SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

プロレス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/10(日) 21:25:00.61 ID:CAP_USER9
東スポ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/zero1/4120181/
2022年04月10日 21時00分

 ゼロワンの「20周年&21周年記念大会」として開催された「押忍プレミアム興行」(10日、東京・両国国技館)でアクシデントが発生した。

 メインでノア・杉浦貴の持つ世界ヘビー級王座に団体を率いる大谷晋二郎(49)が挑戦。序盤から激しい攻防を展開したが、15分を過ぎたところで杉浦にジャーマンでコーナーのターンバックルにたたきつけられてから全く動けなくなり、レフェリーストップで試合が終了した。

 試合を裁いた笹崎勝己レフェリーは、試合直後の大谷の状況について「意識はありました。声も聞こえていて、今どこにいるかもはっきりわかる状態だった」と説明。しかし「手が動かない」「体が動かない」と訴えており「こちらが手を触っても『感触がない』と言っていました」と、思うように体が動かせない様子だったという。

 大谷はすぐに救急隊により都内の病院に搬送された。容体が心配される。


試合中に体が動かなくなってしまった大谷(東スポWeb)
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/4cbfdbf9dfe3d6e4841718f914e7327f-450x334.jpg

【『ゼロワン』試合中に動けなくなった大谷晋二郎 意識はあるも「体が動かない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 08:51:18.28 ID:CAP_USER9
3/8(火) 7:52配信
スポーツ報知

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚が8日、自身のツイッターを更新。ロシア軍のウクライナ侵攻に絡め、日本の領土問題に言及した。

 この日、岸田文雄首相が7日の参院予算委員会で、北方領土について「わが国の固有の領土、わが国が主権を有する領土だ」と明言したことを報じた記事を貼り付けた大仁田。

 「岸田総理へ」のハッシュタグのもと書き始めると、「それなら尖閣も『固有の領土』ですが中国が領海侵犯や領空侵犯を繰り返す始末」とつづり、「ロシアのウクライナ侵攻を見ていると明日は日本に降りかかるかもしれないのだ」と続けていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-03081008-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/69be3ca21603bff8aaffafc23f84b5f5bd79508e

【プロレスラー大仁田厚、岸田首相の「北方領土は日本固有の領土」発言受け「それなら尖閣も『固有の領土』ですが」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/15(火) 06:29:54.57 ID:CAP_USER9
2/15(火) 5:15配信

東スポWeb

 運命の対決がついに実現か。〝バカサバイバー〟こと青木真也(38)が、秋山成勲(46)との対戦について口を開いた。シンガポールの格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」でも対戦が浮上しては消滅してきた因縁のカードで、いよいよ実現が濃厚になっている模様だ。

【写真】後に「ヌルヌル騒動」が持ち上がった2006年大みそかの秋山―桜庭戦

「青木VS秋山」が最初に浮上したのは2008年のこと。格闘技イベント「DREAM」のリングで、青木が再三にわたり対戦を呼びかけたのがきっかけだ。その後、実現しないまま浮かんでは消えてきたこのカードは、昨年も秋山のケガにより消滅した。

 それが今年になって再燃し、韓国メディアも行方を注視している状況だ。14日のDDT新宿大会前、本紙が青木を直撃すると「交渉のテーブルには着いちゃったから仕方ない」と実現に向け動いていることを認めた。気になる進捗状況については「例えて言うならウクライナとロシアのような状況だ」と説明。〝開戦間近〟であることをうかがわせた。

 一方で秋山戦への思いについては「仕事でしかない」と言う。「もし実現したとしても、もう、みんな飽きてるんじゃないか?っていうのは正直あるよ。だって、何より俺が飽きてるんだから」と冷え切った表情で口にすると「じゃあ、俺は試合があるから」と取材を打ち切った。

 その後、青木は飯野〝セクシー〟雄貴とのEXTREME級王座のV5戦に出場。試合は両者の体にオイルを塗って戦う「トルコレスリングルール」で行われ、自らこのルールを指定した青木は「すっごい滑るよ!」と悲鳴を上げながら苦戦を強いられる。最後は場外戦の末にオイルで滑ってカウント20以内に戻れず、リングアウト負けにより王座から陥落した。

 試合後、丸腰で再度の取材に応じた青木は「ベルトのことは残念だ。でも、これで〝セクシー2連戦〟が実現しても大丈夫だろ。何をキョトンとしてるんだ? ヌルヌル対策はバッチリってことだよ。どれだけ塗ってきてもいい。ただし用法・容量は守ってこい!」と声をしゃがれさせた。

