SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スポーツ関連

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 12:10:46.84 ID:CAP_USER9
写真 トレーニングで身体は若くなるとコメントした佐藤選手、50歳以上の部で優勝https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220313-00000000-gbr-000-9-view.jpg?pri=l&w=640&h=433&exp=10800


ボディコンテスト『マッスルゲート』を主催するゴールドジムの系列サイト『FITNESS LOVE』ではこれまでの優勝者のトレーニングや食事をインタビューして掲載している。
 今回は昨年11月に行われた『マッスルゲート』の全国大会『ゴールドジムジャパンカップ』で50歳以上の部で圧倒的な美脚ボディを披露した佐藤とく子をピックアップした。

【フォト】”美脚”のビキニ全身写真、還暦とは思えないヒップも

 佐藤選手は2017年のベストボディジャパン日本大会でフィジーク&ビキニ準グランプリ、18年にはJBBF主催の関東クラス別フィジークで優勝している。

 身長170cmのスレンダーボディで華麗にポーズを決める佐藤選手。見た目もかなり若く見えるが、何と1961年生まれの還暦。インタビューでは「筋トレは、年齢を重ねるのに反比例し、身体は進化していくところが楽しい」話した。さらに「若々しくしていられることと、身体が引き締まってかっこいいと言われるところです」とも言う。

 トレーニングをはじめたきっかけはダイエット。好きな食べ物はお肉とアイスクリームだ。会社員でもある彼女は限られた時間の中でトレーニングしながら、減量期間については「似たような食事ばかりになりがちですが、味付けを工夫して、飽きないようにしている」と語る。

 なお、筋肉は死ぬまで肥大できると言われる。歳をとれば筋肉細胞の死亡、萎縮は進むが、80歳などの高齢者を対象に負荷をかけた研究機関の実験でも筋肉の成長は見られアンチエイジングにも大きく期待される。コロナ禍で運動不足も指摘されがちな昨今、暖かくなってきたこの春に運動を開始しては如何だろうか。

イーファイト 3/13(日) 8:19
https://news.yahoo.co.jp/articles/89e68b3b7bc607b27ac39e8ed4dbda2b37fb0fca

【”美魔女”はやはり筋トレか?ビキニ美脚ボディで50歳以上の部優勝「筋トレは年齢に反比例し若々しく進化する」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/12(土) 15:48:06.79 ID:CAP_USER9
ROCが提訴 欧州五輪委の決定不服―CAS:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031200250&g=spo

2022年03月12日07時37分

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は11日、冬季欧州ユース五輪フェスティバルにロシアの選手らが出場できないことに対するロシア・オリンピック委員会(ROC)の不服申し立てを受理したと発表した。欧州オリンピック委員会(EOC)はウクライナ侵攻を受け、ロシアとベラルーシの参加を認めないことを決めていた。

冬季欧州ユース五輪フェスティバルは、今月下旬にフィンランドで実施される。CASによると、ROCはロシア選手団が同大会を含むEOC主催の全大会に出場できるようになることを求めている。(時事)

【ロシア・オリンピック委員会(ROC)が提訴 欧州五輪委の決定不服―CAS (3/10・11)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/11(金) 08:49:47.38 ID:CAP_USER9
3/11(金) 7:01配信
スポーツ報知

 日本テレビは10日、オンラインで改編説明会を開き、麒麟・川島明(43)MCの新スポーツ番組「サンデーPUSHスポーツ」(日曜・後4時55分)を20日からスタートすると発表した。「運動神経悪い芸人」で知られる川島は「視聴者代表的なポジションで盛り上げたいと思います」と抱負。初回は巨人・坂本勇人選手を特集する。

 また、「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜・後9時)が終了し、「しゃべくり007」が1時間早まり枠移動。「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)も終了し、くりぃむしちゅー・上田晋也(51)MCの「上田と女が吠える夜」が始まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d8c1bad1777cf979838432458b42e345fbc7c86
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220311-03101233-sph-000-1-view.jpg

