SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スポーツ関連

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 06:22:50.79 ID:CAP_USER9
1/6(木) 5:35
スポニチアネックス

飛び込み元日本代表・馬淵優佳 17年以来の現役復帰表明、夫・瀬戸大也も後押し 最終目標はパリ五輪
練習中に笑顔を見せる馬淵(撮影・木村 揚輔)
 17年8月のユニバーシアードを最後にプールを離れていた飛び込み元日本代表の馬淵優佳(26)が5日までにスポニチ本紙の取材に応じ、現役復帰を表明した。板飛び込みでの24年パリ五輪出場を目標に掲げ、昨年10月から本格的な練習を再開。決断に至った理由や現在のトレーニング状況、今後の青写真などを明かした。

 水面に何度も打ちつけられた体はあざだらけ。昨年10月から練習を再開した馬淵は「下手な証拠です」と苦笑いを浮かべた。昨年12月には石川県で開催された中田周三杯に出場し、4位入賞。大目標として24年パリ五輪出場を視野に入れつつ「まずは世界で戦える種目構成にするため(1度目の)現役時代よりも難易率を上げないといけない。それができたら来年の日本選手権や24年の代表選考会が見えてくる」と目前の課題を一歩ずつクリアしていく姿勢を示した。

 17年8月のユニバーシアードを最後に現役を引退。東京五輪を前に、1児の母である陸上女子100メートル障害東京五輪代表の寺田明日香(31=ジャパンクリエイト)らトップアスリートから話を聞く機会があり「限界を決めずにやる姿勢が格好良かった。自分にはやり残したことがある」と現役復帰の思いを強くした。

 現在は自宅のある埼玉県と練習拠点の栃木県を行き来する生活。家を留守にする間は1歳と3歳の娘は両親に面倒を見てもらっている。夫の競泳男子の瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)は世界を転戦しており、家族皆で過ごせる時間は短いが、毎日LINEでグループ通話してコミュニケーションをとっている。現役復帰を瀬戸に相談した際には「いいんじゃない」と理解を示され「夫も挑戦するのが好きなので私の挑戦も後押ししてくれています」と語った。

 競技を離れていた間にはバラエティー番組出演や女優業も経験。その道を極める俳優や芸人の凄さを肌で感じたことも刺激になった。今後はアスリートとしての活動に専念する方針で「世の中には何かをやりたいと思っても、環境が整わなかったり、周りの目が気になったりして、一歩を踏み出せない方がたくさんいるはず。人生一度きり。自分の飛んでいる姿で一人でも多くの方に何か感じてもらえればうれしい。今は競技が楽しい」と充実の日々を送っている。

 《瀬戸はプロ転向、世界で活動》馬淵の夫・瀬戸は競泳男子で2大会連続五輪出場。16年リオは400メートル個人メドレーで銅メダル獲得も、昨夏の東京はメダルなし。昨年10月に肖像権を自身で管理するプロ選手に転向。24年パリ五輪を目指して練習に励んでおり、昨年は米国でトレーニングを積むなど世界を転々としている。昨年12月にUAEで開催された世界短水路選手権では200、400メートルの個人メドレー2冠を達成した。

 【馬淵 優佳(まぶち・ゆか)】

 ☆生まれ 1995年(平7)2月5日、兵庫県出身の26歳。父崇英氏は中国出身で飛び込み日本代表コーチを務める。身長1メートル66、血液型A。

 ☆競技歴 3歳で水泳、6歳で飛び込みを始める。甲子園学院高―立命大。08年日本選手権で板飛び込みとシンクロ高飛び込み2冠。09年東アジア大会で銅メダルを獲得した。11年世界選手権出場。17年11月に引退を表明した。

 ☆結婚 17年5月に16年リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也と結婚。18年6月に第1子、20年3月に第2子を出産。夫を支えるため、アスリートフードマイスターの資格取得。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220106-00000095-spnannex-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6aab401056e6d5df37722f7e4dbbed6587979785

【最終目標はパリ五輪!飛び込み元日本代表・馬淵優佳、17年以来の現役復帰表明 夫・瀬戸大也も後押し】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/05(水) 07:57:42.45 ID:CAP_USER9
1/5(水) 5:15配信
東スポWeb

