SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スキー・スノーボード

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/30(日) 16:01:20.51 ID:D2QTu+wZ9
10/30(日) 15:18配信
スポニチアネックス

高梨沙羅 試技で着地の際に左足首を痛め欠場、病院には行かず NHK杯ジャンプ大会

 ノルディックスキーのNHK杯ジャンプ大会は30日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われ、女子の高梨沙羅(クラレ)は、試技で着地の際に左足首を痛め、大事をとって欠場した。病院には行かず、トレーナーによるアイシングで治療。11月5日のW杯開幕戦(ポーランド・ビスワ)は予定通り出場する見込み。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221030-00000212-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/4098ff6ec179560799377eb54b8bc80e96303d7d

【NHK杯ジャンプ大会 高梨沙羅、試技で着地の際に左足首を痛め欠場…病院には行かず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/26(水) 18:07:17.04 ID:chrm08VF9
〝難題〟を克服できるか。ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(26=クラレ)が25日、都内で開かれた2022―23年シーズン開幕前の会見に出席。「ジャンプをやると決めた中で、自分のやるべきことに尽くすしかない。目の前のやるべきことをこなしていきたい」と抱負を語った。

 国際スキー連盟(FIS)がスキー板の規格改正などルール変更を行ったことについては「(規格が変わった)道具にいち早く慣れていくことが大事」としつつも「道具に合わせきってしまうと、また変更があった時に変えられなくなるので、そこを意識しながらやっていきたい」と再変更も視野に入れながら臨む構えだ。

 一方で、今季も関心を集めそうなのが「スーツ問題」だ。高梨は2月の北京五輪混合団体で自身のスーツ規定違反によりメダルを逃し、今月のGPクリンゲンタール大会でも同様に失格となった。選手からは測定方法を疑問視する声が上がる中、全日本スキー連盟(SAJ)関係者は「どんどんルールを変えて、いいものにしようと思っても、人間がやっていることだからどうしても〝穴〟というものができてしまう」と指摘する。

 その上で「日本選手がターゲットにされている? それはない。選手には競技そのもの以外のところで気を使わせてしまって申し訳ないが、ジャンプはこういうものだと割り切ってやっていくしかない」と強調した。日本だけではなく他国の選手も失格になっているだけに、SAJ側は現行のルールを受け入れるしかないとの立場だ。

 とはいえ、今後も失格が相次ぐようであれば、再び物議を醸すことは必至。選手たちは、引き続き難しい戦いに挑むことになりそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/243006

【スキージャンプ・高梨沙羅を悩ますスーツ規定問題 SAJ関係者は「日本選手がターゲット?それはない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/17(月) 09:54:05.43 ID:CAP_USER9
東スポWEB 10/17(月) 5:16

 スーツ規定の〝実情〟とは――。スキージャンプ女子で平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(26=クラレ)が、単独インタビューに応じた。2月の北京五輪は混合団体で自身のスーツ規定違反によりメダルを逃すなど、不本意な結果に終わったが、6月に現役続行を表明。新たな一歩を踏み出したジャンパーが、今季から変更されたスーツ測定の現状、SNSとの向き合い方、2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪への思いなどについて胸中を激白した。

 ――2022―23年シーズンがスタート。国内外の2戦を終えてジャンプの感触は

 高梨 ルール変更(スーツ、スキー板、ブーツの規格改正など)で道具が変わったことやシーズンインが少し遅くなってしまったこともあり、今は自分のジャンプを一からつくり直している最中です。また新しい気持ちで臨んでいきたいと思っています。

 ――2日のクリンゲンタール大会はスーツ規定違反で失格に終わった

 高梨 今回は失格にならないように、事前のスーツチェックをクリンゲンタールに入ってからずっとやっていましたし、試合当日もスーツを作った技術者の方が帯同されていたので、一緒にボディーメジャーメントして「大丈夫だね」という中で失格になった。ちょっとショックを隠せないというか、悔しい気持ちになりましたね。

 ――今季から身長の測定にレーザー機器が導入された

 高梨 レーザー(機器を使用するの)は登録時に身長と股下、腕の長さを計測する1回だけ。試合ではマテリアル(コントロール)でランダムに呼ばれるんですけど、それ(スーツの測定)は普通にメジャーで測るので変わっていないんです。私の場合は腕とヒザが1センチ大きかったと。

 ――スーツの測定に対する個人的の感想は

 高梨 決まった測り方がないので、コロコロ変わっているなという感じではあります。コントローラー(計測者)はいつも一緒で、測り方が変わるんですよね。(北京)オリンピックは特殊な測り方だったし、ワールドカップ(W杯)はまた違う測り方だった。その(測定方法の)認識を(計測者と)スーツを作っている人と合わせないと。