【「運動神経悪い芸人」麒麟・川島明、日本テレビ新スポーツ番組『サンデーPUSHスポーツ』MC就任】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/05(土) 21:17:31.47 ID:CAP_USER9
ウクライナ侵攻によりスポーツ界から制裁が続くロシアが、中国との共催で〝ユーラシア五輪〟を創設する可能性が出てきた。

 各スポーツ団体に国際大会からの締め出しを受け、孤立を深めているロシア。そんな窮地を打開する仰天プランが浮上している。

 1990年のサッカーイタリアW杯でカメルーン代表をアフリカ勢初の8強に導き、J1広島でも指揮したロシアの名将バレリー・ニポムニシ氏が、同国放送局「ラジオトゥーCHKANSN」に大胆構想を披露した。

 まず同局が「ユーラシアチャンピオンズリーグのような新しい大会を開始する可能性がある」と指摘。そしてニポムニシ氏も「クラブと代表チームの両方がプレーするような大会を開催する必要がある。CIS(旧独立国家共同体)には我々とプレーすることを拒否しない友人がいる。アジアのチームも同様に、中国チームの準備ができている」と説明した。すでにスポーツ界で旧ソ連の枠組みを復活させる動きが出ていたが、中国との共催という形でユーラシア大陸を中心とした国際大会をブチ上げたのだ。

 この動きはサッカーにとどまらない。

 ロシアメディア「スポーツエクスプレス」は、体操男子で五輪で4個の金メダルを獲得したアレクセイ・ネモフ氏の見解を紹介。ロシア体操界のレジェンドは「我々はすべてを失ったわけではない。おそらく今後は中国との国際大会があり、こちらはアスリートのレベルも高い」と中国との共催計画が水面下で動いていることを明らかにした。

 馬術メディア「ゴールドマスタング」も、ロシアのアレクセイ・モロゾフ・スポーツ副大臣が出席した運営会議で新たなスポーツ大会の創設が議題に上がったと報道。同メディアは「現在、ロシアの各スポーツの大部分がCISやBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)に焦点を当てている。さらにロシア(が主催予定)の大会はオープンな態勢で、他国の選手もそのような大会に参加することができる」と指摘。ロシアと中国が新たなスポーツの総合大会〝ユーラシア五輪〟を画策しているのだ。

 ただ、中国は北京五輪を終えたばかりで現在はパラリンピックを開催中で、国際オリンピック委員会(IOC)とも蜜月関係にある。はたしてロシアからのラブコールに応じるのか、中国が今後のキーマンになりそうだ。
 
東スポ 3/5(土) 17:44
https://news.yahoo.co.jp/articles/be096773b3e653f041e807019ce85fbad7070f2d

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220305-04041425-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=438&exp=10800

【「こちらはアスリートのレベルも高い」孤立を深めている“ロシア”が中国との共催で〝ユーラシア五輪〟を創設する仰天プラン浮上!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 06:36:53.23 ID:CAP_USER9
溝口紀子3/1(火) 5:06
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizoguchinoriko/20220301-00284379

プーチン大統領にとって柔道の黒帯は身許を保証するものである(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
SNS時代のスポーツ制裁は「スポーツのチカラ」になりうるか?

スポーツ界では、ロシアによるウクライナ侵攻の制裁として、ロシアを排除する動きが強まっています。

とりわけ、これまで国際柔道連盟からプーチン大統領に名誉会長及び大使の地位を停止したことは、ウクライナ侵攻に対し「それまで!」(柔道用語で試合終了を意味する)とメッセージを送ったといえます。

国際柔道連盟はいち早く、ロシアでの大会の中止やプーチン大統領の名誉会長の停止の対応をしました。

なぜなら、ウクライナ侵攻が始まってからウクライナ柔道家のダリア・ビロディド選手を始め様々なアスリートたちが、現地の情報や反戦のメッセージをSNSで発信し、世界中に情報が共有されたことで多くの人が共鳴をしたからです。SNS時代の対抗措置ともいえるでしょう。

現在、経済界からはロシアへSWIFTでの制裁が行われています。

SWIFTはロシア経済を壊滅的にするとも言われていますが、果たして、スポーツ制裁は、経済制裁のように、プーチン大統領にとってどれだけの効力があるのでしょうか?

