SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スポーツ関連

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/15(水) 19:32:02.63 ID:CAP_USER9
gooランキング 2021年12月15日 00:00

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,220票
調査期間:2021年9月14日~2021年9月28日

スポーツの世界で活躍する女性選手はまぶしいほどに輝いて見えるものですが、現役を退いた選手の中には、その輝きがさらに増したという人も少なくないですよね。
そこで今回は、「めっちゃ美人になった!」と思う元スポーツ選手は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 木村沙織
2位 浅田真央
1位 ???

3位は「木村沙織」!

「木村沙織」
2003年に17歳で全日本代表に招集され、翌2004年にアタッカーとしてアテネ五輪出場に貢献する。実業団チーム入団後も全日本代表の絶対的なエースとして数々の国際大会に出場し、海外リーグでも活躍した。

生年月日:1986年8月19日
出身地:東京都(埼玉県生まれ)
経歴:元バレーボール選手

2位は「浅田真央」!

「浅田真央」
5歳からフィギュアスケートを始め、12歳の時に特別枠で出場した全日本選手権でトリプルアクセルを決めて注目される。その後も世界選手権やグランプリファイナルなど国内外の大会で優勝し、2017年に引退した。

生年月日:1990年9月25日
出身地:愛知県
経歴:元フィギュアスケート選手

1位は「吉田沙保里」!

「吉田沙保里」
3歳からレスリングを始め、2000年~2001年にかけて世界ジュニア選手権で連覇を果たす。その後も高速タックルを武器に女子レスリング界のエースとして活躍し、五輪3連覇や公式戦119連勝などの偉大な記録を残した。

生年月日:1982年10月5日
出身地:三重県
経歴:元レスリング選手
あまりの強さに現役時代は「霊長類最強」との呼び声もあった元レスリング選手が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~40位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが「めっちゃ美人になった!」と思う元スポーツ選手は、何位にランク・インしていましたか?

https://ranking.goo.ne.jp/column/7593/?page=all
https://i.imgur.com/ZAuw2Pq.jpg
https://i.imgur.com/ENmiSpj.jpg
https://i.imgur.com/WW2zCHg.jpg
出典:Amazon

【めっちゃ美人になった元スポーツ選手ランキング [愛の戦士★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/13(月) 19:22:03.73 ID:CAP_USER9
産経新聞 12/13(月) 18:15

ボクシング世界バンタム級2団体統一王者、井上尚弥の14日の防衛戦が恒例の地上波ではなく、有料映像配信サービスの放送となる。現在、開催中のサッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦でもアウェー戦はスポーツ専門動画配信サービス限定の放送になるなど、テレビ局のスポーツビッグイベントの中継が減少。背景には、放送権料の高騰やコロナ禍の観客収入減で、テレビ局側とスポーツ業界の両者がビジネスモデルの転換を迫られている現状がある。

井上尚の防衛戦は、「ひかりTV」と「ABEMA」で生配信されるが、コンテンツごとに購入するペイ・パー・ビュー(PPV)で3960円かかる。また、29日に予定されていたWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太の世界戦も、新型コロナウイルスのオミクロン株の懸念で延期となったが、「アマゾンプライム」の独占配信が決まっていた。

サッカーW杯アジア最終予選のアウェー戦は、月額1925円かかる「DAZN」(ダゾーン)の契約が必要だ。日本代表のアウェー戦だけとはいえ、日本サッカー協会幹部も「日本代表がW杯アジア最終予選で佳境を迎えていることを知らない人も多い」と危機感をあらわにする。

スポーツ団体にとって、近年、スポーツの放送権料を高額で買い取る映像配信業者が増えたことは好材料となる。ただ、高騰は勢いを増しており、サッカーW杯本大会については、2002年日韓大会でおそよ60億円だったが、18年ロシア大会では600億円と10倍に跳ね上がったとされる。

また、女子ゴルフの国内ツアーを統括する日本女子プロゴルフ協会は来年から放送権を一括管理する方針を示している。放送権が映像配信業者らに独自に販売できるようになる。

あるメディア関係者は「スポーツ団体の収益向上は必要だが、観戦者が限定されれば普及や人気向上の妨げになり、放送権料の高騰は自身の首を絞めることになる」と指摘する。

放送権料高騰に追い打ちをかけるのが、広告市場のネットシフトだ。令和元年にはネット広告費が2兆円を超え、約1兆9千億円にとどまったテレビを逆転。さらに、新型コロナウイルス禍の影響もあってテレビ局の広告収入は大幅に減少しており、高騰する放送権料を払って利益を出すことが困難になっている。