 ――それが一番の課題か

 高梨 そう思います。だってメジャーメントしてピッタリのスーツを作っているので。それで1センチ大きいと言われるのはちょっと…という感じでした。

 ――北京五輪混合団体も同様の失格を経験している。当時は伊藤有希(土屋ホーム)、小林陵侑(同)、佐藤幸椰(雪印メグミルク)と臨んで4位だった

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5a5bb536640988c1a27fcc89e0a972d2d35661b

【「コロコロ変わっているなと…」今月も失格…高梨沙羅、スーツ規定と苦闘する胸中告白】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/14(金) 19:55:18.93 ID:CAP_USER9
高梨、スーツ規定明確化を要望 北京五輪で失格「引退も考えた」:北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/745488

10/14 19:17 更新

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が14日までに取材に応じ、ジャンプスーツの規定を「もう少し明確にしてほしい」と訴えた。2月の北京冬季五輪混合団体で、高梨を含む4カ国の5人が違反を指摘されて失格となり、検査手法への疑念が噴出。今月の国際大会でも失格となっており、透明性の向上を求めた。

 スーツは大きいほど揚力を得られて遠くに飛びやすいとされ、ゆとりの幅が決まっているが、検査の方法には曖昧な部分もあると指摘されている。通常のワールドカップ(W杯)ではスパッツをはいたまま検査を受けていたが、五輪混合団体では脱がされたことを明かし「測り方が違った」と説明。五輪後には国際連盟の担当者と話し合ったが、納得のいく回答は得られなかったという。

 今月2日にドイツで行われた国際大会では、腕の部分が規定より大きいと判定されて再び失格に。違反にならないように、同行していた全日本連盟の担当者と打ち合わせながら、毎日慎重にスーツをチェックしていたそうで「万全の状態で臨んだのでショック」と心境を吐露した。

 高梨は北京五輪の結果を受けて「辞めることを考えていた」と引退を検討していたという。しかし多くの励ましを受けて「辞めることでは償いにならない。自分が飛ぶことで与えられるものがあるなら、やり続けよう」と6月に現役続行を決断。(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【スキージャンプ・高梨沙羅、スーツ規定明確化を要望 北京五輪で失格「引退も考えた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 20:41:59.45 ID:CAP_USER9
 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(25)=クラレ=が2日、今季GPクリゲンタール大会(ドイツ)に出場したが、スーツ規定違反で失格となった。

 練習ラウンドでは118メートルを飛んだ高梨だったが、1本目でスーツ規定違反で失格となった。

 高梨は今年2月の北京五輪の団体戦でスーツ規定違反による失格。チームのメダルを逃した責任を背負い、シーズン終了後に進退を熟考した。6月にはSNS上で現役続行の意思を表明し、7月には「まだそこ(北京五輪)で終わっちゃいけない気がして、ジャンプを続ける選択をした。五輪の失敗は五輪じゃないと消化できない気がしている」と、26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪挑戦を視野に入れる考えを示していた。

 新たな思いとともに臨んだ新シーズンのスタートが、まさかの形に終わった。

10/2(日) 20:28配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a036feb2ea1eae81042845c631204caf45478b8
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221002-00000156-dal-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=461&exp=10800

【スキージャンプ・高梨沙羅、今季海外初戦でまさかのスーツ規定違反失格 北京の悪夢から再起も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/19(金) 22:48:17.46 ID:CAP_USER9
2022年7月12日 11時55分スポーツ報知 # 芸能# 話題
国母和宏のインスタグラム(@kazukokubo)より

 元バンクーバー五輪代表のプロスノーボーダー・国母和宏(33)が12日までに自身のインスタグラムを更新し、最新の全身ショットを公開した。

 国母は自身の関わるアパレルブランドのモデルとして撮影した写真を掲載。黒いシャツとカーキのパンツを着用し、ベージュの靴を履いている。腕に入ったタトゥーもちらり。

 フォロワーからは「羨ましいなぁ」「ィヤバ!!」「お散歩できるの羨ましいです」などの声が寄せられた。

 国母は09年11月に智恵夫人と結婚し、一男二女の父に。インスタでは地元・北海道で子どもたちと過ごすショットも多数投稿している。

https://hochi.news/articles/20220712-OHT1T51016.html?page=1

https://hochi.news/images/2022/07/12/20220712-OHT1I51031-L.jpg

【プロスノーボーダー・国母和宏、33歳現在の姿 腕のタトゥー&おしゃれな全身ショット「ヤバ!!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/28(木) 23:04:54.44 ID:CAP_USER9
ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(25=クラレ)が、26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪挑戦を明言した。28日、北海道・士別市内で行われた「クラレ高梨沙羅杯ジュニアサマージャンプ朝日大会」で、現役続行表明後、初めて取材に応じた。北京五輪で失意を味わった日本の女王は、4年後に向けた再出発へ、決意を新たにした。