青学大効果で乃木坂46・佐藤楓の露出が増えそうだ(東スポWeb)

〝青学大旋風〟に芸能界からも熱視線――。正月の風物詩となった今年の箱根駅伝は、青山学院大学が2年ぶり6度目の総合優勝を飾った。5時間21分36秒の復路新、10時間43分42秒の総合新記録と、青学大が圧倒的な強さを見せた裏で、乃木坂46・佐藤楓(23)が〝駅伝アイドル〟としてブレークの兆しだ。さらに〝ビッグボス〟こと日本ハムの新庄剛志監督(49)と青学大・原晋監督(54)との深い縁に、テレビ局が熱視線を送っているという。

 後続を10分51秒も引き離すという歴史的な総合新記録で青学大は圧勝した。優勝後、青学大の公式ツイッターでは、チームをまとめ上げた飯田貴之主将(4年)と神林勇太前主将(現サッポロビール)のツーショットを掲載。神林前主将は文化放送の中継で往路の解説を担当したこともあり、「豪華なショット!」などファンを歓喜させた。

 そんな神林前主将と「いとこ」という間柄なのが乃木坂46の佐藤だ。高校時代から駅伝に興味を持ちはじめ、今では雑誌「月刊陸上競技」による「月陸Online」で大学駅伝に関する連載も担当している。

 3日には自身のインスタグラムのストーリーズ機能で「青山学院大学総合優勝おめでとうございます」とつづり、「新年から本当に素晴らしいものを見せてもらいました」などと祝福した。

「神林くんとは幼少期から家族ぐるみで交流があり、1歳年上の佐藤がずっと姉のような気持ちで見守ってきたとか。今でも気軽に連絡を取り合える関係です。高校時代から青山学院が〝推し〟でチームの知識もある。しばらく青山学院の黄金期が続きそうで、佐藤の露出も増えるでしょうね」(テレビ局関係者)

 すでに駅伝関連の番組でリポーターやゲスト出演を重ねてきた佐藤は、アイドル界随一の運動神経も兼ね備える。

 昨年は「オールスター感謝祭’21春」(TBS系)内の名物企画「ミニマラソン」で女性芸能人ランナー1位を獲得。一昨年も2位に輝き、マラソン関連でも存在感を発揮してきた。

「将来的にフルマラソンへの挑戦を目標に掲げている。今まではキレイなお姉さん的な立ち位置でおとなしい印象のメンバーでしたが、体育会系アイドルとして大ブレークする可能性がある。トークを磨けば、体力系のバラエティー番組にも呼ばれるようになるのでは」(前同)

 箱根駅伝関連で言えば、佐藤以上にテレビ界で注目されているのが日本ハムの新庄監督だ。

 3日に自身のインスタグラムを更新した新庄監督は、箱根駅伝を制した青学を祝福したうえで「僕が48歳でもう一度プロ野球選手になる為にトレーニングをしてる最中に原監督から指導してもらいその時に『君のこの挑戦はいつか指導者につながるよ』その言葉が物凄く胸に刺さり今につながりました 感謝します」と告白。野球界のビッグボスと陸上界の名将との〝意外な縁〟にファンから驚きの声が上がった。

「新庄監督は、12月はほぼ無休でテレビ収録をこなし、年末年始のバラエティーに出まくり、野球界を盛り上げる広告塔にもなった。一方、原監督も新庄監督以上にテレビ出演をこなしてきており、青学大や陸上に関して広告塔の役割を担ってきた。まさに2人ともに新時代の監督像を体現しており、番組などで共演すれば高視聴率は約束されたようなもの」(前同)

 もし今季、日本ハムが優勝でも果たすことがあれば、球界のビッグボスと陸上界の名将の共演が現実味を帯びそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220105-03907379-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/65df1d9ddaf3ff7fd0cbbdb8380d4565e67f9916

【青学大旋風で〝駅伝アイドル〟乃木坂46・佐藤楓にブレークの兆し!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 22:38:23.73 ID:CAP_USER9 BE:439362949-PLT(40000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
12/28(火) 22:30
東スポWeb