■プーチン大統領にとって柔道の帯はレゾンデートル

プーチン大統領は、ロシアでは「トゥルバストロイチェリ」、「Yawara-Neva」など、名門柔道クラブの名誉会長も務め、柔道への造詣が深く、自著「Judo: History, Theory, Practice」という柔道教本も出版しているほどです。

JOC会長、全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏とは懇意しており、同じ柔道家として、国際平和の目的として、これまで交流を重ねてきました。

とりわけ、プーチン大統領が2000年9月に来日した際に、講道館から六段の紅白帯を贈った際には「私は柔道家なので六段の帯の重みをよく知っています。母国に帰って研鑽を積み、一日も早くこの帯を締められるように励みたい」と、その場で締めることを丁寧に断りました」と山下氏は語っています。

この発言から分かるように、プーチン大統領は柔道に畏敬の念を持っていることがわかります。日本にいるとあまり感じませんが、海外では柔道の有段者(黒帯や赤帯)は、非常に権威があります。海外の柔道家とって、柔道の黒帯は、身分証明書でもあり、自分を正当化するレゾンデートル(存在理由)でもあるのです。

にもかかわらず、今回のウクライナ侵攻は、柔道の「自他共栄」の精神を愚弄する行為であるといえます。今回の柔道界からの名誉会長停止の制裁は、実質、柔道界からの最後通告でありプーチン大統領とって屈辱的だったに違いありません。

一方で、2月27日、欧州柔道連盟は、ウクライナ侵攻に鑑み、プーチン大統領の名誉会長の地位の剥奪することを発表しました。さらに2007年から欧州柔道連盟の会長を務めてきたセルゲイ・ソロヴェイチク氏が、ロシアのウクライナ侵攻を受け、辞任を表明しました。欧州柔道はプーチン大統領と袂を分つことになりました。

国際柔道連盟が名誉会長の地位を「停止」にしたのに対し、欧州柔道連盟は「剥奪」を決定しました。欧州柔道連盟と国際柔道連盟の対応に温度差があるようにも思えます。

【プーチン大統領にスポーツ制裁は効力があるのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 05:56:40.77 ID:CAP_USER9
 ロシア政府が、スポーツ界で広がる制裁により想像以上の打撃を受けていると認めた。

 国際オリンピック委員会(IOC)を始め、多くのスポーツ団体でロシア勢を排除する動きが広がっている。

 こうした事態を受け、プーチン大統領の右腕とされるラブロフ外相が口を開いた。ロシアメディア「スポーツ」などによると「ロシアは制裁の準備ができていた。しかしモスクワ(政府)は、アスリート、ジャーナリスト、文化部門の代表者に対して制裁が科されることは想定していなかった」と吐露。スポーツ界の制裁はロシア政府は予想しておらず、プーチン政権に大きなダメージを与えていると認めた。

 また、制裁を受けることになったロシアの選手たちも声を上げた。

 ロシアアスリート連合(RCA)は緊急声明を発表。「われわれの目の前では、政治的要求や外的影響のために、われわれが常に誇りを持って参加してきたオリンピックファミリーに悲劇的な破壊が起こっている。われわれは、ロシアとベラルーシのアスリートに対する〝スポーツの虐殺〟に断固として反対する」と強く主張した。

 そして「われわれは、すべての責任ある関係者および組織に訴える。決定を再検討してください! 歴史的な観点から、彼らオリンピックコミュニティーにとって悲惨なものになる」と制裁の撤回を訴えた。

 スポーツ界による大規模な制裁で、ロシアの暴走を食い止める効果が出ているようだ。

東スポ 2022年3月2日 22時30分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21765651/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/f/6ff42_1399_8ff25ee6_3cb8d011.jpg

【スポーツ界の制裁にロシア打撃 ラブロフ外相認める「想定していなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 06:22:50.79 ID:CAP_USER9
1/6(木) 5:35
スポニチアネックス

