五輪の代表最終選考会を兼ねており、出場枠が3の女子は優勝選手らが選ばれる。紀平は世界ランクで選考対象となるが、全日本への参加は必須。故障などで欠場した場合、過去に世界選手権3位以内の実績があれば代表入りの可能性はあったが、紀平はこの実績がなく、五輪代表入りは消滅した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211222-00000121-spnannex-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/191faa69caf062df802df959dfc776a277809dd0

【フィギュア女子・紀平梨花の全日本選手権欠場が正式発表 北京五輪代表入り消滅】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/21(火) 06:02:46.84 ID:CAP_USER9
12/21(火) 5:15
東スポWeb

羽生結弦〝ファンのため〟全日本フィギュアで前人未到のクワッドアクセル挑戦へ
羽生結弦(東スポWeb)
 フィギュアスケートの五輪2連覇・羽生結弦(27=ANA)が22日開幕の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)に出場する見通しとなった。実戦は今年4月の国別対抗戦以来で、今季初戦となる。

 羽生は先月中旬のグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯前の練習中に転倒。「右足関節靭帯損傷」と診断され、NHK杯に続いて同第6戦のロシア杯(ソチ)の欠場も余儀なくされた。その際、日本スケート連盟を通じて「動きによっては痛みが出てしまいますが、日常生活では影響がなくなってきました」とコメント。すでに大会エントリーリストには名を連ねていたが、その動向に関心が集まっていた。

 今大会は来年2月の北京五輪代表最終予選という位置づけ。羽生は現時点で北京五輪出場の意向を明言していないが、仮に全日本を欠場しても過去の実績が加味されて代表入りは有力。それでも出場に踏み切る意志を固めたのは、日本のファンへの思いがあるのだろう。

 最大の注目は前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)。今大会は国際スケート連盟(ISU)の公認ではないが、成功すれば偉業としてフィギュア史に刻まれる。今年4月の国別対抗戦では観客が入った最終日の練習でチャレンジ。成功には至らなかったが「試合の場所でやることに意義がある」「刺激が少ない中でやるよりも刺激がある」と挑戦の理由を口にした。

 元国際審判員の杉田秀男氏は「非公認大会でも成功すればものすごいいこと」と期待を寄せる。日本のファンの前で歴史的瞬間が訪れるか。今季最大の注目が集まる中、24日に男子ショートプログラム(SP)、26日にフリーが行われる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211221-03877631-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e010c6344e912dd6a0c857efdcae6bfc9fa83fd5

【〝ファンのために〟羽生結弦、全日本フィギュアで前人未到のクワッドアクセル挑戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/20(月) 09:12:47.62 ID:CAP_USER9
12/20(月) 9:07配信
スポニチアネックス

男子ハーフパイプ決勝 5位の平野歩夢(AP)

 ◇冬季デュー・ツアー最終日(2021年12月19日 米コロラド州コッパーマウンテン)

 スノーボードのスーパーパイプ(ハーフパイプ)決勝で、冬季五輪2大会連続銀メダルで今夏の東京五輪スケートボード代表の平野歩夢(23=TOKIOインカラミ)が、実戦では史上初めて斜め軸に縦3回転、横4回転する「トリプルコーク1440」を成功させた。最終順位は5位にとどまったものの、来年2月の北京五輪で金メダル獲得への鍵を握るとされる超大技を決めてみせた。

 予選を1位で突破していた平野歩は、最終滑走者として迎えた決勝1回目で86・75点をマークしたものの、2回目は転倒して得点を伸ばせず。逆転優勝へ後がない3回目、最初のトリックでトリプルコーク1440に成功。その後に転倒して得点は24・25点にとどまったものの、95・50点で今季初めて公式戦に優勝した戸塚優斗(20=ヨネックス)も「クレイジー。僕も(今後)決めたい」と絶賛した。