有料配信の進む英国では対策を講じている。1990年代に、サッカーのプレミアリーグの独占放送が進むなどしたことを機に、だれもが国民的スポーツやイベントをテレビ中継で視聴可能にすべきとする「ユニバーサル・アクセス権」が注目された。このため、五輪やサッカーW杯本大会のほか、テニスのウィンブルドン選手権決勝といった国民の関心が高いスポーツについては、有料放送による独占中継を規制。ドイツやイタリアといった欧州各国にも同様の規制が広がっている。

日本にこうした規制はないが、五輪やサッカーW杯といった高騰する放送権料に対しては、NHKと民放連でつくる「ジャパンコンソーシアム」が国際オリンピック(IOC)や国際サッカー連盟(FIFA)から放送権を取得して分け合う手法でしのいできた。ただ、民放局の経営難によって今後、このコンソーシアムからの離脱が進むことも考えられる。

元NHK解説委員で次世代メディア研究所代表の鈴木祐司氏は「英国のような規制が必要かどうか、さらにはスポーツの価値をどうとらえるか議論しなければならない。法的な規制を考える時期に来ている」と現状に懸念を示す。

そのうえで、コロナ禍による広告収入の減少、スタジアムでの観客収入も不安定になっていることを挙げ、鈴木氏は「テレビ局とスポーツ団体のいずれもビジネスモデルの転換が求められている」と指摘している。(津田大資)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d4fbc553abdee1e47aa396ff9719a4bf84d6bda
弟の井上拓(右)とマスボクシングを行う井上尚(大橋ジム提供)
https://i.imgur.com/SXjphB7.jpg

【地上波から消えるスポーツビッグイベント… 海外ではだれもが国民的スポーツやイベントを視聴可能にする為の法的規制も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/12(日) 10:41:48.49 ID:CAP_USER9
12/12(日) 4:00配信
スポーツ報知

瀬戸(旧姓・馬淵)優佳

 飛び込みの中田周三杯が11日、石川・金沢プールで行われ、女子3メートル板飛び込みで、2011年世界選手権代表の瀬戸(旧姓・馬淵)優佳(26)が電撃復帰した。17年5月に競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=と結婚し、同8月のユニバーシアード(台北)を最後に現役から退いていた。

 14選手が出場した同種目で245・55点をマークし、4位に入った。4年4か月前の演技と比べ、5本中2本の難度を落とした構成にし、2本目に最高難度の後ろ宙返り2回半抱え型で50・40点を出した。18年6月に長女、20年3月に次女を出産。ブランクを感じさせない安定感のある演技は健在だった。所属登録は幼い頃から指導を受けた父・崇英氏がいるJSS宝塚ではなく、栃木DCだった。

 引退後はスポーツコメンテーターなど活躍の幅を広げ、10月末の日本選手権で解説を務めたほか、今月にはTBS系日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」で女優デビューも。競技復帰に向けては、自身のSNSなどで触れることもなく突然の競技会への出場となった。この日は取材対応はなかったが、今後の動向に注目が集まる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211212-12111184-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/660fbe47035197406eae11194064574d36a54236

【瀬戸大也の妻・優佳が電撃復帰!女子3メートル板飛び込み、ブランクを感じさせない安定感のある演技で4位に入る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 11:42:08.66 ID:CAP_USER9
1997年にスタートした究極のサバイバルアタック『SASUKE2021』(TBS系)が今年も12月28日に放送される。先日、出場者100名が正式発表された。

A.B.C-Z 塚田僚一やSnow Man 岩本照、ゴールデンボンバーから樽美酒研二と喜矢武豊といったお馴染みの常連組が並ぶ中、今年の特徴の一つとして多くの女性アイドルが出場することが挙げられる。

まず、最初に発表されたのは乃木坂46から佐藤楓。以前から佐藤は『SASUKE』への思いをアピールしており、乃木坂46内で抜群の運動神経を誇る彼女に番組側が出演オファーをした形だ。
そのスポーツの才能が遺憾なく発揮されたのは、今年3月に放送された『オールスター感謝祭’21春』(TBS系)内の恒例企画「ミニマラソン」。
昨年も女性ランナー2位という好記録を収めていた佐藤は、今年ついに女性ランナー1位へ。総合でも11位という、悲願のリベンジを叶えたのだった。