五輪アスリートたちも大苦戦のSASUKE「オリンピックでやればいいのに」の声
今年も年末に特番(東スポWeb)
 アスリートも大苦戦――。年末恒例のTBS系スポーツ特番「SASUKE」が28日に放送され、SNS上では出場者が果敢に挑戦する姿が話題になっている。

 近年はお笑い芸人やアイドルの参戦も珍しくないが、同番組に集まるのは体力や肉体に自信を持つ一般人やタレントがほとんど。今回はK―1のエース・武尊ら格闘技選手に加え、東京五輪フェンシング男子サーブル日本代表のストリーツ海飛、陸上男子で17年世界選手権400メートルリレー銅メダルの藤光謙司、体操女子で五輪2大会出場の鶴見虹子、元フィギュアスケート世界女王の安藤美姫らも名を連ねた。

 しかし…。〝本業〟で扱うことのない障害物を攻略することは困難だったようで、アスリートらは最初のステージで次々と脱落。国際大会の実績など関係ない現実が待ち受けていた。

 これにはSNSユーザーから「SASUKEめっちゃ面白い」「オリンピックやってるのかと思ったらSASUKEだった」「SASUKEをオリンピック競技にすれば面白そう」「五輪種目でいいのでは」「SASUKE見てたら五輪種目にしてあげてほしくなる」「なぜ正式種目にしないのか」「オリンピックでやればいいのに」と、〝意外な提案〟が上がったほどだった。

 また「SASUKEは1年1回だけど、五輪って4年に1回と考えたら選手たちのメンタルすごいな」と改めてアスリートに敬意を表するコメントも見受けられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b10e95f438df29f8f24d417265900afd8028820b

【五輪アスリートたちも大苦戦のSASUKE「オリンピックでやればいいのに」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 23:32:34.91 ID:CAP_USER9
12/28(火) 19:36配信
中日スポーツ

HIKAKIN

 TBS系の人気スポーツ・エンターテインメント番組「SASUKE2021」が28日放送され、登録者数1000万人を超える人気ユーチューバーHIKAKINが初登場。第1ステージはクリアできなかったが、SNSでは「HIKAKINまじかよ」「何でも前向きなのかっけ」「想像以上に動けてた」などの歓声が上がった。

 30番目に登場したHIKAKINはクワッドステップス、ローリングヒルの2つを慎重にクリア。モンスターボックスに飛び移った。しかし、赤い布に飛び付き12メートルあまりの水を越えるシルクスライダーでは、勢い余って着地に失敗して背中から豪快に落水した。

 「実は動ける男」と実況されたHIKAKINは「自分の感覚だと(着地スペースの)前側に降りたつもりでしたが、遠心力で…。悔しすぎる」と声を絞り出した。

 ツイッター上ではスタート前から「めっちゃ緊張してる。あー、頑張って」「ヒカキンさんファイト」とファンの声が相次ぎ、挑戦終了後も「でも落ちるまでは順調で上手かった。『実は動ける男』頑張った!! 頑張った!! 頑張った!!」「HIKAKINよく頑張った」「来年のリベンジ待ってます」と健闘をたたえる声が寄せられた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211228-00000082-chuspo-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ead91872f8f6cabef6dbb5467cecd0a2122a8278

【「SASUKE2021」にユーチューバーHIKAKIN初出場『実は動ける男』にSNSで声援も…背中から豪快落水】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 23:30:14.26 ID:CAP_USER9
日向坂46・東村芽依をはじめ、28日放送の『SASUKE2021』(TBS系)に多くのアイドルが参戦した。

 冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で『SASUKE』に出ることが夢と公言していた東村。1stステージの種目で、上に金具がついた布の両端を掴み、滑り降りながら対岸に着地する「シルクスライダー」に挑むが着地に失敗し、池に落水。実況アナからは「落ちても可愛い!」という声が。

 続くのは同じ坂道グループ、乃木坂46・佐藤楓。昨年の「箱根駅伝」で区間賞を獲得した青山学院大学の神林勇太はいとこに当たる。そんな彼女は1stステージの4つ目、電動で回転するポール状の骨を避けながら、4つの飛び石状に配置された足場を進む「フィッシュボーン」まで進んだが、骨をよけきれず落水してしまった。