 平野歩は今夏の東京五輪にスケートボード・パーク種目で出場。わずか半年間でのスノーボード再転向は不安視され、本人も「時間が足りない」と話していたが、W杯でも今月の開幕戦で4位に入るなど、ブランクを感じさせない滑りを披露。超大技を成功させたことで、悲願の金メダル獲得へ明るい光が差してきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211220-00000122-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1710c59d8a1c011daee1a9e55de71f86ce1a84c4

【スノボ男子ハーフパイプ決勝 平野歩夢が“人類史上初”の超大技に成功 北京五輪で悲願の金へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/21(火) 06:05:42.02 ID:CAP_USER9
12/21(火) 5:15
東スポWeb

紀平梨花 北京五輪消滅…右足完治せず「フィギュア全日本選手権」欠場へ
今季はGPシリーズも欠場していた紀平梨花(東スポWeb)
 フィギュアスケートの全日本女王・紀平梨花(19=トヨタ自動車)が22日開幕の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)を欠場することが濃厚となった。今季初めに負った「右足関節骨軟骨損傷」のケガが完治せず、欠場なら北京五輪出場の夢はついえる。紀平の今大会に懸ける思いと、今後の競技人生に迫った。

 懸念されたケガの具合は想像していた以上に深刻だった。紀平は今季初戦の予定だったグランプリ(GP)シリーズのスケートカナダ(10月)をケガのため欠場。その後も回復が遅れ、NHK杯(11月)も回避することになった。今回の全日本への欠場は現時点で決断しておらず、本人は最後の1%の可能性にかけて出場を模索。22日の公式練習に参加してわずかな望みにかける意思もあるが、状況的にはかなり厳しいようだ。

 それでも軽々に諦められないのは、来年2月の北京五輪への並々ならぬ思いがあるからだ。2018年の平昌五輪は「前年6月30日の時点で15歳以上」という年齢規定に21日足りず、出場できなかった。小学生のころから「2022年」に照準を合わせ、青春のほとんどをスケートにささげてきた。18年12月のGPファイナルでは平昌五輪女王のアリーナ・ザキトワ(ロシア)を破って優勝を果たす衝撃のシニアデビュー。だが、夢舞台が目前に迫る中で競技人生最大の「壁」にぶつかってしまった。

 日本スケート連盟の代表選考基準では、全日本選手権の出場は必須。世界選手権3位以内の実績があれば欠場しても特例で代表入りは可能だが、紀平は世界選手権4位(19年)が最高成績のため適用されない。つまり、今回の「欠場」は五輪断念を意味する。

 しかし、まだ夢には続きがある。北京大会に出ようが出まいが、もともと26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪を目指すことは決めている。「夢に向かって」と題された小学6年生時の文集には「必ず、オリンピックで優勝」と書かれている。その夢を果たすまで、紀平の挑戦は終わらない。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211221-03877628-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/88d9101856d66d4a1fc603f96a3a2df7de96f5c4

【フィギュア全日本女王・紀平梨花、北京五輪消滅…右足完治せず「全日本選手権」欠場へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/20(月) 06:09:12.06 ID:CAP_USER9
2021年12月20日 02:05ジャンプ
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/12/19/kiji/20211220s00074000186000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/12/19/jpeg/20211220s00074000185000p_view.jpg

 【ノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第9戦 ( 2021年12月19日 スイス・エンゲルベルク=ヒルサイズ140メートル )】 日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)は合計306・0点で2戦ぶり今季3勝目、通算22勝目を挙げた。小林は1回目に132・5メートルを飛んで2位に付けると、2回目は136・5メートルを飛んで154・0点をマーク。2位のカール・ガイガー(ドイツ)に12・2点もの大差を付けた。

 ジャンプ男子個人戦は、これで前半戦を終了。年末年始には伝統のジャンプ週間(ドイツ、オーストリアでの4連戦)を控えており、小林陵は18〜19年以来、3季ぶり2度目のジャンプ週間総合優勝とともに、史上初となる2度目のグランドスラム(4連勝)での総合優勝を狙う。