陸上競技Webメディア「月陸Online」で、駅伝に関する連載を持つほどに、駅伝好きアイドルとしても知られる佐藤は、最近は駅伝番組でのリポーターやゲスト出演も増加。
今年9月にはその体力を活かしたシューティングサバイバルゲーム『THE鬼タイジ』(TBS系)にも出演している。
11月7日放送の『乃木坂46の「の」』(文化放送)では、たんぱく質中心の生活を送りながら、ジムにも通い始めたことを明かしていた佐藤。
毎日行ってきた体幹トレーニングと自慢の諦めない精神で、目標とする1stステージクリアなるか。

俊足のAKB48 村山彩希、グループ随一の運動神経を持つ東村芽依
乃木坂46、=LOVEに続くのは、AKB48から村山彩希。これまでAKB48劇場に1000回以上立ち続けてきたシアターの女神と呼ばれるメンバーだ。
本人以上に村山を知る岡田奈々は「負けず嫌いかつ運動神経がすごくいいので、足がめっちゃ速い」とグループいちの俊足を語る。
さらに村山が自負するのは劇場公演で鍛えられた体力と体幹。課題は高所恐怖症だが、出場者・松田大介宅にあるエリアを模したセットでの合宿で対策済み。
「フィッシュボーンまでは絶対クリアしたい」と語る村山は、AKB48を代表し、加入11年目の意地を見せる。YouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」のメンバー、岡田、茂木忍、向井地美音の応援にも注目だ。

ラストは日向坂46からの刺客・東村芽依が登場。
『炎の体育会TV』(TBS系)をはじめ、『逃走中~ハンター迎撃作戦』(フジテレビ系)などに出演し、グループでトップクラスの運動能力を誇るのが東村だ。
小さい頃から体を動かすのが好きだった東村は、『SASUKE』を象徴するエリアの一つであるスパイダーウォークのマネゴトとも思える壁のよじ登りをよくしていたという。
東村自身が語る長所は「瞬発力とバネ」。
出場者の一人であり、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)のMC、さらにはおひさま(ファンの総称)でもあるオードリー・春日俊彰の発言にも大いに期待したいところだ。

また『SASUKE』は世界165か国での放送実績がある世界的コンテンツ。つまり、『SASUKE2021』に出場することはそのグループ名を世界に発信することにも繋がっている。

全文
http://news.yahoo.co.jp/articles/883dacff08ea921ecbabf5ea45d9f0fde8b500e7

『SASUKE2021』出場決定!
乃木坂46 佐藤楓
【緊急】感謝祭マラソン女性1位の乃木坂46メンバーがSASUKE参戦決定!女性挑戦者の歴史に新伝説誕生なるか?【乃木坂お試し中の未公開映像あり】
https://www.youtube.com/watch?v=2tAc8iRuUcQ

AKB48 村山彩希
【参戦】乃木坂・イコラブに続く挑戦者!AKBの大工の娘が負けず嫌いすぎる【SASUKE2021開催決定】
https://www.youtube.com/watch?v=vCp9mv24qig

日向坂46 東村芽依
【速報】今年のSASUKEに日向坂46の運動神経自慢が参戦決定!メンバーを緊急直撃【SASUKE2021開催】
https://www.youtube.com/watch?v=-eTNiRaL-k0

乃木坂46 佐藤楓
http://pbs.twimg.com/media/ExF5mq4UYAALr8W.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DWtmOMhW0AAiliC.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Ecfg45TUEAA19hR.jpg

AKB48 村山彩希
http://pbs.twimg.com/media/C6Yt5tzVUAEsout.jpg
http://pbs.twimg.com/media/D9nan0ZVUAE4a_G.jpg
http://pbs.twimg.com/media/EVyovoHU0AA-hCS.jpg

日向坂46 東村芽依
http://pbs.twimg.com/media/EhOeN1iUcAEMki6.jpg
http://pbs.twimg.com/media/EKnNeCIUEAAaNeH.jpg
http://pbs.twimg.com/media/EkGOFv8VgAEiBgo.jpg

【「アイドル界のスポーツクイーンは誰?」日向坂46東村芽依(23)、乃木坂46佐藤楓(23)、AKB48村山彩希(24)、運動神経抜群メンバー!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/26(金) 15:40:08.00 ID:OSn+dUN1F

【女子高生さんのタイヤ引き、ガチすぎてちょっと怖い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/27(水) 11:45:40.34 ID:y7+b3i9/r
マジでだれやろか、甲乙付けがたいよな