 SNS上では、東村に対しては「めいめいお疲れ」「めいめいの夢が叶って嬉しかった~!」「来年リベンジ出来るように願っています!! ほんとにお疲れ様です!!」、佐藤にも「でんちゃん惜しい!!」「SASUKEに挑戦して前に進んでいく姿を見て心打たれたし涙が出そうになったよ」など、ねぎらいとエールが寄せられた。

 なお他のアイドル勢としてはAKB48・村山彩希、=LOVE・瀧脇笙古も同じくフィッシュボーンでリタイアしている。
https://s.rbbtoday.com/article/2021/12/28/194948.html

【『SASUKE2021』日向坂46・東村芽依、乃木坂46・佐藤楓の活躍に大反響「心打たれて涙が出そうになった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/25(土) 16:59:41.58 ID:CAP_USER9
2021年12月25日
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/12251057/?all=1
https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2021/12/2112231140_5-714x1071.jpg

 今月11日に茨城で行われたスケートボードの日本選手権。

 大会の様子はニュースなどで盛んに報じられた。

「ひとえに五輪で行われる競技だからでしょう」

 と大手紙デスクが語る。東京五輪で5個のメダルを獲得するなど日本が強い競技でもある。強いといえば、2024年パリ五輪での実施が決まっている「ブレイキン(ブレイクダンス)」も然り。4日に同地で行われた世界選手権女子決勝は日本人同士が対決し、金銀を分け合った。男子も、ユース五輪メダリストが輩出しており、五輪本番が楽しみだ。

 一方、日本が強くても、パリ五輪で不採用となった「空手」は悲惨である。

「先月末に世界選手権がドバイで、今月11〜12日に日本選手権が東京で行われましたが、取材記者は激減。有力選手をマネジメントしていた電通も来年から手を引くそうです」

 たかが五輪、されど五輪。スポーツ競技にとって五輪に採用されるか否かは死活問題なのだ。決めるのはもちろんIOC。その理事会が9日に開かれ、28年ロサンゼルス五輪の実施競技が発表された。件の「スケボー」に加えて「スポーツクライミング」「サーフィン」が新たに選ばれている。

■代わりに落選となるかもしれない競技は

 この3競技は東京五輪でも実施されたが、

「それは開催都市枠による追加競技として。今回の決定で、開催都市の意向によらず実施される正式競技に昇格しました。視聴率低下を危惧するIOCは、若者に人気があり、テレビ中継向きのエンタテインメント性の高い競技を増やそうとしているのです」

 代わりに押し出されたのは「重量挙げ」「ボクシング」「近代五種」の3競技。落選が決まったわけではないが、保留扱い、つまり瀬戸際である。

「重量挙げはドーピングの蔓延が、ボクシングは判定の不透明さと国際連盟のガバナンスが問題視されています。近代五種は低い認知度と競技が多くて運営費が高い点が嫌われています」

 競技団体は先手を打って、五輪では五種のうち馬術を行わないと決定したが……。近代五輪を創始し、この競技を考案したクーベルタンは泉下で嘆いているだろう。

【ロス五輪・実施競技にスケボー、サーフィンが選出 伝統的な3競技「重量挙げ」「ボクシング」「近代五種」が弾かれる可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/25(土) 20:38:53.81 ID:CAP_USER9
2021年12月25日 18:01 スポーツクライミング
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/12/25/kiji/20211225s00108000351000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/12/25/jpeg/20211225s00108000434000p_view.jrg

 今夏東京五輪スポーツクライミング女子複合銅メダリストの野口啓代さん(32)が25日、自身のインスタグラムを更新し、東京五輪スポーツクライミング男子代表の楢崎智亜(25=TEAM au)と結婚したことを発表した。

 ともにそれぞれのインスタグラムで、タキシードとドレス姿の2ショットを公開し、報告した。

 野口は「いつも応援してくださっている皆さまへ 突然のご報告、また私事で大変恐縮ですが、私たち、楢崎智亜と野口啓代は結婚いたしましたことをご報告させていただきます」と発表。