 2006年大みそかのK―1「Dynamite!!」で桜庭和志が秋山と対戦。だが秋山の脚がつかめず「すっごい滑るよ!」と抗議し、後日、秋山が試合前にクリームを塗っていた事実が公表された。世に言う「ヌルヌル騒動」だ。

 まさか、これを言うためにこのルールにしたのか?という疑問はさておき、今後も日本格闘技界注目の一戦を追いかけたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4b2e0770de5d12ce7d1184dde4c49eda706771b

最終更新:2/15(火) 5:15
東スポWeb

【〝ヌルヌル王座陥落〟青木真也VS秋山成勲ついに実現へ…「すっごい滑るよ!」は布石か?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 21:55:32.55 ID:CAP_USER9
全文はこちら
http://news.yahoo.co.jp/articles/a999bae5ac3faf7b64eeb05c14b4312ce209c4eb


昭和のプロレス界で活躍したストロング小林さん(本名・小林省三)さんが2021年12月31日、東京都内の病院で死去した。81歳だった。


なぜ新日本プロレスに移籍することになったのか?
プロレスラーとしてのストロング小林には、光と影がある。

選手としてのハイライトシーンを挙げるなら、日本中の注目を集めた前述のアントニオ猪木戦(1974年3月、12月)。
一方、実質14年間でプロレスラー引退を余儀なくされた経緯については、本人も「不完全燃焼」を認めている。

2017年、ミスター高橋氏とともに小林さんの自宅を訪ね、長時間にわたり話を聞く機会があった。
ファンを熱狂させた猪木戦よりも、どちらかと言えば苦難や痛恨を包み隠さず淡々と語る小林さんの口調からは、自分で自分の栄光を語るまいとする昭和のプロレスラーの矜持のようなものが感じられた。

国際プロレス時代、全盛期で187センチ、125キロという恵まれた体格を買われ、団体の若きエースとなった小林さんだが、なぜ新日本プロレスに移籍することになったのか。

団体移籍の原因となった「ある選手との確執」
当時、「小林は団体を捨ててカネに走った」との批判が渦巻き、国際プロレス側が小林さんに対し違約金を求める騒動にも発展した。本人は「ある選手との確執が原因」と語っていた。

「国際プロレスではグレート草津がね、吉原社長に『小林がどうのこうの』と言い始めて、それを吉原社長が本気にしてしまったところがあったんだよね。それで社長がこうしはじめて…」

小林さんは、手で人を追い払う仕草をしてみせた。ラグビー出身で、国際プロレスのマッチメーカーもつとめていた主力選手・グレート草津(2008年死去)と手が合わず、かといって相手を叩き潰すような性格でもなかった小林さんは、退団を決意したという。

当時、国際プロレスの所属選手だったマイティ井上氏(72)が語る。

「草津のオッサンが巡業で下の選手をイジメたりするのは、事実としてありましたよ。でもね、小林さんもなんでいろいろやられておとなしくしてたんかなと。俺らは不思議に思っていました。確かに草津のほうがこの(プロレス)業界に入ったのは少し先だけど、年齢も小林さんのほうが上だし、団体のエースなわけですよ。

腕力で言ったら、なまくらの草津あたりじゃ小林さんに勝てないのに、何も言わない。俺だったら、先輩だろうが何だろうが理不尽なことであればハッキリ言いますよ。国際プロレスっていうのは(ラッシャー)木村さんや(アニマル)浜口もそうだったけど、見かけと違っておとなしい人が多いんですよ」

グレート草津との不和の一方で、和解できた人も…
だが、グレート草津に対する小林さんの不信は晩年になっても氷解することはなかった。小林さんはこう語っている。

「ずっと後になってね、熊本にいる知人から電話がかかってきたことがあったんですよ。『小林さん、ちょっと珍しい人と代わります』というんでね。相手はグレート草津でした。開口一番『オイ、お前何やってんだ、いま』と言うもんですから、僕は黙って電話を切ったんです。業界を離れて長いのに、いまさらお前呼ばわりされることはないと思ってね」

草津のことは許せなかったが、和解できた人もいる。

小林さんは1985年、胃がんを患い、埼玉県川口市の病院に入院していた国際プロレスの吉原社長を見舞いに行っている。国際プロレス退団時のわだかまりを解消したいと思っていた小林さんに対し、病床の吉原社長はこう語りかけた。

「小林、会いたかったよ」

小林さんの目から、一筋の涙が落ちた。

「いろんな選手をつくってきたけれど、小林がいちばん、俺のことを思ってくれたな」 

小林さんは、吉原社長の手を固く握ったという。この面会の直後、吉原社長は他界した。55歳の若さだった。

【ストロング小林さん死去 昭和プロレス史の巨星が語っていた「ある選手との確執」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 20:02:28.46 ID:CAP_USER9
1/6(木) 19:22配信
東スポWeb