Official Results
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3917/2022JP3917RL.pdf

https://youtu.be/N33KIeyJzvw

【ノルディックスキー男子W杯ジャンプ第9戦 小林陵侑がW杯今季3勝目 ジャンプ週間2度目の制覇へ勢い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/09(木) 23:50:50.98 ID:CAP_USER9
https://times.abema.tv/articles/-/10008213

8日の『ABEMA Prime』に出演したフィギュアスケート元世界女王の安藤美姫氏が、週刊誌に狙われていた10代の頃の心労について語った。

この日の番組では、盗撮加害者の低年齢化や、厳罰化だけでは解決されない再犯の問題について特集。すると安藤は「私は16歳の頃から週刊誌に胸元を撮られたりしていた。競技を真剣にやっているのに…と精神的に閉じこもってしまったり、人の目に映るのが嫌だと感じてしまったりするようになった。消えてしまいたいと思ったこともあった」と告白。

「ただ周りの方のサポートや、応援してくれる方々の力があったので立ち直れたし、頑張ろうとも思えた。全く知らない人に写真を撮られて、それで精神的な苦痛を味わったり、人間不信になって働けなくなってしまう女性もいるという意味では、盗撮というのは、ある意味でパパラッチと同じだと思う」と指摘。

また、子どものいる女性たちによるネットパトロールのボランティア活動の話を受けて、「私にも娘がいるので、守ろうとすればするほど、娘の存在を隠さなければいけなくなる。でも、隠しすぎても娘の人生を潰してしまうかもしれない。今は少しずつ娘の話も出しながら、将来を守る方法を考えている。私の場合はもともと図太かったし、声を上げることもできたが、女性には本当に勇気がいること。罰則が軽いということであれば、もっとちゃんと法整備をしてほしい」とも話していた。(『ABEMA Prime』より)

https://times-abema.ismcdn.jp/mwimgs/5/8/-/img_5898e31b0c2bf11a372ecbe601ad7f05127178.jpg

【フィギュア元世界女王の安藤美姫、当時の心労語る「16歳の頃から週刊誌に胸元を…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/15(水) 16:35:34.18 ID:CAP_USER9
12/15(水) 15:28
スポニチアネックス

ペア“りくりゅう”北京五輪内定1号! スケート連盟が発表
三浦璃来、木原龍一組(撮影・小海途 良幹)
 日本スケート連盟は15日、フィギュアスケートのペアで昨季世界選手権10位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が22年2月の北京五輪と同3月の世界選手権(フランス)の代表に内定したと発表した。同じく発表されたショートトラック勢とともに、北京五輪の日本選手団内定第1号となった。

 カナダ・トロント拠点の三浦、木原組はオミクロン株による渡航制限のため五輪最終選考会を兼ねる今月23日開幕の全日本選手権には出場しない。同連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は「オミクロン株で全日本に出てきたとしてもカナダに入ることができなくなる可能性が高いことを考慮。過去、今季の成績を踏まえて内定とした」と説明した。

 また、日本が出場権を獲得した五輪団体戦に向けて伊東委員長は「五輪の団体戦でメダル獲得にはペアの成績が非常に重要ということも踏まえ、しっかり五輪まで練習していただきたいというのもありまして今回、内定させていただきます」と語った。

 日本連盟の五輪選考基準では全日本選手権の参加を必須としているが、この日、新たに追加された選考基準の追記に「新型コロナウイルス感染症による体調不良、感染拡大防止のための出場辞退等に対する対応」として欠場選手した場合も成績を基に選考されることになった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211215-00000179-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b49d5ba70af8e1b604e942f51c51aeeb088720a0

【フィギュアスケートペア“りくりゅう”北京五輪内定1号!】の続きを読む

このページのトップヘ