飛び込み元日本代表・馬淵優佳 17年以来の現役復帰表明、夫・瀬戸大也も後押し 最終目標はパリ五輪
練習中に笑顔を見せる馬淵(撮影・木村 揚輔)
 17年8月のユニバーシアードを最後にプールを離れていた飛び込み元日本代表の馬淵優佳(26)が5日までにスポニチ本紙の取材に応じ、現役復帰を表明した。板飛び込みでの24年パリ五輪出場を目標に掲げ、昨年10月から本格的な練習を再開。決断に至った理由や現在のトレーニング状況、今後の青写真などを明かした。

 水面に何度も打ちつけられた体はあざだらけ。昨年10月から練習を再開した馬淵は「下手な証拠です」と苦笑いを浮かべた。昨年12月には石川県で開催された中田周三杯に出場し、4位入賞。大目標として24年パリ五輪出場を視野に入れつつ「まずは世界で戦える種目構成にするため(1度目の)現役時代よりも難易率を上げないといけない。それができたら来年の日本選手権や24年の代表選考会が見えてくる」と目前の課題を一歩ずつクリアしていく姿勢を示した。

 17年8月のユニバーシアードを最後に現役を引退。東京五輪を前に、1児の母である陸上女子100メートル障害東京五輪代表の寺田明日香(31=ジャパンクリエイト)らトップアスリートから話を聞く機会があり「限界を決めずにやる姿勢が格好良かった。自分にはやり残したことがある」と現役復帰の思いを強くした。

 現在は自宅のある埼玉県と練習拠点の栃木県を行き来する生活。家を留守にする間は1歳と3歳の娘は両親に面倒を見てもらっている。夫の競泳男子の瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)は世界を転戦しており、家族皆で過ごせる時間は短いが、毎日LINEでグループ通話してコミュニケーションをとっている。現役復帰を瀬戸に相談した際には「いいんじゃない」と理解を示され「夫も挑戦するのが好きなので私の挑戦も後押ししてくれています」と語った。

 競技を離れていた間にはバラエティー番組出演や女優業も経験。その道を極める俳優や芸人の凄さを肌で感じたことも刺激になった。今後はアスリートとしての活動に専念する方針で「世の中には何かをやりたいと思っても、環境が整わなかったり、周りの目が気になったりして、一歩を踏み出せない方がたくさんいるはず。人生一度きり。自分の飛んでいる姿で一人でも多くの方に何か感じてもらえればうれしい。今は競技が楽しい」と充実の日々を送っている。

 《瀬戸はプロ転向、世界で活動》馬淵の夫・瀬戸は競泳男子で2大会連続五輪出場。16年リオは400メートル個人メドレーで銅メダル獲得も、昨夏の東京はメダルなし。昨年10月に肖像権を自身で管理するプロ選手に転向。24年パリ五輪を目指して練習に励んでおり、昨年は米国でトレーニングを積むなど世界を転々としている。昨年12月にUAEで開催された世界短水路選手権では200、400メートルの個人メドレー2冠を達成した。

 【馬淵 優佳(まぶち・ゆか)】

 ☆生まれ 1995年(平7)2月5日、兵庫県出身の26歳。父崇英氏は中国出身で飛び込み日本代表コーチを務める。身長1メートル66、血液型A。

 ☆競技歴 3歳で水泳、6歳で飛び込みを始める。甲子園学院高―立命大。08年日本選手権で板飛び込みとシンクロ高飛び込み2冠。09年東アジア大会で銅メダルを獲得した。11年世界選手権出場。17年11月に引退を表明した。

 ☆結婚 17年5月に16年リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也と結婚。18年6月に第1子、20年3月に第2子を出産。夫を支えるため、アスリートフードマイスターの資格取得。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220106-00000095-spnannex-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6aab401056e6d5df37722f7e4dbbed6587979785

【最終目標はパリ五輪!飛び込み元日本代表・馬淵優佳、17年以来の現役復帰表明 夫・瀬戸大也も後押し】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/05(水) 07:57:42.45 ID:CAP_USER9
1/5(水) 5:15配信
東スポWeb