    ◇   ◇

 <高梨の一問一答>

 -北京五輪後からの苦しい時間

 高梨 ジャンプに対する自分の気持ちがよくわからない中でいろいろ考え、ジャンプを飛べない時期があった。自分で考えたイメージを体現できないので、頭がパンクしそうになるような。つらかった。今後どうしたらいいか考えた時にスキージャンプのためになることをやっていきたいと思った。そのためにもジャンプを続けるという選択をした。

 -4年後の五輪へ

 高梨 まだまだジャンプを飛び始めたばかりなので試合に出るようなジャンプはしていないが、4年後に向けて日本チームの力になれるような技術を持っていけるように、いろいろ試行錯誤していかないといけない部分はあるが、挑戦し続けていきたい。

 -現役続行を決めるまでの合宿中での気持ちの変化は

 高梨 (練習を)見に来てくれている人たちが「わー」っと驚いて見てくださっている。まだまだいいジャンプを飛んでいなくても喜んでくれている姿は、私にとってすごく元気をもらえた。

 -同じくソチ、平昌、北京と3大会連続で五輪に出場したフィギュアスケート羽生結弦さんが一線から退いた

 高梨 ジャンプも魅せる競技だけど、それ以上に魅せる競技だと思う。精神的な部分も肉体的、体調的な部分も、整えるのが本当に難しそうな競技だなとは思った。

 -今後のキャリアで成し遂げたいこと

 高梨 たくさんの人たちに支えてもらっているのは間違いない。スキージャンプ界にとってプラスになるようなことをやっていきたい。

7/28(木) 22:06配信 日刊スポーツ 高梨沙羅「見に来てくれている人たちが『わー』っと驚いて…すごく元気をもらえた」/一問一答
https://news.yahoo.co.jp/articles/dad971abcd20e4df2cfadaa06bdc4b586cdd5480
自身がデザインを手掛けたビブスを披露する高梨(撮影・保坂果那)
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220728-37281550-nksports-000-2-view.jpg

【26年ミラノ五輪へ向け、高梨沙羅「日本チームの力になれる技術を持っていけるように」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/02(土) 21:12:50.84 ID:CAP_USER9
2022年06月30日 19時28分

 北京五輪の男子スキークロスで銅メダルを獲得したセルゲイ・リジク(ロシア)が五輪の採点競技に対して、まさかの〝暴論〟を展開した。

 ロシアメディア「スポーツ・エクスプレス」は「北京五輪メダリスト、フィギュアスケートを腐敗したスポーツと呼ぶ」と題する記事を掲載。
リジクは同メディアに対して「点数で決まるようなスポーツや種目は、最も腐敗していて、不純なものだ。例えば、フィギュアスケート。あるいは体操。東京(五輪)では私たちの少女(ロシアの女子選手)たちが好き勝手に過小評価され(結果を)ねじ曲げられた。
私の考えではオリンピックでのアナスタシア・タタリナ(女子ビッグエア)の点数でさえ過小評価され、そのために彼女はメダルを取ることができなかったのだ! 彼女は世界チャンピオンだというのに」と不満をぶちまけた。

 その上で「最も純粋な競技は、ストップウオッチで行う競技だ。そこでも不正は可能だが…。でも、スキークロスは一緒にスタートして(ゴールに)先にいた人が勝者なんだ」と自身の競技の公平性を指摘した。

 さらに「フィギュアスケートは五輪競技から外すべきか?」と問われたリジクは「捨てるべきではなく、評価システムを変える必要がある。
人工知能(AI)を導入して、コンピューターがジャンプを評価するようにするのは理にかなっている。しかし、誰がそれをコントロールするのか? 誰がソフトウエアを書き、サーバーはどこに置くのか。
それに、審査員が全員いなくなるわけだから、彼ら(審査員)が気に入るとは思えない」と持論を展開した。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/4290611/

【北京五輪スキー銅メダリストが〝暴論〟「フィギュアスケートは腐敗して不純な競技」】の続きを読む

このページのトップヘ