 「私たち二人の人生において思い出深い大会となった東京五輪開催後に入籍いたしました。クライミングという同じ世界で同じ目標に向かい、共に切磋琢磨し、歩んできました。これからも二人一緒に成長していきたいという想いが募り、この様な運びとなりました。私は一線を退きましたが、これからも変わらず、一緒にどんな壁でも乗り越えていければと思います。まだまだ未熟な二人ですが、皆さま今後とも温かく見守っていただけると幸いです。 楢崎智亜・野口啓代」とメッセージを公開した。

 楢崎も自身のインスタグラムで「突然のご報告、また私事ではございますが、楢崎智亜と野口啓代は結婚いたしましたことをご報告させていただきます」と発表。「僕たち二人の人生において思い出深い大会となった東京五輪開催後に入籍いたしました。これからもお互い高い目標を目指し、どんな壁でも乗り越えて、夫婦共に支え合いながら日々精進して参ります」と記した。

 野口さんは東京五輪でのスポーツクライミングの実施が正式に決まると同時に「東京で引退する」と決意。コロナの影響で大会が延期となっても競技人生を1年延ばして出場。銅メダルを手にし、現役を引退した。

 楢崎は小学5年でクライミングを始め、ボルダリングで16、19年にW杯年間王者と世界選手権で金メダルを獲得。19年世界選手権では「複合」で優勝し、今夏東京五輪では4位に入賞した。弟の明智も日本代表として活躍している。

【東京五輪スポーツクライミング女子複合・銅の野口啓代さんと楢崎智亜が結婚 クライミング界のビッグカップル誕生】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/22(水) 08:16:44.22 ID:CAP_USER9
12/22(水) 7:15
NEWSポストセブン

元電通・佐々木宏氏、五輪「ブタ演出」辞任も人気CM制作で華麗に復活
佐々木宏氏が手がけたCMは?(時事通信フォト)
 演出家や作曲家が次々に辞任した東京五輪の開会式。なかでも最初に大炎上の火を付けたのが、開閉会式の演出の総合統括を務めたクリエイティブ・ディレクターの佐々木宏氏(67)だった。

 大会を間近に控えた3月、タレントの渡辺直美(34)をブタに見立てた演出案を佐々木氏が立案していたことが報じられ、批判が殺到。佐々木氏は組織委を通じて謝罪文を発表し、辞任した。

 あれから9か月、表舞台から姿を消した佐々木氏だが、広告業界では最前線にいるという。

「電通出身の大物だけあってCM制作のオファーは絶えない。2021年8月にオンエアが開始した『ユニクロ』の新CMも佐々木さんが手がけています。『LifeとWear』シリーズと題して、綾瀬はるか(36)と桑田佳祐(65)がジーンズ姿で地下鉄を歩くCMです。

 綾瀬メインと桑田メインの2バージョンがあり、それぞれユーチューブの公式動画では1000万回以上再生されており、好評です」(広告会社関係者)

 佐々木氏の活動はそれだけではない。

「広告業界の賞レースで権威とされるのが『朝日広告賞』(朝日新聞社主催)。佐々木氏はこの賞の審査員に10年以上前から選出されており、2022年度も務めます」(同前)

 作品募集の締め切りは2022年3月、受賞作の発表は7月予定となっている。別の広告会社関係者の話。

「佐々木氏は女性蔑視の演出案に留まらず、天皇陛下に〇×クイズの参加を求める演出案を企画していたことが発覚するなど、これ以上ないほどの顰蹙を買った。そんな人に権威ある広告賞の審査を任せることが妥当なのか、広告業界の人間からも疑問視する声がある」

 朝日新聞に佐々木氏の起用理由について聞くと、

「佐々木宏氏は、広告全般に対する知見の高さ、造詣の深さから審査委員を依頼していました。ただ、数年に一度の次期審査体制の見直しの際には、そのまま継続して依頼するか否かは未定です」(広報部)との回答だった。

 男女平等の審査をお願いしたいものだ。

※週刊ポスト2022年1月1・7日号

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211222-00000003-pseven-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a002195a3c5b1a8a25fed7dd00c5a81d93b379cd

【元電通・佐々木宏氏、五輪「ブタ演出」辞任も人気CM制作で華麗に復活】の続きを読む

このページのトップヘ