【大谷翔平、大坂なおみ、井上尚弥、八村塁、松山英樹、久保建英←1番すごいのは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/27(水) 05:37:44.70 ID:CAP_USER9
“プールの妖精”青木愛、180度開脚ショット披露に「足長っ!」「柔らかい」
2021年10月26日 20時54分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20211026-OHT1T51141.html?page=1
青木愛のインスタグラムより(@aiaoki_official)より
https://hochi.news/images/2021/10/26/20211026-OHT1I51223-L.jpg


 アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)元日本代表でタレントの青木愛が26日、インスタグラムを更新し、180度開脚ショットを公開した。

 “プールの妖精”の愛称で知られる青木は、スポーツタイツを着用し「テーピングサポートのおかげで脚への負担をサポートしてくれるので、私はウォーキングやおうちトレーニングをする時に履いてます」とし、ストレッチマットの上で綺麗な開脚姿を披露した。

 フォロワーからは「足長っ!」「笑顔が素敵です」「綺麗です」「柔らかい」などの声が寄せられた。

(おわり)

【足長っ!“プールの妖精”青木愛、180度開脚ショット披露】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/16(土) 12:37:27.81 ID:CAP_USER9
 新型コロナ感染拡大の影響で開催が1年延期され、東京の緊急事態宣言下で会場が無観客になるなど異例づくしだった東京五輪パラリンピック。様々な意見が飛び交いながらも、出場選手の健闘から、たくさんの感動を提供してくれた。ORICON NEWSでは、現役アスリートを対象に恒例の『好きなスポーツ選手ランキング』を男女別で発表。「男性部門」はプロ野球の【大谷翔平】選手が4連覇、「女性部門」では、白血病闘病から復帰し東京五輪へも出場した競泳の【池江璃花子】選手が昨年に続き1位となった。

■五輪開催があっても支持獲得 メジャーの歴史を変える活躍に全世界が注目

 二刀流選手でおなじみのロサンゼルス・エンゼルス【大谷翔平】選手が、今回で4連覇を達成し同ランキング“殿堂入り”に王手をかけた。

 今年は打っては打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁をマーク。投げては23試合に先発し、9勝2敗、防御率3.18という好成績を残した。投打5部門(投球回、奪三振、安打、得点、打点)で100を記録する「クインティプル100」を史上初めて達成するなど、五輪出場選手を上回る世界的記録を残した。

 実力はもちろんだが、常に謙虚で笑顔を絶やさない大谷選手の人間性を評価する人も多い。「メジャーでもきちんと結果を残しているだけでなくごみを拾うなど人間性も素晴らしいと思うから」(静岡県/20代・女性)、「人格者であり、更に記録づくめでも決して奢らない性格で見習いたい」(神奈川県/50代・男性)と老若男女が絶賛の声が上がった。

 「世界規模で規格外な活躍。同じ日本人として誇らしい」(愛知県/30代・男性)、「日本人でアメリカンドリームを現実にしている選手だから」(東京都/50代・女性)など、日本人の誇りというコメントも多数あり、全世代で見事に1位を獲得した。

 「160kmのボールを投げちゃう程のピッチャーとしての実力があるのにホームランダービーにも出場しちゃうのがすごすぎ」(東京都/10代・女性)と、実力についても称賛の声があり、来季でのさらなる活躍に期待が寄せられている。

10/15(金) 8:40配信 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/4064821297477273b87b07a4720dc7ed242ae82b

https://www.oricon.co.jp/special/57541/2/?anc=044&utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_content=%2Fhl%3Fa%3D20211015-00000319-oric-ent&utm_medium=referral

男性選手

1位 大谷翔平(野球)
2位 羽生結弦(フィギュアスケート)
3位 水谷隼(卓球)
4位 内村航平(体操)
5位 八村塁(バスケットボール)
6位 久保建英(サッカー)
7位 井上尚弥(ボクシング)
8位 三浦知良(サッカー)
9位 錦織圭(テニス)
10位 平野歩夢(スノーボード・スケートボード)

女性選手

1位 池江璃花子(競泳)
2位 石川佳純(卓球)
3位 伊藤美誠(卓球)
4位 大坂なおみ(テニス)
5位 上野由岐子(ソフトボール)
6位 阿部詩(柔道)
7位 本田真凜(フィギュアスケート)
8位 大橋悠依(競泳)
9位 平野美宇(卓球)
10位 高梨沙羅(スキージャンプ)

https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197576579.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197581178.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197590818.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197595621.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197605030.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197609645.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197619315.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/57000/57541/detail/img320/1634197624300.jpg

【『好きなスポーツ選手ランキング』大谷翔平が4連覇、東京五輪を彩った選手も多数ランクイン】の続きを読む

このページのトップヘ