ストロング小林さん(東スポWeb)

 アントニオ猪木氏と「昭和の巌流島」と呼ばれる名勝負を繰り広げたことで知られる元プロレスラーのストロング小林こと小林省三さんが2日に死去していたことが分かった。81歳だった。

 近しい関係者によれば小林さんは2日の朝に都内の病院で亡くなった。死因は不明だという。

 小林さんは1966年に国際プロレスに入門。翌67年に日本初の覆面レスラー「覆面太郎」としてデビューした。68年から素顔に戻り、国際プロレスのエースとして活躍した。

 74年2月には国際プロレスを退団し、一時的に東京スポーツ新聞社の所属レスラーとなった。同年3月に新日本プロレス蔵前国技館で猪木の持つNWF世界ヘビー級王座に挑戦。ジャーマンスープレックスで敗れたが、当時としては異例の日本人選手同士・団体エース同士のタイトルマッチは高い注目を集め「昭和の巌流島」と呼ばれた。

 その後は新日本プロレス、WWWFなどで活躍し84年に引退。引退後は「ストロング金剛」の芸名でタレントとしても活躍。芸能活動引退後は脊髄損傷の重傷を負い、数年前から寝たきりの生活を送っていることが明かされていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220106-03911135-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d15dba7c43b396a02317bac3cb1bc44947e78e5

【元プロレスラーのストロング小林さんが死去 74年にアントニオ猪木と「昭和の巌流島」の名勝負】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/05(水) 07:56:08.28 ID:CAP_USER9
1/5(水) 5:15配信
東スポWeb

東京ドームで新日本プロレス激動の50年を振り返った坂口征二相談役(東スポWeb)

 メモリアルイヤーが華々しく幕開けだ。プロレス界の盟主・新日本プロレスが4日、旗揚げ50周年のスタートとなる東京ドーム大会「レッスルキングダム16」を開催。オープニングに団体創始者で闘病中のアントニオ猪木氏(78)が大型スクリーンに〝登場〟し花を添えたが、1973年4月の入団から山あり谷ありの団体を支え続けた功労者の〝世界の荒鷲〟坂口征二相談役(79)が本紙の取材に応じて〝50年秘話〟を告白。さらに55年の付き合いとなる戦友・猪木氏へ熱いメッセージを送った。

 1972年3月6日に旗揚げした新日本のメモリアルイヤーは、猪木氏のメッセージ映像で幕を開けた。「1・2・3、ダーッ!」と掛け声を発すると、会場からは万雷の拍手が巻き起こった。

 この光景を感慨深く見つめていたのは長年にわたり団体を支え続けた坂口氏だ。「いろいろなことがあったけど、本当。苦しい時は残った人間が頑張って、また立ち上がって…。いい思い出ばっかりだよ。50年、よくみんな頑張ったと思うよ、社員も選手も。俺は選手20年、社長10年、相談役20年とどっぷり漬かって一番古株になってしまったけどな」と柔和な笑みを浮かべた。

 振り返れば波乱万丈の連続だった。「モハメド・アリ戦(76年6月)の後は十何億も借金、つくってよ。あの時は本当どうなるかと思ったけど、テレビ朝日が肩代わりしてくれて、頭上がんないよな」。坂口氏は73年4月、NETテレビ(現テレビ朝日)からの応援を約束された上で日本プロレスから移籍した。

 これが「ワールドプロレスリング」の新日本中継の始まりだ。「危ない時もあったんだよな。日テレが(2009年にプロレス中継を)やめて、テレビ朝日もそうなるんじゃないかみたいなうわさもあった。でも『猪木さんと一緒になったら全面的に応援する』という約束を本当に49年間守ってくれて…。今日があるのもテレビ朝日のおかげだと思うよ」と感謝を口にする。

 1984年に見舞われた長州力らの大量離脱は、武藤敬司、蝶野正洋、故・橋本真也さんの闘魂三銃士の台頭で乗り切った。格闘技人気に押された2000年代前半は観客動員で大苦戦した〝暗黒時代〟で、「東京ドーム撤退」を進言する声も社内にあった。それでも坂口氏は「新日本のためじゃない、日本のプロレスのためにやるべきだ」とスケール維持にこだわってきた。

 この日の大会も集客は1万2047人(主催者発表)と苦戦したが「もっと勢いよくいきたかったと思うけど、ここ2年はコロナで勢いを出せなくなったよね。世の中みんなそうだろうけど、正常に戻るにはまだ時間、かかるだろうから。頑張って一刻も早く以前の状態に持っていってもらいたい」とエールを送った。