青学大効果で乃木坂46・佐藤楓の露出が増えそうだ(東スポWeb)

〝青学大旋風〟に芸能界からも熱視線――。正月の風物詩となった今年の箱根駅伝は、青山学院大学が2年ぶり6度目の総合優勝を飾った。5時間21分36秒の復路新、10時間43分42秒の総合新記録と、青学大が圧倒的な強さを見せた裏で、乃木坂46・佐藤楓(23)が〝駅伝アイドル〟としてブレークの兆しだ。さらに〝ビッグボス〟こと日本ハムの新庄剛志監督(49)と青学大・原晋監督(54)との深い縁に、テレビ局が熱視線を送っているという。

 後続を10分51秒も引き離すという歴史的な総合新記録で青学大は圧勝した。優勝後、青学大の公式ツイッターでは、チームをまとめ上げた飯田貴之主将(4年)と神林勇太前主将(現サッポロビール)のツーショットを掲載。神林前主将は文化放送の中継で往路の解説を担当したこともあり、「豪華なショット!」などファンを歓喜させた。

 そんな神林前主将と「いとこ」という間柄なのが乃木坂46の佐藤だ。高校時代から駅伝に興味を持ちはじめ、今では雑誌「月刊陸上競技」による「月陸Online」で大学駅伝に関する連載も担当している。

 3日には自身のインスタグラムのストーリーズ機能で「青山学院大学総合優勝おめでとうございます」とつづり、「新年から本当に素晴らしいものを見せてもらいました」などと祝福した。

「神林くんとは幼少期から家族ぐるみで交流があり、1歳年上の佐藤がずっと姉のような気持ちで見守ってきたとか。今でも気軽に連絡を取り合える関係です。高校時代から青山学院が〝推し〟でチームの知識もある。しばらく青山学院の黄金期が続きそうで、佐藤の露出も増えるでしょうね」(テレビ局関係者)

 すでに駅伝関連の番組でリポーターやゲスト出演を重ねてきた佐藤は、アイドル界随一の運動神経も兼ね備える。

 昨年は「オールスター感謝祭’21春」(TBS系)内の名物企画「ミニマラソン」で女性芸能人ランナー1位を獲得。一昨年も2位に輝き、マラソン関連でも存在感を発揮してきた。

「将来的にフルマラソンへの挑戦を目標に掲げている。今まではキレイなお姉さん的な立ち位置でおとなしい印象のメンバーでしたが、体育会系アイドルとして大ブレークする可能性がある。トークを磨けば、体力系のバラエティー番組にも呼ばれるようになるのでは」(前同)

 箱根駅伝関連で言えば、佐藤以上にテレビ界で注目されているのが日本ハムの新庄監督だ。

 3日に自身のインスタグラムを更新した新庄監督は、箱根駅伝を制した青学を祝福したうえで「僕が48歳でもう一度プロ野球選手になる為にトレーニングをしてる最中に原監督から指導してもらいその時に『君のこの挑戦はいつか指導者につながるよ』その言葉が物凄く胸に刺さり今につながりました 感謝します」と告白。野球界のビッグボスと陸上界の名将との〝意外な縁〟にファンから驚きの声が上がった。

「新庄監督は、12月はほぼ無休でテレビ収録をこなし、年末年始のバラエティーに出まくり、野球界を盛り上げる広告塔にもなった。一方、原監督も新庄監督以上にテレビ出演をこなしてきており、青学大や陸上に関して広告塔の役割を担ってきた。まさに2人ともに新時代の監督像を体現しており、番組などで共演すれば高視聴率は約束されたようなもの」(前同)

 もし今季、日本ハムが優勝でも果たすことがあれば、球界のビッグボスと陸上界の名将の共演が現実味を帯びそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220105-03907379-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/65df1d9ddaf3ff7fd0cbbdb8380d4565e67f9916

【青学大旋風で〝駅伝アイドル〟乃木坂46・佐藤楓にブレークの兆し!】の続きを読む

このページのトップヘ