 最大の戦友である猪木氏は闘病の姿が大きな話題を呼んでいる。「一番最初に映像を見た時は、俺は本当、涙が出そうになってよ。文句を言ったんだ、猪木さんの事務所のやつにね。『なんであんな写真を出すんだ』って」と振り返るが、徐々に元気を取り戻している様子を見てひと安心したという。

「55年の付き合いだけど、あの人の生き方も、すごいところもずっとそばで見てきた。あの人の生き方を俺はまねできなかったけど、不屈のものを持っていたし、元気になってもらいたいんだ。奇跡が起きるんじゃないの? あの人には」と復活を信じている。

 激動に次ぐ激動を乗り越えてきた坂口氏には一つの願いがある。「本当は猪木さんにもう一回、新日本のリングに上がってもらいたいよね。思い入れはあると思うよ。記念イベントができるなら、藤波(辰爾)から長州から全員そろってもらいたい。いろんなことがあったけど、50年を迎えられるんだから。ケツまくって逃げたやつもいたし『コノヤロー!』って思うやつもいたけどよ(笑い)。今となってはみんな集まってやってみたいと思うよね」

 再会の日を夢見て、世界の荒鷲はこれからもセルリアンブルーのリングを見守り続ける。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220105-03907460-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae96f6de68a682c31e876c93f00ad2c04ed8d7d9

【〝世界の荒鷲〟坂口征二氏が激動の“50年秘話”告白「猪木さんにもう一回リングに上がってもらいたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/02(日) 11:48:17.55 ID:CAP_USER9
ビジョンに登場したアントニオ猪木氏(東スポWeb)

 闘病中の〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(78)が大みそかに帰ってきた。

 格闘技イベント「RIZIN.33」(さいたまスーパーアリーナ)の休憩明けに大型ビジョンに登場した猪木氏は「大みそかは格闘技だということで、RIZIN、まだまだ盛り上がっていきましょう!」と観客に呼びかける。さらに「お前らはなんでそこにいる? パジャマかーって。パジャマから今着替えた所ですって」とアントンジョークを炸裂させた。

 さらに「コロナもまだまだ大変なところですが、みんなの力を合わせて頑張っていきましょう。どんなことがあっても、良かったと言える。本当に今日みんな盛り上がって、いい年を迎えましょう」と力強い言葉。最後は「ということで…」からの「1、2、3、ダー!」で締めて、会場を大いに盛り上げた。

https://youtu.be/4QQVSRQc1ZY

2021/12/31(金) 20:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9812c197e3a09f5be534eeeed9ea8634c6b674e
https://i.imgur.com/CvQaj6l.jpg

【〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏が大みそかに帰ってきた!大型ビジョンで「1、2、3、ダー!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/15(水) 16:26:19.75 ID:CAP_USER9
12/15(水) 15:52
スポニチアネックス

蝶野正洋 入院&退院を報告 手術は無事に成功も「普通に歩けるようになるには少し時間が掛かりそう」
蝶野正洋
 プロレスラーの蝶野正洋(58)が15日、自身のインスタグラムで入院していたことを明かした。

 蝶野はこの日、10日18日以来、約2カ月ぶりに投稿。「何とか成るもんだ 日/2100カロリー の病院食…昨日退院」とだけ記し、病院食と思われる食事の写真を10枚公開した。

 蝶野は今月3日にツイッターで「外はまだ暗い…昨日入院で今日手術 早く痛みから解放されたい」と2日に入院、翌3日に手術を受けることを報告。14日午後には「手術は成功で今日退院。普通に歩ける様に成るには少し時間が掛かりそそうですが、引き継ぎよろしくお願いします」とツイートしていた。

 病状や手術の内容など、詳しいことは触れておらず、この投稿に、フォロワーからは「無事に手術終わってなによりです。ご自宅でゆっくり体を休めてくださいね」「心配です…。早く元気な蝶野さんに復活して下さい」「入院? 退院したという事は大丈夫って事なんですかね?」「入院って大丈夫ですか?お大事にして下さい」などの声が寄せられている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211215-00000186-spnannex-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/40d5b2bd0eadb3d08fe07cb2acb4933ca2133efc

【写真】病院食と思われる食事の投稿(インスタから)
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/12/15/jpeg/20211215s00003000366000p_view.jpg

【〝黒のカリスマ〟蝶野正洋 入院&退院を報告 手術は無事に成功も「普通に歩けるようになるには少し時間が掛かりそう」】の続きを読む

このページのトップヘ